Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

VSSからTFSへの移行(TFSUG8/30発表)

10,625 views

Published on

Microsoft Visual Sorce Safe(VSS)の単体での販売が終了し、今、ソースコードの管理はTFSの構成管理機能に移行する事が推奨されています。そこで、VSSとTFSの違いについて確認し、VSSからTFSへ移行する際に必要な事/やらなければいけない事をまとめたいと思います。

TFSでより効果的な、ソースコードのバージョン管理を目指しましょう!

Published in: Technology
  • Dating direct: ♥♥♥ http://bit.ly/2Q98JRS ♥♥♥
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Sex in your area is here: ❶❶❶ http://bit.ly/2Q98JRS ❶❶❶
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT (Unlimited) ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... ACCESS WEBSITE for All Ebooks ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download doc Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... .............. Browse by Genre Available eBooks ......................................................................................................................... Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Christian, Classics, Comics, Contemporary, Cookbooks, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, History, Horror, Humor And Comedy, Manga, Memoir, Music, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Romance, Science, Science Fiction, Self Help, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult,
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

VSSからTFSへの移行(TFSUG8/30発表)

  1. 1. TFSUG 8/30松川 怜右(まつかわ りょうすけ) @matsukawar
  2. 2. – 工作機械の制御系システムSE– .Net系開発者– TFS2010サーバの運用, 保守(2年ちょっと) • TechEd2010の⻑沢さんの発表に出会ってからTFSUGの方に参加!– TFS, ALM, VS2012, TFService
  3. 3. VSSとTFS TFSの違い1. VSS TFS2. VSS to TFS3. 我流・運⽤⽅法
  4. 4. アジャイルソフトウェアエンジニアリング 基本概念から継続的フィードバックまで著者: Sam Guckenheimer価格:3990円 (日経BP社, ISBN978-4-8222-9468-7)• 概要 – スクラム開発の必要性 • それをどのように、MS製品で実現する のか – バージョン管理については、6章の後 半と、9章で少し触れられてます
  5. 5. • Team Foundation Server を使っていますか? ?
  6. 6. • ソースコードの管理ツールは? ? – Visual Source Safe (VSS) – Team Foundation Server (TFS) – その他 – 使用していない ★アンケートの結果載せときます VSS:40%, TFS20%, その他:40%
  7. 7. VSSからTFSへの移⾏
  8. 8. • 2012 1月1⽇単体での販売が終了 2012年1 1• 使⽤している人は、TFS TFSへの移⾏を推奨 TFS – 移⾏時には「計画」をたてて実⾏することが必要 Visual SourceSafe 2005 http://www.microsoft.com/ja- jp/dev/products/ssafe/default.aspx
  9. 9. VSSの後継ツールは, TFS ですが• VSS , VSS TFS2010 目的 バージョン管理 Application Lifecycle (Version Control) Management (ALM)• ALM – 開発プロセス全般の統合 • タスク管理, ビルド管理, バージョン管理, テスト管理 などの統合
  10. 10. バージョン管理 – ソースコードのバージョン管理 – 分岐/マージを支援する仕組み /
  11. 11. VSS TFS目的 バージョン管理 ALM想定規模 20人くらい ~数千人仕組み フォルダ共有 SQL Server容量制限 4GB SQL Serverに依存独立したUIツール ある ないソースの共有 できる? できる!ユーザ認証 ID/PWの独自管理 ドメインユーザ
  12. 12. 意味ロック ファイルの状態(3種類)変更セット チェックアウトされているファイル郡マップ フォルダマッピング設定1個あたりの名称ワークスペース マップの集合体で、さらに、 変更セットの状態を保持。TFSで管理される。シェルブ 変更セットの変更内容をTFSに保存するゲイトチェックイン チェックインの要件の設定、仮チェックイン
  13. 13. 変更点チェックアウト ・指定したロック状態でチェックアウト ・ワークスペースごとに管理保留中のチェックイン 保留中の変更(セット) (※検索機能はTF.EXEのみ)ログイン画面 AD連携の場合、表示されない履歴 変更セットとしての履歴が表示されるピン 無い
  14. 14. ファイルサーバ等 VSSの場合 • VSS – VSS対クライアントの関係VSS VSS VSS – 各種設定は各VSSで保持 Clients
  15. 15. Domain Controller(Active Directory) TFSの場合 • TFS – ドメインユーザ連携 SQL Server – SQL Serverでデータを管理 – 各種設定はTFSで⼀括管理 • セキュリティ設定など TFS Clients
  16. 16. VSS TFS・トランザクションの⼀貫性が保 ・⼀貫性が保障された障されない ・変更セットごとの管理・ファイルごとの管理・常に出荷可能な状態でなくて ・常に出荷可能な状態に(なるもよい? べく)近づける! TFSはチーム開発(頻繁な競合)が考慮されている!
  17. 17. MSDNサブスクリプション1ライセンスあたり、1サーバラ• MSDN 1 1 イセンス+1CAL(TFS 1CAL(TFSにアクセスできる権利)の付属 1CAL(TFS ) – 現状でMSDNサブスクリプションを利用しているユーザにとって は導入しやすい! – 無償版は5CALまでOK(⼩規模なチームの構成管理向け)
  18. 18. • 無償版でバージョン管理が実現できる! !• 制約事項 – SQL Server ExpressEdition(無償版)の容量制限 ExpressEdition( ) • チームプロジェクトごとにデータベースサーバを分散? 5CALまで – 5CAL – 使えない機能も • VSS相当の機能を実現するには支障がない • より⾼度なALMを実現する際や中規模以上のチームで移用する際に は有償版を購入し、乗り換えればOK
  19. 19. VSSからTFSへの移⾏
  20. 20. • TFS2010 「簡単インストール」• TFService 「すぐ、はじめられる」
  21. 21. 開発チームA A 複製人数 5人 機能分岐1開発環境 VS2005 手動マージ 製品1用VSS開発チームB B 複製人数 5人 機能分岐2開発環境 VS2005 手動マージ開発チームC C 製品2用VSS人数 10人開発環境 VS2010 製品3用VSS
  22. 22. VSSの複製とマージ• VSS – ⼤きな作業を⾏う度VSSを複製 • VSSの乱⽴ – 手動マージ • 職人技の様に、様々なツールを駆使してやるが・・・ • ボンミス、作業漏れの多発 • テストの問題
  23. 23. • 遅い• 削除したファイルが復元できない• セキュリティ設定の個別管理• 容量制限(4GB)の存在• データベースが壊れ、復帰できなくなる• 異常終了が多発 Visual SourceSafe データベース運⽤ガイド http://support.microsoft.com/kb/902053/ja
  24. 24. • 目的 – 分岐戦略の⾒直し、仕組み作りをしたい – VSSから脱却して、作業効率UP – (+将来、タスク管理やビルド管理を⾏いたい)• (導入を後押しした)背景 ) – Hyper-V(仮想化)サーバの導入 – ライセンス保有
  25. 25. 1. 情報収集2. 分岐戦略3. インフラ構成4. TFSの実験 TFS5. TFSの構築と移⾏ TFS6. フォローとサポート
  26. 26. • 「TFS TFSは何か?」を情報収集 TFS ? – TFSは拡張性あるツールである! Visual Studio ALM クイックリファレンスガイド http://vsarquickguide.codeplex.com/releases/view/90257 キャパシティティプランニング プロジェクトスクラムガイド
  27. 27. • フィーチャ別分岐(機能的/組織的) – 短期的な機能実現 を⾏うための分岐 – ⻑期的な機能実現 を⾏うための分岐 に分ける。• リリース別分岐(出荷に連動) – リリース戦略に基づいて分岐を保持する。 Team Foundation Server 2010 ブランチとマージ ガイド http://vsarbranchingguide.codeplex.com/releases/view/90253
  28. 28. ⻑期的な開発分岐 TRY TRUNKDEV(1.1) 6ヶ月に1回 ※短期的な開発分岐 BUILD(1.1.1) 1ヶ月に1回 定期リリース REL(1.1.1.1)
  29. 29. TRY TRUNKDEV(1.0) DEV(1.1) BUILD(1.0.0) BUILD(1.0.1) BUILD(1.0.1) REL(1.0.0.0) REL(1.0.1.0) REL(1.0.1.0)
  30. 30. TRUNKDEV(1.0) BUILD(1.0.0) BUILD(1.0.1) REL(1.0.0.0) REL(1.0.1.0) REL(1.0.1.1) 1
  31. 31. バージョン管理外のアイテム• TFS上での管理方法 HotFixブランチ 開発ブランチ リリースブランチ メイン
  32. 32. Domain Controller(Active Directory) Hyper-V Server SQL Server TFS2010 Clients
  33. 33. • インフラ/サーバ管理者と仲良くする事 / – ADの設定を変更してもらいたいというときに有利 • 後々、セキュリティ設定で楽できます – TFSのおき場所、DBのおき場所を融通してもらいたい – 評価用の仮想サーバを提供してほしい – 既存の仕組みに相乗りしたい • データベースサーバのバックアップの仕組みに乗っかれるかも • 拠点間バックアップ
  34. 34. VSSと同等の機能が実現できる?• VSS ?• 実際、想定されるものをとにかくやってみる – ベテラン技術者と2人でケース・バイ・ケースを検証 – Wikiにまとめる
  35. 35. • チェックイン, 共有チェックアウト, ロック , ,• シェルブ, アンシェルブ ,• 競合の解決 – 競合の解決/〜の再開, 用語に注意(みんな罠に引っかかった)• ワークスペースの運⽤⽅法 – マップ, クローク, 切り替え, TF.EXEを使用した作成と削除 VSからのアクセス⽅法や動作の確認• VS
  36. 36. • Visual Studio 2005 – 更新プログラム(KB979258)を適用後、再度SP1を適用する と、利用可能となる – 機能面に制約がある(バージョン管理面では問題ない)• Visual Studio 2010 – Team Explorer標準搭載。すぐにTFSにつないでOK
  37. 37. VSSの整合性の確認• VSS• TFSのデータのバックアップと復元 TFS – SQL Serverの知識が必要 TFSの引越し• TFS• TFSのメンテナンス TFS – サービス停止, サービス再開 – IISから⼤量にログが吐かれる対策
  38. 38. TFSサービスの停止• TFS cd C:¥program files¥microsoft team foundation server 2010¥tools¥ TFSServiceControl quiesce TFSサービスの再開• TFS cd C:¥program files¥microsoft team foundation server 2010¥tools¥ TFSServiceControl unquiesce
  39. 39. • 今のVSS VSSは整合性の確認 VSS – VSSのデータは壊れやすい仕様 – VSS付属のAnalyzeツールを⼀応かけてみる • 壊れていなければ問題なし? • しばらくかけていないと・・・ Visual SourceSafe ANALYZE ユーティリティ http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ysxsfw4x(VS.80).aspx
  40. 40. • バックアップの⽅法 – SQL ServerのDB差分を毎⽇Backupサーバにバックアップ• 通常の復元⽅法 – SQL Serverにデータベースを復元 – TFSにチームプロジェクトをアタッチ• 最終手段 – Hyper-Vサーバのスナップショットを戻す Visual Studio アプリケーション ライフサイクル管理 配置のバックアップおよび復元 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/bb552295(VS.100).aspx
  41. 41. • チームプロジェクト(移⾏先)の作成 ( ) – 製品単位 – プロジェクトコレクションは組織単位• セキュリティ設定 – 組織単位のドメイン・ユーザグループを作成し、使用 – ドメインユーザの追加/離脱に連動
  42. 42. • Xデーを決める VSSの利⽤頻度の確認• VSS – ビジネス/開発現場の影響を最⼩限に抑えつつ、移⾏したい• 必要なものを⽤意 – 移⾏の前に、先⾏してTFSを⽴ち上げる – 実験環境を作成しておく
  43. 43. インフラ TFS 運⽤• インフラ構成 • 構成 • 運用ルール• 運用/管理 • ライセンス • サポート体制 • 検証 開発サイクルを止めない、ためにも!
  44. 44. VSSの利⽤者すべてに通知• VSS – チェックアウト状態を0個にする(必須) – VSSのデータベースをロックし、書き込みができない状態にする TFSへのデータ移動• TFS – VSSConverter.exe を使用せず、データのみTFSに移⾏ – 開発環境からアクセスできることの確認 – 取得・動作確認
  45. 45. VSSのデータ• VSS• VSSの履歴 VSS 変更セットのチェックイン日:変換した日 コメント:{VSSの履歴の日時}+VSSの履歴のコメント• VSSのユーザ設定 VSS – TFSのセキュリティにマッピング SourceSafe(VSS)からTeam Foundation Server(TFS) 2010 Visual SourceSafe(VSS) Team 2010に移⾏するメモ (川俣晶さんのブログ) http://mag.autumn.org/Content.modf?id=20100422113252
  46. 46. • よく下調べをしておく – VSSライクといえど、侮ってはいけない。• サポート – サポートなどの時間をあらかじめ確保しておく – 競合発生時の対処、VSやWSの設定ミス、がほとんど Wikiの活⽤• Wiki – Wikiなどを用意して情報を共有する
  47. 47. • バージョン管理による同時並⾏開発の実現 – VS標準のマージツール(半自動)により効率的なマージを実施 VSSの問題を解消• VSS – 異常終了などの問題が解決 – コードの取得などの操作がVSSの半分の時間(体感)で実施 – 変更セットによる情報の追跡が容易
  48. 48. VSSからTFSへの移⾏
  49. 49. • 容量制限からの開放 – 簡単インストールでExpress版を入れてしまった – 有償版SQL Serverへのデータの移⾏ • チームプロジェクトのデタッチ、DBの移動、チームプロジェクトのアタッチ
  50. 50. Domain Controller(Active Directory) Hyper-V Server ビルドエージェント SQL Server TFS2010 Clients
  51. 51. • ワークスペースを間違えないために – ワークスペースの切り替えは危険 – 作業時・ワークスペース切り替え時には、仮想ドライブを作成す るバッチ(substコマンド)を必ず実⾏• 要員の配置変更時にマップをきれいにする – 開発用PCの利用者が切り替わるときは要注意 – TF.EXEで削除しないといけなくなる
  52. 52. 連動しない!
  53. 53. 比較ツール WinMergeマージツール P4Merge
  54. 54. VSSからTFSへの移⾏
  55. 55. • Windows Azure上のTFS – tfspreview.com でプレビュー評価版が利用可能 – インフラ系をWindows Azureにおまかせ – Windows Live Id連携 – Test Controllerとの連動もできる • Microsoft Visual Studio Agent 2012 • クラウド間でのアプリケーションのビルドおよびテストが可能 – (バックアップどうする?)
  56. 56. • とってきて入れるだけ• 手順 – VSSから移⾏したいプロジェクトを取得する。 – tfserviceにアカウント登録して、チームプロジェクトを作成する。 – tfserviceのソース管理に、ソースコードをバインドする。• 注意 – preview版ですので、仕様変更などある可能性あります。
  57. 57. Visual SourceSafe 2005http://www.microsoft.com/ja-jp/dev/products/ssafe/default.aspxTeam Foundation Server によるソースコード管理入門http://blogs.msdn.com/b/kkondo/archive/2010/04/29/team-foundation-server-2010.aspx

×