Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
「持続可能な歴史学」のために明日からでも可能な若手支援とは?アンケート調査項目「自由記述欄」に寄せられた意見から大谷 哲 (西洋史若手研究者問題検討ワーキンググルー1
「自由記述欄」で浮かびあがる要望多くの要望が寄せられた点とは1.実態調査と見解・提言の明示(p.27)2.学会運営・参加の負担(p.28-9)3.投稿機会拡大・明快査読(p.29)4.大学図書館へのアクセス権(p.30)2
あらゆる研究者にのしかかる負担研究を行う時間が充分に取れない(p.11 Q12, p.15 Q25, p. 17 Q36, p.21 Q 50, p.24 Q61)0% 20% 40% 60% 80% 100%大学院生(N=62)非常勤講師(N...
“大学教員”は校務で忙殺(p20,Q47)ただし「学会運営」を含む社会貢献活動は負担感なし?0% 20% 40% 60% 80% 100%授業とその準備学生指導学校運営業務社会貢献活動とても感じる ある程度感じる どちらとも言えないあまり感じな...
自由記述欄には学会運営が負担としてのしかかるという声「院生に学会運営の雑用をお願いするのは、断りづらいことも多いので、控えてほしい。」(p.28, 2 a-①)自発的協力に見えても過重負担に常に注意が必5
自由記述欄には学会運営が負担としてのしかかるという声「学会事務を正当な対価なしに任期なし常勤以外の人間にやらせるべきではない。」(p.28, 2 a-②)↑将来に渡り生活が保障されていない人に 無償で、あるいは有償でも重すぎる仕事量負担6
自由記述欄には学会運営が負担としてのしかかるという声「当初は学生のプロモートという目的でも始まった諸学会も、かように乱立するなかで、むしろ開催や人集めのために、若手(とりわけ大学院生)が引っ張り出され酷使されるという状況に陥ってはいないか。」(...
自由記述欄には学会運営が負担としてのしかかるという声「中堅の積極的参加が見られないように思われる。それゆえ、バトンがうまく渡されず、若手への期待、ないし、圧力が感じられる。どのようにこれまでの営みを継承していくかが深刻な問題になってきているよう...
他方で学会運営の中核に携わることを求めるかの声も「いくつかの学会、研究会では委員になることが『出世の近道』になっているように思うときがあるが、人選は一本釣りであることが多く・・・(中略)・・・『委員』と他の多くの優秀な若手との間に境界を作らない...
他方で学会運営の“中核”に携わることを求める声も「いくつかの学会、研究会では委員になることが『出世の近道』になっているように思うときがあるが、人選は一本釣りであることが多く・・・(中略)・・・『委員』と他の多くの優秀な若手との間に境界を作らない...
若手多数の学会運営“中枢”への参画→若手のニーズを反映させることにも「年一回の学会誌発行をしている学会に関しては、年二回程度に増やせないかと思う。若手研究者の投稿機会増大のために。その分編集委員や運営委員の作業が増えると思うが、それ自体を若手研...
まとめと提言:若手の学会運営参加を若手支援の方法に問題点・学会運営が過剰負担になる可能性→常にチェックが必要 労働量の監査?・運営参加の対価が不明瞭→謝金などで明確化・運営の担い手の選び方に不公平感12
まとめと提言:若手の学会運営参加を若手支援の方法に問題点・学会運営が過剰負担になる可能性常にチェックが必要 労働量の監査?・運営参加の対価が不明瞭謝金などで明確化・運営の担い手の選び方に不公平感→若手支援の可能性へ・過剰負担にならない学会運営実...
さらなる提案①ーA学会運営にかかる費用について「学会運営を担う人に謝礼をしたくても学会にお金がない」という現実対策提案 :学会への寄付を呼びかけ+学会グッズの販売?14
さらなる提案②若手の学会参加を容易に「学会参加への旅費が若手には負担」という訴え多数(p29 5 d-①~④,⑥)→パブリック・ビューイングの導入本会場と複数都市の会場をリアルタイムでWeb中継することで15
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

5月若手問題セッション大谷配付資料

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

5月若手問題セッション大谷配付資料

  1. 1. 「持続可能な歴史学」のために明日からでも可能な若手支援とは?アンケート調査項目「自由記述欄」に寄せられた意見から大谷 哲 (西洋史若手研究者問題検討ワーキンググルー1
  2. 2. 「自由記述欄」で浮かびあがる要望多くの要望が寄せられた点とは1.実態調査と見解・提言の明示(p.27)2.学会運営・参加の負担(p.28-9)3.投稿機会拡大・明快査読(p.29)4.大学図書館へのアクセス権(p.30)2
  3. 3. あらゆる研究者にのしかかる負担研究を行う時間が充分に取れない(p.11 Q12, p.15 Q25, p. 17 Q36, p.21 Q 50, p.24 Q61)0% 20% 40% 60% 80% 100%大学院生(N=62)非常勤講師(N=32)研究機関研究員(N=25)大学教員(N=59)その他(N=13)とても感じる ある程度感じる どちらとも言えないあまり感じない 全く感じない 無回答 3
  4. 4. “大学教員”は校務で忙殺(p20,Q47)ただし「学会運営」を含む社会貢献活動は負担感なし?0% 20% 40% 60% 80% 100%授業とその準備学生指導学校運営業務社会貢献活動とても感じる ある程度感じる どちらとも言えないあまり感じない 全く感じない 無回答 4
  5. 5. 自由記述欄には学会運営が負担としてのしかかるという声「院生に学会運営の雑用をお願いするのは、断りづらいことも多いので、控えてほしい。」(p.28, 2 a-①)自発的協力に見えても過重負担に常に注意が必5
  6. 6. 自由記述欄には学会運営が負担としてのしかかるという声「学会事務を正当な対価なしに任期なし常勤以外の人間にやらせるべきではない。」(p.28, 2 a-②)↑将来に渡り生活が保障されていない人に 無償で、あるいは有償でも重すぎる仕事量負担6
  7. 7. 自由記述欄には学会運営が負担としてのしかかるという声「当初は学生のプロモートという目的でも始まった諸学会も、かように乱立するなかで、むしろ開催や人集めのために、若手(とりわけ大学院生)が引っ張り出され酷使されるという状況に陥ってはいないか。」(p.28, 2 a-7
  8. 8. 自由記述欄には学会運営が負担としてのしかかるという声「中堅の積極的参加が見られないように思われる。それゆえ、バトンがうまく渡されず、若手への期待、ないし、圧力が感じられる。どのようにこれまでの営みを継承していくかが深刻な問題になってきているように思う。相互交流などを深めていきつつ、個々の学会が活性化していくような枠組みづくりが必要」(p.28, 28
  9. 9. 他方で学会運営の中核に携わることを求めるかの声も「いくつかの学会、研究会では委員になることが『出世の近道』になっているように思うときがあるが、人選は一本釣りであることが多く・・・(中略)・・・『委員』と他の多くの優秀な若手との間に境界を作らない、もっと開かれた学会運営のあり方が求められる。」 (p.28, 29
  10. 10. 他方で学会運営の“中核”に携わることを求める声も「いくつかの学会、研究会では委員になることが『出世の近道』になっているように思うときがあるが、人選は一本釣りであることが多く・・・(中略)・・・『委員』と他の多くの優秀な若手との間に境界を作らない、もっと開かれた学会運営のあり方が求められる。」 (p.28, 2そんな委員職があるならぜひやりたい(報告者の感学会運営参加の対価が不明瞭本来、学会企画運営の経験は重要なアカデミック上のスキル・実績依頼するベテラン、依頼される若手それぞれに認識曖昧+“雑用”ばかりでは
  11. 11. 若手多数の学会運営“中枢”への参画→若手のニーズを反映させることにも「年一回の学会誌発行をしている学会に関しては、年二回程度に増やせないかと思う。若手研究者の投稿機会増大のために。その分編集委員や運営委員の作業が増えると思うが、それ自体を若手研究者に任せることも可能なのではないか。」(p294 b-①) 11
  12. 12. まとめと提言:若手の学会運営参加を若手支援の方法に問題点・学会運営が過剰負担になる可能性→常にチェックが必要 労働量の監査?・運営参加の対価が不明瞭→謝金などで明確化・運営の担い手の選び方に不公平感12
  13. 13. まとめと提言:若手の学会運営参加を若手支援の方法に問題点・学会運営が過剰負担になる可能性常にチェックが必要 労働量の監査?・運営参加の対価が不明瞭謝金などで明確化・運営の担い手の選び方に不公平感→若手支援の可能性へ・過剰負担にならない学会運営実務→若手の将来のために必要な経験・多数の若手による運営中枢への参画・学会運営への対価明確化(謝金等)→経済的支援にも13
  14. 14. さらなる提案①ーA学会運営にかかる費用について「学会運営を担う人に謝礼をしたくても学会にお金がない」という現実対策提案 :学会への寄付を呼びかけ+学会グッズの販売?14
  15. 15. さらなる提案②若手の学会参加を容易に「学会参加への旅費が若手には負担」という訴え多数(p29 5 d-①~④,⑥)→パブリック・ビューイングの導入本会場と複数都市の会場をリアルタイムでWeb中継することで15

×