Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Agile概論(大学生向け)

3,231 views

Published on

9/30に慶応SFCのコラマネの授業で使用した資料です。Agile初心者や学生の方をターゲットにした資料。

  • Sex in your area is here: ❶❶❶ http://bit.ly/2ZDZFYj ❶❶❶
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Dating for everyone is here: ❶❶❶ http://bit.ly/2ZDZFYj ❶❶❶
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

Agile概論(大学生向け)

  1. 1. http://bit.ly/rtUk6LAgile概論             2011/9/30 Ryutaro YOSHIBA
  2. 2. 吉羽龍太郎アジャイルコーチhttp://www.ryuzee.com/
  3. 3. よろしくお願いします
  4. 4. http://bit.ly/ptKnqR1. 企業のおかれた状況
  5. 5. ビジネスをとりまく環境の変化
  6. 6. IT投資は業務効率化から戦略実現へ
  7. 7. 以前の競争http://bit.ly/rioQDZ
  8. 8. 現在の競争 競争の速度の変化
  9. 9. 迅速な 意思決定 が必要http://bit.ly/pccwAN
  10. 10. 意思決定から素早く具現化する必要 http://bit.ly/r1ziWL
  11. 11. ビジネスモデルの賞味期限が短縮
  12. 12. 変化への対応“事前に綿密” にたてた計画を“長期間遵守” して大丈夫なのか?
  13. 13. 変化への対応“変化が起こる” ことを前提に“頻繁に軌道修正” することが必要http://bit.ly/oX9ImQ
  14. 14. 変化に対応できなければマーケットから見捨てられる
  15. 15. 価値がなくなれば滅びるhttp://bit.ly/qJg8EX
  16. 16. 継続的な イノベーション の創発http://bit.ly/nLACes
  17. 17. “イノベーションは「 知 」 の創造プロセスであり、知の創造は単に理論だけではなく、実践を通して知識を磨き、知恵にするものである”“企業の優れた業績は研究開発投資の増加に要因があるのではなく、組織のイノベーション・プロセスの質による”野中郁次郎氏の発言要旨
  18. 18. http://www.slideshare.net/InnovationSprint2011/2011-‐‑‒6794551
  19. 19. プロセス プロダクトイノベーション イノベーションhttp://bit.ly/qpjFXr http://bit.ly/ornfUo
  20. 20. ソフトウェアの不不確実性ü 不不確実性コーン From  10  Deadly  Sins  of  Software  Estimation  by  Steve  McConnell,  ©2002-‐‑‒2007
  21. 21. システムの機能の利利⽤用割合 7 % いつも使う 13 % よく使う 45 % たまに使う 16 % ほとんど使わない 19 % まったく使わないStandishの2000年年の調査より  
  22. 22. http://bit.ly/olku5164%の機能は、使われない
  23. 23. 価値を生まない各種現象や結果をムダと呼ぶ
  24. 24. ü 作り過ぎのムダü 手待ちのムダü 運搬のムダü 加工のムダü 在庫のムダü 動作のムダü 不良をつくるムダ
  25. 25. ウォーターフォール綿密な正しい計画をたてられることが前提の手法 http://www.flickr.com/photos/jason_̲burmeister/4102808332/
  26. 26. ウォーターフォール 要件定義 受⼊入テスト 基本設計 総合テスト 詳細設計 結合テスト 実装・単体テスト ウォーターフォールのV字モデル
  27. 27. WFでありがちな話 要件定義は順調です ○○設計は順調です 開発は遅れてますが、挽回可能です 結合試験で重⼤大な問題が出ています 受⼊入試験でニーズ不不⼀一致が判明 リリースできません 多くのリスクが後半に顕在化 http://www.flickr.com/photos/kwazar/2289418010/
  28. 28. http://bit.ly/qxk0gl Agileとは2. Agileとは?
  29. 29. 4つの基本理理念念 1. プロセスやツールより 人と人同士の相互作用を重視する。 2. 包括的なドキュメントより 動作するソフトウェアを重視する。 3. 契約上の交渉よりも 顧客との協調を重視する。 4. 計画に従うことよりも 変化に対応することを重視する。
  30. 30. ウォーターフォールとアジャイル
  31. 31. 我々が解決すべき問題は何なのか? http://bit.ly/qgox0e
  32. 32. http://bit.ly/oOISEC3. まとめ
  33. 33. •  ビジネス環境が変化•  ソフトウェアは不確実•  顧客の欲しいものを早期から届ける•  従来型開発手法の問題点はリスクが後半に 顕在化する点

×