Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Interop ソーシャル コマンド センター      リスニングレポート - Day1     2012/6/13 Summary
Executive Summaryイベント初日のTwitterの言及量は、2011年のInteropと比較して約180%増クラウドのテーマが最も盛り上がりを見せ、次いでSDNに関する言及が迫るシスコシステムズのブースでの取り組みが、同社に...
Interop 全体の言及量推移 - 6/13Twitterの言及量は昨年比約180%増。(+918件) *7:00AM-5:00PMの集計比較12時が言及量のピーク。1:00-3:00PMがボリュームゾーン。 ※言及量の増加は、お昼休憩と...
ハッシュタグ クラウドInteropTokyo関連のハッシュタグでは、イベントへの期待感や驚きを表すコ メントが多数。企業ブースの盛り上げにはシスコシステムズに工夫があり、 Tweet数への反響が大きい。他には#airinteropなど、In...
イベントテーマ 言及量の比較最も言及の多いテーマはクラウド。次いで、SDN、データセンター。クラウ ドに関しては可能性と同時に、導入や活用の課題感が挙がる。           Other 1.8%          データセンター     ...
出展社 言及量の比較シスコシステムズは、ブースでのソーシャルメディア連携企画により言及量 が伸び、NECやNICTは、展示内容への興味がTweetに反映される結果に。 シスコシステムズ         NEC 情報通信研究機構      (N...
RT ピックアップオライリーのイベント限定ガチャガチャのネタが、複数のアカウントから発 信され、200件以上のRTを生む。       同じ内容のRT
分析手段の概要[Interop 分析キード - Interop 全体] #InteropTokyo  Interop Tokyo 2012                    インターロップ #Interop       ShowNet   ...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Interop Tokyo2012ソーシャルコマンドセンターモニタリングレポート第一回目

2,686 views

Published on

各開催日毎のレポートは、弊社facebookページのタブ「Social Command Center」からも確認できます。http://on.fb.me/L06IyH

本レポートは、Interop Tokyo2012で設営された展示会とセールスフォースが共同で設営したソーシャルコマンドセンターのモニタリングレポートの第一回目です。

また、Salesforce.comが提供するRadian6で取得したデータを元に作成されています。
Radian6に関する詳しい説明は、以下のウェブサイトをご覧ください。
http://bit.ly/LHVJfr

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Interop Tokyo2012ソーシャルコマンドセンターモニタリングレポート第一回目

  1. 1. Interop ソーシャル コマンド センター リスニングレポート - Day1 2012/6/13 Summary
  2. 2. Executive Summaryイベント初日のTwitterの言及量は、2011年のInteropと比較して約180%増クラウドのテーマが最も盛り上がりを見せ、次いでSDNに関する言及が迫るシスコシステムズのブースでの取り組みが、同社に関するソーシャルメディア 上の言及量を増やすことにつながる (同社のハッシュタグを使ってつぶやくと、 サイネージに表示される仕組み)RTピックアップ: オライリーブースの話題が最もRTされるコメント来場者はソーシャルメディアをうまく活用し、中には数千人のフォローワーを 持つTwitterアカウントも少なくない。一方、企業側でソーシャルメディアの力 を活用する取り組みは少なく、企業と来場者/ユーザー間ではソーシャルメディ アに対する取り組みのギャップが見られる逆に、うまくソーシャルメディアを活用している企業は、自社に関するソーシ ャルメディア上の言及数を効果的に増やし、来場者をイベントへ巻き込むこと に成功している
  3. 3. Interop 全体の言及量推移 - 6/13Twitterの言及量は昨年比約180%増。(+918件) *7:00AM-5:00PMの集計比較12時が言及量のピーク。1:00-3:00PMがボリュームゾーン。 ※言及量の増加は、お昼休憩と午後の来場者増加が起因していると推測される。 2011 2012300 282250 256 254 242 212 216200 207 171 159150 125 126 122 118 114 118100 106 107 84 72 7050 55 36 0 7:00 AM 8:00 AM 9:00 AM 10:00 AM 11:00 AM 12:00 PM 1:00 PM 2:00 PM 3:00 PM 4:00 PM 5:00 PM Day1 (6/13)
  4. 4. ハッシュタグ クラウドInteropTokyo関連のハッシュタグでは、イベントへの期待感や驚きを表すコ メントが多数。企業ブースの盛り上げにはシスコシステムズに工夫があり、 Tweet数への反響が大きい。他には#airinteropなど、Interopへ来場できな い人用のハッシュタグが盛り上がりを見せる。
  5. 5. イベントテーマ 言及量の比較最も言及の多いテーマはクラウド。次いで、SDN、データセンター。クラウ ドに関しては可能性と同時に、導入や活用の課題感が挙がる。 Other 1.8% データセンター 9.5% クラウド コンピューティング 48.8% SDN 25.6% (Software Defined Network) IPv6 5.4% ビッグデータ 4.2% IoT/M2M 2.4% HML5 2.4%
  6. 6. 出展社 言及量の比較シスコシステムズは、ブースでのソーシャルメディア連携企画により言及量 が伸び、NECやNICTは、展示内容への興味がTweetに反映される結果に。 シスコシステムズ NEC 情報通信研究機構 (NICT) 富士通 カスペルスキー マクニカ 日本ヒューレット パッカード ジュニパー アラクサラ ブロケード その他 ※法人格は省略、一部企業は略称で表示 ※12枠以上のブースを確保している19社を集計対象
  7. 7. RT ピックアップオライリーのイベント限定ガチャガチャのネタが、複数のアカウントから発 信され、200件以上のRTを生む。 同じ内容のRT
  8. 8. 分析手段の概要[Interop 分析キード - Interop 全体] #InteropTokyo Interop Tokyo 2012 インターロップ #Interop ShowNet #SCC12 Interop #ShowNet ※分析媒体はTwitterに限定[分析ツール] 世界で4000社が導入する ソーシャル メディア分析・モニタリングプラットフォーム Salesforce Radian 6 http://www.salesforce.com/jp/radian6/[分析レポート リンク] Interop Tokyo 2012 ソーシャル コマンド センター モニタリング レポート 一日目: http://www.slideshare.net/Salesforce/interop-tokyo2012 二日目: http://www.slideshare.net/Salesforce/20120613scc2 三日目: http://www.slideshare.net/Salesforce/interop-tokyo2012-13301919 最終まとめ: http://www.slideshare.net/Salesforce/interop-tokyo2012-13301946 Facebookページ: http://www.facebook.com/SalesforceJapan

×