Experiencedesign 140527

3,817 views

Published on

2014年5月27日
専修大学ネットワーク情報学部「情報と社会」で、
外部講師として、ノハナの事例を中心に、エクスペリエンス・デザインのお話をしました。

Published in: Design
0 Comments
28 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
3,817
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
203
Actions
Shares
0
Downloads
44
Comments
0
Likes
28
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Experiencedesign 140527

  1. 1. エクスペリエンス・デザイン 2014.5.26 株式会社ノハナ 馬場 沙織 14年5月28日水曜日
  2. 2. 自己紹介 馬場 沙織 • 武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイ ン学科卒業 • ずっとインターネット業界で、Webデザ インやUIデザインを行ってきました • 2007年にミクシィに入社 • 2012年に社内起業制度のもと、家族向 けフォトブック作成サービス「ノハナ」 の立ち上げに参加 • 2013年に株式会社ノハナ設立に伴い転 籍して現在に至ります 14年5月28日水曜日
  3. 3. 今日お話すること 1. ノハナの紹介 2. ユーザーの旅をデザインする:UXデザイン 3. チームの旅をデザインする:プロジェクトデザイン 4. 自分の旅をデザインする:キャリアデザイン 14年5月28日水曜日
  4. 4. 今日のテーマ • システム・製品をデザインする立場から: ユーザーの経験価値そのものをデザインし、さら に、システム・製品がその経験価値を提供できるよ うデザインすること → UX(ユーザーエクスペリエンス・デザイン) エクスペリエンス・デザイン 14年5月28日水曜日
  5. 5. 今日のテーマ • 同じアプローチは、システム・製品とユーザーの間 だけでなく、幅広く適用できる エクスペリエンス・デザイン 14年5月28日水曜日
  6. 6. 今日のテーマ • 経験は旅に例えることができる • 例)カスタマージャーニーマップ エクスペリエンス・デザイン 14年5月28日水曜日
  7. 7. 今日のテーマ • 旅をデザインする • 旅のメンバー(主人公)は? • 旅のゴール(目的地)は? • 旅のプロセス(工程、方法)は? エクスペリエンス・デザイン 14年5月28日水曜日
  8. 8. 今日のテーマ • モノのデザインとの違い • エクスペリエンス・デザインは人を通じて実現される エクスペリエンス・デザイン 14年5月28日水曜日
  9. 9. 今日のテーマ • チェックポイント • 価値があるか? • 実現可能か? エクスペリエンス・デザイン 14年5月28日水曜日
  10. 10. ノハナの紹介 14年5月28日水曜日
  11. 11. ノハナの紹介 毎月1冊無料でフォトブックがもらえるアプリ ※送料150円がかかります ※2冊目以降は1冊500円+送料となります 14年5月28日水曜日
  12. 12. ノハナの紹介 ターゲットとニーズ 未就学児を持つ 25∼45歳女性 + 夫・両親 • スマホに変えてから子どもの写真をたくさん 撮るようになった • 子どものアルバム/フォトブックを作りたい が、多忙のためできていない • 離れている両親にも子どもの様子を定期的に 伝えたい 利用イメージ スマホで撮りためた子どもの写真を形に残せる 子どもの写真を手間なくお得に形に残せたら… スマホで写真を撮影 アプリで フォトブックを作成 届いたフォトブック を楽しむ 離れた家族に送る 1 2 3 4 14年5月28日水曜日
  13. 13. ノハナの紹介 ユーザー ノハナアプリ 決済代行会社 サーバ 印刷代行会社 作成・注文 決済 データ保存・組版 印刷・製本・梱包・発送 写真 決済情報 フォトブック データ 注文情報 フォトブック データ 注文情報フォトブック システム ¥ 14年5月28日水曜日
  14. 14. ノハナの紹介 ビジネスモデル 無料フォトブック ユーザー 複数冊購入 有料オプション 年賀状 フォトプロダクト … ¥ ¥ 広告主 AD 14年5月28日水曜日
  15. 15. ノハナの紹介 サービス概況 2014年4月時点 登録ユーザー数 約72万人 月間発行数 約15万冊 14年5月28日水曜日
  16. 16. ノハナの紹介 サービス概況 2014年1月 自社調べ 14年5月28日水曜日
  17. 17. ノハナの紹介 社内起業制度で2013年2月にサービスを開始 14年5月28日水曜日
  18. 18. ノハナの紹介 立ち上げに成功したので2013年9月に法人化 14年5月28日水曜日
  19. 19. ノハナの紹介 新しいサービスをご紹介します 14年5月28日水曜日
  20. 20. ユーザーの旅をデザインする 14年5月28日水曜日
  21. 21. ユーザーの旅をデザインする 新規事業(ノハナ)での例をご紹介します 14年5月28日水曜日
  22. 22. ユーザーの旅をデザインする 事業を通じて実現したいことを決める 14年5月28日水曜日
  23. 23. ユーザーの旅をデザインする ユーザーはどんな人?何を求めている? 14年5月28日水曜日
  24. 24. ユーザーの旅をデザインする 見込みユーザーにインタビュー ターゲット 仕事・家事・育児で忙しい 難しいことは苦手 ニーズ スマホで撮りためた写真を形に残したい しかも手間なくお得に 心理的背景 自分が両親にしてもらったように 自分も子どもにアルバムを残したい 14年5月28日水曜日
  25. 25. ユーザーの旅をデザインする インタビュー結果からアイデア展開 コンセプト 「毎月1冊無料フォトブック」 提供したい 経験(価値) スマホで撮りためた子どもの写真をアップする だけで、手間なく・お得に・定期的に、フォト ブックを手に入れることができる 14年5月28日水曜日
  26. 26. ユーザーの旅をデザインする 並行して事業案をブラッシュアップ ビジネス モデル モノのフリーミアム ユーザー 獲得計画 初年度の獲得計画 収益計画 3年の売上(ユーザー数 顧客単価) 初年度のP/L(損益計算書) 3ヶ月のKPI(重要業績評価指標) などなど 14年5月28日水曜日
  27. 27. ユーザーの旅をデザインする 提供したい経験のためにどんなシステム・製品が必要? 14年5月28日水曜日
  28. 28. ユーザーの旅をデザインする 経験シナリオを書く 「毎月1冊無料フォトブック」になる前のシナリオですが… 14年5月28日水曜日
  29. 29. ユーザーの旅をデザインする 経験シナリオを機能要件に変換 経験シナリオ 機能要件 14年5月28日水曜日
  30. 30. ユーザーの旅をデザインする 機能要件を製品仕様に変換 14年5月28日水曜日
  31. 31. ユーザーの旅をデザインする 機能要件を製品仕様に変換 14年5月28日水曜日
  32. 32. ユーザーの旅をデザインする 機能要件を製品仕様に変換 14年5月28日水曜日
  33. 33. ユーザーの旅をデザインする 経験シナリオを感性要件に変換 ウォームシンプル ノスタル ジック 14年5月28日水曜日
  34. 34. ユーザーの旅をデザインする 提供したい経験が実現しているか検証 14年5月28日水曜日
  35. 35. ユーザーの旅をデザインする 検証が次の行動の動機になる 14年5月28日水曜日
  36. 36. ユーザーの旅をデザインする • 参考になる分野 • UXデザイン • HCD(人間中心設計) • Lean Startup • Lean UX 14年5月28日水曜日
  37. 37. チームの旅をデザインする 14年5月28日水曜日
  38. 38. チームの旅をデザインする プロジェクトのデザイン メンバー(主人公)に関すること チーム・マネジメント ゴール(目的地)に関すること プロダクト・マネジメント プロセス(工程、方法) に関すること プロジェクト・マネジメント 14年5月28日水曜日
  39. 39. チームの旅をデザインする 1. ゴール(目的地)を定義する 2. ゴール(目的地)の承認を得る 3. ゴール(目的地)を明確に保つ プロダクト・マネジメント 14年5月28日水曜日
  40. 40. チームの旅をデザインする プロダクト・マネジメント:1. ゴール(目的地)を定義する 会社にとって 価値があるか? P/L(損益計算書)作成 ユーザーにとって 価値があるか? UXデザイン 資源(※)内で 実現できるか? 開発・運用要件定義と見積り ※ヒト、モノ、カネ、時間 14年5月28日水曜日
  41. 41. チームの旅をデザインする プロダクト・マネジメント:2. ゴール(目的地)の承認を得る 上司など予算管理者 資源を使う承認 チームメンバー 協力を得る承認 論理で 目的地を理解できる(やるべきだ) 感情で 目的地に行きたいと思う(やりたい) 誰に? どのように? ★ 上司やチームメンバーを巻き込めていれば、承認を得るための努力は少なくなる 14年5月28日水曜日
  42. 42. チームの旅をデザインする • 計画/実行プロセスを通じて意思決定をし続ける • 例)この機能を外した場合、顧客の○○の体験を損なう ので、外さないと決める プロダクト・マネジメント:3. ゴール(目的地)を明確に保つ 14年5月28日水曜日
  43. 43. チームの旅をデザインする 1. プロセスを計画する 2. プロセスを実行する プロジェクト・マネジメント ★ プロダクト・マネジメントと比較して、参考文献が多いので、探してみては   http://www.jp.square-enix.com/info/library/dldata/PM/PM.pdf 14年5月28日水曜日
  44. 44. チームの旅をデザインする プロジェクト・マネジメント:1. プロセスを計画する どのように資源を 配分するか? ヒト・モノ・カネ・時間 どのように 実行するか? タスク分解・見積り・優先度づけ・マイルスト ーン決定 どのように実行をモ ニタリングするか? 朝会・壁とポストイット・課題管理ツール 14年5月28日水曜日
  45. 45. チームの旅をデザインする • 実行プロセスを通じて問題を解決しつづける • 例)メンバー内風邪が流行ってほぼ全滅! →遅延を最少にとどめるため、いくつかの優先度の低い 機能を諦める プロジェクト・マネジメント:2. プロセスを実行する 14年5月28日水曜日
  46. 46. チームの旅をデザインする • チームメンバーと旅を楽しむ • チームのゴール(目的地)とメンバー個人の動機をあわせ る • メンバーの能力や個性とチーム内の役割分担をあわせる • 人間同士の問題を可能な範囲で解決する チーム・マネジメント 14年5月28日水曜日
  47. 47. チームの旅をデザインする • 参考になる分野 • プロダクト・マネジメント • プロジェクト・マネジメント • チーム・マネジメント • ファシリテーション 14年5月28日水曜日
  48. 48. 自分の旅をデザインする 14年5月28日水曜日
  49. 49. 自分の旅をデザインする • すごく凸凹した人間 • 自分で変化を生み出したいと思っている わたしはどんな人? 14年5月28日水曜日
  50. 50. 自分の旅をデザインする • グラフィックデザイナーとして出発 ↓ インターネットに出会う • Webデザイナーとして経験を積む ↓ Webアプリに出会う • UIデザイナーとして経験を積む ↓ 出産 • UXデザイナーとして経験を積む ↓ 社内起業 • デザイナーにとらわれず経験を積む ↓ また少し先のことを考え始めたところ わたしの過去の旅は? 14年5月28日水曜日
  51. 51. 自分の旅をデザインする • リアル → ネット → ネットとリアル • モノそのもののデザイン → モノを通じたコトのデザイン • 一人で成し遂げること → 他人と一緒に成し遂げること わたしの旅の傾向は? 14年5月28日水曜日
  52. 52. 自分の旅をデザインする • 長い旅なので、ゴール(目的地)のかわりに 5つの価値観 • 家族・健康・安心・成長・自信 →家族、健康、安心という土台を作り、その上に成長と 自信のループを作る わたしの旅のゴール(目的地)は? 14年5月28日水曜日
  53. 53. 自分の旅をデザインする • 成長と自信のループ • 変化を生み出せること • 変化を乗りこなせること わたしの旅のプロセス(工程、方法)は? ★ ちょっとづつ変化をつけながらできることを増やしていく ★ ずっと続けているといつの間にか遠くまで来ている ★ 短期的な成功/失敗や他人の評価にこだわらない ★ 自分で自分を楽しませられる→他人も(ついでに)楽しませられる 14年5月28日水曜日
  54. 54. おわりに 皆さんの旅がよりよいものになりますよう! 14年5月28日水曜日

×