20121013_GIS学会FOSS4G分科会

619 views

Published on

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
619
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

20121013_GIS学会FOSS4G分科会

  1. 1. 第21回地理情報システム学会@広島修道大学 2012.10.13 特別セッション(3)FOSS4G日本語ローカライズの現状と課題FOSS4Gの普及・活用に向けたOSGeo-Liveの開発とローカライズ 立命館大学衣笠総合研究機構PD OSGeo財団日本支部運営委員 瀬戸 寿一
  2. 2. OSGeo ProjectsWeb マッピング 地理空間ライブラリdeegree FDOgeomajas GDAL/OGRGeoMoose ◆ GEOSGeoServer ◆ GeoToolsMapbender MetaCRS ◆MapBuilder OSSIMMapFish PostGISMapGuide Open Source rasdaman ◆MapServerOpenLayers メタデータカタログZOO-Project ◆ GeoNetworkデスクトップ・アプリケーション 他のプロジェクトGRASS GIS Public Geospatial DataQuantum GIS Education and CurriculumgvSIG ◆Opticks ◆ ◆インキュベーションによるプロジェクト
  3. 3. Public Geospatial Datahttp://wiki.osgeo.org/wiki/Public_Geospatial_Data_Project
  4. 4. http://wiki.osgeo.org/wiki/Geodata_Repository
  5. 5. OSGeo-Liveとは?
  6. 6. http://live.osgeo.org/
  7. 7. Live Disc (USB) として配布するメリット• ユーザーのOS-環境に依存しない• アプリケーション・ライブラリ等をインス トールすること無くディスク上で起動可能• OSGeo:DesktopGISからWebアプリまで 様々なプロダクトを一挙紹介できる。• ユーザー:アプリケーションを自分のPC環 境を変更することなく、自在に試用できる。 複数のアプリケーションを組み合わせたイ メージをつかめる。
  8. 8. http://wiki.osgeo.org/wiki/Live_GIS_History
  9. 9. 55種類のアプリケーション・ライブラリが収録!ブラウザ・クライアント ナビゲーション 空間ツールOpenLayers GpsDrive GeoKettleGeomajas Marble GDAL/OGRMapbender OpenCPN GMTMapFish OpenStreetMap MapnikGeoMoose Prune MapTilerデスクトップGIS Viking OTBQuantum GIS zyGrib RGRASS GIS Webサービス データベースgvSIG Desktop Geoserver PostGISuDig Mapserver SpatialiteKosmo Desktop deegree RasmadanOpenJUMP GIS GeoNetwork pgRoutingSAGA pycsw 地理空間ライブラリOSSIM MapProxy GeoToolsGeopublisher QGIS Server MetaCRSAtlasStyler 52°North WSS libLASosgEarth 52°North WPS データセットMB-System 52°North SOS Natural Earth危機管理 TinyOWS North CarolinaSahana Eden ZOO Project OpenStreetMapUshahidi
  10. 10. https://svn.osgeo.org/osgeo/ Livedvd/promo/trunk/ En/presentation/ Cameron Shorter氏(英語)http://www.slideshare.net/sayno/foss4gosgeo-live清野陽一氏(日本語)
  11. 11. OSGeo-Liveのローカライズ
  12. 12. OSGeo-Live Translationの基本的な流れ ・osgeo user id の取得 ・Live-demo メーリングリスト への加入と意思表示 ・Subversion へのアクセス権 の取得と設定 ・チェックアウト (ローカル環境へのコピー) ・新しい翻訳ファイルの作成 →コミット&ドキュメントへログ追記
  13. 13. チェックアウト (checkout = co)svn co https://svn.osgeo.org/osgeo/livedvd/gisvm/trunk/ドキュメントの新規作成(英語版を参考に日本語版を生成)svn cp doc/en/<doc>.rst doc/ja/<doc>.rstMine-typeの設定svn propset svn:mime-type text/x-rst; charset=utf-8’コミットsvn commit -m "Translated docX.rst to Japanese" docX.rst
  14. 14. SVNを用いたファイルのコミット(Windows-TortoiseSVN)
  15. 15. コミットログを管理ファイル(Google Drive)に記載
  16. 16. OSGeo-Live のローカライズ例
  17. 17. http://live.osgeo.org/ja/overview/openlayers_overview.htm
  18. 18. http://live.osgeo.org/ja/quickstart/qgis_quickstart.html
  19. 19. Standards: Ver.4.0より収録• Catalogue Service for the Web (CS-W)• Filter Encoding (FE)• Geography Markup Language (GML)• KML Encoding Standard (KML)• Sensor Model Language (Sensor ML)• Style Layer Descriptor (SLD)• Sensor Observation Service (SOS)• Web Coverage Service (WCS)• Web Feature Service (WFS)• Web Map Service (WMS)• Web Processing Service (WPS)
  20. 20. OSGeo-Live収録ドキュメントの多言語化対応状況 (2012年8月:OSGeo Live 6.0リリース時)カテゴリ en el de es ca ja pl zh it fr ko /言語 root 8 8 5 5 6 7 5 8 7 7 2overview 60 60 58 59 58 44 39 24 24 16 0quickstart 62 62 35 30 11 11 5 2 8 5 0standards 12 12 11 12 0 0 0 6 0 1 0 Total 142 142 109 106 75 62 49 40 39 29 210/13現在 142 142 121 131 80 65 50 77 97 75 80 ru: 93
  21. 21. OSGeo-Live 6.0 日本語化のコントリビューター (※同名ファイルの最終のコミッター) 2 11 2 fgdrf 3 Magepa 23 hamish 6 tosseto astrid_e alfonx 10 activity yoichi 12 sdlime
  22. 22. http://www.nofuture.tv/linux/osgeolive
  23. 23. 小括• OSGeo-Live: FOSS4Gの導入・紹介・試用 が、使用環境に依存すること無く可能。• 初心者・導入を考えている人向け:実習にも使える。普及 の契機• アプリケーション等の概要・クイックスター ト・準拠フォーマットの解説などドキュメン トが充実• ソフトウェアの開発とは異なる貢献の一つ▲ドキュメント翻訳や専門用語のチェック 余暇的活動からタスクマネジメントへ▲日本語版のビルド(日本語のデータ扱い含

×