Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

2019/0630_第1回 派遣の人が送るキャリア座談会

817 views

Published on

・上流工程の必要性
・キャリア形成方法
・キャリア形成はリスクヘッジせよ
・これからの市場予測
・ビジネスマインドを持つエンジニアとは
・個人主義を捨てよ
・インフラエンジニアがモテるためには

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

2019/0630_第1回 派遣の人が送るキャリア座談会

  1. 1. 第1回 派遣の人が送るキャリア座談会
  2. 2. 自己紹介 2  派遣の人(派遣歴4年)  新卒~28歳まで幼稚園で体操のお兄さんとしてマット運動、跳び箱、 鉄棒などを教える(保育士や人妻に囲まれた生活)  28歳からインフラ業界に転職(サーバ機器に囲まれた生活)  インフラ歴4年(某Sierにてプリセールスエンジニアと自社の派遣会社にて採用、営業、派遣エンジ ニア兼務)  プリセールスとして小規模から大規模まで提案は50件以上経験  VMware、Linux、Windows、ストレージ、バックアップ、DR、BCP設計あたりが主な戦場
  3. 3. 3 上流工程の必要性、キャリア形成方法
  4. 4. 上流工程、下流工程とは 4 ◆おさらい 上流工程(プリセールス、要件定義、設計) ⇒主に顧客を相手にやりとり 下流工程(構築、開発、試験、運用、保守) ⇒主にチーム内を相手にやりとり
  5. 5. 本当に上流工程やりたいですか? 5 私の身の回りでも(いつかは)上流工程をやりたいと口にする人は多い。 だが、実際に上流工程に食い込んでいく人は少数派 なぜか? 上流工程は顧客を相手にしなければならないため、コミュニケーション能力が求められるから
  6. 6. 上流工程はメタ能力の高さが要求される 6 下流工程は1次元能力 要件定義、設計は2次元能力 プリセールスは3次元能力 https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1902/04/news066_4.html
  7. 7. 上流工程の必要性、キャリア形成方法 7 この業界の王道は運用数年⇒構築数年⇒上流工程というキャリアマップが提唱されるが、 各工程で求められるスキルセットは違うため、運用を数年やったから構築が出来る訳ではないし、 構築を数年やったから上流工程が出来る訳ではない ※経験は多少なり役立つ
  8. 8. 上流工程の必要性、キャリア形成方法 8 ◆プリセールス →技術トレンドのキャッチアップ/顧客課題の発見能力/グランドデザインの作成/プレゼン能力/営業トーク ◆要件定義 →ヒアリング能力/問題解決能力/ドキュメント作成/アイデア/顧客折衝 ◆設計 →幅広い製品知識/アーキテクト/経験をもとにした問題回避能力/ドキュメント作成 ◆構築(開発) →製品(言語)に関する経験/作業効率/チームワーク ◆テスト →正確性/エビデンス取得/継続力 ◆運用・保守 →正確性/責任感/チームワーク
  9. 9. キャリア形成はリスクヘッジせよ 9 自分のやりたいこと=世の中に必要とされ続けるかは分からない 仕事の目的はお金を稼ぐこと ある日突然素敵な製品が現れて仕事を奪われても文句は言えない 1つのスキルに固執することはキャリア形成を考えるうえでリスク
  10. 10. 長期で需要があるスキル(2) キャリア形成の要素 10  インフラ、開発  サーバ、ネットワーク、ストレージ、データベース、セキュリティ  オンプレミス、クラウド  プリセールス、要件定義、設計、構築(開発)、テスト、運用、保守 割合としては5:3:2ぐらいがちょうど良いのかなと思います(私的に) やりたいこと(5) トレンド技術(3)
  11. 11. これからの市場予測 11 インフラ、プログラマ 正社員、派遣、SES(準委任契約) 会社、個人(フリーランス)
  12. 12. 来年何が起こるか? 12 2020年4月から施行される改正民法(特に重要なところ) これまで これから どうなる? 瑕疵担保(1年) 契約不適合(5年) 請負の場合、納品物の品質に不備があると長期間対応を 余儀なくされる(品質管理工数の増大) 準委任(成果物無し) 準委任(成果物あり) 規定時間以外に一定のレベル、クオリティが求められるよ うに ※契約の自由というものもあるので、書面で互いが合意すればこれまでの契約も可能 ※主流がどちらになるか注視
  13. 13. 2023年何が起こるか? 13 インボイス制度の施行(影響範囲はフリーランス) ざっくり言うと2021年以降年商1,000万未満のフリーランスは収入が10%減るorそもそも 仕事が減る 契約金は700,000+税(56,000)だった場合、年商1,000万未満 (2年前の年間の課税売上高が1,000万円以下)なら消費税の納税義務が無く、 消費税分ももらえた⇒免税事業者という扱い インボイス制度の施行により企業が外注する場合、課税事業者に発注した場合と、免税 事業者に発注した場合で控除される税額が変わる ⇒免税事業者に発注すると控除額が減る
  14. 14. 2023年何が起こるか? 14 予測されること ①課税事業者に発注した場合と、免税事業者に発注した場合で請求書を分けないといけ ないため、管理が煩雑になるぐらいなら免税事業者との付き合いを辞める ②免税事業者に仕事を頼む場合、発注元が不利になるため、課税事業者に発注した場 合と同額に値下げを要求される ③年商1,000万以下のフリーランスは実質10%収入が減る or そもそも仕事の数が減る ※2023年10月にインボイス方式が施行されても3年間は請求書にある消費税額の80%、 その後の3年間は50%を従来通り支払った消費税として控除できる緩和策もある。 しかし、課税事業者がインボイスを発行すれば消費税を100%控除できるので、発注元が 免税事業者を選ぶのは避けがちになる
  15. 15. 2023年何が起こるか? 15 フリーランスになって厚生年金を免れるということを国が簡単に許すわけがありません。 そういった経済の情勢もキャリアに組み込んでおくことはリスクヘッジにつながります。
  16. 16. 私のキャリアリスクヘッジ 16 自社サービスを売りにする場合、いつ後追いの優れたサービスが出てくるか分からないので、 1つの企業に依存しない働き方(派遣事業) SESはグレーでいつ規制されるか分からないので派遣で事業展開 諸々の法改正、税制改正を見越して個人ではなく法人 会社に大きな利益をもたらすことが出来るプリセールスエンジニアとしてのキャリア形成 派遣会社の営業も担うことで営業としてのキャリアもリスクヘッジとして形成
  17. 17. 17 ビジネスマインドを持つエンジニアとは?
  18. 18. ビジネスマインドを持つエンジニアとは? 18 企業は利益を出し続けなければならない 端的に言うと利益を生み出せる人間=会社にとって評価される人
  19. 19. 利益を出せる人間とは? 19 営業:利益率をコントロールできる、交渉力でより利益を生み出せる⇒実力で多額の利益を 生み出せる プリセールスエンジニア:現行運用の課題を見抜き、より良い製品を提案することで予算以上 の費用を引き出す 構築(開発):この工程になると予算が決まっており、作業効率化した分だけが利益になる 運用:月額や年額で費用が決まっているため、障害や問い合わせ対応が少なければ、その分 だけが利益になる つまり莫大な利益を生み出せるのは上流工程の仕事
  20. 20. 利益を出せる人間とは? 20 だから上流工程は給与(契約金)が高い傾向にある 個人の生産性はたかが知れている ⇒数人~数十人をマネジメントし、チーム全体の生産性を上げられる人間は重宝される 利益を出せる人間ほど生存確率は高い
  21. 21. 個人主義は捨てよう 21 worker(いち作業者)を抜け出しましょう 個人の生産性はたかが知れています。 個人主義の発想はやめましょう。 派遣やSESにありがち=自分の契約金は○○円だから給与をもっとくれ 派遣やSESをやっているうちだったらその考えで良いかもしれませんが、ビジネスはそうじゃありませ ん。 Sierが1人あたり年間いくら売り上げているでしょうか?
  22. 22. 個人主義は捨てよう 22 技術はお金で買えます(派遣でもSESでも下請けでも) 自分の代わりが世の中に少数であれば良いですが、そんな人は滅多にいません。 事業やビジネスにコミットできない人間は簡単に切り捨てられます。
  23. 23. 作ることにこだわるのはビジネスではない 23 ビジネス観点で見たときに“何か”を作れるだけのエンジニアの価値は低い ⇒これはインフラの構築も開発も同じ “何か”を作って収益化できることでビジネスとして初めて意味を持つ
  24. 24. 例えば・・・ 24 クラウドの登場により、手軽にインフラ基盤を用意できるようになった。 ⇒全部クラウドでやれば基盤担当の人員を雇わなくて良いというエンジニアが一定数いる クラウドは便利だが24/365で動かした場合、ランニングコストはオンプレのほうが安くなるケースが多 い そういったランニングコスト、自分達が開発しているサービスの価格、競合との優位性、人員の採用コ ストを考慮したうえでサービスを考えないとビジネスの成功はあり得ない。 クラウドを使うということは基盤をアウトソースするので自前で用意するより割高になる。
  25. 25. 25 インフラエンジニアがモテるためには?
  26. 26. インフラエンジニアがモテるためには? 26 モテてどうなりたい? 恋人がほしい? 結婚したい? 異性から人気者になりたい?
  27. 27. モテる人の特徴 27 顔が良い 性格が良い お金を持っている(収入、資産) おしゃれ スタイルが良い
  28. 28. モテるためには努力が必要、 ただし努力ではどうにもならないこともある 28 × 顔が良い ⇒ 整形は一般的にはしない ◎ 性格が良い ⇒ 性格は努力で変えられる ◎ お金を持っている(収入、資産) ⇒ 努力で増やせる ◎ おしゃれ ⇒ 努力で変えられる ○ スタイルが良い ⇒ 身長は難しいが痩せることはできる
  29. 29. 自分への好感度は総得点で決まる 29 顔, 20 顔, 10 顔, 20 顔, 20 顔, 40 性格, 10 性格, 10 性格, 10 性格, 10 性格, 10 お金, 20 お金, 50 お金, 10 お金, 10 お金, 10 おしゃれ, 20 おしゃれ, 30 おしゃれ, 10 おしゃれ, 10 おしゃれ, 20 スタイル, 20 スタイル, 10 スタイル, 10 スタイル, 20 スタイル, 20 Aさん Bさん Cさん Dさん Eさん 半分くらいの異性が付き合って くれるライン 3割くらいの異性が付き合ってく れるライン 7割くらいの異性が付き合ってく れるライン
  30. 30. とにかく可能性を上げるしかない 30 7割くらいの異性が付き合ってくれるラインでも出会う数が少なければ 恋人が出来ない可能性はある 3割くらいの異性が付き合ってくれるラインでも出会う数が多ければ 恋人が出来る可能性は高まる
  31. 31. とにかく可能性を上げるしかない 31 出会いの数を増やしましょう パートナーとして認められる可能性を上げましょう 自分でステータスアップできるものに絞りましょう
  32. 32. パートナーを作る過程で得られるもの 32  自分という商品を提案する能力  市場のニーズを分析し商品価値を上げる問題解決能力  喋りは座学ではなく経験で学ぶもの いつの間にか相手の考えやレベルを瞬時に理解し、相手が理解でき る言葉で喋れるようになる。 これであなたも喋れるエンジニア!!
  33. 33. 恋は失敗するもの 33 初めての人といきなり上手くいく可能性だってあります。 しかしそんなものは稀です。 デートに誘って断られたって良いじゃないですか。 告白して振られても良いじゃないですか。 (メンタルはやられる模様)
  34. 34. プライベートが充実すると 34 仕事にも張り合いが出てきます。 恋愛は損得ではありません。 あなたは仕事をするために生まれてきたのではありません。

×