Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Jdug0517 01

120 views

Published on

material of Microsoft Dynamics Business Central for Japan Dynamics User Group Community.

Published in: Software
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Jdug0517 01

  1. 1. 触って確かめる D365BCの守備範囲 第7回 Japan Dynamics User Group 勉強会 2018/05/16
  2. 2. 祝 DYNAMICS BUSINESS CENTRAL GENERAL AVAILABILITY
  3. 3. DYNAMICS 365 BUSINESS CENTRAL とは?  ざっくり言うとMicrosoftのSMB向けERPパッケージであるDynamics NAV のクラウド版 (70点くらいの説明)  名前の変遷  Project Madeira(codename)  Dynamics 365 for Financial  Dynamics 365 for Finance & Operations, Business edition  Dynamics 365 Tenerife(codename)  Dynamics 365 Business Central
  4. 4. 本日のテーマ  Dynamics 365 Business Central を実際に触ってみて、どんな機能があ るかとか 他のDynamics 365 製品との相違点とかDynamics 365製品群 の中での立ち位置とかをざっくりと掴んでもらいます。  参加者の皆様には Free Trial の環境を作ってお持ち帰りいただきます。ご 自宅でどうぞご自由にいじり倒してください。
  5. 5. 自己紹介  名前:河村 新一  仕事:Dynamics NAV導入のアプリケーションコンサルを3年ほどやっています。  所属:株式会社パシフィックビジネスコンサルティング  過去:前職では主にSAP導入コンサルをやっていました。(ロジ、人事メイン)  趣味:IT長のネタ帳 http://www.d3654.be/
  6. 6. さて問題です。 DYNAMICS 365 は いくつの製品から成り立つ? 答えはこちら: HTTPS://DYNAMICS.MICROSOFT.COM/
  7. 7. 正解は9つ(全部見えましたか?)  Sales  Customer Service  Field Service  Project Automation  Finance and Operations  Talent  Retail  Marketing  Business Central
  8. 8. ポイントその1 PCの第一言語を英語にする。 (日本語のままだとBUSINESS CENTRALは表示されない。)
  9. 9. では BUSINESS CENTRAL の FREE TRIAL を 申し込んでみましょう。 HTTPS://TRIALS.DYNAMICS.COM/DYNAMIC S365/SIGNUP/BUSINESSCENTRAL
  10. 10. ポイントその2 USの組織アドレスで 申し込む → O365 の FREE TRIALで可。
  11. 11. 勉強会参加者向けフリートライアル環境  ID: guestxx@jdug0512.onmicrosoft.com  Pass: (口頭で)  Https://portal.office365.com/  サインインしてD365タイルをクリックしてDynamics365BusinessCentralタイルをクリック
  12. 12. DYNAMICS 365 BUSINESS CENTRAL の守備範囲
  13. 13. 守備範囲の調べ方  公式の製品サイト  https://dynamics.microsoft.com/en-us/business-central/capabilities/  実機:メニューから検索  ’Ledger’, ’Journal’,’Order’, ’Setup’, ’Dynamics’ といったキーワードで検索  実機:ロールセンターを切り替える。  公式のリファレンス  https://docs.microsoft.com/en-US/dynamics365/business-central/product-get-started
  14. 14. メニューで‘LEDGER’ を検索 • 左が機能名、右がカテゴリ名 • メニューの種類としてArchiveを選択 • Ledger <- Journal <- Order, Invoice etc.
  15. 15. メニューで ‘SETUP’を検索 • 左が機能名、右がカテゴリ名 • メニューの種類としてAdministrationを選択
  16. 16. 参考:公式のリファレンスから分野を抽出 分野 内容 Finance 会計 Sales 販売 Purchase 購買 Inventory 在庫 Project Management プロジェクト管理 Fixed Asset 固定資産 Relationship Management CRM Human Resource 人事 Planning 製造計画 Assembly Management 組み立ての簡易製造 Manufacturing 製造…201804GA Warehouse Management 倉庫 Service Management サービス…201804GA
  17. 17. さて問題です。 DYNAMICS 365 BUSINESS CENTRALと 他のDYNAMICS 365 製品の守備範囲は 明確に切り分けられている?
  18. 18. メニューで ‘DYNAMICS’を検索 • 左が機能名、右がカテゴリ名 • ほとんどが for Sales • 一部 for Customer Service
  19. 19. ロールセンターで ‘DISPATCHER – CUSTOMER SERVICE’ を選択 • サービス系のメニューが表示される。
  20. 20. ロールセンターで ‘PROJECT MANAGER’を選択 • プロジェクトのメニューが表示される。 • JOB=プロジェクト
  21. 21. まとめ  単体でもソコソコ守備範囲が広いが、本格的にやろうとすると他の製品群と連携が必要になる。  例えば、、  ジョブモジュール:日程計画が無い。リソース計画が弱い。  サービス:サービスマンの巡回経路、タイムテーブル管理はない。UIもオフィスワーカー向け。  人事:立替金管理以外はほぼ機能がない。  とはいえ、手ごろな値段で結構な守備範囲を誇るコスパのよいシステムだと思いますので皆さん ぜひ使ってみてください。

×