SlideShare a Scribd company logo
1 of 35
日本マイクロソフト株式会社
カスタマー サービス&サポート
サポート エンジニア
宇田 周平
サポート エンジニアが語る、
Microsoft Azure を支える
インフラの秘密
© Microsoft Corporation
About me
© Microsoft Corporation Azure
PS C:> Get-Profile -Name “Shuhei Uda” | Format-List
名前 : 宇田 周平
職種 : サポート エンジニア
2015/12 – 現在
Azure (IaaS / Networking)
2013/06 – 2015/11
Windows (Hyper-V / RDS / Performance)
© Microsoft Corporation Azure
https://thinkit.co.jp/article/13243
© Microsoft Corporation
Azure 使ってますか?
© Microsoft Corporation
Inside Azure Datacenters
Inside Azure Servers
Inside Azure Network
お品書き
※ 本セッションで言及する内容は、引用元の各種資料の
公開日時点のものであり、本日時点もしくは将来的に
予告なく変更される場合があります。
Inside Azure
Datacenters
Azure global infrastructure
54 total Azure regions: 44 generally available + 10 coming soon
Geo / 地域
•
•
Region / リージョン
•
Availability Zones / 可用性ゾーン
•
•
•
•
•
Geography
Region 2Region 1
Availability
Zone 1
Availability
Zone 2
Availability
Zone 3
Data residency boundary
https://azure.microsoft.com/ja-jp/global-infrastructure/
© Microsoft Corporation
Q. 可用性の担保や DR 対策はどうすべき?
A. システムの規模や、どの程度の障害・災害まで考慮するかによって異
なります
• データセンター単位の障害を想定した場合
AZ を活用し、東日本リージョン内の異なるゾーンに、複数の仮想マシン等を展
開
• 地震などの広域災害を想定した場合
東日本・西日本リージョンで冗長構成としたり、定期的にデータのバックアップ
を取るなど
(大規模な災害時にはペアリージョンの需要が急増し、リソースの逼迫が予想さ
れるため、
東アジアや東南アジアへのデプロイも視野に入れる)
• グローバルに展開される大規模システムの場合
サポート エンジニアの視点から…
Boydton, Virginia (2014)
Boydton, Virginia (2017)
Quincy, Illinois
Quincy, Illinois
DB4
DB3
Dublin, Ireland
DB5
DB3
DB4
Dublin, Ireland
DB3,4,5
DUB 07
DUB 06
DUB 08
Future Campus works
Dublin, Ireland
Inside Azure
Servers
Azure を支える物理サーバー | 汎用
Gen 2
Processor 2 x 6 Core 2.1 GHz
Memory 32 GiB
Hard Drive 6 x 500 GB
SSD None
NIC 1 Gb/s
Gen 3
Processor 2 x 8 Core 2.1 GHz
Memory 128 GiB
Hard Drive 1 x 4 TB
SSD 5 x 480 GB
NIC 10 Gb/s
Gen 4
Processor 2 x 12 Core 2.4 GHz
Memory 192 GiB
Hard Drive 4 x 2 TB
SSD 4 x 480 GB
NIC 40 Gb/s
Godzilla
Processor 2 x 16 Core 2.0 GHz
Memory 512 GiB
Hard Drive None
SSD 9 x 800 GB
NIC 40 Gb/s
Gen 5
Processor 2 x 20 Core 2.3 GHz
Memory 256 GiB
Hard Drive None
SSD
6 x 960 GB PCIe Flash
and 1 x 960 GB SATA
NIC 40 Gb/s + FPGA
Beast
Processor 4 x 18 Core 2.5 GHz
Memory 4096 GiB
Hard Drive None
SSD
4 x 2 TB NVMe, 1 x 960
GB SATA
NIC 40 Gb/s
Gen 6
Processor
2 x Skylake 24 Core
2.7GHz
Memory 768GiB DDR4
Hard Drive None
SSD
4 x 960 GB M.2 SSDs
and 1 x 960 GB SATA
NIC 40 Gb/s
FPGA Yes
Beast v2
Processor 8 x 28 Core 2.5 GHz
Memory 12 TiB
Hard Drive None
SSD
4 x 2 TB NVMe, 1 x 960
GB SATA
NIC 50 Gb/s
3x
Beast
Azure を支える物理サーバー | 用途特化型
HPC
Processor 2 x 12 Core 2.4 GHz
Memory 128 GiB
Hard Drive 5 x 1 TB
SSD None
NIC 10 Gb/s IP, 40 Gb/s IB
HB
Processor 2 x 32 Core 2.5 GHz
Memory 240 GiB
Hard Drive None
SSD 2 x 960 GB NVMe
NIC
50 Gb/s Ethernet, 100
Gb EDR IB
HC
Processor 2 x 24 Core 3.4 GHz
Memory 352 GiB
Hard Drive None
SSD 2 x 960 GB NVMe
NIC
50 Gb/s Ethernet, 100
Gb EDR IB
GPU Gen 5
Processor 2 x 8 Core 2.6 GHz
Memory 256 GiB
Hard Drive 1 x 2 TB
SSD 1 x 960 GB SATA
NIC 40 Gb/s
GPU 2 x 2 Compute GPU
Lv2
Processor 2 x 32 core 2.0GHz
Memory 1 TiB
Hard Drive None
SSD 12 x 2 TB NVMe
NIC 40 Gb/s
NDv2
Processor
2 x Skylake 24 Core 2.7
GHz
Memory 768 GiB
Hard Drive None
SSD 6 x 960 GiB NVMe
NIC 40 Gb/s
GPU 8 GPU with NVLink
© Microsoft Corporation
Q. 仮想マシンが突然クラッシュしたように見えるんだけど?
A. 残念ながら、物理サーバーは壊れることもあります
• 世界中のデータセンターで、常に膨大な数の物理サーバーが稼働して
いますので、日々どこかの物理サーバーが故障したり不調に陥る可能
性はあります
• ハードウェアの信頼性を上げる (99.xxxxx) というアプローチは現実的
ではなく、
物理サーバーは使い捨て (故障したらフラグを立て)、お客様の仮想マ
シンは
他の正常な物理サーバー上で自動的に起動 (Service Healing) されます
• 故障を未然に予知できた場合には、自動的にライブ マイグレーショ
ンを行って
サポート エンジニアの視点から…
https://blogs.technet.microsoft.com/jpaztech/2018/05/29/aiming_no_downtime/
© Microsoft Corporation
Boydton (2013) に設置されたサーバーたち
かなり古い写真ですが…
© Microsoft Corporation
Boydton (2013) に設置されたサーバーたち
• 12U のシャーシに 24 台 (ラックあたり 96 台) を収容
• 52 Port (?) の ToR に LAN ケーブルが接続されている
→NIC や Switch が単一障害点になりうる
クラウドでも「ハードウェアは壊れる」ということを念頭において、
複数台で可用性を担保したり、自動復旧の再起動後に
サービスやアプリケーションが正常に復旧できるようにしましょう
かなり古い写真ですが…
© Microsoft Corporation
Microsoft は Open Compute Project (OCP) にコントリビュートしてい
ます
実はハードウェアの仕様も公開されています
https://azure.microsoft.com/ja-jp/global-infrastructure/hardware-innovation/
© Microsoft Corporation
オンプレミスに SQL Server / Windows Server 2008 (R2) 残っていませ
んか?
サポート終了が間近に迫っています
• SQL Server 2008 (R2) : 2019 年 7 月 9 日
• Windows Server 2008 (R2) : 2020 年 1 月 14 日
上記製品を Azure 上でご利用いただくことにより、サポート終了後も
3 年間にわたって延長セキュリティ更新プログラムを無償で入手いただけます
少し話題は変わりますが…
https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/announcing-new-options-
for-sql-server-2008-and-windows-server-2008-end-of-support/
Inside Azure
Networking
United States
United States
Canada
Mexico
Venezuela
Colombia
Peru
Bolivia
Brazil
Argentina
Atlanta Ocean
Algeria
Mali
Niger
Nigeria
Chad
Libya Egypt
Sudan
Ethiopia
Dr Congo
Angola
Zambia
Nambia
South
Africa
Greenland
Svalbard
Sweden
Norway
United
Kingdom
France
Poland
Ukraine
Turkey
Saudi
Arabia
Iran
Kazakistan
India
Russia
China
Myanmar
(Burma)
Indian Ocean
Indonesia
Australia
Pacific Ocean
Pacific Ocean
Data centerOwned capacity
Future capacity
Leased capacity
Edge site
• Software WAN
• Subsea Cables
• Terrestrial Fiber
• National
Clouds
WAN backbone
• SmartNIC/FPGA
• SONiC
DC hardware
• Virtual Networks
• Load Balancing
• VPN Services
• Firewall
• DDoS Protection
• DNS and Traffic
Management
Services
Azure region ‘B’
Azure region ‘A’
• Internet Peering
• ExpressRoute
Edge and
ExpressRoute
• Acceleration
for applications
and content
CDN
CDN
Edge
ExpressRoute
Microsoft
WAN
• DC Networks
• Regional
Networks
• Optical
Modules
Intra-region
Regional
network
Regional
network
Regional
network
Regional
network
Internet
exchanges
Carrier
Cable
• E2E monitoring
(Network Watcher,
Network
Performance
Monitoring)
Last mile
Consumers
Enterprise,
SMB, mobile
Enterprise DC/
Corpnet
Microsoft
backbone
DC Region
RNG RNG
DC DC DC DC
DC DC
Region
直径 100km (2.0ms RTT) 圏内に複数の DC が存在
Regional network gateway
DC の増設を容易にする高い拡張性
異なるデータセンターによる冗長構成
Data centers
サーバー ラックや DC ネットワークのみを配置
リージョンによって大小様々な規模の DC が存在
100G
Colored
QSFP28
Arista , Cisco, Juniper などと連携して
超低コスト, 低消費電力なモジュールを開発
QSFP28 form-factor
≤ 4.5 W/plug
Colored with 80km reach (40 channels)
100G PAM4 modulation
Direct-detect demodulation
Silicon photonics-based optics
FEC/DSP based in 28nm CMOS
https://azure.microsoft.com/en-us/blog/lighting-up-network-innovation/
© Microsoft Corporation
Q. Azure の仮想マシンでネットワーク帯域は保証されますか?
A. SLA 等での保証はありませんが、十分な広帯域が確保されています
• 多くの場合、物理サーバー自体は 40G / 50G の NIC を有しています
• 物理サーバーを占有するようなコア数の多い仮想マシンサイズをご利
用いただけば、同一サーバー上の他の仮想マシンの影響を受けずに広
帯域を利用いただけます
• Accelerated Networking の機能をご利用いただける構成の場合には、
Smart NIC でハードウェア オフロード (SR-IOV) を有効化することも
可能です
サポート エンジニアの視点から…
https://blogs.technet.microsoft.com/jpaztech/2018/05/29/aiming_no_downtime/
Microsoft Azure を支えるインフラの秘密
楽しんでいただけましたか?
© Microsoft Corporation
Microsoft Azure を支える物理的なインフラや、設計思想についてご紹
介しました
Azure ではお客様の多種多様なワークロードを安心して預けていただけ
るだけの
データセンター・サーバー・ネットワークといったインフラ基盤がすで
に整っています
(システム要件によっては、オンプレミスの方が適す場合もあるかとは思
いますが、)
今後システムの刷新や移行をご検討される際は、ぜひとも Microsoft
Azure を
ご検討いただけましたら幸いです。
まとめ
Appendix
© Microsoft Corporation
Microsoft Azure のアップデート情報
• https://azure.microsoft.com/en-us/blog/
米国で開催されている Build や Ignite のセッション動画
• https://www.microsoft.com/en-us/build
• https://www.microsoft.com/en-us/ignite
Microsoft Research の論文
• https://www.microsoft.com/en-us/research/search/
Azure のインフラに関する詳細を知りたい方は…
© Microsoft Corporation
セミナー資料:
https://aka.ms/Interop2019
本日の内容や Azure に関するご質問・ご相談などございましたら、
宇田もしくは会場内の Microsoft 社員までお気軽にお声がけください。
本日のセミナー資料は、以下の URL もしくは QR
コードより
ダウンロードいただけます。

More Related Content

What's hot

「おうちクラウド」が今熱い!
「おうちクラウド」が今熱い!「おうちクラウド」が今熱い!
「おうちクラウド」が今熱い!Hirotaka Sato
 
PGOを用いたPostgreSQL on Kubernetes入門(PostgreSQL Conference Japan 2022 発表資料)
PGOを用いたPostgreSQL on Kubernetes入門(PostgreSQL Conference Japan 2022 発表資料)PGOを用いたPostgreSQL on Kubernetes入門(PostgreSQL Conference Japan 2022 発表資料)
PGOを用いたPostgreSQL on Kubernetes入門(PostgreSQL Conference Japan 2022 発表資料)NTT DATA Technology & Innovation
 
Kubernetesのしくみ やさしく学ぶ 内部構造とアーキテクチャー
Kubernetesのしくみ やさしく学ぶ 内部構造とアーキテクチャーKubernetesのしくみ やさしく学ぶ 内部構造とアーキテクチャー
Kubernetesのしくみ やさしく学ぶ 内部構造とアーキテクチャーToru Makabe
 
Microsoft Azure Storage 概要
Microsoft Azure Storage 概要Microsoft Azure Storage 概要
Microsoft Azure Storage 概要Takeshi Fukuhara
 
CentOS 8で標準搭載! 「389-ds」で構築する 認証サーバーについて
CentOS 8で標準搭載! 「389-ds」で構築する 認証サーバーについてCentOS 8で標準搭載! 「389-ds」で構築する 認証サーバーについて
CentOS 8で標準搭載! 「389-ds」で構築する 認証サーバーについてNobuyuki Sasaki
 
Azure Kubernetes Service Overview
Azure Kubernetes Service OverviewAzure Kubernetes Service Overview
Azure Kubernetes Service OverviewTakeshi Fukuhara
 
Amazon Aurora - Auroraの止まらない進化とその中身
Amazon Aurora - Auroraの止まらない進化とその中身Amazon Aurora - Auroraの止まらない進化とその中身
Amazon Aurora - Auroraの止まらない進化とその中身Amazon Web Services Japan
 
アーキテクチャから理解するPostgreSQLのレプリケーション
アーキテクチャから理解するPostgreSQLのレプリケーションアーキテクチャから理解するPostgreSQLのレプリケーション
アーキテクチャから理解するPostgreSQLのレプリケーションMasahiko Sawada
 
S13 Oracle Database を Microsoft Azure 上で運用する為に~基本事項とベストプラクティス
S13 Oracle Database を Microsoft Azure 上で運用する為に~基本事項とベストプラクティスS13 Oracle Database を Microsoft Azure 上で運用する為に~基本事項とベストプラクティス
S13 Oracle Database を Microsoft Azure 上で運用する為に~基本事項とベストプラクティスMicrosoft Azure Japan
 
無料で仮想Junos環境を手元に作ろう
無料で仮想Junos環境を手元に作ろう無料で仮想Junos環境を手元に作ろう
無料で仮想Junos環境を手元に作ろうakira6592
 
Hyper-V ネットワークの基本
Hyper-V ネットワークの基本Hyper-V ネットワークの基本
Hyper-V ネットワークの基本Syuichi Murashima
 
日本のお客様におけるAmazon Auroraへの移行・検証事例と技術ポイント
日本のお客様におけるAmazon Auroraへの移行・検証事例と技術ポイント日本のお客様におけるAmazon Auroraへの移行・検証事例と技術ポイント
日本のお客様におけるAmazon Auroraへの移行・検証事例と技術ポイントAmazon Web Services Japan
 
Office365勉強会 #23 Azure AD のテナント設計(Office365管理者向け)
Office365勉強会 #23 Azure AD のテナント設計(Office365管理者向け)Office365勉強会 #23 Azure AD のテナント設計(Office365管理者向け)
Office365勉強会 #23 Azure AD のテナント設計(Office365管理者向け)Genki WATANABE
 
Azure AD とアプリケーションを SAML 連携する際に陥る事例と対処方法について
Azure AD とアプリケーションを SAML 連携する際に陥る事例と対処方法についてAzure AD とアプリケーションを SAML 連携する際に陥る事例と対処方法について
Azure AD とアプリケーションを SAML 連携する際に陥る事例と対処方法についてShinya Yamaguchi
 
[SC03] Active Directory の DR 対策~天災/人災/サイバー攻撃、その時あなたの IT 基盤は利用継続できますか?
[SC03] Active Directory の DR 対策~天災/人災/サイバー攻撃、その時あなたの IT 基盤は利用継続できますか? [SC03] Active Directory の DR 対策~天災/人災/サイバー攻撃、その時あなたの IT 基盤は利用継続できますか?
[SC03] Active Directory の DR 対策~天災/人災/サイバー攻撃、その時あなたの IT 基盤は利用継続できますか? de:code 2017
 
20220409 AWS BLEA 開発にあたって検討したこと
20220409 AWS BLEA 開発にあたって検討したこと20220409 AWS BLEA 開発にあたって検討したこと
20220409 AWS BLEA 開発にあたって検討したことAmazon Web Services Japan
 
第15回JSSUG「Azure SQL Database 超入門」
第15回JSSUG「Azure SQL Database 超入門」第15回JSSUG「Azure SQL Database 超入門」
第15回JSSUG「Azure SQL Database 超入門」裕之 木下
 
Active Directory をInternetから使用するための4つのシナリオ
Active Directory をInternetから使用するための4つのシナリオActive Directory をInternetから使用するための4つのシナリオ
Active Directory をInternetから使用するための4つのシナリオjunichi anno
 
kubernetes初心者がKnative Lambda Runtime触ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #13 発表資料)
kubernetes初心者がKnative Lambda Runtime触ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #13 発表資料)kubernetes初心者がKnative Lambda Runtime触ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #13 発表資料)
kubernetes初心者がKnative Lambda Runtime触ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #13 発表資料)NTT DATA Technology & Innovation
 

What's hot (20)

「おうちクラウド」が今熱い!
「おうちクラウド」が今熱い!「おうちクラウド」が今熱い!
「おうちクラウド」が今熱い!
 
PGOを用いたPostgreSQL on Kubernetes入門(PostgreSQL Conference Japan 2022 発表資料)
PGOを用いたPostgreSQL on Kubernetes入門(PostgreSQL Conference Japan 2022 発表資料)PGOを用いたPostgreSQL on Kubernetes入門(PostgreSQL Conference Japan 2022 発表資料)
PGOを用いたPostgreSQL on Kubernetes入門(PostgreSQL Conference Japan 2022 発表資料)
 
Kubernetesのしくみ やさしく学ぶ 内部構造とアーキテクチャー
Kubernetesのしくみ やさしく学ぶ 内部構造とアーキテクチャーKubernetesのしくみ やさしく学ぶ 内部構造とアーキテクチャー
Kubernetesのしくみ やさしく学ぶ 内部構造とアーキテクチャー
 
Microsoft Azure Storage 概要
Microsoft Azure Storage 概要Microsoft Azure Storage 概要
Microsoft Azure Storage 概要
 
CentOS 8で標準搭載! 「389-ds」で構築する 認証サーバーについて
CentOS 8で標準搭載! 「389-ds」で構築する 認証サーバーについてCentOS 8で標準搭載! 「389-ds」で構築する 認証サーバーについて
CentOS 8で標準搭載! 「389-ds」で構築する 認証サーバーについて
 
Azure Kubernetes Service Overview
Azure Kubernetes Service OverviewAzure Kubernetes Service Overview
Azure Kubernetes Service Overview
 
Amazon Aurora - Auroraの止まらない進化とその中身
Amazon Aurora - Auroraの止まらない進化とその中身Amazon Aurora - Auroraの止まらない進化とその中身
Amazon Aurora - Auroraの止まらない進化とその中身
 
アーキテクチャから理解するPostgreSQLのレプリケーション
アーキテクチャから理解するPostgreSQLのレプリケーションアーキテクチャから理解するPostgreSQLのレプリケーション
アーキテクチャから理解するPostgreSQLのレプリケーション
 
S13 Oracle Database を Microsoft Azure 上で運用する為に~基本事項とベストプラクティス
S13 Oracle Database を Microsoft Azure 上で運用する為に~基本事項とベストプラクティスS13 Oracle Database を Microsoft Azure 上で運用する為に~基本事項とベストプラクティス
S13 Oracle Database を Microsoft Azure 上で運用する為に~基本事項とベストプラクティス
 
自宅インフラの育て方 第2回
自宅インフラの育て方 第2回自宅インフラの育て方 第2回
自宅インフラの育て方 第2回
 
無料で仮想Junos環境を手元に作ろう
無料で仮想Junos環境を手元に作ろう無料で仮想Junos環境を手元に作ろう
無料で仮想Junos環境を手元に作ろう
 
Hyper-V ネットワークの基本
Hyper-V ネットワークの基本Hyper-V ネットワークの基本
Hyper-V ネットワークの基本
 
日本のお客様におけるAmazon Auroraへの移行・検証事例と技術ポイント
日本のお客様におけるAmazon Auroraへの移行・検証事例と技術ポイント日本のお客様におけるAmazon Auroraへの移行・検証事例と技術ポイント
日本のお客様におけるAmazon Auroraへの移行・検証事例と技術ポイント
 
Office365勉強会 #23 Azure AD のテナント設計(Office365管理者向け)
Office365勉強会 #23 Azure AD のテナント設計(Office365管理者向け)Office365勉強会 #23 Azure AD のテナント設計(Office365管理者向け)
Office365勉強会 #23 Azure AD のテナント設計(Office365管理者向け)
 
Azure AD とアプリケーションを SAML 連携する際に陥る事例と対処方法について
Azure AD とアプリケーションを SAML 連携する際に陥る事例と対処方法についてAzure AD とアプリケーションを SAML 連携する際に陥る事例と対処方法について
Azure AD とアプリケーションを SAML 連携する際に陥る事例と対処方法について
 
[SC03] Active Directory の DR 対策~天災/人災/サイバー攻撃、その時あなたの IT 基盤は利用継続できますか?
[SC03] Active Directory の DR 対策~天災/人災/サイバー攻撃、その時あなたの IT 基盤は利用継続できますか? [SC03] Active Directory の DR 対策~天災/人災/サイバー攻撃、その時あなたの IT 基盤は利用継続できますか?
[SC03] Active Directory の DR 対策~天災/人災/サイバー攻撃、その時あなたの IT 基盤は利用継続できますか?
 
20220409 AWS BLEA 開発にあたって検討したこと
20220409 AWS BLEA 開発にあたって検討したこと20220409 AWS BLEA 開発にあたって検討したこと
20220409 AWS BLEA 開発にあたって検討したこと
 
第15回JSSUG「Azure SQL Database 超入門」
第15回JSSUG「Azure SQL Database 超入門」第15回JSSUG「Azure SQL Database 超入門」
第15回JSSUG「Azure SQL Database 超入門」
 
Active Directory をInternetから使用するための4つのシナリオ
Active Directory をInternetから使用するための4つのシナリオActive Directory をInternetから使用するための4つのシナリオ
Active Directory をInternetから使用するための4つのシナリオ
 
kubernetes初心者がKnative Lambda Runtime触ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #13 発表資料)
kubernetes初心者がKnative Lambda Runtime触ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #13 発表資料)kubernetes初心者がKnative Lambda Runtime触ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #13 発表資料)
kubernetes初心者がKnative Lambda Runtime触ってみた(Kubernetes Novice Tokyo #13 発表資料)
 

Similar to サポート エンジニアが語る、Microsoft Azure を支えるインフラの秘密

インフラ野郎AzureチームProX
インフラ野郎AzureチームProXインフラ野郎AzureチームProX
インフラ野郎AzureチームProXToru Makabe
 
Azure Stack 受け入れ準備_20180630
Azure Stack 受け入れ準備_20180630Azure Stack 受け入れ準備_20180630
Azure Stack 受け入れ準備_20180630Hiroshi Matsumoto
 
Cld002 windows server_2016_で作るシンプ
Cld002 windows server_2016_で作るシンプCld002 windows server_2016_で作るシンプ
Cld002 windows server_2016_で作るシンプTech Summit 2016
 
Oracle Cloud Infrastructure 最新情報(Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2020年7月30日)
Oracle Cloud Infrastructure 最新情報(Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2020年7月30日)Oracle Cloud Infrastructure 最新情報(Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2020年7月30日)
Oracle Cloud Infrastructure 最新情報(Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2020年7月30日)オラクルエンジニア通信
 
20210514 hccjp azure_stackedgesession
20210514 hccjp azure_stackedgesession20210514 hccjp azure_stackedgesession
20210514 hccjp azure_stackedgesessionOsamu Takazoe
 
Managed Instance チートシート
Managed Instance チートシートManaged Instance チートシート
Managed Instance チートシートMasayuki Ozawa
 
Intel OpenVINO、 NVIDIA Deepstream対応開発キットから、 エッジサーバー、Azure Data Box Edgeまで、 Az...
Intel OpenVINO、 NVIDIA Deepstream対応開発キットから、 エッジサーバー、Azure Data Box Edgeまで、 Az...Intel OpenVINO、 NVIDIA Deepstream対応開発キットから、 エッジサーバー、Azure Data Box Edgeまで、 Az...
Intel OpenVINO、 NVIDIA Deepstream対応開発キットから、 エッジサーバー、Azure Data Box Edgeまで、 Az...IoTビジネス共創ラボ
 
Microsoft AI Solution Update / DLL community Update
Microsoft AI Solution Update / DLL community UpdateMicrosoft AI Solution Update / DLL community Update
Microsoft AI Solution Update / DLL community UpdateHirono Jumpei
 
Oracle Database / Exadata Cloud 技術情報(Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2020年7月9日)
Oracle Database / Exadata Cloud 技術情報(Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2020年7月9日)Oracle Database / Exadata Cloud 技術情報(Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2020年7月9日)
Oracle Database / Exadata Cloud 技術情報(Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2020年7月9日)オラクルエンジニア通信
 
Share pointを支えるsql server2014最新情報 tokyo_公開用
Share pointを支えるsql server2014最新情報 tokyo_公開用Share pointを支えるsql server2014最新情報 tokyo_公開用
Share pointを支えるsql server2014最新情報 tokyo_公開用Yukio Kumazawa
 
Azure Data Box Family Overview and Microsoft Intelligent Edge Strategy
Azure Data Box Family Overview and Microsoft Intelligent Edge StrategyAzure Data Box Family Overview and Microsoft Intelligent Edge Strategy
Azure Data Box Family Overview and Microsoft Intelligent Edge StrategyTakeshi Fukuhara
 
Snr005 レノボだから実現
Snr005 レノボだから実現Snr005 レノボだから実現
Snr005 レノボだから実現Tech Summit 2016
 
熊本クラウド語ろう会 - Azure開発入門
熊本クラウド語ろう会 -  Azure開発入門熊本クラウド語ろう会 -  Azure開発入門
熊本クラウド語ろう会 - Azure開発入門Daiyu Hatakeyama
 
[db tech showcase Sapporo 2015] A12:DBAが知っておくべき最新テクノロジー: フラッシュ, ストレージ, クラウド b...
[db tech showcase Sapporo 2015] A12:DBAが知っておくべき最新テクノロジー: フラッシュ, ストレージ, クラウド b...[db tech showcase Sapporo 2015] A12:DBAが知っておくべき最新テクノロジー: フラッシュ, ストレージ, クラウド b...
[db tech showcase Sapporo 2015] A12:DBAが知っておくべき最新テクノロジー: フラッシュ, ストレージ, クラウド b...Insight Technology, Inc.
 
RHEL on Azure、初めの一歩
RHEL on Azure、初めの一歩RHEL on Azure、初めの一歩
RHEL on Azure、初めの一歩Ryo Fujita
 
Chainer と Microsoft Azure 広がる応用 (Chainer Meetup #5)
Chainer と Microsoft Azure 広がる応用 (Chainer Meetup #5)Chainer と Microsoft Azure 広がる応用 (Chainer Meetup #5)
Chainer と Microsoft Azure 広がる応用 (Chainer Meetup #5)Hirono Jumpei
 
Cloudera World Tokyo 2015 Oracleセッション資料 「ビッグデータ/IoTの最新事例とHadoop活用の勘所」
Cloudera World Tokyo 2015 Oracleセッション資料 「ビッグデータ/IoTの最新事例とHadoop活用の勘所」Cloudera World Tokyo 2015 Oracleセッション資料 「ビッグデータ/IoTの最新事例とHadoop活用の勘所」
Cloudera World Tokyo 2015 Oracleセッション資料 「ビッグデータ/IoTの最新事例とHadoop活用の勘所」オラクルエンジニア通信
 
INF-001_詳説 Azure IaaS ~私はインフラが好きだ~
INF-001_詳説 Azure IaaS ~私はインフラが好きだ~INF-001_詳説 Azure IaaS ~私はインフラが好きだ~
INF-001_詳説 Azure IaaS ~私はインフラが好きだ~decode2016
 
Interact2019 ws2019 s2d_IN05
Interact2019 ws2019 s2d_IN05Interact2019 ws2019 s2d_IN05
Interact2019 ws2019 s2d_IN05Hiroshi Matsumoto
 
Windows Server 2016 で作るシンプルなハイパーコンバージドインフラ (Microsoft TechSummit 2016)
Windows Server 2016 で作るシンプルなハイパーコンバージドインフラ (Microsoft TechSummit 2016)Windows Server 2016 で作るシンプルなハイパーコンバージドインフラ (Microsoft TechSummit 2016)
Windows Server 2016 で作るシンプルなハイパーコンバージドインフラ (Microsoft TechSummit 2016)Takamasa Maejima
 

Similar to サポート エンジニアが語る、Microsoft Azure を支えるインフラの秘密 (20)

インフラ野郎AzureチームProX
インフラ野郎AzureチームProXインフラ野郎AzureチームProX
インフラ野郎AzureチームProX
 
Azure Stack 受け入れ準備_20180630
Azure Stack 受け入れ準備_20180630Azure Stack 受け入れ準備_20180630
Azure Stack 受け入れ準備_20180630
 
Cld002 windows server_2016_で作るシンプ
Cld002 windows server_2016_で作るシンプCld002 windows server_2016_で作るシンプ
Cld002 windows server_2016_で作るシンプ
 
Oracle Cloud Infrastructure 最新情報(Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2020年7月30日)
Oracle Cloud Infrastructure 最新情報(Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2020年7月30日)Oracle Cloud Infrastructure 最新情報(Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2020年7月30日)
Oracle Cloud Infrastructure 最新情報(Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2020年7月30日)
 
20210514 hccjp azure_stackedgesession
20210514 hccjp azure_stackedgesession20210514 hccjp azure_stackedgesession
20210514 hccjp azure_stackedgesession
 
Managed Instance チートシート
Managed Instance チートシートManaged Instance チートシート
Managed Instance チートシート
 
Intel OpenVINO、 NVIDIA Deepstream対応開発キットから、 エッジサーバー、Azure Data Box Edgeまで、 Az...
Intel OpenVINO、 NVIDIA Deepstream対応開発キットから、 エッジサーバー、Azure Data Box Edgeまで、 Az...Intel OpenVINO、 NVIDIA Deepstream対応開発キットから、 エッジサーバー、Azure Data Box Edgeまで、 Az...
Intel OpenVINO、 NVIDIA Deepstream対応開発キットから、 エッジサーバー、Azure Data Box Edgeまで、 Az...
 
Microsoft AI Solution Update / DLL community Update
Microsoft AI Solution Update / DLL community UpdateMicrosoft AI Solution Update / DLL community Update
Microsoft AI Solution Update / DLL community Update
 
Oracle Database / Exadata Cloud 技術情報(Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2020年7月9日)
Oracle Database / Exadata Cloud 技術情報(Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2020年7月9日)Oracle Database / Exadata Cloud 技術情報(Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2020年7月9日)
Oracle Database / Exadata Cloud 技術情報(Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2020年7月9日)
 
Share pointを支えるsql server2014最新情報 tokyo_公開用
Share pointを支えるsql server2014最新情報 tokyo_公開用Share pointを支えるsql server2014最新情報 tokyo_公開用
Share pointを支えるsql server2014最新情報 tokyo_公開用
 
Azure Data Box Family Overview and Microsoft Intelligent Edge Strategy
Azure Data Box Family Overview and Microsoft Intelligent Edge StrategyAzure Data Box Family Overview and Microsoft Intelligent Edge Strategy
Azure Data Box Family Overview and Microsoft Intelligent Edge Strategy
 
Snr005 レノボだから実現
Snr005 レノボだから実現Snr005 レノボだから実現
Snr005 レノボだから実現
 
熊本クラウド語ろう会 - Azure開発入門
熊本クラウド語ろう会 -  Azure開発入門熊本クラウド語ろう会 -  Azure開発入門
熊本クラウド語ろう会 - Azure開発入門
 
[db tech showcase Sapporo 2015] A12:DBAが知っておくべき最新テクノロジー: フラッシュ, ストレージ, クラウド b...
[db tech showcase Sapporo 2015] A12:DBAが知っておくべき最新テクノロジー: フラッシュ, ストレージ, クラウド b...[db tech showcase Sapporo 2015] A12:DBAが知っておくべき最新テクノロジー: フラッシュ, ストレージ, クラウド b...
[db tech showcase Sapporo 2015] A12:DBAが知っておくべき最新テクノロジー: フラッシュ, ストレージ, クラウド b...
 
RHEL on Azure、初めの一歩
RHEL on Azure、初めの一歩RHEL on Azure、初めの一歩
RHEL on Azure、初めの一歩
 
Chainer と Microsoft Azure 広がる応用 (Chainer Meetup #5)
Chainer と Microsoft Azure 広がる応用 (Chainer Meetup #5)Chainer と Microsoft Azure 広がる応用 (Chainer Meetup #5)
Chainer と Microsoft Azure 広がる応用 (Chainer Meetup #5)
 
Cloudera World Tokyo 2015 Oracleセッション資料 「ビッグデータ/IoTの最新事例とHadoop活用の勘所」
Cloudera World Tokyo 2015 Oracleセッション資料 「ビッグデータ/IoTの最新事例とHadoop活用の勘所」Cloudera World Tokyo 2015 Oracleセッション資料 「ビッグデータ/IoTの最新事例とHadoop活用の勘所」
Cloudera World Tokyo 2015 Oracleセッション資料 「ビッグデータ/IoTの最新事例とHadoop活用の勘所」
 
INF-001_詳説 Azure IaaS ~私はインフラが好きだ~
INF-001_詳説 Azure IaaS ~私はインフラが好きだ~INF-001_詳説 Azure IaaS ~私はインフラが好きだ~
INF-001_詳説 Azure IaaS ~私はインフラが好きだ~
 
Interact2019 ws2019 s2d_IN05
Interact2019 ws2019 s2d_IN05Interact2019 ws2019 s2d_IN05
Interact2019 ws2019 s2d_IN05
 
Windows Server 2016 で作るシンプルなハイパーコンバージドインフラ (Microsoft TechSummit 2016)
Windows Server 2016 で作るシンプルなハイパーコンバージドインフラ (Microsoft TechSummit 2016)Windows Server 2016 で作るシンプルなハイパーコンバージドインフラ (Microsoft TechSummit 2016)
Windows Server 2016 で作るシンプルなハイパーコンバージドインフラ (Microsoft TechSummit 2016)
 

More from ShuheiUda

Interop Tokyo 2021 - ShowNet を陰で支えた Azure Virtual WAN
Interop Tokyo 2021 - ShowNet を陰で支えた Azure Virtual WANInterop Tokyo 2021 - ShowNet を陰で支えた Azure Virtual WAN
Interop Tokyo 2021 - ShowNet を陰で支えた Azure Virtual WANShuheiUda
 
Azure 10 周年の節目に見直したい、azure インフラのちょっと大事な話
Azure 10 周年の節目に見直したい、azure インフラのちょっと大事な話Azure 10 周年の節目に見直したい、azure インフラのちょっと大事な話
Azure 10 周年の節目に見直したい、azure インフラのちょっと大事な話ShuheiUda
 
LagopusとAzureとIPsecとDPDK
LagopusとAzureとIPsecとDPDKLagopusとAzureとIPsecとDPDK
LagopusとAzureとIPsecとDPDKShuheiUda
 
Azure サポート エンジニア直伝 ~ PowerShell 実践活用術 ~
Azure サポート エンジニア直伝 ~ PowerShell 実践活用術 ~Azure サポート エンジニア直伝 ~ PowerShell 実践活用術 ~
Azure サポート エンジニア直伝 ~ PowerShell 実践活用術 ~ShuheiUda
 
Azure PowerShell Internal 勉強会
Azure PowerShell Internal 勉強会Azure PowerShell Internal 勉強会
Azure PowerShell Internal 勉強会ShuheiUda
 
Azure RemoteApp の構築手順例 (ハイブリッド コレクション)
Azure RemoteApp の構築手順例 (ハイブリッド コレクション)Azure RemoteApp の構築手順例 (ハイブリッド コレクション)
Azure RemoteApp の構築手順例 (ハイブリッド コレクション)ShuheiUda
 
Azure vm の可用性を見直そう
Azure vm の可用性を見直そうAzure vm の可用性を見直そう
Azure vm の可用性を見直そうShuheiUda
 

More from ShuheiUda (7)

Interop Tokyo 2021 - ShowNet を陰で支えた Azure Virtual WAN
Interop Tokyo 2021 - ShowNet を陰で支えた Azure Virtual WANInterop Tokyo 2021 - ShowNet を陰で支えた Azure Virtual WAN
Interop Tokyo 2021 - ShowNet を陰で支えた Azure Virtual WAN
 
Azure 10 周年の節目に見直したい、azure インフラのちょっと大事な話
Azure 10 周年の節目に見直したい、azure インフラのちょっと大事な話Azure 10 周年の節目に見直したい、azure インフラのちょっと大事な話
Azure 10 周年の節目に見直したい、azure インフラのちょっと大事な話
 
LagopusとAzureとIPsecとDPDK
LagopusとAzureとIPsecとDPDKLagopusとAzureとIPsecとDPDK
LagopusとAzureとIPsecとDPDK
 
Azure サポート エンジニア直伝 ~ PowerShell 実践活用術 ~
Azure サポート エンジニア直伝 ~ PowerShell 実践活用術 ~Azure サポート エンジニア直伝 ~ PowerShell 実践活用術 ~
Azure サポート エンジニア直伝 ~ PowerShell 実践活用術 ~
 
Azure PowerShell Internal 勉強会
Azure PowerShell Internal 勉強会Azure PowerShell Internal 勉強会
Azure PowerShell Internal 勉強会
 
Azure RemoteApp の構築手順例 (ハイブリッド コレクション)
Azure RemoteApp の構築手順例 (ハイブリッド コレクション)Azure RemoteApp の構築手順例 (ハイブリッド コレクション)
Azure RemoteApp の構築手順例 (ハイブリッド コレクション)
 
Azure vm の可用性を見直そう
Azure vm の可用性を見直そうAzure vm の可用性を見直そう
Azure vm の可用性を見直そう
 

Recently uploaded

スマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システム
スマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システムスマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システム
スマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システムsugiuralab
 
Postman LT Fukuoka_Quick Prototype_By Daniel
Postman LT Fukuoka_Quick Prototype_By DanielPostman LT Fukuoka_Quick Prototype_By Daniel
Postman LT Fukuoka_Quick Prototype_By Danieldanielhu54
 
PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000
PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000
PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000Shota Ito
 
新人研修のまとめ 2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
新人研修のまとめ       2024/04/12の勉強会で発表されたものです。新人研修のまとめ       2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
新人研修のまとめ 2024/04/12の勉強会で発表されたものです。iPride Co., Ltd.
 
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directoryosamut
 
[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略
[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略
[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略Ryo Sasaki
 
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。iPride Co., Ltd.
 
UPWARD_share_company_information_20240415.pdf
UPWARD_share_company_information_20240415.pdfUPWARD_share_company_information_20240415.pdf
UPWARD_share_company_information_20240415.pdffurutsuka
 
IoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptx
IoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptxIoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptx
IoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptxAtomu Hidaka
 

Recently uploaded (9)

スマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システム
スマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システムスマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システム
スマートフォンを用いた新生児あやし動作の教示システム
 
Postman LT Fukuoka_Quick Prototype_By Daniel
Postman LT Fukuoka_Quick Prototype_By DanielPostman LT Fukuoka_Quick Prototype_By Daniel
Postman LT Fukuoka_Quick Prototype_By Daniel
 
PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000
PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000
PHP-Conference-Odawara-2024-04-000000000
 
新人研修のまとめ 2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
新人研修のまとめ       2024/04/12の勉強会で発表されたものです。新人研修のまとめ       2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
新人研修のまとめ 2024/04/12の勉強会で発表されたものです。
 
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
20240412_HCCJP での Windows Server 2025 Active Directory
 
[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略
[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略
[DevOpsDays Tokyo 2024] 〜デジタルとアナログのはざまに〜 スマートビルディング爆速開発を支える 自動化テスト戦略
 
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
Amazon SES を勉強してみる その12024/04/12の勉強会で発表されたものです。
 
UPWARD_share_company_information_20240415.pdf
UPWARD_share_company_information_20240415.pdfUPWARD_share_company_information_20240415.pdf
UPWARD_share_company_information_20240415.pdf
 
IoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptx
IoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptxIoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptx
IoT in the era of generative AI, Thanks IoT ALGYAN.pptx
 

サポート エンジニアが語る、Microsoft Azure を支えるインフラの秘密

  • 1. 日本マイクロソフト株式会社 カスタマー サービス&サポート サポート エンジニア 宇田 周平 サポート エンジニアが語る、 Microsoft Azure を支える インフラの秘密
  • 2. © Microsoft Corporation About me © Microsoft Corporation Azure PS C:> Get-Profile -Name “Shuhei Uda” | Format-List 名前 : 宇田 周平 職種 : サポート エンジニア 2015/12 – 現在 Azure (IaaS / Networking) 2013/06 – 2015/11 Windows (Hyper-V / RDS / Performance)
  • 3. © Microsoft Corporation Azure https://thinkit.co.jp/article/13243
  • 4. © Microsoft Corporation Azure 使ってますか?
  • 5. © Microsoft Corporation Inside Azure Datacenters Inside Azure Servers Inside Azure Network お品書き ※ 本セッションで言及する内容は、引用元の各種資料の 公開日時点のものであり、本日時点もしくは将来的に 予告なく変更される場合があります。
  • 7. Azure global infrastructure 54 total Azure regions: 44 generally available + 10 coming soon
  • 8. Geo / 地域 • • Region / リージョン • Availability Zones / 可用性ゾーン • • • • • Geography Region 2Region 1 Availability Zone 1 Availability Zone 2 Availability Zone 3 Data residency boundary https://azure.microsoft.com/ja-jp/global-infrastructure/
  • 9. © Microsoft Corporation Q. 可用性の担保や DR 対策はどうすべき? A. システムの規模や、どの程度の障害・災害まで考慮するかによって異 なります • データセンター単位の障害を想定した場合 AZ を活用し、東日本リージョン内の異なるゾーンに、複数の仮想マシン等を展 開 • 地震などの広域災害を想定した場合 東日本・西日本リージョンで冗長構成としたり、定期的にデータのバックアップ を取るなど (大規模な災害時にはペアリージョンの需要が急増し、リソースの逼迫が予想さ れるため、 東アジアや東南アジアへのデプロイも視野に入れる) • グローバルに展開される大規模システムの場合 サポート エンジニアの視点から…
  • 16. DB3,4,5 DUB 07 DUB 06 DUB 08 Future Campus works Dublin, Ireland
  • 18. Azure を支える物理サーバー | 汎用 Gen 2 Processor 2 x 6 Core 2.1 GHz Memory 32 GiB Hard Drive 6 x 500 GB SSD None NIC 1 Gb/s Gen 3 Processor 2 x 8 Core 2.1 GHz Memory 128 GiB Hard Drive 1 x 4 TB SSD 5 x 480 GB NIC 10 Gb/s Gen 4 Processor 2 x 12 Core 2.4 GHz Memory 192 GiB Hard Drive 4 x 2 TB SSD 4 x 480 GB NIC 40 Gb/s Godzilla Processor 2 x 16 Core 2.0 GHz Memory 512 GiB Hard Drive None SSD 9 x 800 GB NIC 40 Gb/s Gen 5 Processor 2 x 20 Core 2.3 GHz Memory 256 GiB Hard Drive None SSD 6 x 960 GB PCIe Flash and 1 x 960 GB SATA NIC 40 Gb/s + FPGA Beast Processor 4 x 18 Core 2.5 GHz Memory 4096 GiB Hard Drive None SSD 4 x 2 TB NVMe, 1 x 960 GB SATA NIC 40 Gb/s Gen 6 Processor 2 x Skylake 24 Core 2.7GHz Memory 768GiB DDR4 Hard Drive None SSD 4 x 960 GB M.2 SSDs and 1 x 960 GB SATA NIC 40 Gb/s FPGA Yes Beast v2 Processor 8 x 28 Core 2.5 GHz Memory 12 TiB Hard Drive None SSD 4 x 2 TB NVMe, 1 x 960 GB SATA NIC 50 Gb/s 3x Beast
  • 19. Azure を支える物理サーバー | 用途特化型 HPC Processor 2 x 12 Core 2.4 GHz Memory 128 GiB Hard Drive 5 x 1 TB SSD None NIC 10 Gb/s IP, 40 Gb/s IB HB Processor 2 x 32 Core 2.5 GHz Memory 240 GiB Hard Drive None SSD 2 x 960 GB NVMe NIC 50 Gb/s Ethernet, 100 Gb EDR IB HC Processor 2 x 24 Core 3.4 GHz Memory 352 GiB Hard Drive None SSD 2 x 960 GB NVMe NIC 50 Gb/s Ethernet, 100 Gb EDR IB GPU Gen 5 Processor 2 x 8 Core 2.6 GHz Memory 256 GiB Hard Drive 1 x 2 TB SSD 1 x 960 GB SATA NIC 40 Gb/s GPU 2 x 2 Compute GPU Lv2 Processor 2 x 32 core 2.0GHz Memory 1 TiB Hard Drive None SSD 12 x 2 TB NVMe NIC 40 Gb/s NDv2 Processor 2 x Skylake 24 Core 2.7 GHz Memory 768 GiB Hard Drive None SSD 6 x 960 GiB NVMe NIC 40 Gb/s GPU 8 GPU with NVLink
  • 20. © Microsoft Corporation Q. 仮想マシンが突然クラッシュしたように見えるんだけど? A. 残念ながら、物理サーバーは壊れることもあります • 世界中のデータセンターで、常に膨大な数の物理サーバーが稼働して いますので、日々どこかの物理サーバーが故障したり不調に陥る可能 性はあります • ハードウェアの信頼性を上げる (99.xxxxx) というアプローチは現実的 ではなく、 物理サーバーは使い捨て (故障したらフラグを立て)、お客様の仮想マ シンは 他の正常な物理サーバー上で自動的に起動 (Service Healing) されます • 故障を未然に予知できた場合には、自動的にライブ マイグレーショ ンを行って サポート エンジニアの視点から… https://blogs.technet.microsoft.com/jpaztech/2018/05/29/aiming_no_downtime/
  • 21. © Microsoft Corporation Boydton (2013) に設置されたサーバーたち かなり古い写真ですが…
  • 22. © Microsoft Corporation Boydton (2013) に設置されたサーバーたち • 12U のシャーシに 24 台 (ラックあたり 96 台) を収容 • 52 Port (?) の ToR に LAN ケーブルが接続されている →NIC や Switch が単一障害点になりうる クラウドでも「ハードウェアは壊れる」ということを念頭において、 複数台で可用性を担保したり、自動復旧の再起動後に サービスやアプリケーションが正常に復旧できるようにしましょう かなり古い写真ですが…
  • 23. © Microsoft Corporation Microsoft は Open Compute Project (OCP) にコントリビュートしてい ます 実はハードウェアの仕様も公開されています https://azure.microsoft.com/ja-jp/global-infrastructure/hardware-innovation/
  • 24. © Microsoft Corporation オンプレミスに SQL Server / Windows Server 2008 (R2) 残っていませ んか? サポート終了が間近に迫っています • SQL Server 2008 (R2) : 2019 年 7 月 9 日 • Windows Server 2008 (R2) : 2020 年 1 月 14 日 上記製品を Azure 上でご利用いただくことにより、サポート終了後も 3 年間にわたって延長セキュリティ更新プログラムを無償で入手いただけます 少し話題は変わりますが… https://azure.microsoft.com/ja-jp/blog/announcing-new-options- for-sql-server-2008-and-windows-server-2008-end-of-support/
  • 26. United States United States Canada Mexico Venezuela Colombia Peru Bolivia Brazil Argentina Atlanta Ocean Algeria Mali Niger Nigeria Chad Libya Egypt Sudan Ethiopia Dr Congo Angola Zambia Nambia South Africa Greenland Svalbard Sweden Norway United Kingdom France Poland Ukraine Turkey Saudi Arabia Iran Kazakistan India Russia China Myanmar (Burma) Indian Ocean Indonesia Australia Pacific Ocean Pacific Ocean Data centerOwned capacity Future capacity Leased capacity Edge site
  • 27. • Software WAN • Subsea Cables • Terrestrial Fiber • National Clouds WAN backbone • SmartNIC/FPGA • SONiC DC hardware • Virtual Networks • Load Balancing • VPN Services • Firewall • DDoS Protection • DNS and Traffic Management Services Azure region ‘B’ Azure region ‘A’ • Internet Peering • ExpressRoute Edge and ExpressRoute • Acceleration for applications and content CDN CDN Edge ExpressRoute Microsoft WAN • DC Networks • Regional Networks • Optical Modules Intra-region Regional network Regional network Regional network Regional network Internet exchanges Carrier Cable • E2E monitoring (Network Watcher, Network Performance Monitoring) Last mile Consumers Enterprise, SMB, mobile Enterprise DC/ Corpnet
  • 28. Microsoft backbone DC Region RNG RNG DC DC DC DC DC DC Region 直径 100km (2.0ms RTT) 圏内に複数の DC が存在 Regional network gateway DC の増設を容易にする高い拡張性 異なるデータセンターによる冗長構成 Data centers サーバー ラックや DC ネットワークのみを配置 リージョンによって大小様々な規模の DC が存在
  • 29. 100G Colored QSFP28 Arista , Cisco, Juniper などと連携して 超低コスト, 低消費電力なモジュールを開発 QSFP28 form-factor ≤ 4.5 W/plug Colored with 80km reach (40 channels) 100G PAM4 modulation Direct-detect demodulation Silicon photonics-based optics FEC/DSP based in 28nm CMOS https://azure.microsoft.com/en-us/blog/lighting-up-network-innovation/
  • 30. © Microsoft Corporation Q. Azure の仮想マシンでネットワーク帯域は保証されますか? A. SLA 等での保証はありませんが、十分な広帯域が確保されています • 多くの場合、物理サーバー自体は 40G / 50G の NIC を有しています • 物理サーバーを占有するようなコア数の多い仮想マシンサイズをご利 用いただけば、同一サーバー上の他の仮想マシンの影響を受けずに広 帯域を利用いただけます • Accelerated Networking の機能をご利用いただける構成の場合には、 Smart NIC でハードウェア オフロード (SR-IOV) を有効化することも 可能です サポート エンジニアの視点から… https://blogs.technet.microsoft.com/jpaztech/2018/05/29/aiming_no_downtime/
  • 32. © Microsoft Corporation Microsoft Azure を支える物理的なインフラや、設計思想についてご紹 介しました Azure ではお客様の多種多様なワークロードを安心して預けていただけ るだけの データセンター・サーバー・ネットワークといったインフラ基盤がすで に整っています (システム要件によっては、オンプレミスの方が適す場合もあるかとは思 いますが、) 今後システムの刷新や移行をご検討される際は、ぜひとも Microsoft Azure を ご検討いただけましたら幸いです。 まとめ
  • 34. © Microsoft Corporation Microsoft Azure のアップデート情報 • https://azure.microsoft.com/en-us/blog/ 米国で開催されている Build や Ignite のセッション動画 • https://www.microsoft.com/en-us/build • https://www.microsoft.com/en-us/ignite Microsoft Research の論文 • https://www.microsoft.com/en-us/research/search/ Azure のインフラに関する詳細を知りたい方は…
  • 35. © Microsoft Corporation セミナー資料: https://aka.ms/Interop2019 本日の内容や Azure に関するご質問・ご相談などございましたら、 宇田もしくは会場内の Microsoft 社員までお気軽にお声がけください。 本日のセミナー資料は、以下の URL もしくは QR コードより ダウンロードいただけます。

Editor's Notes

  1. 18
  2. 19