Successfully reported this slideshow.

Slush Asia

38

Share

Upcoming SlideShare
What to Upload to SlideShare
What to Upload to SlideShare
Loading in …3
×
1 of 10
1 of 10

Slush Asia

38

Share

Download to read offline

2015年4月24日にヘルシンキ発祥の世界最大級スタートアップイベント「SLUSH ASIA」が東京で開催されます。

SLUSHとは何なのか、なぜ東京にこのムーブメントが上陸することになったのかなどをご説明しています。

起業家、投資家およびスタートアップに興味のある方々はぜひこのムーブメントにご参加ください。

2015年4月24日にヘルシンキ発祥の世界最大級スタートアップイベント「SLUSH ASIA」が東京で開催されます。

SLUSHとは何なのか、なぜ東京にこのムーブメントが上陸することになったのかなどをご説明しています。

起業家、投資家およびスタートアップに興味のある方々はぜひこのムーブメントにご参加ください。

More Related Content

Related Books

Free with a 14 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 14 day trial from Scribd

See all

Slush Asia

  1. 1. 1 APRIL 24, 2015 http://asia.slush.org/
  2. 2. “SLUSH MOVEMENT” 2008年にヘルシンキで始まった200人の若き起業家やイノベーター、 オピニオンリーダーたちの年一度の内輪の集まりが毎年倍増の勢いで膨れ 上がり、2014年には参加者が1.4万人を超える一大ムーブメントとなった。 ”SUPER-SIZED”- TECHCRUNCH “STUNNING” - MASHABLE ”THE EXCITEMENT AT SLUSH IS PALPABLE” - BBC 2
  3. 3. 昨年世界78カ国から起業家・投資家・学生・メディアが参加した 世界最大級のスタートアップコミュニティが今年からアジアに拡張 THE MOVEMENT COMES TO ASIA 3 “I ALWAYS THOUGHT SILICON VALLEY WAS THE EPICENTRE OF GLOBAL INNOVATION. AFTER SLUSH, I CHANGED MY MIND.” - Wang Jiang, CTO at Alibaba Group 「シリコンバレーが世界のイノベーションの中心地だと思っていたが、SLUSHを知った後は考えが変わった。」 アリババ・グループCTO、ワン・ジャン
  4. 4. EVERYBODY HAS GOT ROCKED 起業家やイノベーターのビジョンやアイデア、クリエイティビティ がロックコンサートのように演出されたステージで披露されます。 4
  5. 5. STUDENTS CHANGED THE WORLD SLUSH 2014では1,700名の学生ボランティアが運営に参加。 SLUSH ASIA 2015にも世界中から多数の学生が参加します。 5
  6. 6. 6 14,000 PARTICIPANTS 1,300 STARTUPS 78 COUNTRIES 100,000 UNIQUE VIEWERS ONLINE 1,700 VOLUNTEERS 700 JOURNALISTS $200B REPRESENTED VC FUNDING 7,000+ PRIVATE MEETING SLUSH 2014 IN NUMBERS 参加者 企業 国 視聴者 会場規模 メディア VC投資総額 ミーティング
  7. 7. 7 THE WHITE ROCK 会場の建造物である「ホワイトロック・ビジュアルドーム」はバックミンスター・ フラーが考案したジオデシックドーム(全天周型円蓋)で移動可能。土地や国な ど場所の制約を超えて広がり続けるSLUSHムーブメントを象徴するべく、 SLUSH ASIA自体も 移動可能な場 (movable rendezvous for startups) として存在します。
  8. 8. 8 KEYNOTE SPEECH STARTUP PITCH DEMO BOOTH MEETING BOOTH FOOD & BEVERAGE お台場J地区にホワイトロックが5機、この日のためだけに建造されます
  9. 9. 9 WHY SLUSH ASIA?なぜSLUSHを日本にもってきたのか 1.「最初からグローバル」をあたりまえにしたい
 日本のスタートアップも最初から世界中の人々と協業し、世界市場に向けて大きく羽ばたけるようにしたい
 ←英語を公用語とした真に国際的なスタートアップ向けのイベントが日本には存在しない
 2. イノベーションを生むコミュニティを作りたい
 業界や分野横断的な協業を促進することによりイノベーションが続々と生まれることを誘発したい
 ←先端分野のコラボレーションネットワークが日本にはまだ少ない 3. 「スタートアップはカッコいい」を見せたい
 若者にスタートアップの魅力を実感してもらい、新しい価値創造に果敢に挑戦する人を増やしたい
 ←若者が世界のトップランナーを身近に感じられる機会が日本には少ない
  10. 10. 10 APRIL 24, 2015 http://asia.slush.org/

×