Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Science talks2014 plan

307 views

Published on

  • Login to see the comments

  • Be the first to like this

Science talks2014 plan

  1. 1. 2014年 企画・計画書 Science Talks(サイエンストークス)委員会
  2. 2. をサ 立イ ちエ 上ン げス たト のー かク ?ス 日本の研究を もっと元気に したい! • • • 研究論文数の伸び悩み 研究費不正、論文改ざん 若手就職問題などなど… 日本の研究コミュニティを明 るい話題と高いモチベーショ ンで満たしたい。そのために 変えられることは何かを、研 究者からボトムアップで引き 出して、変化の原動力を創り たい。 研究者と 政策立案者が 語る場を作り たい! 研究者間の つながりを 作りたい! • • 分野・学会間の連携欠如 共通問題を話し合う場が 機能していない… 自分の研究とキャリアを超え て、研究コミュニティ全体を もっとよくして、日本の研究 力アップに貢献したいという ヴィジョンを共有する研究人 材をもっと増やして行きたい。 • • 不満だけが募る研究者 研究コミュニティと政策 立案者間の議論不足 立場、分野の違う人たちが同 じ問題意識を持って共通の課 題に自由に発言して取り組め るネットワーク作りをして、 すべての関係者が当事者意識 を持って話し合える場を創り たい。
  3. 3. 違今 うま ので かの ?議 論 の 場 と のさ 学ま 術ざ 研ま 究な へ試 のみ 関や 心活 と動 支を 持オ をー 取プ りン 戻に し発 ま信 すす 。る こ と で 、 社 会 か ら 組い やい 改こ 革と 、は 政ど 策ん 提ど 言ん なや どり 具ま 体し 的ょ なう 取。 組有 に志 つが な集 げま てっ いて き実 ま験 す的 な 取 に立 よ場 っを て超 元え 気て をつ 継な 続が 的り に、 ジ自 ェ由 ネに レコ ーラ トボ すし るて 場く でだ すさ 。い 。。 シ ナ ジ ー えポ てジ 、シ 立ョ 体ン 的ト ・ー 多ク 角厳 的禁 な。 視一 点人 をひ 持と つり こが と自 が分 目の 的お でか すれ 。た 立 場 を 超 で面 き白 るい 、ア たイ くデ さィ んア のや よ実 い践 ア例 イを デ共 ィ有 アし をて おく 持だ ちさ 帰い り。 す明 る日 場か でら す実 。践 せ「 ずど 何う でせ も変 思わ っら たな こい と」 を「 話タ しブ てー 問発 題言 意し 識ち をゃ 共ま 有ず しい て」 くな だん さて い気 。に が日 立本 場の を研 超究 えを て元 、気 個に 人し とた しい て! 参変 加え した 、い 自! 由と で強 オく ー願 プう ンあ にら 議ゆ 論る 。人
  4. 4. 問に 題研 意究 識者 をや 持大 っ学 て、 い政 る府 かは ?今 熊本大学学長 谷口功氏 中部大学総長 飯吉厚夫氏 内閣府 菱山豊氏 元三重大学長 豊田長康氏 藤田保健衛生大 財務省 神田眞人氏 宮川剛氏 Science Talksシンポジウム第1回大会 2013年10月19日開催 テーマ「日本のために今、研究費をどう使うか?」 • • • • • 現研究費システムは研究者を疲弊させる! 基盤的研究費を底上げと地域大学活性化が必須! 研究者は研究を売り込む努力を怠っている! 大型プロジェクトの柔軟な受け皿を作るべき! 未曾有の経済危機には、コスパが最優先! 研究者・大学・政府。 想いと問題意識は同じだが かみ合っていない。 変化のための議論と 共同作業がもっと必要。
  5. 5. 総勢100名、全国から集まった大学・企業研究者、URA、学術出版社、政策研究者、 文科省、財務省のメンバーが日本の研究費システムの未来について話し合い、アイ ディアを戦わせる、ボトムアップ・参加型のシンポジウムを試みました。 問に 題研 意究 識者 をや 持大 っ学 て、 い政 る府 かは ?今 イベントから学んだこと。 研究者のキャリアも大学も文科省も財務省も 身動きがとれず行き詰っている。 学術・研究政策の当事者である研究者と、政策立案者が同じ テーブルに着き、アイディアや計画を練り上げる場が必要。
  6. 6. • • 問に 題研 意究 識者 をや 持大 っ学 て、 い政 る府 かは ?今 • • • 日本分子生物学会35回大会 2013年12月5日開催 「生命科学研究を考えるガチ議論」 研究者は基礎研究に誇りを持て! 企業的な発想の出口ありきの研究 におもねるべきではない。 研究者コミュニティは科学の政治 に無関心なまま、現行システムへ の不平不満だけがつのっている。 日本学術会議などの、研究者の意 向を上に上げるボトムアップシス テムは機能していない。 「何を解決すればいいのか」問題 多岐にわたり把握しきれていない。 研究にかかわる全員が一緒に知恵 を絞って研究の重要性を伝え、政 策を考える必要がある。 問題意識を持ち、政策にインプットを 提供できる研究者コミュニティを育て ること。声の小さい、ネットワークを 持たない現場プレーヤーの意見を吸い 上げるシステムを作ること。
  7. 7. 問題意識を持っている人たちの、「何とかしたい」という思いは同じだが、硬 直したシステムの中で立場上身動きが取れない人がほとんど。 問に 題研 意究 識者 をや 持大 っ学 て、 い政 る府 かは ?今 今ある枠組みを超えて、業界、学会、機関を飛び越えたしがらみのない「分野 を超えた有志の集まり」なら、本当のボトムアップ型、フラット型の、声の小 さい現場プレーヤーの意見を反映した対話型の政策立案ができるのでは?
  8. 8. な科 の学 か技 ?術 基 本 計 画 2020年にあるべき日本の研究の方向性を決める 第5期科学技術基本計画 • 2020年に本当に日本が「世界で研究をするのに最も適した国」になるためには、国に 貢献できる能力のある研究プレーヤー一人ひとりの活性化が必須。そのための研究シ ステムと環境の整備のヴィジョンと具体的な計画に、普段はCSTPがアプローチするの が難しい現場の声をうまく反映させるお手伝いをしたい。 • 「議論するだけじゃ何も変わらない」、「意見があってもどうせ聞いてくれない」、 「政策なんてトップダウンで来るもので、自分たちは影響を受けるだけの存在」と感 じている現場の研究者や、強いネットワークを持たない識者の人たちの意識を改革し、 変える意思といいアイディアがあれば、ちゃんとそれが政策を考えている人の耳に届 くという共有体験ができるシステムを作ることで、現場を元気にしたい。 • 科学技術基本計画という重要な問題を起爆剤にして、カジュアルで透明性の高い政府 と研究者の間の対話や情報共有の場を多く作り出すことで、対話的な科学政策のあり 方を模索し、社会的な視点を持った研究者コミュニティ作りに貢献したい。また、総 合科学技術会議や政策立案者への情報提供・提言チャンネルとして機能したい。
  9. 9. 日本の研究がもっと元気になる!内側から変えるための 目指すべき研究環境・システムを提案 を 目 指 す の か ? ヴィジョン作り 日本の研究を元気にするために、 目指すべき研究環境・システムは これだ!というヴィジョンを作成 • • • 現状の問題認識と理解 2020年までに実現したい日本の研 究環境、システムのあり方のブ ループリント 若手・ポスドク雇用、ジェンダー、 研究不正防止策、研究費システム のあり方、イノベーションが生ま れやすい仕組みづくりなど、具体 的な問題を取り上げてヴィジョン としてまとめる。 計画作り そのために必要なシステムの改善、 導入と、誰がいつ、どのように動 くのかのロードマップ作成 • • 「絵に描いた餅」をこれ以上作っ ても意味がない。ヴィジョンを実 現するために、具体的に研究者一 人ひとり、学会、大学、政府それ ぞれがやるべきことを具体的かつ 実現可能なレベルに落として提案。 ヴィジョンを元に、それぞれのス テークホルダーと対話を行い、壁 を乗り越えた、現場を巻き込んだ 計画の作成を行う。
  10. 10. 3月からCSTPの動きと関連政策プラン動向を見守りながら、8ヶ月か けてヴィジョンと計画の提案書をまとめます。 勝手に科学技術基本計画 旗揚げ告知 3/1 サイト立ち上げ、PR開始、コンテンツ配信 ~ オンラインでヴィジョンのアイディアと票集め 3/25 旗揚げイベント in 化学会(動機・目的・情報共有) 4~ 5月 第1部 ヴィジョン作りの対話 4月 オンラインのアイディア集約・議論(不定期) ヴィジョン作りイベント ファーストドラフト作成・公表 5月 オンラインで投票コメント集め&まとめと公開 6~ 8月 第2部 計画作りの対話 9月 まとめ・対話・調整 10 月 シンポジウム 3月 ま で に 、 何 を や る の か ? 6月 オンライン計画案へのアイディアと票集め・議論 7/12 計画作りイベント ファーストドラフト作成・公表 8/31 オンラインで投票コメント集め&計画まとめ • ヴィジョンと計画案の総まとめ(暫定ドラフト公表) • 印刷、配布、キーステークホルダーへの共有と意見交換 10/18 シンポジウムで最終議論 10/31 CSTP、文科省への最終提案書の提出
  11. 11. 議論のまとめ方とロードマップ や っ て ま と め る の か ? 問題意識・ Mission statement ゴール提示 Science Talks ガチ議論の アイディアをま とめてプランの たたき台作成 クラウドから Vote、追加ア イディア、コメ ントを募集 クラウドアイ ディアを集約 したプランを まとめ CSTPへの提 出と最終ディ スカッション CSTP:原山様およびCSTPに定期的に進捗アップデート。途中経過段階でも相互 にアイディアの共有ができるような形にさせていただければ理想的。 ユーザー:主に現場の研究者個人を中心としたクラウド参加者、有識者、企業で科学に関心 のある識者、学会、大学、若手の会を巻き込んでウェブ上で展開。アイディア共有ツールと イベントやアンケート、個別インタビューを可能な限り大量に行ってボトムアップ型でアイ ディアや事例、意見を集め、オンライン上でのVote機能を効果的に使うことで、普段はサイ レントの大多数研究者が支持するアイディアがどれなのかを調査し、みんながよいと思うア イディアが自然にピックアップされるシステム作りをします。また、特に学会や有志団体な ど独自に活動をしてくれる団体とは、積極的に連携協力を募ります。
  12. 12. ワークグループの構成(案) 関 わ る の か ? 全国の参加者賛同者のみなさん コアメンバー • Science Talks 委員会メンバー コアブレイン プロジェクトまとめ役 コミュニティの意見の モニタリング・集約 サポーター • • • • 委員会サポーター 大学学長、企業家など 賛同者リーダー ガチ議論メンバー • • • • • • • 運営サポート テーマ別に分けた意 見のまとめ役 フィードバック役 関係性はフラット 個人のScience Talks登録メンバー ガチ議論フォロアー 若手の会のみなさん 大学・研究機関 学会さん 産学にかかわる企業さん 一般市民 サイトへのアイディア参加・投票参加 スピンアウトイベントやアンケートの実施 イベントへの参加・公表・周知・PR
  13. 13. プラットフォームの構成 Discussion & Vote 運 営 す る の か ? Blog Events このサイトを見れば全国 から集められた科学技 術・研究コミュニティを よくするアイディアが必 ず見つかる。 研究者が知っているべき 情報やさまざまな立場の 人の視点や意見、議論の アップデートをマルチメ ディア配信。 同時に複数イベントを集 客。ユーザーによる提案 でScience Talksスピン アウトイベントも可能。 ユーザーのStickinessを 高めるさまざまな試みと、 マネタイズ化のアプロー チ • 委員メンバーによる持ち 回り投稿ブログシリーズ • 10月のシンポジウム • 誰でもテーマに沿ったア イディアを投稿でき、誰 でもそれにコメント&投 票できるシステム。 • 個人による研究クラウド ファンド・マーケットプ レイス • 小さな声の総意を公正な Votingシステムで見え る化。 • Top contributorがラン キングされるので、誰が 強い関心と意見をもって いるかがわかる。 • 公募の参加者メンバーに よるレターや投稿記事の 掲載 • 月1回の有識者インタ ビュービデオ • 定期イベントのストリー ミング配信等の配信やミ ニッツの公表 • 定期開催のヴィジョン・ 計画作りディスカッショ ンイベント • 大学・学会を巻き込んだ ワークショップや小イベ ント • Science Talksバー(不 定期開催・なんでも面白 ネタあり・ユーザー・委 員による運営可) Others • 企業や研究機関による求 人情報掲載・個人に研究 者による求職情報掲載 • 研究者合コン!高度な専 門職出会い婚活イベント 情報

×