Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Seedx 起業実務 資金調達abc 20121102

882 views

Published on

  • Be the first to comment

Seedx 起業実務 資金調達abc 20121102

  1. 1. 平成24年11月2日 seedx 地球未来塾 起業家のための ~資金調達ABC~ (株) MM コンサルティング 代表取締役・中小企業診断士 上野 光夫Copyright © 2012 MM Consulting All Rights Reserved. 1
  2. 2. 自己紹介・日本政策金融公庫に26年間勤務・勤務時代に会った経営者は5万人・起業家への融資実績5千人・現在は主に起業家の資金調達のコンサルティングを実施Copyright © 2012 MM Consulting All Rights Reserved. 2
  3. 3. 本講座の目的・起業したいと考えている方、起業して間もない方にとって大きな課題の一つである「資金調達」のハードルを下げること・創業融資の利用方法について知っていただく・金融機関の審査のチェックポイントを知っていただくCopyright © 2012 MM Consulting All Rights Reserved. 3
  4. 4. 起業家にとってお金とは? ・心(マインド)に直 結 お金 ・投資とリターンを考 える ・資金調達は永遠の課 題Copyright © 2012 MM Consulting All Rights Reserved. 4
  5. 5. 創業当初における資金の調達方法 自分で貯め る 出資しても らう  ◆親・親戚・友人  ◆ベンチャーキャピタル  ◆エンジェル 借りる  ○民間金融機関  ○制度融資(信用保証協 会)  ○日本政策金融公庫Copyright © 2012 MM Consulting All Rights Reserved. 5
  6. 6. スタートアップ期に外部から資金調達するメ リット 自分のお金を余裕資金として温存でき る 資金調達のスキルを早く習得すること ができるCopyright © 2012 MM Consulting All Rights Reserved. 6
  7. 7. 新しい資金調達方法~クラウドファンディ ング~ クラウドファンディング プラットフォーム 猫が活躍する映画をつくりた い! ① プロジェクト応 募 ② 賛 同 ③ 資金提供 プラットフォームを介し て 資金調達したい人 ④ 特典などをお返 多くの個人 しCopyright © 2012 MM Consulting All Rights Reserved. 7
  8. 8. クラウドファンディングサイトの例 CAMPFIRE READY FOR?Copyright © 2011 MM Consulting All Rights Reserved. 8
  9. 9. 信用保証協会について (例)東京都信用保証協会Copyright © 2011 MM Consulting All Rights Reserved. 9
  10. 10. 日本政策金融公庫について 2008年に発足(四つの政府系金融機関が 統合) 創業資金の融資をしているのは国民生活事業 (旧国民生活金融公庫) 全額政府が出資、職員は公務員に準じた身分 創業資金を積極的に融資(年間約18,00 0件)融資を伸ばすことが目標、 融資を伸ばすことが目標、 しかし、不良債権は極力出さない姿勢の しかし、不良債権は極力出さない姿勢の 金融機関です 金融機関ですCopyright © 2012 MM Consulting All Rights Reserved. 10
  11. 11. 日本政策金融公庫の創業融資の状況・創業前~創業後1年以内の企業への融資実績減少傾向にあるが、22年度で 18,125 件Copyright © 2012 MM Consulting All Rights Reserved. 11
  12. 12. 日本政策金融公庫の創業融資の状況    業種別で多い順(表のとおり) 12
  13. 13. 日本政策金融公庫の融資の流れ 日本政策金融公庫の支店 必要書類(借入申込書、創業計画書等)を提出 約 一 面 談 計画の内容などについて、ヒアリング ヶ 審 査 面談から約10日後、融資の可否が決定 月 融 資 契約締結後、最短で2営業日後に指定の口座へ振込み 返 済 振込後1~2カ月後から返済開始Copyright © 2012 MM Consulting All Rights Reserved. 13
  14. 14. 日本政策金融公庫の創業者向け融資Copyright © 2012 MM Consulting All Rights Reserved. 14
  15. 15. 新創業融資制度 OR 無担保・無保証人 で の融資が可能Copyright © 2012 MM Consulting All Rights Reserved. 15
  16. 16. 融資を受けた場合の返済額について・無担保無保証人制度の「新創業融資」を1,000万円借入した場合 元金均等払い(元金を均等に支払って利息は残高にかかる方法) 5年払いのケース(返済期間が5年以内なので、58回払い) (元金) 1,000万円 ÷ 58回=17.24・・・毎月17 .5 万円(初回は2.5万円) (利息) 残高に対して年利3.8% 当初は1,000万円 × 3.8% ÷ 12=(約)3.2万円 月の返済額は17 .5 万円+3.2万円=20. 7 万円Copyright © 2012 MM Consulting All Rights Reserved. 16
  17. 17. 創業資金は簡単に借りられ 問題なく貸せる人る? どう見ても貸せない人 融 融公庫でも50 % は断られてしまう 資 資 N O 「問題なく貸せる人」と 約6割! G K「どう見ても貸せない人」は判断 が容易 「ボーダーライン」の 人 問題なく貸せる人 どう見ても貸せない人 ・資金に余裕あり ・他に多くの借金あり ・計画バッチリ ・計画に問題あり ・担保や保証人を提供 ・支援者がいないCopyright © 2012 MM Consulting All Rights Reserved. 17
  18. 18. 起業家の視点 VS 金融機関の視点 起業家 金融機関 アイデアを重視 返済可能性を重視 商品・製品・サービ 経営者としての資質 ス 財政状態 設備投資計画 収支見通し 営業計画Copyright © 2012 MM Consulting All Rights Reserved. 18
  19. 19. 融資担当者の視点・創業は「やってみなければ分からない」ので、リスクが高い融資。・1年以内の不良債権を、100件に1件でも出してはいけない・金融機関担当者はいい大学を出ていることが多いものの、旧型でアナログ人間が多く、最近のビジネスに詳しくない。特にIT関係などのビジネスを理解できない。・「建設業やアパレルは悪い」などといった先入観が強く、否定から入る。・「自己資金」が少ないと厳しい。・「斯業経験」(始めようとしてる事業の勤務経験)がないと相当否定的に見るCopyright © 2012 MM Consulting All Rights Reserved. 19
  20. 20. 金融機関の視点Copyright © 2012 MM Consulting All Rights Reserved. 20
  21. 21. 金融機関の視点①Copyright © 2012 MM Consulting All Rights Reserved. 21
  22. 22. 金融機関の視点②Copyright © 2012 MM Consulting All Rights Reserved. 22
  23. 23. 金融機関の視点③Copyright © 2012 MM Consulting All Rights Reserved. 23
  24. 24. 社会起業家が留意すべき 点 「社会貢献」の内容を伝えることは 大切 ただし 融資の返済ができるだけの「収益」は 必要Copyright © 2012 MM Consulting All Rights Reserved. 24
  25. 25. 融資申し込みのタイミングと留 意点  ・ これまでの経験 や習得 したスキルが重要 創 業 前  ・事業計画 の実現性 が問 われる 創業後1年以  ・「創業赤字」 となっていることが多 い 内  ・当初創業計画 と今後 の計画 の二 つが必要 創業後1年以  ・1期目 の実績 と業績推移 がポイント 上  ・今後 の経営改善計画 が重要Copyright © 2012 MM Consulting All Rights Reserved. 25
  26. 26. 事業計画書は何のために作る? 自分自身のシナリオと 他人に見せるものとし して て ○ 資金調達 ○ ぶれない指針 ○ スタッフの獲得 ○ 行動計画 ○ アドバイスを受 ○ リスクの想定 けるCopyright © 2012 MM Consulting All Rights Reserved. 26
  27. 27. 融資を受けるための事業計画書と は (例)日本政策金融公庫 の「創業計画書」 1. 創業の動機・事業の経験等 2. 取扱商品・サービス 3. 取引先・取引条件 4. 必要な資金と調達の方法 5. 事業の見通し(月平均)Copyright © 2012 MM Consulting All Rights Reserved. 27
  28. 28. 融資を受けるための事業計画書のコツ は?見られることを意識して見られることを意識して 美しくメイクしましょ 美しくメイクしましょ う! う! チャームポイントは より引き立てて 気になるところは うまくカバーしてでも、スッピンとは違い過ぎないよう にCopyright © 2012 MM Consulting All Rights Reserved. 28
  29. 29. 事業計画書のポイント 三つの視点に分けて説明1 経営者としての資質 ・「斯業経験」をうまく表現する。全くない場合は、具体的に経験したことから「この事業をす    るためのスキルやノウハウがある」ということを示せるようにする ・「営業」は担当者と普通に会話のキャッチボールができるように心がける ・「創業セミナー」などに参加しているなら説明するb.財政状態 ・資産は家族分を含めてできるだけ見せる ・負債(借入)は隠せるものは隠していい。(信用情報「CIC」の自分の情報を確認しておく) ・公共料金などきちんと支払っていることを示す3 収支見通し ・「自己資金」の証明が大切(後述) ・事業計画書が大切(どんな事業をやってどう稼ぐのか) ・事業内容は中学生でも分かるように説明するCopyright © 2012 MM Consulting All Rights Reserved. 29
  30. 30. 重要なポイント「自己資金」につ いて なぜ「自己資金」が大切なのか? どんなものが「自己資金」と認定され る? 「自己資金」はどうやってチェックさ れる?Copyright © 2012 MM Consulting All Rights Reserved. 30
  31. 31. 「自己資金」の証明方法について「自己資金」とは ・事業を始めるにあたって投入できる返済不要の資金 ・返さなくてもいいものであれば親などからの出資も含まれる「自己資金はこれです」と示さなければならない・キャッシュで見せてもダメ。預金通帳などに入っている必要がある・面談直前にまとまった金を入金して示しても、「誰かに一時的に借りたのではないか」と疑われる・ある程度の期間にコツコツと蓄積した経緯がないと認めてもらえない・株式や保険積立などでもいい・親などから出してもらえるなら親名義で振り込んでいただく・法人の資本金は基本的に認められるが、そのもともとの出所チェックされるCopyright © 2012 MM Consulting All Rights Reserved. 31
  32. 32. プレゼンテーションの重要ポイン トCopyright © 2012 MM Consulting All Rights Reserved. 32
  33. 33. 金融機関担当者のイヤミな視点 この人は怪しくないか あなたは誰?騙そうとしてない? 言ってることにウソがない? 隠している借金はないかCopyright © 2012 MM Consulting All Rights Reserved. 33
  34. 34. 金融機関担当者の発言に注意! 面談の最後に「             これが問題点です   」 ね と言われたら・・・     断られる可能性が!! どのように改善すればいいか 担当者に積極的に聞こう!  Copyright © 2012 MM Consulting All Rights Reserved. 34
  35. 35. よくある質問Q.連帯保証人は立てる必要がありますかA.「新創業融資」の要件をクリアできない場合は必要です。  基本的には別生計の人でそれなりの収入や資産がある人です。Q.一度断られたらもう借入できないのですかA.問題点を改善すれば借入できる可能性はあります。断られたときは理由を聞い   ておくことが重要です。Q.自己資金がないのですが何とかならないでしょうかA.全くゼロだと厳しいものがあります。半年~1年程度貯める努力をされるか、身  内や知人の方などに一部の出資をお願いしてみてはいかがでしょうか。Copyright © 2012 MM Consulting All Rights Reserved. 35
  36. 36. 裏ワザってあるの??Copyright © 2012 MM Consulting All Rights Reserved. 36

×