Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

これからは「サーバーレス」やっとけ!v1 | エフスタ!!「SORACOM(ソラコム)IoTハンズオン」LT

3,543 views

Published on

これからは「サーバーレス」やっとけ!v1
エフスタ!!「SORACOM(ソラコム)IoTハンズオン」LT

株式会社ソラコム
テクノロジー・エバンジェリスト
松下 享平(max)

Published in: Technology

これからは「サーバーレス」やっとけ!v1 | エフスタ!!「SORACOM(ソラコム)IoTハンズオン」LT

  1. 1. これからは「サーバレス」やっとけ! v1 Max の LT シリーズ。 ソラコムのテック・エバ “Max” まつした
  2. 2. 株式会社ソラコム テクノロジー・エバンジェリスト 松下享平 (まつした こうへい) "Max" 講演回数 140超/年 保有スライド枚数 8000枚超 オーバーラン常習犯 Max と呼んでね!
  3. 3. 活用すべきは サーバレス
  4. 4. サーバレスって サーバとか OSとか 実行環境とか 全部あいつら※が準備してくれている
  5. 5. 俺たちは コードを書くだけで OK
  6. 6. サーバとは何が違うの? サーバ 稼働時間で課金 ≠ 処理した時間ではない 向いている処理 常時稼働する必要がある処理 「バッチ」型 サーバレス 処理した時間で課金 向いている処理 いつ発生するかわからない処理 「イベント発生時」型
  7. 7. 私が駆逐したい事
  8. 8. Amazon API Gateway や Google IoT Core や Microsoft Power BI の 劣化コピー
  9. 9. 作ってんじゃねぇよ!!! あいつら※が作ったすげぇサービスなんだから、すげぇんだよ。
  10. 10. 今からサーバレスやるなら AWS なら • Amazon API Gateway • AWS Lambda • Amazon S3 • AWS IoT ファミリー Microsoft Azure なら • Azure Functions • Azure Logic Apps • Stream Analytics Google Cloud Platform なら • Google Cloud Functions • Google Cloud Pub/Sub
  11. 11. クラウド側アーキテクチャ例 ― AWS https://d1.awsstatic.com/events/jp/2017/summit/slide/D3T5-8.pdf SORACOM Beam ダウンロード SORACOM Funnel 外部サービス SORACOM Funk AWS IoT Core AWS IoT Analytics Amazon Kinesis Data Firehose Amazon S3 AWS Lambda Amazon Athena Amazon SageMaker
  12. 12. クラウド側アーキテクチャ例 ― Azure Cosmos DB Event Hubs https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/stream-analytics/stream-analytics-real-time-event-processing-reference-architecture Stream Analytics ダウンロード Blog Storage Power BI HDInsight SORACOM Beam IoT Hub Azure Functions 外部サービス SORACOM Funnel SORACOM Funk
  13. 13. クラウド側アーキテクチャ例 ― GCP Cloud BigQuery Cloud Pub/Sub https://cloud.google.com/dataflow/?hl=ja Cloud Dataflow SORACOM Funnel ダウンロード Cloud Storage Data Studio SORACOM Beam Cloud IoT Core Cloud Functions 外部サービス SORACOM Funk
  14. 14. 作るんじゃ無いよ!利用しようよ。
  15. 15. Max の願い 謎クラウドや 劣化コピーの撲滅を目指して
  16. 16. 世界中のヒトとモノをつなげ 共鳴する社会へ

×