Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

今日からはじめるディープラーニング

590 views

Published on

「GTC Japan 2016 - NVIDIA」発表資料
マルチGPUサーバー HPE Apollo 6500とTensorFlow 環境構築サービス

Published in: Technology
  • Be the first to comment

今日からはじめるディープラーニング

  1. 1. 今日からはじめるディープラーニング ~ マルチGPUサーバー HPE Apollo 6500 と TensorFlow 環境構築サービス ~ 日本ヒューレット・パッカード株式会社 サーバー事業統括本部 サーバー製品統括本部 スケールアウト・サーバー製品部 岡野 家和 テクノロジーコンサルティング事業統括 トランスフォーメーション・コンサルティング本部 テクノロジーアーキテクト部 北山 晋吾 2016年10月5日
  2. 2. 本日の内容 2 1. HPE Apollo 6500 System のご紹介 2. ディープラーニング開発環境構築サービスのご紹介
  3. 3. HPE Apollo 6500 System 今日からはじめるディープラーニング 3
  4. 4. HPE Apollo System ファミリー 4 HPE Apollo 2000 HPE Apollo 4000 ファミリー Scalable Multi-node Storage Density HPE Apollo 6000 HPE Apollo 8000 Rack-scale Efficiency Warm-water Supercomputer ワークロードに最適化されたモジュラー型サーバー HPE Apollo 6500  2Uサーバートレイに8 GPU搭載  4Uシャーシに2サーバー・16 GPUを稼働  Tesla K80、M40、P100*をサポート  「電源の外出し」で熱と温度の課題に対処 Ultra-dense GPU Server * Tesla P100は11月販売開始予定 New
  5. 5. HPE Apollo 6500 とは Ultra-dense GPU Server 5 サーバー HPE ProLiant XL270d Gen9 シャーシ HPE Apollo d6500 chassis 外付けパワーサプライ HPE Apollo 6000 Power Shelf GPU×4枚 GPU×4枚 • 最大8 GPU搭載可能な2Uラックサーバー • 1シャーシに2サーバーを搭載 • 実績豊富な「ProLiant」 (M/BはApollo 2000) • サーバーノードは個別メンテナンス可 • 前面抜き挿し型サーバートレイ • 前面アクセス ホットプラグドライブ • 冗長性のホットプラグ冷却ファン • HPE Apollo 6000 で実績豊富な 1.5U パワーシェルフ 4U 2U ディープラーニングを念頭にGPU搭載密度を追及したマルチノードサーバー
  6. 6. HPE ProLiant XL270d Gen9 基本仕様 6 項目 仕様 ラック 奥行1,200mm ラック推奨 シャーシ HPE Apollo d6500 シャーシ (4U、2台のサーバートレイ、1シャーシ最大16 GPU稼働) プロセッサー インテル Xeon プロセッサー E5-2600 v4 ファミリー 電源 HP Apollo 6000 パワーシェルフ メモリ 16×2,400MHz DDR4 DIMM、最大容量1,024GB (16 x 64GB DIMM) ネットワーク オプション • 2×1GbE シングルポート モジュール標準搭載 • 2×PCI Express x16 LPスロットにInfiniBand、OmniPath(リリース後)、Ethernet アダプタ搭載可能 (1Gb, 10Gb, 25GbE) I/O スロット 1サーバートレイあたり8枚の350W GPUをサポー • 1×PCI Express x8 メザニン型スロット (Smartアレイ用) • 2×PCE Express x16 ロープロファイル スロット ストレージ 最大8本のホットプラグ式 SFF SAS HFF/ SATA HDD/ SSD – 前面アクセスドライブ アクセラレータ • NVIDIA Tesla: K80, M40 (K40 ~ 9月予定) Pascal GPU (発表され次第) • インテル Xeon Phi KNL (PCIe用発表され次第) • AMD : FirePro S9150 管理 HP iLO 4, HP Advance Power Manager OS Red Hat Enterprise Linux 6.7, 7.2, SLES 11 SP4, 12, MS Windows Server 2012 R2
  7. 7. アプリ特性に応じて選択可能 : XL270d Gen9 トポロジー 7 8 GPU : 1 CPU トポロジー P542D PLX8796 GPU GPU GPU GPU PLX8796 GPU GPU GPU GPU CPU2 オプション CPU1 Fabric Fabric x16 x16 x16 x16 x16 x16 QPI 20 GBs 25 GBs x8 GPUサポート(1サーバーノードあたり): • 8枚 Tesla M40 • 4枚 Tesla K80 • 8枚 Tesla K40 • 8枚 Tesla P100 (販売開始次第) 4 GPU : 1 CPU トポロジー GPU GPU GPU GPU PLX 8747 GPU GPU GPU GPU CPU2 CPU1 Fabric Fabric x16 x16 x16 x16 x16 QPI 25 GBs 14 GBs PLX 8764 PLX 8747 x16 PLX 8764 20 GBs P542D x8 GPUサポート(1サーバーノードあたり): • 8枚 Tesla M40 • 8枚 Tesla K80 • 8枚 Tesla K40 • 8枚 Tesla P100 (販売開始次第)
  8. 8. HPE Apollo 6500 Overview 8 クラス最高のノードあたりGPU搭載密度 • 最大 8 GPU を2Uサーバートレイに • アプリケーションに応じて最大4:1 または8:1 のGPU:CPU構成を選べる柔軟性 ラックスケールのGPUコンピューティング • アクセラレータ、トップビンCPU、高速HPCクラスタなどHPCパフォーマンスを念頭に設計 • ストレージの柔軟性と豊富なI/Oオプションによるワークロードへの最適化が可能 拡張性とシンプルさを実現 – あくまでもProLiant Gen9 • HPE ProLiant のエンタープライズクラス管理・運用ツール • HPE iLO が管理者の時間とコストを削減 • HPE Advanced Power Manager (APM) がラックあたりの効率を最大化 Designed for GPUHigh Density ProLiant
  9. 9. スモールスタートならHPE Apollo 2000 今日からはじめるディープラーニング 9 HPE Apollo 2000 ProLiant XL170r Gen9 1U サーバートレイ ProLiant XL190r Gen9 2Uハーフワイド サーバートレイ • 1サーバー2 GPU搭載 • Tesla M40, M60, K40, K80, P100*をサポート • 2Uスペースに2サーバー4 GPU搭載可能 • XL190r でのTesla M60国内実績 400枚以上 * Tesla P100は11月販売開始予定
  10. 10. HPEブースでお待ちしいます – ぜひ現物をご覧ください 10 4サーバー 32 GPU構成 in 9.5U
  11. 11. ディープラーニング開発環境構築サービス 今日からはじめるディープラーニング 11
  12. 12. サービス利用モデル開発 機械学習/ディープラーニングの利用と分類 手元のデータから独自のモデルを開発する ディープラーニングフレームワークの利用 ・TensorFlow ・Chainer ・Caffe データ分析 すでに効果が見えているデータ群から、リソース を利用して機械学習モデルを設計する ・Google Cloud Machine Learning ・Microsoft Azure Machine Learning トレーニング済みの機械学習サービスを利用し たモデル適用を行う ・Google Cloud Vision API ・Microsoft Project Oxford ・HPE Haven OnDemand ディープラーニングは、利用目的に応じて3つの利用形態が存在する。 GPU/CUDAを利用した自社モデル開発 拡張性の高さ 敏捷性の高さ クラウドリソースを利用したモデル開発 既存モデルを利用したSaaS利用
  13. 13. モデル開発におけるディープラーニングフレームワーク ディープラーニングを始めるためには、わかりやすいフレームワークを活用することが重要。 また、ディープラーニングフレームワークを用いることで、GPUを意識することなくモデル構築することが可能。 ディープラーニング アプリケーション Caffe Torch Chainer Tensor Flow Theano CUDA ディープラーニングフレームワーク GPU (NVIDIA) ※CUDA最適化ライブラリ cuDNN ディープラーニング用ライブラリ cuBLAS 密行列演算ライブラリ cuSPARSE 疎行列演算ライブラリ (深層学習を使ったデータモデリングをするためのライブラリ) クライアントアプリケーションは、 PythonやC++などで実装 ディープラーニングフレームワーク によって、複雑なDeep Neutral Network構造を容易に実装 CUDAライブラリによって、GPUプ ログラミングは容易に実装可能
  14. 14. 14 Open Source化された機械学習ライブラリ ・Python言語で複雑なDeep Neutral Network構造を容易に実装可能 ・計算処理をグラフ構造で表現した、直感的に理解しやすいフレームワーク体系 ・マルチGPUに対応。コードの変更なく、GPUリソースを最大限に活用可能 Googleの商用サービスでの利用実績 ・Google PhotosなどのGoogle商用サービスでもすでに豊富な利用実績があり、多数の開発者がTensorFlowを使 用して開発を実施 TensorBoardによるデータフローや学習過程の可視化にも対応 ・付属のTensorBoardを使い、複雑なデータフロー構造や学習過程でのエントロピー低減の状態が可視化可能 Tensorflowによるディープラーニング開発環境の特徴 学習課程 データフロー構造
  15. 15. 15 Tensorflowの利用シェア拡大 2015年11月のローンチ後、最も多く利用されているディープラーニングフレームワーク
  16. 16. 16 Tensorflow構築支援サービス •サンプルプログラムの操作に 関する技術移管 (オンサイト) •Q&A対応 (1週間のリモート対応) •Ubuntu14.04LTSインストール •nvidiaドライバインストール •Cuda7.0、cuDNN6.5インストール •tensorflowインストール •サンプルプログラムの動作確認 (MNIST, CIFAR-10) 設計・構築 技術移管 納品 •導入作業報告書 本サービスは、ディープラーニング開発環境としてHPE Apollo 6500サーバ上にTensorFlowを導入し、NVIDIA GPUを最 大限活用した高速機械学習環境を構築するサービスです。画像認識精度の飛躍的な向上、あるいは、お客様の保有する データを利用した全く新しいInsight(気づき)の獲得など、これまで実現できなかったビジネスモデルを作り上げるための基 盤となるディープラーニング環境の導入をご支援いたします。 サービス概要 サービス内容 ※ 正式見積は詳細を確認させていただいた上で提示いたします。 ※ その他、個別のご相談にも応じます
  17. 17. HPE Apollo + GPU 「まるごと半額」キャンペーン HPE Apollo 6500発表記念 17 キャンペーン内容  対象製品を購入の場合は一律 50% Off  GPUタイプ、購入台数、一切の制限なし  2017年1月31日まで 対象製品  HPE Apollo 2000 + GPU • NVIDIA Tesla M40, M60, K40, K80 • NVIDIA Quadro M4000  HPE Apollo 6500 + GPU • NVIDIA Tesla M40, K40, K80
  18. 18. まとめ サーバーHWから開発環境構築サービスまで、HPEが一括で提供 18 HPE Apollo + GPUで「まるごと半額」。始めるなら今! HPE Apollo 6500 高密度GPU搭載サーバー ディープラーニング 環境構築サービス 技術移管 • サンプルプログラムの操作に関する技術移管 (オンサイト) • Q&A(1週間のリモート対応) 構築・試験 • Ubuntu14.04LTS インストール • NVIDIAドライバ インストール • Cuda7.0, cuDNN6.5 インストール • TensorFlow インストール • サンプルプログラム (MNIST, CIFAR-10) 動作確認 提出物 • 導入作業報告書の提出TensorFlow : Googleが開発 し、オープンソース化された機械 学習ライブラリ サービス内容 作業期間 2週間程度 Apollo + GPU 「まるごと半額キャンペーン」実施中 専用4Uシャーシに8 GPU搭載マシンを2台搭載可能なマルチノードサーバー
  19. 19. アンケートご協力のお願い 19 セッションアンケートは ここ! ブースNo. ⑲ ⑳ 日本ヒューレット・パッカード ブース ぜひ、ブースにも お立ち寄りください!
  20. 20. Thank you facebook.com/HPEJapan twitter.com/HPEJapan youtube.com/HPEJapan 20 是非、サーバを導入したその日から ディープラーニング始めてみませんか

×