History_of_waterfall_append

7,818 views

Published on

This Presentation is showed on July 8. it base on History of WaterFall on Agile-Samurai YokohamaDojo.

Published in: Technology
1 Comment
24 Likes
Statistics
Notes
  • ウォーターフォールモデルの起源といわれるRoyce論文ですが、紹介されされているようにウォーターフォールを肯定する内容ではありませんし、そもそもウォーターフォールという言葉も使っていません。
    では、誰が何を指してウォーターフォールと名づけたのか・・・?
    それについて調査したレポートです。 
    http://barrel.ih.otaru-uc.ac.jp/handle/10252/5163
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
No Downloads
Views
Total views
7,818
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
747
Actions
Shares
0
Downloads
29
Comments
1
Likes
24
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

History_of_waterfall_append

  1. 1. 最近アジャイル界隈で よく聞く話
  2. 2. 「自分の現場がウォーター フォールで全然ダメで それをアジャイルなら 変えられないかと思って」
  3. 3. いったい誰と戦って いるんだ・・・・・
  4. 4. ちょっと待て
  5. 5. 「自分の現場がウォーター フォールで全然ダメで それをアジャイルなら 変えられないかと思って」
  6. 6. そもそも
  7. 7. ウォーターフォールって だめなの?
  8. 8. なんでそんなものをみんな使っているの?
  9. 9. というかウォーターフォールって なに?
  10. 10. いつどこで 生まれたものなの?
  11. 11. ということで我々はウォーターフォールの起源に迫ってみることにした
  12. 12. History of WaterFall 瀬宮 新(@shin_semiya)
  13. 13. ウォーターフォールだと 思われているもの
  14. 14. ・よくある仕様変更・手戻りしない直列的な工程・大量の書類・絶対固定の納期と予算 →そしてデスマーチへ
  15. 15. 本当の ウォーターフォール ってそもそもなに?
  16. 16. ウォーターフォールの起源Winston.W.RoyceManaging the Development of Large Software Systemsという論文(5ページくらい)
  17. 17. 分析 実装
  18. 18. 要求 分析 設計 実装 試験 運用
  19. 19. Royceは言った(1) 2回実施せよ (プロトタイプ) テストを計画せよ (設計よりも前に) 顧客をまきこめ (反復的なチェック)
  20. 20. 当初のRoyce案では ウォーターフォールを 反復型開発として して提案していた
  21. 21. Royceは言った(2)仕様変更があったら 費用/納期を追加しろ仕様変更があったら もう一回やりなおせ
  22. 22. つまり
  23. 23. ここさぁなんかイメージと 違うんだよね
  24. 24. すると
  25. 25. おかわり=反復的な開発
  26. 26. なるほどなるほど
  27. 27. それでは
  28. 28. どうしてこうなった
  29. 29. 時は1980年代
  30. 30. ・システム開発は大規模化・税金による予算化に 「おかわり」は不向き・予算と納期の追加が続発 →「おかわり」しすぎ!
  31. 31. 再発防止策が必要だな
  32. 32. ということで
  33. 33. DOD-STD-2167(1985.6)(文書をいっぱい作ろう!)DOD-STD-2167A(1988.2)(工程の反復の否定 ウォーターフォールは 「おかわり」禁止!)
  34. 34. 反復型開発が否定され 直列的ウォーターフォール が生まれた
  35. 35. DOD-STD-2167A(1988.2) を真に受けると・ウォーターフォール (絶対に「おかわり」禁止)・ほかの開発手法 (大規模開発に不向き) の二択
  36. 36. そして滝は詰まり始めた
  37. 37. 一方、日本では
  38. 38. 1985. 日本電信電話 設立1988. NTTデータ 設立1990. バブル崩壊(システム要員の外注化)
  39. 39. 日本ではSIが発達し同時に 開発手法もアメリカから 輸入された
  40. 40. システム開発の普及 ・大規模システム = ウォーターフォール ・書類が山盛り ・「おかわり」禁止がデファクトスタンダードに
  41. 41. 輸入された経緯はわかった
  42. 42. 日本では今でも ウォーターフォールが 炎上している
  43. 43. それではアメリカでは炎上しなかったの?
  44. 44. もちろん大炎上したよ
  45. 45. 大炎上する案件が複数発生
  46. 46. 再発防止策が必要だな
  47. 47. DOD-STD-2167A(1988.2)↓MIL-STD-498(1994.12)(頻繁な顧客レビューの推奨)DOD 5000.2(2000)(反復型および スパイラル型を推奨)
  48. 48. 開発は反復型重視へ 回帰した
  49. 49. さらに
  50. 50. XP 白本(1999)アジャイルマニフェスト (2001.2)(1993.のJacob Nielsen のUIテスト あたりをみても業界全体が 反復的開発と頻繁なFBに 傾いている)
  51. 51. 反復型開発の復活
  52. 52. 直列的WF に対する反動! 改善派 反復的WF 革命派 アジャイル
  53. 53. つまりダメな ウォーターフォールに 嵌り込んでいたのは・・ 日本だけ!
  54. 54. 嵌っている・・首まで・・
  55. 55. つまりダメな ウォーターフォールに 嵌り込んでいたのは・・ 日本だけ!
  56. 56. これを知った時、私は
  57. 57. こう思いました
  58. 58. 調達標準は反復型重視へ 回帰した
  59. 59. ではウォーターフォールは どうあるべき?
  60. 60. ・プロトタイプを作る・頻繁な顧客フィードバック・反復的で機能追加型の開発 にシフトすべき
  61. 61. そもそもウォーターフォール <<< <(壁)<<アジャイル なのか?
  62. 62. (一面の真実)仕様変更が許容範囲に収まる場合ウォーターフォールのほうが アジャイルよりも安いし早い完全にアジャイルに進めると対象やドメインモデルが複雑だと 破綻する可能性が高い
  63. 63. ではどちらを選択すべきか?
  64. 64. 慣れた人に任せるべきだ (Martin Fawler)
  65. 65. そもそもの問題として
  66. 66. ウォーターフォールだと 思われているもの
  67. 67. ・よくある仕様変更・手戻りしない直列的な工程・大量の書類・絶対固定の納期と予算 →そしてデスマーチへ
  68. 68. 問題を突き詰めると・抜け漏れのない要求仕様・誤りのない前工程・納期と費用の精密見積り は不可能だ!
  69. 69. こういう人がいる
  70. 70. 日本のウォーターフォール における開発では
  71. 71. 手強い敵がいる
  72. 72. 無責任な顧客多重下請け構造常に過重なタスクデスマ根絶のため どげんかせんといかん!
  73. 73. 彼らが立ち上がった!
  74. 74. 俺達も続くぞ!
  75. 75. 終わりのないデスマをアジャイルにより根絶する 俺がガンダムになる! 俺達がガンダムだ!
  76. 76. そんなにうまくいくか?
  77. 77. 本当にあなたは ガンダム(アジャイル)に なれますか? あなたの隣の同僚は? あなたの会社の偉い人は? あなたの顧客は?
  78. 78. アジャイルは人に 多くを求める
  79. 79. アジャイルチームに 要求される能力・自己組織化・コマンドコントロール不要・改善する意思・成果責任
  80. 80. そしてなにより・意思決定できるPO・権限移譲と信頼する経営陣・お金を交渉できる能力! が必要になる。
  81. 81. 誰もがこの働き方を気に入るわけじゃない
  82. 82. 本当にあなたは ガンダム(アジャイル)に なれますか? あなたの隣の同僚は? あなたの会社の偉い人は? あなたの顧客は?
  83. 83. 手強い敵がいる
  84. 84. 本当にガンダムが必要か?
  85. 85. 量産機で勝てる戦術も 必要ではないか
  86. 86. 解決したかったもの
  87. 87. ・よくある仕様変更・手戻りしない直列的な工程・大量の書類・絶対固定の納期と予算 →そしてデスマーチへ
  88. 88. そもそもの問題として・抜け漏れのない要求仕様・誤りのない前工程・納期と費用の精密見積り は不可能だ!
  89. 89. 解決方法はアジャイルだけではない
  90. 90. 量産機で勝てる戦術=反復的ウォーターフォール
  91. 91. 開発を複数のサイクルに分割 →後のサイクルで改善可能・仕様の抜けに対応しやすい・小さいサイクルなら制御可・考慮漏れに対応しやすい・進捗速度が上がる
  92. 92. ・「強い」POがいなくても 開発可能・比較的既存の体系を 流用しやすい・契約形態についても同様 機能の分割納入に近い。
  93. 93. ・偉い人や顧客を (比較的)説得しやすい・重量級開発にも (比較的)耐えられる
  94. 94. では日本のソフトウェア開発は これからどうなる
  95. 95. ・反復型ウォーターフォール・アジャイル・そのほか に分かれると思う残念なウォーターフォールも残るだろう
  96. 96. ご清聴ありがとうございました

×