Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

if-up 2019 | C2. 機器をIoT化してアフターフォローに活かす

404 views

Published on

if-up 2019
C2. 機器をIoT化してアフターフォローに活かす


富士山の銘水株式会社 開発部 部長 溝内 竜士 氏
株式会社ソラコム ソリューションアーキテクト 松本 悠輔 / ysk

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

if-up 2019 | C2. 機器をIoT化してアフターフォローに活かす

  1. 1. 機器をIoT化してアフターフォローに活かす IoT Technology Conference if-up 2019 富士山の銘水株式会社 溝内竜士様 株式会社ソラコム 松本悠輔 2019/02/14
  2. 2. #ifup2019 トラックハッシュタグ #ifup2019a #ifup2019b #ifup2019c 本日のハッシュタグ 1 Track A Track B Track C @SORACOM_PR https://www.facebook.com/soracom.jp/
  3. 3. • IoT製品を取り巻く潮流 • IoTウォーターサーバー開発へのチャレンジ • まとめ アジェンダ 2
  4. 4. IoT製品開発を取り巻く潮流 株式会社ソラコム ソリューションアーキテクト 松本 悠輔 3
  5. 5. $ whoami 4 • 松本悠輔 • ソリューションアーキテクト • @2matzzz | fb.me/2matzzz | github.com/2matz • すきなソラコムサービス: • SORACOM Junction
  6. 6. • IoT化からスマート化へ • CES2019は2018年に続いてスマートホーム製品が目白押しだっ た • 製品のIoT化が不可逆な流れになっている • 日本発のプロダクトが世界で注目されている • DFree • LOVOT IoT製品を取り巻く潮流 5
  7. 7. • IoT化によって製品機能がクラウドからも提供されるようになる • クラウド側でどんどん機能拡張していけるので、製品価値はリ リースしてからが勝負 • あらかじめどのようなユーザ体験になるか設計し置くことが重要 クラウドとの統合 6
  8. 8. IoTウォーターサーバー開発へのチャレンジ 富士山の銘水株式会社 開発部 部長 溝内 竜士 7
  9. 9. 8 【自己紹介】 2011年に富士山の銘水株式会社入社。開発部 部 長。ウォーターサーバーの開発に従事。住環境 に馴染むデザイン性・機能性を両立させた革新 的なウォーターサーバーを開発し、同製品は グッドデザイン賞、キッズデザイン賞など様々 な賞を受賞した。お客様により安心安全にご利 用いただけるよう、日々研究に取り組んでいる。 趣味は「野球」と「犬の散歩」。 富士山の銘水株式会社 開発部 部長 溝内 竜士
  10. 10. 9 ■商号 富士山の銘水株式会社 ■事業内容 富士山の水資源を活用したウォーターサーバー・ ミネラルウォーター事業 ■代表取締役社長 粟井英朗 ■本社・工場 山梨県富士吉田市上吉田4961番地1 ■創業 2010年11月 ■経営理念・行動規範 社会貢献 / 共存共栄 / 知行合一 ■資本金 487,042,500円 ■従業員数 グループ286名、単体261名 (2018年4月1日現在) 富士山の美味しくて安心・安全な天然水を一人でも多くのお客様にお届けしたい。 その思いを出発点に2010年に創業しました。 【会社紹介】
  11. 11. IoTウォーターサーバーの概要について 教えていただけますでしょうか? 10
  12. 12. 11 【今回発売の IoTウォーターサーバー】 製品の特長 サーバーが多様化するこの昨今に「業界の常 識を超える圧倒的な高性能サーバーを提供す る」という思いから生まれたサーバーです。 新規顧客は勿論、同業他社のユーザーからの 乗り換えも期待できる一台です。 設置容器 9.3リットルボトル サイズ (W)290mm(D)350mm(H)1,110mm 重量 24kg スペック エアレス設計(ボトル下方設置) 高付加機能 再加熱機能 常温水出水機能 省エネモード(2種類)、熱殺菌 製品の特長 三つの『S』(Simple/Slim/Safety)をコン セプトに置いてウォーターサーバーが 当たり前にある生活を提供したいという思い から生まれたサーバーです。 設置容器 9.3リットルボトル サイズ (W)260mm(D)335mm(H)1,240mm 重量 15.7kg スペック 汎用設計 高付加機能 UV-LED殺菌照射、省エネモード(1種類)
  13. 13. 12 【自動再注文システムの全体概要】 Amazon様 ・ボトル消費感知 センサー ・注文 ボトル消費 FMシステム IoTプラットフォーム ・各種基準情報の設定・変更 ・イレギュラー発生時の現在庫数変更 ・過去の注文履歴閲覧 ボトル消費 【ウォーターサーバー】 ■各種アクション ・ボトル消費 通信 ユニット 【FMシステム】 ■各種アクション ・注文 ■各種基準情報 ・基準在庫(発注点) ■アクティブ情報 ・現在庫数 ・過去の発注数 現在庫数が基 準在庫に達し た時に注文 ・注文確認 ・注文キャンセル ・通信モジュール (3G) ・アンテナ ・SIMカード
  14. 14. どのような背景でプロジェクトがスタートしたのでしょうか? 13
  15. 15. 14 【開発の背景と目的】 <背景> ■当社のビジネスモデルの変化 レン タル 販売 レン タル 販売 約50% <懸案事項> ■水ボトルの買い忘れ・買い過ぎ の発生 当初 現在 買い過ぎ!買い忘れ! IoTを活用した最適な自動再注文方式検討... amazon様からのお声掛け! <開発目的> ■水が適切なタイミングで配送される自動再注文方式を実現する事により、お客様 のストレスを軽減し、新しいウォーターサーバーによる、ライフスタイルを定着 させる! 『日本初のIoTウォーターサーバーの実現!』
  16. 16. どのようにIoT製品の開発を進められたのでしょうか? 15
  17. 17. 16 【開発体制とスケジュール】 富士山の銘水(株) サーバー製造 委託会社 (韓国) 電子基板 メーカー (韓国) 3Gモジュール メーカー ソラコム社 Amazon社 シ ス テ ム 部 開 発 部 <開発体制> <開発スケジュール> 全体構想 設計 本体センサー設計 プログラミング 試作・検証 量産準備 ・量産 通信システム設計 2018年2月 2019年12月2018年8月 センサー メーカー (韓国)
  18. 18. 17 (補足説明)≪「全体構想設計」におけるユーザー目線からの開発≫ 全体構想設計 基 本 設 計 詳 細 設 計 試 作 ・ 検 証 量 産 FAQ お客様 お客様が商品を「購入する前」・「購入した後」の状況を 徹底的にイメージし、お客様が疑問に思いそうな所を全て 書き出し、それに対して商品の魅力や利便性をしっかりと 伝えられるような回答を前もって書き込んでしまう! 構想図やフ ローへの落 とし込み実現すべく
  19. 19. 具体的な実装機能について教えていただけますでしょうか? (できる範囲で・・・ 18
  20. 20. 19 【ウォーターサーバーへの実装機能】 (表) (裏) <3G通信モジュール(ドングル型) とインターフェースボード> 内側に内蔵 <静電容量センサー> 裏側に内蔵 <今回の特徴> ■データ量が少ない ■短期間で開発したい <今回の特徴> ■防水性が必要 ■ボトルが軟性である ボトル消費データ IoTプラットフォーム ボトル消費データ ※特許出願中
  21. 21. 20 【ネットワーク側の実装機能】 FMシステム IoTプラットフォーム 通信 ユニット ■3Gセルラー回線利用 (Wi-Fiでない) ・使用環境に制限が少ない ・初期設定が簡単 ■WEB登録(アプリでない) ・パソコンでの登録可能 ・開発期間の短縮 ■ソラコム社様IoTプラットフォーム 使用 ・回線管理利便性 ・セキュリティ性 ・当社にとって最適な価格体系 ・モジュールとの親和性 ・開発期間の短縮 ■自社システム ・顧客情報保有のため ・カスタマイズ容易 電波強度 通知機能 あり
  22. 22. 製品開発で苦労した点は? 21
  23. 23. 22 【苦労した点 。。。(今後の成長につながった点!)】 ①用語理解 ②コストと納期のバランス ③ユーザー目線からの開発(FAQベース) ④構想図・フロー設計(狭義の全体構想設計) ⑤問題の原因特定 ⑥通信不良の改善 ⑦謎の大量データの特定 ⑧誤動作のないボトル感知センサーの実現 ⑨CS部門への教育展開 ⑩日本と韓国とのプロジェクト体制 苦労。。。 成長!
  24. 24. 23 (補足説明)≪通信における「問題の原因特定」の難しさ≫ サーバー 機器本体 通信NG電波 状況 IoTプラッ トフォー ム 当社シス テム 設置環境 プログラム 通信 モジュール SIMカード 基板 センサー ■現象として「通信NG」が確認できても、その原因特定が非常に難しい ・プライヤーの多さ ・専門領域の細分化(全体を分かる人がいない)
  25. 25. 今後の展開を教えていただけますでしょうか? 24
  26. 26. 25 【今後の展開】 ■自社製他サーバーへの横展開 ■海外へのIoTウォーターサーバー展開 ■各種通信環境への対応(Wi-Fi, LTE など) ■IoTネットワークの更なる活用(見守り機能など)
  27. 27. • SORACOM Air - plan01s low data volume • SORACOM Beam • SORACOM Junction IoT製品開発を加速させるSORACOMサービス 26
  28. 28. SORACOM のコネクティビティ ― あらゆるシーンで利用可能な IoT 向けデータ通信 IoT 向けデータ通信 SORACOM Air グローバルカバレッジ (日本でも利用可能) カード型 SIM eSIM plan01s plan01s-LDV セルラー (2G / 3G / LTE) 日本カバレッジ plan-D plan-K カード型 SIM eSIM NTTドコモ 回線 plan-KM1 KDDI 回線 LTE-M LPWAN Sigfox LoRaWAN 所有型 共有型日本 カバレッジ グローバル カバレッジ アンライセンス系
  29. 29. SORACOM Air - plan01s low data volume 28 初期費用 カード型 SIM 契約事務手数料 1 回線 (SIM) あたり 5 USD + 送料 チップ型 SIM 契約事務手数料 1 回線 (SIM) あたり 6 USD + 送料 状態 準備完了 使用中 / 休止中 利用開始待ち 利用中断中 基本料金 0 USD / 月 0.4 USD / 月 0 USD / 月 0 USD / 月 利用料金 カード型SIM チップ型SIM
  30. 30. 専用線 インターネット サービス サーバA サーバB 外部との通信をクラウドの潤沢な リソースで暗号化・変換し 柔軟かつセキュアな通信を実現 転送 +認証ヘッダ HTTP->HTTPS MQTT->MQTTS TCP -> TCPS/HTTP/HTTPS UDP -> HTTP/HTTPS … 交換局モノ 基地局 beam.soracom.io SORACOM Beam – プロトコル変換サービス 29
  31. 31. SORACOM Junction 30 パケットのコピーを指定 の宛先に転送 Inspection Mirroring Redirection パケットフローを解析し て統計情報を出力 パケットを指定の ゲートウェイ経由で転送 VPG D VPG VPG
  32. 32. リファレンス・デバイスも、 試作から量産までスケーラブルに 数個〜数十 プロトタイプは ドングル&ラズパイ 数百〜数千 開発/検証は Mini PCIe+開発ボード 数千〜数百万 量産時は 実装タイプ + 31
  33. 33. SORACOM で今すぐ利用可能な 3G/LTE デバイス 通信モジュール • 技適取得済み • Mini PCIe, LCC • UART I/F & ATコマンド 制御 ※開発ボード +アンテナ付きキットあり (別売り) USB ドングル型モデム • 3G, LTE, グローバルネットワーク等のカバレッジ対応 • Windows, macOS, Linux 等の各種 OS で利用可能 AK-020 MS2131i-8 GH-UDG-MCLTEC MS2372h-607 plan-D plan-D plan01s plan-D plan-K plan-D plan01s 3G 3G 3G / LTE LTE UC20-G EC21-J 3G LTE plan-D plan01s plan-D
  34. 34. SORACOM で今すぐ利用可能な 3G/LTE デバイス LTE Cat.1 搭載プロトタイプ向けマイコンボード Wio LTE JP Version グローバル 3G + SORACOM Air eSIM 搭載 プロトタイプ向けマイコンボード Wio 3G SORACOM Edition plan-DLTE plan01s3G eSIM 搭載
  35. 35. SORACOM で今すぐ利用可能な LPWAN デバイス Sigfox Shield for Arduino 接点入力 I/F 搭載 オプテックス社 ドライコンタクトコンバーター 7種センサー搭載 Sigfoxデバイス Sens’it LoRa Arduino 開発シールド AL-050 Arm Coretex-M0+ 搭載 LoRa 開発ボード ST マイクロエレクトロニクス社 B-L072Z-LRWAN1 LoRa/GPS トラッカー GISupply 社 LT-100
  36. 36. SORACOM で今すぐ利用可能な LPWAN デバイス Quectel BG96 搭載 開発ボードキット + BG96-TE-A Quectel BG96 搭載 Wio シリーズ Wio LTE M1/NB1 (BG96)
  37. 37. • あらゆるプロダクトにIoT化、スマート化の流れがきている • 初めてのIoT製品開発はパートナーと協力して開発する • 製品設計時からユーザ体験を定義する。 • 製品は後からアップデートできるのでどのタイミングで出すかが 重要。 まとめ 36
  38. 38. You create, We connect. 37

×