Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

VRChatワールド作成のライティング(ATL広尾スライド)

2,939 views

Published on

Upload: 2018/05/22

Published in: Technology
  • Login to see the comments

VRChatワールド作成のライティング(ATL広尾スライド)

  1. 1. VRChatワールド作成のライティング Unity5.6.3p1 : 2018年5月時点のVRChat開発の推奨バージョン 発表者:UUUPA
  2. 2. シーンにライト置いたのに影がでない シーンに最初からあるDirectional Lightの影は出ているのに、 追加した (Directional/Spot/Point) Lightの影が表示されない
  3. 3. シーンにライト置いたのに影がでない ライトの Shadow Type を No Shadows 以外に ※追加したライトはデフォルトで No Shadows に設定されています
  4. 4. VRChat SDK をインポートしたら シーンの色が濃くなった ヒント:VRChat SDK をインポートすると、 いくつかのUnityの設定が強制的に変更されます
  5. 5. VRChat SDK をインポートしたら シーンの色が濃くなった VRChat SDK は Unity の Color Space を Linear にしてしまう ※ちなみにPBRはLinearで真価を発揮できます Edit > Project Settings > Player
  6. 6. VRChat SDK をインポートしたら 床の反射(SSR)が消えた ※SSR(Screen Space Reflection): Post Processing Stackの一機能
  7. 7. VRChat SDK をインポートしたら 床の反射(SSR)が消えた VRChat SDK は Unity の Rendering Path を Forward にしてしまう Edit > Project Settings > Graphics SSRはDeferredでしか使えない
  8. 8. 動的オブジェクトに間接光が反映されない 理想 現実 ※間接光(Indirect Lighting)
  9. 9. 動的オブジェクトに間接光が反映されない Light Probe を用意しましょう
  10. 10. 影がずれている
  11. 11. 影がずれている ライトのBiasをギリギリまで下げましょう 0.05 (Default) 0.01
  12. 12. 遠くのもののライト品質を下げたい 室内の家具と、遠くの山のライトが同じ必要はない 不必要なライト品質は下げ、ベイク時間を短くしたい クラスタービュー >
  13. 13. 遠くのもののライト品質を下げたい • Lightmap Parametersを使うと便利 • オブジェクトごとに品質設定ができる • 事前計算時間の短縮とランタイムパフォー マンスの改善 • Resolusion値は全体の設定値と乗算した 値に設定される • 遠方の山はResolution=0.01でも十分 • Precomputed Realtime IGだけでなく Baked IGの品質も設定できる • 参考リンク
  14. 14. その他 Post Processing Stackを使おう 窓の外には同じサイズの Area Light を置こう 各部屋にReflection Probeも置こう 動くものにはLight Probe でかくて動くオブジェクトにはAnchor Override UnlitアバターだとStandardよりライトを楽しめない
  15. 15. まだ理解&実践できていないこと Realtime GIの意味 Distance Shadowmaskの実証実験 VRChatワールドでIBLを試したことがない Chart数を減らすことの実感が湧かない ※次頁
  16. 16. Max Distance = 0.1
  17. 17. Max Distance = 10 チャート数は減った 画質は下がる (はずだけど、見かけ変わらない) 別オブジェクトの チャート
  18. 18. ご清聴ありがとうございました 余談:カメラの Ctrl+Shift+F 最近知りました

×