Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20161027 robot seminar in Nagasaki

289 views

Published on

2016年10月27日(木)に長崎県佐世保市で開催された「長崎県ロボットセミナー2016 ~未来を創る若者へのロボットセミナー~」の講演資料

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

20161027 robot seminar in Nagasaki

  1. 1. 「ロボット技術でつながる、伝える」 ―テレプレゼンスロボットとビデオ通話で場を共有できるか?― 佐世保工業高等専門学校 槇田 諭 Satoshi Makita 2016年10月27日(木)長崎県ロボットセミナー2016 ~未来を創る若者へのロボットセミナー~
  2. 2. 自己紹介 槇田 諭(MAKITA, Satoshi) makita@sasebo.ac.jp http://www.sasebo.ac.jp/~makita/ 2005年3月 横浜国立大学工学部生産工学科 卒業 2010年3月 同大学院工学府システム統合工学専攻 博士課程後期修了,博士(工学) 2010年4月 佐世保工業高等専門学校 電子制御工学科 助教 2012年4月 同 講師 槇田諭「ロボット技術でつながる,伝える」 2
  3. 3. 主な研究テーマ 手を使った物体操作 ロボットハンドによる操作 力学的拘束 (力のつり合い) グラスプレス マニピュレーション 幾何学的拘束 (囲い込み) ケージング 人の手による操作 バレーボールの オーバーハンド パスの動作解析 筋腱複合体の 弾性特性の 発現メカニズム 外力 • RGB-D画像を用いた物体認識,識別 • 筋電義手(筋電図による動作識別) • 動作計画,把持・操作戦略 槇田諭「ロボット技術でつながる,伝える」 3
  4. 4. サイエンスアイランドプロジェクト 離島地区でもっと科学技術を学びたい 離島のことをもっと知りたい,知ってほしい インターネットとロボットの力で離島がもっと近くなる http://scienceislands.zohosites.com/ 槇田諭「ロボット技術でつながる,伝える」 4
  5. 5. サイエンスアイランドプロジェクト • 離島地区の課題 交通の便が(陸続きと比べて)悪い 主要離島間の直行便はほぼない 高校卒業後の進学先(高等教育機関)がない 槇田諭「ロボット技術でつながる,伝える」 5
  6. 6. サイエンスアイランドプロジェクト • 離島地区の課題 交通の便が(陸続きと比べて)悪い 主要離島間の直行便はほぼない 高校卒業後の進学先(高等教育機関)がない 科学技術を本格的に学ぶためには島を出なければならない 槇田諭「ロボット技術でつながる,伝える」 6
  7. 7. サイエンスアイランドプロジェクト • 離島地区の課題 交通の便が(陸続きと比べて)悪い 主要離島間の直行便はほぼない 高校卒業後の進学先(高等教育機関)がない 科学技術を本格的に学ぶためには島を出なければならない? 槇田諭「ロボット技術でつながる,伝える」 7
  8. 8. サイエンスアイランドプロジェクト • 離島地区の課題 交通の便が(陸続きと比べて)悪い 主要離島間の直行便はほぼない 高校卒業後の進学先(高等教育機関)がない 科学技術を本格的に学ぶためには島を出なければならない? 槇田諭「ロボット技術でつながる,伝える」 8 遠くに瞬間移動できたら 先生がこっちに来てくれたら 地元でずっと勉強できたら
  9. 9. インターネット・電話 • 遠くの人たちと瞬間的につながる • どこの国の情報でもすぐに手に入る • どんなときでも話ができる • どんなに遠くの人へもメールが届く 槇田諭「ロボット技術でつながる,伝える」 9
  10. 10. インターネット・電話 • 遠くの人たちと瞬間的につながる • どこの国の情報でもすぐに手に入る • どんなときでも話ができる • どんなに遠くの人へもメールが届く 槇田諭「ロボット技術でつながる,伝える」 10 体がインターネットに つながっていたら 遠くの国にもすぐに 行けるのに
  11. 11. ビデオ通話システム カメラの映像を見ながらおしゃべりするしくみ 遠隔地での講演も受講できる インターネットにつながっていれば 世界のどこにいても話ができる! 槇田諭「ロボット技術でつながる,伝える」 11
  12. 12. ロボット技術について 槇田諭「ロボット技術でつながる,伝える」 12
  13. 13. ロボット技術の例 ロボット技術=いろいろな技術 見て何かがわかる 触ってどれくらい重たいかわかる どうやって動かせばよいかわかる どれくらいバランスをとればいいかわかる 命令(プログラム)されたとおりに動く 槇田諭「ロボット技術でつながる,伝える」 13 HRP-4 産業技術総合研究所(AIST) National Institute of Advanced Industrial Science and Technology
  14. 14. ロボット技術の例 ロボット技術=いろいろな技術 見て何かがわかる 触ってどれくらい重たいかわかる どうやって動かせばよいかわかる どれくらいバランスをとればいいかわかる 命令(プログラム)されたとおりに動く 槇田諭「ロボット技術でつながる,伝える」 14 HRP-4 産業技術総合研究所(AIST) National Institute of Advanced Industrial Science and Technology 脳:情報処理・判断 • これは何? • 重たい? • 手をどう動かす? • どうバランスとれば 立っていられる? 感覚:センサー • 重さ • 固さ • 温度 動作:モーター • 肩を回す • 肘を曲げる • 指を動かす 自立:コントロール • 肩や肘の角度 • 手の力の強さ
  15. 15. ロボット技術の例 ロボット技術=いろいろな技術 見て何かがわかる 触ってどれくらい重たいかわかる どうやって動かせばよいかわかる どれくらいバランスをとればいいかわかる 命令(プログラム)されたとおりに動く これはロボット! 槇田諭「ロボット技術でつながる,伝える」 15 HRP-4 産業技術総合研究所(AIST) National Institute of Advanced Industrial Science and Technology 脳:情報処理・判断 • これは何? • 重たい? • 手をどう動かす? • どうバランスとれば 立っていられる? 感覚:センサー • 重さ • 固さ • 温度 動作:モーター • 肩を回す • 肘を曲げる • 指を動かす 自立:コントロール • 肩や肘の角度 • 手の力の強さ
  16. 16. ロボット技術の例 ロボット技術=いろいろな技術 見て何かがわかる 触ってどれくらい重たいかわかる どうやって動かせばよいかわかる どれくらいバランスをとればいいかわかる 命令(プログラム)されたとおりに動く これはロボット? 槇田諭「ロボット技術でつながる,伝える」 16 ピークシフト自動販売機 日本コカ・コーラ株式会社 Coca-Cola (Japan) Company, Limited 感覚:センサー • 硬貨の判別 • 温度 • ボタンの検知 動作:モーター • スイッチを 入れる • ジュースを出す 自立:コントロール • 温度管理 脳:情報処理・判断 • 何円? • どのジュース? • ボトルは取られた?
  17. 17. テレプレゼンスロボット(Tele-presence robot) Tele(遠くの)presence(存在) カメラの映像を見ながらおしゃべりするしくみ 槇田諭「ロボット技術でつながる,伝える」 17
  18. 18. テレプレゼンスロボット(Tele-presence robot) Tele(遠くの)presence(存在) カメラの映像を見ながらおしゃべりするしくみ 槇田諭「ロボット技術でつながる,伝える」 18 ビデオ通話システム と何が違うの?
  19. 19. テレプレゼンスロボットは動き回れる • 遠隔地を自由に移動できる イベント会場への参加 博物館の見学会 観光地での観光 • 話し相手が不在でも起動できる 留守中でも勝手に動き回れる(?) 槇田諭「ロボット技術でつながる,伝える」 19 本土, 都市部離島地区 <イベント会場> <研究会> presentation <観光地>
  20. 20. テレプレゼンスロボットは動き回れる • 遠隔地を自由に移動できる イベント会場への参加 博物館の見学会 観光地での観光 • 話し相手が不在でも起動できる 留守中でも勝手に動き回れる(?) ×腕がないので,ドアが開けられない →今後の研究課題(手を使った物体操作) 槇田諭「ロボット技術でつながる,伝える」 20 本土, 都市部離島地区 <イベント会場> <研究会> presentation <観光地>
  21. 21. テレプレゼンスロボットは動き回れる • 遠隔地を自由に移動できる イベント会場への参加 博物館の見学会 観光地での観光 • 話し相手が不在でも起動できる 留守中でも勝手に動き回れる(?) ×腕がないので,ドアが開けられない →今後の研究課題(手を使った物体操作) 槇田諭「ロボット技術でつながる,伝える」 21 本土, 都市部離島地区 <イベント会場> <研究会> presentation <観光地> コピーロボット ROBOT魂製フィギュア
  22. 22. まとめ • ロボット技術は身近なところでたくさん使われている 何でもロボットに見えてくる,かも? • インターネットにつながれば,距離なんて関係ない 世界のどこにだって行けるし,どこからでも来てもらえる • 観光地や博物館にテレプレゼンスロボットがあったらいいなあ 行ったことのない美術館を見たら,やっぱり現地に行きたくなるんじゃない? • ビデオ通話をもっと使おう そこにいなくてもどこでも会話に参加できるよ 槇田諭「ロボット技術でつながる,伝える」 22

×