Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20180222_Microsoft MVP養成講座向け資料

1,244 views

Published on

2018/2/22に発表したMicrosoft MVP養成講座向け資料

Published in: Technology
  • Be the first to comment

20180222_Microsoft MVP養成講座向け資料

  1. 1. Microsoft MVP養成講座 私の取り組み紹介 2018/2/22 TIS 森真吾 1
  2. 2. 自己紹介 氏名:森真吾 所属:TIS株式会社 戦略技術センター Twitter:@morio36 Qiita:https://qiita.com/morio36 Microsoft MVP for Windows Development 2018-2019 日本バーチャルリアリティ学会 複合現実感研究委員会(SIG-MR)委員 会社でHoloLens触ってます。 2
  3. 3. きっかけ 3
  4. 4. きっかけ ・2017年2月に社内異動後、イベントへの“参加”は多くなっていた ・6月ごろ、FacebookのHoloLens関連グループで 「誰か運営やりませんか?」といった呼びかけがあり、秒速で挙手。 ・その後、HoloMagicians管理のイベントを複数運営開始。 環境が変わり、行動が変わり、 意識が変わったことで さらなる転機が訪れた。 4 2017年8月 MVP養成講座に参加
  5. 5. 取り組み内容 5
  6. 6. 取り組み内容 ・イベント運営(HoloLensミートアップ、HoloLens読書会、xRLT ・イベントでの登壇、LT ・ブログ寄稿(Qiita、Wantedly)、Githubへのソース公開 ・Twitterでいろいろつぶやく 外部発信を重視。 結果をネット上で見える形で残す。 たとえ裏方スタッフでも、名前は残す。 6 2017年12月 MVP受賞
  7. 7. 気を付けたこと 7
  8. 8. 気を付けたこと ・MVP養成講座の内容を把握し、行動・言動を見直し(特にTwitter) ・あんまりMicrosoftヨイショにならないように、でもMS寄りの立場 ・HoloLens+Azure(Cognitive Services)といった、 新しい組み合わせに着目。 自分だけの価値、特技を向上。 周りに埋もれないように。 (Holo界隈は変な人多い) 8
  9. 9. 苦労したこと 9
  10. 10. 苦労したこと ・活動期間の少なさを補うくらいのOUTPUTが必要。 ・HoloLens+CognitiveServicesという観点では まだまだ情報も少なく、自分で切り開かないといけない。 ・人とは違うことを、なるべく早く。→情報不足、英語の壁。 情報が少ない状態で調査し、 自ら技術発信をする。 これがMVPの価値。 10 MVP申請フォームの入力もかなり苦労した・・・
  11. 11. 客観データ 11
  12. 12. 客観データ ・登録期間 2016/10/1 2016/11/1~2017/10/31分 ※申請時は9月末日まで。追加で10月分を提出。(合ってる?) ・イベント登壇 6回 ・運営 5回 ・記事 21本(Qiita View数6000くらい) ・その他、HoloLens展示の協力など ・Twitterフォロワー数 906 ・Kloutスコア 51 ・MVPページへのリンク https://mvp.microsoft.com/en-us/PublicProfile/5002914?fullName=Shingo%20%20Mori 12 そんなに多くない
  13. 13. さいごに 13
  14. 14. 「自分が惚れた技術をより多くの人に 使ってもらうためにはどうすればいいか」 を考えて、自分のやり方で 実際に行動すれば、 きっと結果はついてくるはず! 14
  15. 15. おわり 15

×