アジャイルコーチ
で学んだ30+αのこと




        2010/6/24 Agile Day 3
       Ryutaro “Ryuzee” YOSHIBA
自己紹介


                     Ryuzee



   @ryuzee
   http://www.ryuzee.com/
認定スクラムマスター
現場の生産性向上のコーチ
オープンソース開発者、翻訳者
Shibuya.tracのスタッフ
自分たちの開発スペースは自分
  たちで心地よくする。
チーム専用のホワ
イトボードを用意
   しよう
チーム全員が集まれ
     パーティショ
る開発スペースを用
     ンはいらない
  意しよう。
ディスプレイは2台使おう
パソコンは速いものを使おう
デジカメを活用しよう
たまには飲み会も大事だが、
他人のプライベートの時間を
    強制しない
家庭の協力があってこそ、良い
 仕事、よい製品が作れる
おやつ大事。ただしポテトチッ
プは油でキーボードが汚れる。
規則正しい
出勤時間と退社時間
が良い製品を生む!
アジャイル導入がしやすい組織
  としにくい組織がある
現場をかえたいと思う現場の意
思がないと、押しつけのアジャ
  イルはうまくいかない
チームに抵抗勢力には説明して
納得してもらう。それで1スプ
リントやってダメなら交代する
アジャイルな
プロセスを紙
に詳細に書い
て守らせたり
するような真
似はしないこ
   と
チームでの勉強会を
業務時間内で行えるくらいの
    余裕が必要だ
スクラムマスターがチームを
売ったそのときからアジャイル
    ではなくなる
アジャイルでプロジェクトを進
 めることは顧客に伝える
アジャイルプロジェクトの契約
  はWFのそれとは異なる
初めて契約する顧客と
 アジャイル開発すると
もめ事になるリスクがある
政治的に顧客が強い場合は、プ
ロジェクトに関する妨害事項が
頻繁に発生する可能性がある。
Excelで済むものはExcelで!
ツールに
振り回されるの
 ではなく、
自分たちにあっ
たツールを使う
ツールは自分たちの必要なとこ
ろだけ使う。必ずしも全機能を
   使う必要はない。
    使い方は自由
開発環境はコーディング端末も
 含めてできる限り仮想化する
継続的統合にはサーバ環境も含
     める。
本番の疑似構成で早期結合する
どんな指標データが取得できる
かはチームの成熟度に依存する
チームの数値を個人の評価用の
 データとしては扱わない
前提や環境が異なるので他の
チームと数値を単純比較しない
振り返りをしな
いことは改善を
しないことだ。
改善のないア
ジャイルはあり
  得ない
ストーリーに追いかけられない
ように余裕をもっておかわりす
    る方が良い
報告用に資
料を新たに
つくらない。
資料の体裁
にこだわら
 ない。
資料は動か
  ない
振り返りは
場所をかえてマンネリを防ぐ
いくら偉くても、その人が外
野なら妨害として対処する
アジャイルは
ウォーター
フォールより
 計画的だ
アジャイルでやったからといっ
てすべてのプロジェクトがうま
  くいくわけではない
アジャイルは楽しい
ご清聴ありがとうございました。
より詳細な情報は

http://www.ryuzee.com/

をご参照ください。
画像の入手元
www.flickr.com/photos/napfisk/345168578/            www.flickr.com/photos/49333775@N00/206769252/
www.flickr.com/ph...
アジャイルコーチで学んだ30+αのこと
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

アジャイルコーチで学んだ30+αのこと

3,283 views

Published on

2010/6/24にマイクロソフトさんで話した内容

Published in: Technology, Art & Photos
0 Comments
13 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
3,283
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
332
Actions
Shares
0
Downloads
62
Comments
0
Likes
13
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

アジャイルコーチで学んだ30+αのこと

  1. 1. アジャイルコーチ で学んだ30+αのこと 2010/6/24 Agile Day 3 Ryutaro “Ryuzee” YOSHIBA
  2. 2. 自己紹介 Ryuzee @ryuzee http://www.ryuzee.com/
  3. 3. 認定スクラムマスター 現場の生産性向上のコーチ オープンソース開発者、翻訳者 Shibuya.tracのスタッフ
  4. 4. 自分たちの開発スペースは自分 たちで心地よくする。
  5. 5. チーム専用のホワ イトボードを用意 しよう
  6. 6. チーム全員が集まれ パーティショ る開発スペースを用 ンはいらない 意しよう。
  7. 7. ディスプレイは2台使おう パソコンは速いものを使おう
  8. 8. デジカメを活用しよう
  9. 9. たまには飲み会も大事だが、 他人のプライベートの時間を 強制しない
  10. 10. 家庭の協力があってこそ、良い 仕事、よい製品が作れる
  11. 11. おやつ大事。ただしポテトチッ プは油でキーボードが汚れる。
  12. 12. 規則正しい 出勤時間と退社時間 が良い製品を生む!
  13. 13. アジャイル導入がしやすい組織 としにくい組織がある
  14. 14. 現場をかえたいと思う現場の意 思がないと、押しつけのアジャ イルはうまくいかない
  15. 15. チームに抵抗勢力には説明して 納得してもらう。それで1スプ リントやってダメなら交代する
  16. 16. アジャイルな プロセスを紙 に詳細に書い て守らせたり するような真 似はしないこ と
  17. 17. チームでの勉強会を 業務時間内で行えるくらいの 余裕が必要だ
  18. 18. スクラムマスターがチームを 売ったそのときからアジャイル ではなくなる
  19. 19. アジャイルでプロジェクトを進 めることは顧客に伝える
  20. 20. アジャイルプロジェクトの契約 はWFのそれとは異なる
  21. 21. 初めて契約する顧客と アジャイル開発すると もめ事になるリスクがある
  22. 22. 政治的に顧客が強い場合は、プ ロジェクトに関する妨害事項が 頻繁に発生する可能性がある。
  23. 23. Excelで済むものはExcelで!
  24. 24. ツールに 振り回されるの ではなく、 自分たちにあっ たツールを使う
  25. 25. ツールは自分たちの必要なとこ ろだけ使う。必ずしも全機能を 使う必要はない。 使い方は自由
  26. 26. 開発環境はコーディング端末も 含めてできる限り仮想化する
  27. 27. 継続的統合にはサーバ環境も含 める。 本番の疑似構成で早期結合する
  28. 28. どんな指標データが取得できる かはチームの成熟度に依存する
  29. 29. チームの数値を個人の評価用の データとしては扱わない
  30. 30. 前提や環境が異なるので他の チームと数値を単純比較しない
  31. 31. 振り返りをしな いことは改善を しないことだ。 改善のないア ジャイルはあり 得ない
  32. 32. ストーリーに追いかけられない ように余裕をもっておかわりす る方が良い
  33. 33. 報告用に資 料を新たに つくらない。 資料の体裁 にこだわら ない。 資料は動か ない
  34. 34. 振り返りは 場所をかえてマンネリを防ぐ
  35. 35. いくら偉くても、その人が外 野なら妨害として対処する
  36. 36. アジャイルは ウォーター フォールより 計画的だ
  37. 37. アジャイルでやったからといっ てすべてのプロジェクトがうま くいくわけではない
  38. 38. アジャイルは楽しい
  39. 39. ご清聴ありがとうございました。 より詳細な情報は http://www.ryuzee.com/ をご参照ください。
  40. 40. 画像の入手元 www.flickr.com/photos/napfisk/345168578/ www.flickr.com/photos/49333775@N00/206769252/ www.flickr.com/photos/dunechaser/142079765/ www.flickr.com/photos/fensterbme/74046939/ www.flickr.com/photos/dunechaser/2937139778/ www.flickr.com/photos/suckamc/139309770/ www.flickr.com/photos/bugbytes4real/3770529267/ www.flickr.com/photos/sifu_renka/2057501368/ www.flickr.com/photos/v50/3207009866/ www.flickr.com/photos/thecarol/2847415019/ www.flickr.com/photos/hhoyer/3249473645/ www.flickr.com/photos/brianauer/2112309566/ www.flickr.com/photos/ninefish/176563513/ www.flickr.com/photos/23065375@N05/2235529638/ www.flickr.com/photos/wallyg/152451098/ www.flickr.com/photos/45053493@N08/4237886048/ www.flickr.com/photos/peeveeads/2815682381/ www.flickr.com/photos/svenwerk/1430093084/ www.flickr.com/photos/arthur_chapman/3855590323/ www.flickr.com/photos/typester/360428232/ www.flickr.com/photos/redteam/34451133/ www.flickr.com/photos/biquillo/2214009605/ www.flickr.com/photos/tunachilli/2953491178/ www.flickr.com/photos/totaloutnow/3450677033/ www.flickr.com/photos/adforce1/2539903964/ www.flickr.com/photos/juhansonin/2932367178/sizes/l/ www.flickr.com/photos/grufnik/272822610/ www.flickr.com/photos/ciordia/270586234/ www.flickr.com/photos/bcostin/10966095/ www.flickr.com/photos/griffonsolutions/4000734421/ www.flickr.com/photos/smannion/3385144016/ www.flickr.com/photos/naotori/2803811713/ www.flickr.com/photos/gumption/2612272643/ www.flickr.com/photos/kevharb/3056726319/ www.flickr.com/photos/tylerdurden/403168294/ www.flickr.com/photos/mharrsch/7430136/ www.flickr.com/photos/orcmid/3879384912/ www.flickr.com/photos/brentdanley/1485491742/ www.flickr.com/photos/angel_medinilla/4365271912/ www.flickr.com/photos/billypalooza/2107585748/ www.flickr.com/photos/daveynin/2317624712/ www.flickr.com/photos/meganelizasmith/4096564203/ www.flickr.com/photos/oberazzi/318947873/

×