Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

LINQ概要

16,934 views

Published on

LINQ勉強会のセッション資料です。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

LINQ概要

  1. 1. 青柳 臣一 @ShinichiAoyagi LINQ 概要 第2回 LINQ 勉強会 VSハッカソン倶楽部勉強会 大阪 LINQ分科会 2013/8/24(土)
  2. 2. • 青柳 臣一(あおやぎ しんいち) @ShinichiAoyagi http://shinichiaoyagi.blogspot.jp/ • 職業 C# やら VB やら WPF やらでソフトウエア開発 最近はスマホとか あと PHP + MySQL で SNS 作ったり 自己紹介
  3. 3. • Language-Integrated Query • クエリー機能を言語に統合 • クエリーは SQL とかのクエリー 「問い合わせ」 • Visual Studio 2008(.NET Framework 3.0)で搭載 LINQ (1)
  4. 4. • コレクションの検索 – 配列や List<T> など LINQ to Objects • データベースの検索 – DataContext LINQ to SQL LINQ (2)
  5. 5. • C# や VB で SQL みたいな書き方ができ る クエリー式 (1) var array = new[] { 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10 }; var q = from x in array where x % 2 == 0 select x; Dim array() = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10} Dim q = From x In array Where x Mod 2 = 0 Select x
  6. 6. • let、join、group、orderby など一通り のことはできる – 標準クエリ演算子の概要 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/vstudio/bb397896.aspx – VB には Aggregate があるが C# には無い (C# では書けない) クエリー式 (2)
  7. 7. • VB の Skip、Take • VB の Aggregate クエリー式 (3) Dim q = From x In array Skip 3 Take 2 Select x Dim total = Aggregate x In array Where x Mod 2 = 0 Into Sum(x)
  8. 8. • すべてクエリー式を使わない形に変換可 能 クエリー式はシンタックスシュガー var q = array .Where(x => x % 2 == 0) .Select(x => x); Dim q = array. Where(Function(x) x Mod 2 = 0). Select(Function(x) x)
  9. 9. • VS 2008 のときの追加機能は LINQ のた め • 暗黙的な型指定(var、Dim) • 拡張メソッド • ラムダ式 • 匿名クラス • オブジェクト初期化子、コレクション初 期化子 LINQ のための言語サポート (1)
  10. 10. LINQ のための言語サポート(2) var people = new[] { new Person() { Name = “太郎", Age = 14, }, new Person() { Name = “花子", Age = 17, }, }; var q = people .Where(x => x.Age <= 15) .Select(x => new { x.Name }); var コレクション初期化子 オブジェクト初期化子 拡張メソッド ラムダ式 匿名クラス
  11. 11. LINQ のための言語サポート(3) Dim people() = { New Person() With {.Name = “太郎", .Age = 15}, New Person() With {.Name = “花子", .Age = 14} } Dim q = people. Where(Function(x) x.Age <= 15). Select(Function(x) New With {x.Name}) var コレクション初期化子 オブジェクト初期化子 拡張メソッド ラムダ式 匿名クラス
  12. 12. • IEnumerable – 配列やコレクションは IEnumerable を実装し ている • だから – System.Linq.Enumerable LINQ to Objects (1) public static IEnumerable<TSource> Where<TSource>( this IEnumerable<TSource> source, Func<TSource, bool> predicate); public static IEnumerable<TSource> Where<TSource>( this IEnumerable<TSource> source, Func<TSource, int, bool> predicate);
  13. 13. • System.Linq.Enumerable.Where LINQ to Objects (2) public static IEnumerable<TSource> Where<TSource>( this IEnumerable<TSource> source, Func<TSource, bool> predicate) { foreach (var item in source) { if (predicate(item)) { yield return item; } } }
  14. 14. • 最終的には for や foreach と同等 LINQ to Objects (3)
  15. 15. • 見た目は LINQ to Objects とほぼ同じ LINQ to SQL (1) var db = new NorthwindDataContext(); var q = from c in db.Customers where c.Country == “USA” select c.ContactName; var db = new NorthwindDataContext(); var q = db.Customers .Where(c => c.Country == “USA”) .Select(c => c.ContactName);
  16. 16. • テーブルとかは IQueryable • だから – System.Linq.Queryable LINQ to SQL (2) public static IQueryable<TSource> Where<TSource>( this IQueryable<TSource> source, Expression<Func<TSource, bool>> predicate); public static IQueryable<TSource> Where<TSource>( this IQueryable<TSource> source, Expression<Func<TSource, int, bool>> predicate);
  17. 17. • Expression って? – 型(int や string と同じく一級市民の型) – System.Linq.Expressions.Expression<TDeledate> クラスの こと • 実行コードをデータとして表現したもの • 暗黙の型変換 – ラムダ式は暗黙に Expression 型に変換できる – 1 を 1.0 に暗黙に変換できるように “x => x % 2 == 0” をこのラムダ式の内容を表す Expression 型に変換できる LINQ to SQL (3)
  18. 18. • コンパイル時にすること – ラムダ式を Expression 型に変換するコード を作り出す • 実行時(列挙したとき)にすること – Expression 型を元に SQL 文を作ったりして 実行 LINQ to SQL (4)
  19. 19. • 非同期やイベントドリブンなものを LINQ っぽく扱えるようにするもの – GPS の位置情報がやってくるのを処理すると か – Leap Motion からやってくるデータを処理す るとか Reactive Extensions (Rx)

×