Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

脳の容量が増えず頭打ちの150人以上と繋がるためにAI(人工知能)に頼る

23 views

Published on

脳の容量が増えず頭打ちの150人以上と繋がるためにAI(人工知能)に頼る

Published in: Business
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

脳の容量が増えず頭打ちの150人以上と繋がるためにAI(人工知能)に頼る

  1. 1. イーンスパイア(株)横田秀珠の著作権を尊重しつつ、是非ノウハウをシェアしよう! 1 脳の容量が増えず頭打ちの150人以上と繋がるためにAIに頼る 脳の容量が500ccの時代につくっていた群れのサイズは15人くらいだっ た。それが約150万年前には脳の容量が600ccに増えたので、30∼50 人の群れを作るようになったんです。そして約60万年前に脳の容量は 1500ccに達し、人間は150人の群れを形成できるようになりました。 この頃から現代に至るまで脳の容量は変わっておらず、今の人間も実は 「150人の群れ」のための脳しか持ち合わせていないんですよ。150人 というのはマジックナンバーと言われていて、人間が記憶できる顔の数 なんです。しかも、言葉で覚えているのではなく、過去に身体感覚を共 有した人の数。何か困ったときに無条件に相談したり頼みに行ったりで きる「社会資本」と呼びますよね。その社会資本となる人の数が150人 ぐらいだろうと言われているんです。150人より大きな規模の社会で暮 らさなければいけなくなったから、7万年前にコミュニケーションのツー ルとして言葉ができたんでしょうね。ただ、言葉によるつながり、脳に よるつながりは、信頼関係をつくる上では成功しなかった。だから、今 でも身体的なつながりに依らざるを得ないんです。 https://cybozushiki.cybozu.co.jp/articles/m001351.html
  2. 2. イーンスパイア(株)横田秀珠の著作権を尊重しつつ、是非ノウハウをシェアしよう! 2 http://yokotashurin.com/ https://www.facebook.com/enspire.co.jp https://www.youtube.com/user/YokotaShurin

×