Ruby2.0が出た@s_nakamura
アジェンダ2.0の機能紹介● prepend● Lazy● キーワード引数
カジュアル勉強会なのでさらっとRuby2.0について話してみます
prepend● クラスの継承階層の手前にモジュールを追加。 DogクラスにDogModuleを追加。・include使用時の継承構造[Dog, DogModule, Object, Kernel, BasicObject]・prepend使用...
Lazy遅延ロード-> 必要になるまで値を評価しない。必要になる時にメモリ確保→最初はEnumerator::Lazyのインスタンスのみ確保だから。けど、処理速度は遅いらしい
キーワード引数● 今までのようにオプショナルな引数のマージ作  業がいらない。● 何が指定可能なのか分かりにくい→● オプショナルな引数をハッシュ形式で指定。● ハッシュ形式なので、順序も自由になる
キーワード引数例えばこんな感じ・・・。@dog = Dog.new@dog.order(sit down,name:test tarou)   @dog.order("eat.",     hello:"HIIIIIIII!",name:"HO...
Ruby2.0への切り替え● RVMでRuby2.0を使う   ○ rvm get latest   ○ rvm install ruby-2.0.0-p0   ○ rvm use ruby-2.0.0● RailsをRuby2.0に切り替える...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Ruby2.0について

3,037 views

Published on

カジュアル勉強会でRuby2.0の話をした。といっても少しだけですが。。。

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Ruby2.0について

  1. 1. Ruby2.0が出た@s_nakamura
  2. 2. アジェンダ2.0の機能紹介● prepend● Lazy● キーワード引数
  3. 3. カジュアル勉強会なのでさらっとRuby2.0について話してみます
  4. 4. prepend● クラスの継承階層の手前にモジュールを追加。 DogクラスにDogModuleを追加。・include使用時の継承構造[Dog, DogModule, Object, Kernel, BasicObject]・prepend使用時の継承構造[DogModule, Dog, Object, Kernel, BasicObject]includeはクラスに機能を追加するprependはクラスのテストを上書きする
  5. 5. Lazy遅延ロード-> 必要になるまで値を評価しない。必要になる時にメモリ確保→最初はEnumerator::Lazyのインスタンスのみ確保だから。けど、処理速度は遅いらしい
  6. 6. キーワード引数● 今までのようにオプショナルな引数のマージ作 業がいらない。● 何が指定可能なのか分かりにくい→● オプショナルな引数をハッシュ形式で指定。● ハッシュ形式なので、順序も自由になる
  7. 7. キーワード引数例えばこんな感じ・・・。@dog = Dog.new@dog.order(sit down,name:test tarou)   @dog.order("eat.", hello:"HIIIIIIII!",name:"HOGE TAROU")
  8. 8. Ruby2.0への切り替え● RVMでRuby2.0を使う ○ rvm get latest ○ rvm install ruby-2.0.0-p0 ○ rvm use ruby-2.0.0● RailsをRuby2.0に切り替える ○ Gemfileに以下を追加   1 source https://rubygems.org    2 ruby 2.0.0

×