Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

海外アドテク企業IRまとめ 2015年版

6,616 views

Published on

海外のアドテクロジー上場企業の業績発表IR(2015年1−9月)をまとめました。さらにアドテクやメディア業界のトピックも追記しています。
15年のアドテク・メディアに関する情報のおさらいに使ってください。

Published in: Marketing

海外アドテク企業IRまとめ 2015年版

  1. 1. 海外アドテク
 IRまとめ アドテク業界2015年まとめ 2015/12 野田 智史
  2. 2. 2015年のアドテクの主なトピック この資料はアドテク業界を中心に、公開情報をリストアップしています。2015年12月ま でに公開された上場企業のIR資料がメインです。 ・ 海外大手アドテク事業者の業績および最近の動向を確認。 ・ header bidding / アドブロック ・ パブリッシャー発の広告ビジネス(Buzzfeed/Nowthis) ・ スマホ広告プログラマティック配信の拡大 CPIからLTV重視へ。 ※1ドルの計算は、120円(2015/12/27作成時)
  3. 3. アドテク海外上場企業
  4. 4. 海外アドテク上場企業の業績一覧 2015年1-9月の9か月分のータを掲載。 企業名 2015年1-9月期業績 トピック  売上 利益・損失 facebook 1.4兆円 2550億円(GAAP) 売上は前年比+40%。 Twitter 1,800億円 192億円(GAAP) 売上 前年同期+66%¥ CRITEO リタゲの代表格 1087憶円(8.3億ユーロ) 27.8億円 業績は絶好調。売上は前年比+62% millenial media モバイルアドネ ットワーク AOLに吸収され業績は非開示へ。 Rubicon Project SSPで唯一上場 184億円 23億円の赤字 売上 前年同期+85%、成長スピー ドが改善! TubeMogul ビデオ広告 146億円 14億円の赤字 RocketFuel DSP 403億円 242億円の赤字 売上成長率 前年同期+24%。赤字 が拡大
  5. 5. 海外アドテク上場企業の業績一覧 前回掲載データ。2014年12月時点。
  6. 6. facebook http://files.shareholder.com/downloads/AMDA-NJ5DZ/ 1239364510x0x859098/DC6C9112-AFF6-4E76-9168-7DBA0D5FFDAB/ FB_Q3_15_Earnings_Slides_FINAL.pdf
  7. 7. facebook 2015年1-9月の決算。売上120億ドル(約1.4兆円)。 売上構成全体のうち78%がモバイル広告。 http://investor.fb.com/releasedetail.cfm?ReleaseID=940609
  8. 8. facebook MAUは15.4億人。今年はアジアと欧米を除く地域の成長が目立つ。
  9. 9. facebook モバイル利用が中心の成長に変化なし。
  10. 10. モバイルのみの利用ユーザ数推移 MAU全体の半分はモバイルでしか利用していない。
  11. 11. Facebookの売上構成 広告売上は3カ月間で4000億円規模を突破。売上のほとんどが広告。
  12. 12. facebook ユーザ当たりARPUも昨対比で成長中。 ARPU(3か月) 欧米10.5ドル、アジア1.4ドル、欧州3.5ドル、その他0.9ドル
  13. 13. facebook 時価総額は2970億ドル 2015/12 http://finance.yahoo.com/echarts?s=FB +Interactive#{"range":"2y","allowChartStacking":true}
  14. 14. Twitter
  15. 15. Twitter MAUの推移。横ばいで伸び無し。
  16. 16. Twitter 2015年1-9月の主なトピック 新サービス:ダイレクトメッセージの140文字制限の撤廃。動画ストリーミン グアプリPeriscopeのヒット。AndroidアプリでHighlightsをリリース。 広告: 自動再生の動画広告をリリース その他:EコマースのショッピングカートShopifyなどと連携。 売上15億ドル、純損失4.3億ドル。昨年比で赤字は減少したが低調。
  17. 17. Twitter 四半期売上の推移。前年同期比で+58%
  18. 18. Twitter 株価は下降継続中。 http://finance.yahoo.com/echarts?s=TWTR +Interactive#{"range":"2y","allowChartStacking":true}
  19. 19. Criteo 世界最強?のリタゲ企業の現状をチェック。 第3四半期はスライド資料の公開はなし。
  20. 20. Criteo                  (1ユーロ=131円、2015年12月28日) 2015年1-9月の売上は8.3億ユーロ(前年同期間+62%)。1087億円 純利益2126万ユーロ。27.8億円。 (前年同期間+20%) ・ 売上は年間10億ユーロ越えが確実。 ・ 掲載中広告主の90%がPC/モバイル両方で配信。 ・ 3分の2の広告主がCRMデータをCriteoとシェアして配信。 ・ 1500以上の広告主がfacebookアドをCriteo経由で配信。 ・ 広告主は世界で9,250以上。27カ国で営業中。従業員は1,700人。 http://ir.criteo.com/2015-11-04-Criteo-Reports-Record-Results- For-The-Third-Quarter-2015-And-Reiterates-Its-Full-Year-2015- Outlook-Despite-Negative-Foreign-Exchange-Impacts
  21. 21. criteo 時価総額は24.6億ドル(2950億円) ※2015/12/27 http://finance.yahoo.com/q?s=CRTO
  22. 22. Millenial media Jumptap,NEXAGE組み込み後、北米の独立系モバイルアドネットワークは どうなっているのか??
  23. 23. Millenial media AOLによるMillenial Mediaの買収が10月23日に完了した。
  24. 24. Millenial media 2015/10/22で上場廃止。AOL子会社に。上場後、最後まで低調な展開。 https://www.google.com/finance?cid=659461977902319
  25. 25. Rubicon Project 海外も含めて唯一上場しているSSP。先頭を走るルビコンさんの状況は!?
  26. 26. Rubicon Project http://d1lge852tjjqow.cloudfront.net/CIK-0001595974/16498453-3063-4117-b305-bc9fb4008434.pdf?noexit=true
  27. 27. Rubicon Project 海外SSPで唯一上場しているRubiconの業績はさらに拡大、好調を維持。 以下は2015年7-9月(3ヶ月間)の業績。 配信している広告の合計金額は2.4憶ドル。288億円(前年比+45%増加) ルビコンの売上は6430万ドル。77.1億円。 http://s1.q4cdn.com/327221466/files/doc_financials/3QY15/ RUBI-Q3-2015-Financial-Highlights-October-27-FINAL.pdf
  28. 28. Rubicon Project セグメントごとの広告配信。モバイルは現時点で全配信の26%と出遅れ。 (※facebookは売上の78%がモバイル)
  29. 29. Rubicon Projectのニュース アプリ広告枠の単価を上げるため、PCの広告をモバイルアプリにも配信開 始。 テスト配信で通常配信の3倍のCPMを出した。仕組みはパブリッシャーはSDK をアプリにインストール。ルビコンは端末データを取得し、170のDSPから 入札金額を高めるために利用。 現在20のパブリッシャーでテスト中、2016年1Qよりサービス提供範囲を拡 大。 http://investor.rubiconproject.com/investors/investor-news/investor- news-details/2015/Rubicon-Project-Expands-Leading-Header-Bidding- Solution-with-First-Ever-In-App-Header-Bidding-Technology/
  30. 30. Rubicon Project 時価総額は880億円(7.3億ドル)。※2015/12/27 https://finance.yahoo.com/q?s=RUBI
  31. 31. TubeMogul 動画広告分野の代表格。オンライン動画広告からテレビ広告へも進出済み。 http://investor.tubemogul.com/secfiling.cfm?filingID=1564590-15-10603&CIK=1449278
  32. 32. アメリカの動画広告市場 e-marketer.comによると、2013年の市場規模は41.4億ドル(4140億円)。 前年比40%くらいの高い成長率を維持している。
  33. 33. TubeMogul Tubemogulが説明する自社サービスの特徴について。 ・ ブランド広告に集中している。(※モバイルだとアプリDL訴求など パフォーマンス型の動画広告もあるため記載していると推定。) ・ OEMでのソフトウェア販売も行っており、この利用の場合は広告主、代理店は配信マージ ンがかからない。 ・ 広告主サイドにたった配信スタンス。100%Advertiser forcused. ・ テレビまでカバーしたクロス・スクリーン配信。 ・ 300以上のトラフィックソースとつながり、膨大な広告を配信している。 http://files.shareholder.com/downloads/AMDA-2R3OU8/1240982927x0x860388/5C67E3CC-91C0-4FA2-A183-2E2357762A0C/ 2015-11-09_TUBE_Q3_2015_Earnings_Presentation_FINAL.pdf
  34. 34. TubeMogul 2015年7-9月(3ヶ月間)の業績。 売上は4650万ドル。55.8億円(前年同期比70%+) 純損失は380万ドル。4.5億円 http://files.shareholder.com/downloads/AMDA-2R3OU8/1240982927x0x860388/5C67E3CC-91C0-4FA2-A183-2E2357762A0C/ 2015-11-09_TUBE_Q3_2015_Earnings_Presentation_FINAL.pdf
  35. 35. TubeMogul http://investor.tubemogul.com/secfiling.cfm?filingID=1564590-15-10603&CIK=1449278
  36. 36. TubeMogul 動画広告配信の伸びが好調を維持している。 http://files.shareholder.com/downloads/AMDA-2R3OU8/1240982927x0x860388/5C67E3CC-91C0-4FA2-A183-2E2357762A0C/ 2015-11-09_TUBE_Q3_2015_Earnings_Presentation_FINAL.pdf
  37. 37. TubeMogul Platform Direct クライアントの社数は堅調に推移。継続の優良クライアントと 契約できているという指標。 *月間1万ドル以上の広告配信を12か月間コ ミットできた広告主。
  38. 38. TubeMogul 時価総額は5億ドル(600億円) ※2015/12/27 http://finance.yahoo.com/ q;_ylt=Aig8uuk6Sp7uuNys5PcyVQEnv7gF;_ylc=X1MDMjE0MjQ3ODk0OARfcgMyBGZyA3VoM19maW5hbmNlX3dlYl9ncwRmcjIDc2EtZ3AEZ3B yaWQDBG5fZ3BzAzQEb3JpZ2luA2ZpbmFuY2UueWFob28uY29tBHBvcwMxBHBxc3RyAwRxdWVyeQNUVUJFLARzYWMDMQRzYW8DMQ--? p=http%3A%2F%2Ffinance.yahoo.com%2Fq%3Fs%3DTUBE%26ql%3D0&type=2button&uhb=uhb2&fr=uh3_finance_vert_gs&s=TUBE
  39. 39. RocketFuel 広告主向けに特化したアドテク。 http://investor.rocketfuel.com/secfiling.cfm?filingID=1477200-15-126&CIK=1477200
  40. 40. RocketFuel 事業領域の説明。メディア販売で売上を立てるだけでなく、SaaS型サービス としてOEMでDMP/DSPを提供している。
  41. 41. RocketFuel 売上成長率は13→14年より低下。モバイル比率は今年は36%に低下。 IRのお約束ではモバイルが成長分野なので、この数字は上げたいところ。
  42. 42. RocketFuel 15年1−9月(9ヶ月間)の売上は3.3億ドル(370億円)、純損失は1.9億ドル(210億 円)。赤字幅が拡大。Other cost of revenueという項目の売上原価が2倍に拡大。セール スマーケが巨大。売上を作るためのコストが高すぎる様子。
  43. 43. RocketFuel 時価総額は1.5億ドル(15年6月時点で3.5億ドルから半減) http://finance.yahoo.com/echarts?s=FUEL+Interactive#{"allowChartStacking":true}
  44. 44. Turn(DSP) 上場していないDSPも戦略を転換中(リストラ)。Turnはアドサーバの貸出(SaaS)事 業を縮小。メディア販売で稼ぐDSPモデルへシフトするとのこと。これに合わせて、全 社員の15%程度をレイオフ。 http://www.mediapost.com/publications/article/263903/turn-lays-off-57-amid-company-restructuring-and-sh.html
  45. 45. Mediamath(DSP) 最初に登場したDSPと自身を紹介するMediamathはグローバル事業の拡大中。ヨーロッ パにおける販売力を強化するため、ドイツのアドテクに強い会社を買収。 Mediamathも他のDSPと状況はそれほど変わらない、と想定。当面は売上を高めつつ収 益性の改善(利益の拡大)と、強固なビジネスモデルの確立を目指している。 http://www.mediamath.com/about/news/page/2/
  46. 46. アドテク業界トピック:Headerbidding ユーザがコンテンツ閲覧時の体験を改善することと、広告販売手法の多様性を目指して導入が進んでいる配 信手法がHeader bidding。直近ではRubicon Projectがモバイルでも展開を開始した。HBの導入によりコンテ ンツのローディング時間を早くし、またアドブロックによる広告枠の非有効化の対象外にする狙いもある。 広告配信の入札もパブリッシャーアドサーバ内で行われ、従来のRTBよりも高い収益化を期待されている。 https://www.yieldbot.com/blog/header-bidding/
  47. 47. アドテク業界トピック:モバイルでのプログラマティック eMarketerによると2015年でプログラマティック広告の配信規模は、モバイルがPCデスクトップを超えたそ うです。モバイルSSPからDSPの配信比率が高まっているという発表が散見されますが、グローバルでもそ のとおりの展開のようです。16年はアプリ内広告上でのプログラマティック配信も拡大するでしょう。 http://adage.com/article/digital/mobile-programmatic-display-ad-spend-surpass-desktop/300870/
  48. 48. 新興メディアの拡大:Buzzfeed,VICE,NowThisなど 2015年はミレニアム世代向けのメディアの拡大が目立ちました。Mashable, Business Insider, Vice, Buzzfeed, NowThis, Voxらのメディアが大型の資金調達を実施しています。 ミレニアム世代の人気メッセージアプリSnapchatのdiscoverには、新鋭のネットメディアを中心にコンテンツ を配信してます。左の図は、メディア企業の企業評価額。単位は100万ドル(=1.2億円)。その巨大さ が伝わってきます。
  49. 49. 新興メディアの拡大:Buzzfeed,VICE,NowThisなど 2015/06作成の各メディアの規模を比較した図。データ提供はComScore。 月間ユニークビジター数を数値で提示。単位は100万人。 これらのメディアのビジネスがネイティブアド(ペイドポスト)を中心としていることは、アドテク業界に も影響を与えています。力のあるメディアが独自コントロールのビジネスを重視しているからです。 http://digiday.com/publishers/gawkers-real-business-problem-small-modern-media-economy/
  50. 50. 編者まとめ 2015年はアドテク、メディア業界にとって大きな節目の年となりました。 Webベースで発展してきたアドテクの大手事業者の業績にも明暗くっきり。 モバイル、動画、ネイティブなど市場が拡大する分野へ事業ドメインを置く会社に追い風が吹 いています。 facebook, twitter, そして新興のニュースメディアはアドテク内包、独自広告メニューにも力を 入れており、サードパーティであるアドテク事業者への依存度が低下しています。 2016年は以下のポイントがさらに重視され、語られそうです。 ・ モバイルファースト ・ 広告事業者からのユーザ体験の改善。アドブロックの利用拡大、多数のピクセルによるペー ジのローディングタイムの短縮など対応スべき点は多々有ります。 ・ モバイルでのプログラマティック広告の拡大 ・ パブリッシャーのネイティブ広告を支援できるテクノロジーの開発 2009年ごろから続いた初期アドテクの果たすべきテーマの結晶(結果)が、15年の各社の業績 ということで良いのではないでしょうか。16年からは新たなテーマ・トレンドが始まる流れが スタートする予感があります。期待していきましょう。

×