Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
ユーザ規模の変化に応じた
最適なUX設計とは
Sansan株式会社
峰松 隆太郎
1
アジェンダ
1.自己紹介
2.サービス紹介
3.UX設計の事例
4.まとめ
2
自己紹介
• 峰松 隆太郎(みねまつ りゅうたろう)
• 佐賀県出身
• 東京工業大学大学院 生物プロセス専攻 修了
• Sansan 新卒4年目
• 最初は法人向け名刺管理サービス Sansan の運用
コンサルタント
• 2016年より...
3
Sansan株式会社の紹介
4
Sansan株式会社の紹介
設立:2007年6月
従業員数:300名くらい
事業内容:クラウド名刺管理サービスの企画・開発・販売
法人向け 個人向け
今日はこっちの話
5
法人向け名刺管理サービス Sansan の特徴
• 全社員で名刺を共有
• オペレータによる正確なデータ化
• 同じ人物の名刺をまとめる名寄せ機能
ここからが本題
ユーザ規模の変化に応じた
最適なUX設計とは
事業の成長に伴う
プロダクトを取り巻く環境の変化
9
入社当時(2014年)と現在の比較
導入社数:2,000 ➜ 6,000
1契約あたりの最大ユーザ数:1000くらい ➜ 数万
利用するユーザ:営業を中心としたフロント職 ➜ 全社員
2014年 現在
10
ケース1:同僚名刺検索
データ量の増加を考慮して設計しないと
期待するUXが提供できない
名刺を共有するサービスである
Sansanにとっての超重要機能
11
ケース1:同僚名刺検索
ユーザ規模の拡大により
検索機能を追加
12
ケース2:手動名寄せの候補件数表示
名寄せとは:同一人物の複数の名刺をまとめること
➜ これにより同一人物の情報が泣き別れせず一元化される
Sansan株式会社
営業部
山田賢治
Sansan株式会社
マーケティング部
山田賢治
ABC株...
13
ケース2:手動名寄せの候補件数表示
14
ケース2:手動名寄せの候補件数表示
目的:手動名寄せの促進
当時の課題:名寄せ候補があることにユーザが気づかない
解決策:名寄せ候補数を出してユーザに気づかせる
15
ボツ案
課題:パフォーマンス
候補なし
候補あり
データ量の多い企業では候補件数の取得に時間がかかる
➜候補のあり/なしで文言を出し分けるのが難しい
データ量が増えると候補数が取得できない可能性がある
➜()の中がいつまでたっても表示され...
候補なし
16
最終的に採用した案
• 候補あり/なしの文言を統一
• リマインド一覧と配置を入れ替え
• バッチ形式にすることでタイムアウト問題に対応
候補あり
17
結果
2017/4/1 2017/4/8 2017/4/15 2017/4/22 2017/4/29 2017/5/6 2017/5/13
手動名寄せをしたユーザの数
リリース!
18
ケース3:メールでのコミュニケーション
登録後に1番最初に送っているメールで、
Sansan で何が実現できるかをユーザに伝えるもの
19
ケース3:メールでのコミュニケーション
営業以外のユーザも
増えている中では適切ではない
20
まとめ
• 事業の成長に伴い、設計時にケアすべきことが変わる
• 規模の増加 ➜ 検索性の低下、パフォーマンスを考慮し
た設計
• ユーザ層の変化 ➜ 訴求メッセージの最適化
21
ただし、
捨てる判断も重要です
22
番外編:メッセージ(β)
紹介を依頼
同僚Sansan
• 2017年3月にリリース
• 名刺を紐付けて同僚にメッセージを送れる
• 共有した名刺を活用してもらうための機能
23
番外編:メッセージ(β)
メインターゲット(キーマンを紹介してほしい営業マン)
に使ってもらうことにフォーカス。訴求文言も営業向け。
24
まとめ
• 事業の成長に伴い、設計時にケアすべきことが変わる
(規模の増加やユーザ層の変化など)
• リリースまでの時間が伸びたり訴求文言が抽象的になる
などの一面もある
• 案件のターゲットと目的次第では捨てる判断も必要
ご清聴ありがとうございました。
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

ユーザ規模の変化に応じた最適なUX設計とは

866 views

Published on

2017/07/06 UX bridge vol.1での発表資料です。

  • You have to choose carefully. ⇒ www.HelpWriting.net ⇐ offers a professional writing service. I highly recommend them. The papers are delivered on time and customers are their first priority. This is their website: ⇒ www.HelpWriting.net ⇐
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • I ordered in ⇒ HelpWriting.net ⇐ I know exactly that I can trust them.They can help you with any kind of assignment - from high school essay to PhD dissertation. On the left you can see a detailed list of our services. They can write from scratch according to your instructions.Edit and proofread your paper.
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Hey guys! Who wants to chat with me? More photos with me here 👉 http://www.bit.ly/katekoxx
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

ユーザ規模の変化に応じた最適なUX設計とは

  1. 1. ユーザ規模の変化に応じた 最適なUX設計とは Sansan株式会社 峰松 隆太郎
  2. 2. 1 アジェンダ 1.自己紹介 2.サービス紹介 3.UX設計の事例 4.まとめ
  3. 3. 2 自己紹介 • 峰松 隆太郎(みねまつ りゅうたろう) • 佐賀県出身 • 東京工業大学大学院 生物プロセス専攻 修了 • Sansan 新卒4年目 • 最初は法人向け名刺管理サービス Sansan の運用 コンサルタント • 2016年よりプロダクトマネージャー
  4. 4. 3 Sansan株式会社の紹介
  5. 5. 4 Sansan株式会社の紹介 設立:2007年6月 従業員数:300名くらい 事業内容:クラウド名刺管理サービスの企画・開発・販売 法人向け 個人向け 今日はこっちの話
  6. 6. 5 法人向け名刺管理サービス Sansan の特徴 • 全社員で名刺を共有 • オペレータによる正確なデータ化 • 同じ人物の名刺をまとめる名寄せ機能
  7. 7. ここからが本題
  8. 8. ユーザ規模の変化に応じた 最適なUX設計とは
  9. 9. 事業の成長に伴う プロダクトを取り巻く環境の変化
  10. 10. 9 入社当時(2014年)と現在の比較 導入社数:2,000 ➜ 6,000 1契約あたりの最大ユーザ数:1000くらい ➜ 数万 利用するユーザ:営業を中心としたフロント職 ➜ 全社員 2014年 現在
  11. 11. 10 ケース1:同僚名刺検索 データ量の増加を考慮して設計しないと 期待するUXが提供できない 名刺を共有するサービスである Sansanにとっての超重要機能
  12. 12. 11 ケース1:同僚名刺検索 ユーザ規模の拡大により 検索機能を追加
  13. 13. 12 ケース2:手動名寄せの候補件数表示 名寄せとは:同一人物の複数の名刺をまとめること ➜ これにより同一人物の情報が泣き別れせず一元化される Sansan株式会社 営業部 山田賢治 Sansan株式会社 マーケティング部 山田賢治 ABC株式会社 営業部 山田賢治 システムが 自動で名寄せ ユーザが手動で名寄せ (これをやってほしい)
  14. 14. 13 ケース2:手動名寄せの候補件数表示
  15. 15. 14 ケース2:手動名寄せの候補件数表示 目的:手動名寄せの促進 当時の課題:名寄せ候補があることにユーザが気づかない 解決策:名寄せ候補数を出してユーザに気づかせる
  16. 16. 15 ボツ案 課題:パフォーマンス 候補なし 候補あり データ量の多い企業では候補件数の取得に時間がかかる ➜候補のあり/なしで文言を出し分けるのが難しい データ量が増えると候補数が取得できない可能性がある ➜()の中がいつまでたっても表示されない
  17. 17. 候補なし 16 最終的に採用した案 • 候補あり/なしの文言を統一 • リマインド一覧と配置を入れ替え • バッチ形式にすることでタイムアウト問題に対応 候補あり
  18. 18. 17 結果 2017/4/1 2017/4/8 2017/4/15 2017/4/22 2017/4/29 2017/5/6 2017/5/13 手動名寄せをしたユーザの数 リリース!
  19. 19. 18 ケース3:メールでのコミュニケーション 登録後に1番最初に送っているメールで、 Sansan で何が実現できるかをユーザに伝えるもの
  20. 20. 19 ケース3:メールでのコミュニケーション 営業以外のユーザも 増えている中では適切ではない
  21. 21. 20 まとめ • 事業の成長に伴い、設計時にケアすべきことが変わる • 規模の増加 ➜ 検索性の低下、パフォーマンスを考慮し た設計 • ユーザ層の変化 ➜ 訴求メッセージの最適化
  22. 22. 21 ただし、 捨てる判断も重要です
  23. 23. 22 番外編:メッセージ(β) 紹介を依頼 同僚Sansan • 2017年3月にリリース • 名刺を紐付けて同僚にメッセージを送れる • 共有した名刺を活用してもらうための機能
  24. 24. 23 番外編:メッセージ(β) メインターゲット(キーマンを紹介してほしい営業マン) に使ってもらうことにフォーカス。訴求文言も営業向け。
  25. 25. 24 まとめ • 事業の成長に伴い、設計時にケアすべきことが変わる (規模の増加やユーザ層の変化など) • リリースまでの時間が伸びたり訴求文言が抽象的になる などの一面もある • 案件のターゲットと目的次第では捨てる判断も必要
  26. 26. ご清聴ありがとうございました。

×