Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

SORACOM LoRaWAN Conference 2017 | LoRaWAN活用の展望  〜パネルディスカッション〜

5,304 views

Published on

SORACOM LoRaWAN Conference 2017
LoRaWAN活用の展望  〜パネルディスカッション〜

モデレーター
株式会社ソラコム 代表取締役社長 玉川 憲

ゲストスピーカー
ウイングアーク1st株式会社 営業本部 クラウド営業統括部 アライアンスディレクター 武市 真拓氏
九州通信ネットワーク株式会社 執行役員 サービス開発部長 松崎 真典 氏
フューチャー株式会社 CEO室ディレクター 池田 博樹 氏 博士(工学)

Published in: Technology
  • Be the first to comment

SORACOM LoRaWAN Conference 2017 | LoRaWAN活用の展望  〜パネルディスカッション〜

  1. 1. SORACOM LoRaWAN Conference 2017 LoRaWAN活用の展望 ~パネルディスカッション~ モデレーター 株式会社ソラコム 代表取締役社長 玉川 憲 https://soracom.jp 2017年2月7日
  2. 2. Thanks to our sponsors
  3. 3. #soracom 本日のイベントハッシュタグ
  4. 4. 本日のパネリストの皆様 武市 真拓氏 ウイングアーク1st株式会社 営業本部 クラウド営業統括部 アライアンスディレクター 松崎 真典 氏 九州通信ネットワーク株式会社 執行役員 サービス開発部長 池田 博樹 氏 フューチャー株式会社 CEO室ディレクター
  5. 5. 最新IoT事例:ビル内通信の新たな可能性 ウイングアーク1st株式会社 クラウド営業統括部 アライアンスディレクター 武市 真拓
  6. 6. Copyright ©2017 WingArc1st Inc. All Rights Reserved. 武市 真拓 @shintaku81 fb.me/masahiro.takechi ウイングアーク • クラウドアライアンス • IoT Edition エバ • Pepperメンター • その他幅広く活動中 集合写真家 • 集合写真専門
  7. 7. START UP
  8. 8. EVENT
  9. 9. DEVICES
  10. 10. SORACOM
  11. 11. Copyright ©2017 WingArc1st Inc. All Rights Reserved. 本日のキーワード oTI
  12. 12. Copyright ©2017 WingArc1st Inc. All Rights Reserved. 本日のキーワード Internet of Thingso TI
  13. 13. Copyright ©2017 WingArc1st Inc. All Rights Reserved. IoT活用に向けた課題 1.データをどのように集めるか 2.データをどのように貯めるか 3.データをどのように意味づけするか 4.データをどのように見える化するか
  14. 14. Copyright ©2017 WingArc1st Inc. All Rights Reserved. 「IoTデータの見える化、準備できていますか?」
  15. 15. MotionBoard Cloud
  16. 16. Copyright ©2017 WingArc1st Inc. All Rights Reserved. 純国産サービスです → たたき上げられています ※英語、中国語UIあります
  17. 17. Copyright ©2017 WingArc1st Inc. All Rights Reserved. ひとつひとつの機能を丹精込めて開発しています MotionBoard 開発責任者 島澤 甲
  18. 18. Copyright ©2017 WingArc1st Inc. All Rights Reserved. Copyright © 2014 WingArc1st Inc. All Rights Reserved. 自宅はもちろんすべて”Connected”
  19. 19. Copyright ©2017 WingArc1st Inc. All Rights Reserved. Copyright © 2014 WingArc1st Inc. All Rights Reserved. モニタ類は部屋の明るさに応じて自 動でON OFF このモニターはマイコン制御のウイ ンチで、プロジェクタと連動して上げ 下げされます。 サーバー群の消費電力とUPSの状態が表示されます。 (現在のLOAD、バッテリーの電圧、供給時間等) 電力関係はコンピュータ制御されており、停電すると画面 が赤く変わります。 家全体の消費電力と推移がモニタできます。 (全体消費電力とソーラーパネル発電量) 各部屋個別の消費電力と推移を表示してい ます。 サーバー内部温度、部屋の各所の温 度をモニタリングしています。 温度が高くなると自動でエアコンを制 御します。 サーバーのログを表示し ています。 家のネットワーク通信先を 可視化しています。 家のネットワークの通信量を時 系列で表示しています。 全5台のUPSをマイコン制御し、別室 のバッテリーによって36時間の停 電に耐えるようになっています。 タブレットによって照明からアンプ・プロ ジェクタまで一元コントロールが可能です。 アンプの電源が入ると、プロジェクタやスクリー ン、ウーファーの電源がリレー制御でONになり ます。
  20. 20. Copyright ©2017 WingArc1st Inc. All Rights Reserved. 純国産サービスです → “想い”が違います ※英語、中国語UIあります
  21. 21. Copyright ©2017 WingArc1st Inc. All Rights Reserved. 「IoTデータの見える化、準備できていますか?」
  22. 22. 貯めたIoTデータをどう見せる?
  23. 23. 主に3種類の、 よく使われる方法があります。
  24. 24. Copyright ©2017 WingArc1st Inc. All Rights Reserved. 1.世の中にはRealtime表示のチャートツールが色々。。 ※とっても良いツールです
  25. 25. Copyright ©2017 WingArc1st Inc. All Rights Reserved. 2.世の中にはBIツールがいっぱい。 ※とっても良いツールです
  26. 26. Copyright ©2017 WingArc1st Inc. All Rights Reserved. 3.世の中には高価な手作りがいっぱい。。 ※とにかくお金がかかります
  27. 27. Copyright ©2017 WingArc1st Inc. All Rights Reserved. MotionBoard Cloud は Real-time & BI いいとこ取り
  28. 28. Copyright ©2017 WingArc1st Inc. All Rights Reserved. スマートエネルギー
  29. 29. スマートハウス
  30. 30. 遠隔医療・ヘルスケア
  31. 31. Copyright ©2017 WingArc1st Inc. All Rights Reserved. ロジスティクス・環境調査
  32. 32. リアルタイム車両情報把握
  33. 33. お待たせしました!
  34. 34. Copyright ©2017 WingArc1st Inc. All Rights Reserved. 本日のお題 LoRa x BLE = oTI
  35. 35. Copyright ©2017 WingArc1st Inc. All Rights Reserved. 本日のお題 oTI
  36. 36. Copyright ©2017 WingArc1st Inc. All Rights Reserved. 本日のお題 Internet of Toileto TI
  37. 37. では、今回の事例を紹介
  38. 38. お客様事例: ウイングアーク1st様 オフィスビルの14階にLoRaWANゲートウェイ を設置、 4階から21階の複数フロアにBLE中 継が出来るLoRa子機を設置することで、BLE対 応のセンサーの情報をLoRaWANで収集、 MotionBoadにデータを転送し可視化。 複数フロアにまたがる、ビル 内のトイレ空室情報、環境情 報の収集と分析
  39. 39. Copyright ©2017 WingArc1st Inc. All Rights Reserved. 今回の導入のポイント • 一台のLoRa GWでビル内をどこまでカバーできるか • 現在市場で、手に入りやすいセンサーを活用できるか • SORACOMを使って、社内ネットワークから切り離せるか • 複数のセンサーを効率よく、データ処理できるか • MotionBoard でリアルタイム表示が可能か
  40. 40. Copyright ©2017 WingArc1st Inc. All Rights Reserved. トイレの状態をリアルタイム可視化 + 分析 ドアセンサー LoRa 子機レンジャーシステムズ Bluetooth 可視化 変更検知 RDB On Cloud Enebular ウフル Node-red ベース4F, 14F, 15F, 21F BLE通信が可能な デバイスを追加 LoRa ゲートウェイ 4Fに設置 BLE通信が可能な デバイスを追加 SORACOM Beam
  41. 41. Copyright ©2017 WingArc1st Inc. All Rights Reserved. 設置状況 : 17フロアをゲートウェイ一台でカバー 渋谷インフォスタワー (全21フロア) 4F 21F 15F 14F 10F ・・・・・・・・・ 7フロア 10フロア 17フロアゲートウェイ
  42. 42. Copyright ©2017 WingArc1st Inc. All Rights Reserved. 設置状況:ラスト30メートルのセンシング トイレセンサー LoRa子機 LoRaゲートウェイ ※ウフル 竹之下さん、原田さん にご協力頂きました。 ※レンジャーシステムズ 木村さんにご協力頂きました。 ※ソラコム大槻さん、はじめ 多くの方にご協力いただきました。 BLE 30メートル LoRa 17フロア
  43. 43. Copyright ©2017 WingArc1st Inc. All Rights Reserved. 設置状況 (おまけ) LoRa GWにはその他のIoT GWも配置し、全てSORACOMで通信 15種類、40個以上のセンサーの通信を一手に行っている。
  44. 44. Copyright ©2017 WingArc1st Inc. All Rights Reserved. DEMO
  45. 45. Copyright ©2017 WingArc1st Inc. All Rights Reserved.
  46. 46. Copyright ©2017 WingArc1st Inc. All Rights Reserved. 46
  47. 47. Copyright ©2017 WingArc1st Inc. All Rights Reserved. 「IoTデータの見える化、 準備できていますか?」
  48. 48. Copyright ©2017 WingArc1st Inc. All Rights Reserved. 短期間で美しく高機能なIoT用分析・表示画面を作成 プログラムレス / 短時間 / 低コスト
  49. 49. Copyright ©2017 WingArc1st Inc. All Rights Reserved. meets
  50. 50. Copyright ©2017 WingArc1st Inc. All Rights Reserved. Your Business meets
  51. 51. 本日のパネリストの皆様 武市 真拓氏 ウイングアーク1st株式会社 営業本部 クラウド営業統括部 アライアンスディレクター 松崎 真典 氏 九州通信ネットワーク株式会社 執行役員 サービス開発部長 池田 博樹 氏 フューチャー株式会社 CEO室ディレクター
  52. 52. Copyright © 2017 by Future, Corporation. Japan 52 スマートビレッジに向けた 農業IoTの実現 ~IoTのラストワンマイルをつなぐ新無線技術~ Future株式会社 CEO室 ディレクター 池田博樹 博士
  53. 53. Copyright © 2017 by Future, Corporation. Japan 53 Copyright © 2017 by Future, Corporation. Japan スマートビレッジに向けた 農業IoTへの活用 ~loTのラストワンマイルをつなぐ新無線技術~ 1. スマートビレッジ概要 2. LoRaWAN実験概要 3. 実例紹介 4. まとめ 目次
  54. 54. Copyright © 2017 by Future, Corporation. Japan 54 スマートビレッジ構想 最新ICT技術を基盤とした新しい町村づくり 農業ICT化 農業経営改善 国際規格GGAP 最新技術 LoRaWAN スマートビレッジAPI 物流低コスト化 物流業務改善 物流のシェアリング 小売最適化 最適地販売 トレーサビリティ 農林業IT 物流IT 仮想通貨 IoTプラットフォームサービス LoRaWAN リアルタイム 人工知能 基盤技術 販売小売 小売り・購買・物流 物流 農家所得向上 地方の人口増加町の所得向上 有効資産 共有化 による 低コストな 町づくり コンパクト で快適な 生活 1 42 3
  55. 55. Copyright © 2017 by Future, Corporation. Japan 55 最先端IT農業:EUの野菜生産基地 ITを活用した持続可能な新しい食のエコシステム
  56. 56. Copyright © 2017 by Future, Corporation. Japan 56 Future LoRaWAN@京都府与謝野町 現場で実証実験し今後の課題を抽出してノウハウを蓄積 施設園芸 地滑りセンサー 水位センサー メータ 農業圃場 軽トラック ドローン フューチャーが 基地局設置 京都府与謝野町
  57. 57. Copyright © 2017 by Future, Corporation. Japan 57 LoRaWAN実証実験:システム構成 LoRaデバイス 基地局LoRaゲートウェイ (Future IoT) 軽トラック ビニールハウス ドローン 露地 位置 温度 湿度 CO2 可視光 紫外線 赤外線 加速度 ジャイロ 超音波 ネットワーク サーバ アプリケーション サーバ SORACOM コントールパネル センサー試作
  58. 58. Copyright © 2017 by Future, Corporation. Japan 58 LoRaWANゲートウェイ 京都府与謝野町の町役場に設置。高さは約15m程度。 上空から見た写真 壁面に設置
  59. 59. Copyright © 2017 by Future, Corporation. Japan 59 LoRaWANセンサー 固定センサーと移動センサーを試作して実証実験 施設園芸センサー 露地センサー物流センサー
  60. 60. Copyright © 2017 by Future, Corporation. Japan 60 LoRaWANセンサーの検証条件 送信ビット数は88bit/回 設置場所 送信速度 搭載センサー 設置個数 物流センサー 軽トラック 3.7bps 距離、加速度、ジャイロ 5個 露地センサー 露地 2.8bps 温湿度、日照計、距離 5個 園芸センサー (高速) 施設園芸 2.8bps 温湿度、日照計、CO2 5個 園芸センサー (低速) 1.9bps 温湿度、日照計 5個 センサーの条件を変えてデータ取得 - 移動の有無、設置位置、センサー移動速度、センサー種類等
  61. 61. Copyright © 2017 by Future, Corporation. Japan 61 農業物流センサー 移動センサーからのデータ取得率は59.0% 圏外や高速移動時には取得できてない 2.5km G 役場商用車 農家の軽トラック 2.5km G
  62. 62. Copyright © 2017 by Future, Corporation. Japan 62 物流荷台センサー 積載中 超音波センサーで積載有無を判定し、LoRaWANで通知 将来、物流のシェアリング可能性を示す 物流センサー 積載なし
  63. 63. Copyright © 2017 by Future, Corporation. Japan 63 LoRaWANセンサーの設置場所(露地) ゲートウェイまでの距離が短く、障害物が少ないほど受信強度が高い傾向 距離 高低差 子機までの断面図 RSSI値の分布 1 0.96km 20.1m 2 2.4km 88.1m 3 2.4km 49.1m 4 2.88km 85.0m 5 4.96km 175.0m 良悪 4 G 3 2 5 1 1 2 3 4 5 G G G G G
  64. 64. Copyright © 2017 by Future, Corporation. Japan 64 露地と施設園芸センサー 温度・可視光もLoRaWANで通知 固定センサーからのデータ取得率は79.5% データ取得持続期間は、約3.2日間(市販バッテリー) 温度センサー 可視光情報センサー
  65. 65. Copyright © 2017 by Future, Corporation. Japan 65 移動/固定センサーの受信強度比較 固定センサー:露地と施設園芸 移動センサー:トラック 高速移動と距離により受信強度 が変化している 同じセンサーでも、受信強度が変化して いることが分かる 円の大きさが受信強度
  66. 66. Copyright © 2017 by Future, Corporation. Japan 66 LoRaWANセンサー搭載ドローン 自律飛行型 センサリングデバイス LoRa子機+粉塵センサー ドローン リアルタイム監視 Future IoT Platform AWS CloudWatchLogs + データ変換 LoRaデバイス 基地局LoRaゲートウェイ ネットワーク サーバ アプリケーション サーバ 壁面に設置
  67. 67. Copyright © 2017 by Future, Corporation. Japan 67 LoRaWAN x ドローン トライアル結果 高度[m] 平均受信強 [dB] ロス率[%] 0 -104 14.0 5 -100 6.0 10 -94.5 0.0 20 -92.5 0.0 LoRaWAN GWの周辺を飛行して評価。GWは高度約15mに設置 ドローンに搭載の可能性。GW配置設計も重要 -120 -115 -110 -105 -100 -95 -90 -85 -80 -75 -70 受信強度[dB] 20m5m 10m 0m
  68. 68. Copyright © 2017 by Future, Corporation. Japan 68 まとめ スマートビレッジを提案 LoRaWANセンサーは、地形、距離、移動速度による 受信強度が変化 今後、GW配置のノウハウやセンサーの省電力設計が重要
  69. 69. Copyright © 2017 by Future, Corporation. Japan 69 http://www.future-lora.com/
  70. 70. 本日のパネリストの皆様 武市 真拓氏 ウイングアーク1st株式会社 営業本部 クラウド営業統括部 アライアンスディレクター 松崎 真典 氏 九州通信ネットワーク株式会社 執行役員 サービス開発部長 池田 博樹 氏 フューチャー株式会社 CEO室ディレクター
  71. 71. All rights reserved, Copyright© Kyushu Telecommunication Network Co.,Inc 2017年2月7日 九州通信ネットワーク株式会社(QTNet) サービス開発部 松崎 真典 橋梁インフラモニタリングと LoRaWAN SORACOM LoRaWANカンファレンス
  72. 72. All rights reserved, Copyright© Kyushu Telecommunication Network Co.,Inc 社 名 ■九州通信ネットワーク株式会社 所 在 地 ■福岡県福岡市 資 本 金 ■220億2000万円 株 主 ■九州電力株式会社 主 な 事 業 ■ 電気通信事業、一般放送事業、電力の購入・販売 http://www.qtnet.co.jp/ 会社概要 72
  73. 73. All rights reserved, Copyright© Kyushu Telecommunication Network Co.,Inc
  74. 74. All rights reserved, Copyright© Kyushu Telecommunication Network Co.,Inc p.74 建設後50年以上経過する道路橋の割合 橋梁インフラの現状 約16% 約65% ■ 維持管理コストの増加 ■ インフラを管理する地方自治体での技術職員不足 急速に高齢化 5年に1度の近接目視点検 (平成26年7月1日施行[国土交通省]) 20年後
  75. 75. All rights reserved, Copyright© Kyushu Telecommunication Network Co.,Inc 橋梁のひび割れや傾きなどのセンサーで計測した情報を SORACOM Airや光ファイバにより、 橋梁向けモニタリングシステムを介して見える化 橋梁インフラモニタリングのフィールドテスト 橋梁の維持管理コストの低減へ 橋梁管理者 劣化の早期発見など迅速にメンテナンス 建設コンサルタント会社 劣化傾向の分析・評価を踏まえた 効率的・効果的な補修計画を橋梁 管理者に提案 (橋梁管理者、建設コンサルタント社向けにご提供)
  76. 76. All rights reserved, Copyright© Kyushu Telecommunication Network Co.,Inc 橋梁インフラモニタリングへのLoRaWAN活用 コストを抑えつつ、モニタリング対象の橋梁を拡大 ゲートウェイ 橋梁向け モニタリング システム ゲートウェイ LoRaWAN 橋梁 橋梁 光ファイバー LoRaWAN センサー センサー センサー センサー センサー センサー
  77. 77. All rights reserved, Copyright© Kyushu Telecommunication Network Co.,Inc 橋梁でのLoRaWAN(市街地) Map data ©2016 Google 川沿いの見通しが 良いエリアでは良好 高松橋(宮崎県宮崎市) 最大 約4km Map data ©2016 Google 高松橋 高松橋
  78. 78. All rights reserved, Copyright© Kyushu Telecommunication Network Co.,Inc 橋梁でのLoRaWAN(山間部) 下田原大橋(宮崎県西臼杵郡高千穂町) Map data ©2016 Google 下田原大橋 Map data ©2016 Google 最大 約7km 下田原大橋 山の見通しに 大きく左右される
  79. 79. All rights reserved, Copyright© Kyushu Telecommunication Network Co.,Inc ドローン x LoRaWAN 試験協力 株式会社トルビズオン様 (九州ドローンコンソーシアム) 株式会社M2Bコミュニケーションズ 様 株式会社ソラコム様
  80. 80. All rights reserved, Copyright© Kyushu Telecommunication Network Co.,Inc 九州ドローンコンソーシアムの概要 ※ メンバー企業は2016年9月29日現在 株式会社トルビズオン 九州通信ネットワーク株式会社 西日本高速道路株式会社 九州支社 FASエコエナジー株式会社 麻生商事株式会社 DJI JAPAN株式会社 ドローンの有用性や活用法の探索、新たな事業モデル検討や実証試 験に 取り組むことを目的に、福岡市を中心とした産学官民プラットフォームである 『福岡地域戦略推進協議会』(Fukuoka D.C.)内に設置。(2016.9) ・ドローンによるIoTネットワークの実証実験 ・ドローンオペレータの育成 ・災害発生時におけるドローン活用の連携 など 活動支援コンソーシアムメンバー
  81. 81. All rights reserved, Copyright© Kyushu Telecommunication Network Co.,Inc 実証実験①「ドローンの飛行移動」 LoRaデバイスを搭載 移動 LoRaゲートウェイ 14km/h程度であれば安定したデータ取得が可能 Map data ©2017 Google
  82. 82. All rights reserved, Copyright© Kyushu Telecommunication Network Co.,Inc 実証実験②「上空でのホバリング」 地上 上空ホバリング時 約5.5km 約9.5km ドローンにより上空を活用することで LoRaWANの利用範囲は大きく拡がる Map data ©2017 Google Map data ©2017 Google 三 ※実施にあたっては航空法や電波法など法令遵守にご留意ください。
  83. 83. All rights reserved, Copyright© Kyushu Telecommunication Network Co.,Inc 橋梁インフラモニタリングxドローンで拡がるエリア 高松橋を中心としたエリア想定 高松橋 Map data ©2017 Google 下田原大橋 Map data ©2017 Google 下田原大橋を中心としたエリア想定
  84. 84. All rights reserved, Copyright© Kyushu Telecommunication Network Co.,Inc 橋梁数(九州) 自治体の橋梁数[道路法上の道路※] ※農道や林道等に掛かる橋梁等は除く 3.03 橋梁数 1.26 1.00 1.10 2.00 1.07 0.96 0.93 0.03 100m未満 100m以上 (長大橋)
  85. 85. All rights reserved, Copyright© Kyushu Telecommunication Network Co.,Inc SORACOMプラットフォームの対応によって、利用しやすい 環境が整い、さまざまな拡がりに期待。 ・LoRaWANの長距離通信かつ省電力という特徴により、 橋梁に取り付けるセンサーの電源や配線が不要となり より効率的なモニタリングシステムが実現 ・ドローンでの活用など、活用の幅が益々拡がることで これまでになかった新しいサービス創出に期待 LoRaWAN対応による今後の期待 85
  86. 86. パネルディスカッション
  87. 87. 実証実験をやってみてわかったメリット
  88. 88. LoRaWANのチャレンジ、 改善点、課題
  89. 89. プラットフォーム SORACOMへの期待
  90. 90. 今後やってみたいこと
  91. 91. 所有モデル 共有サービスモデル 使い分け?
  92. 92. 共有ゲートウェイへの期待
  93. 93. セキュリティ
  94. 94. 最後にひとこと
  95. 95. 本日のパネリストの皆様 武市 真拓氏 ウイングアーク1st株式会社 営業本部 クラウド営業統括部 アライアンスディレクター 松崎 真典 氏 九州通信ネットワーク株式会社 執行役員 サービス開発部長 池田 博樹 氏 フューチャー株式会社 CEO室ディレクター
  96. 96. 世界中のヒトとモノをつなげ 共鳴する社会へ ソラコムのビジョン

×