Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

インターネットメールアドレス変更時の注意点について

514 views

Published on

Notesインターネットメールアドレス変更の注意点

Published in: Technology
  • My struggles with my dissertation were long gone since the day I contacted Emily for my dissertation help. Great assistance by guys from ⇒⇒⇒WRITE-MY-PAPER.net ⇐⇐⇐
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Be the first to like this

インターネットメールアドレス変更時の注意点について

  1. 1. Notesインターネットアドレス 変更について
  2. 2. 今回の作業目的 • メールドメインの変更(Eメールアドレスの@以降の部分) • 新ドメインでのメール送信 • 新/旧メールドメインでのメール受信 • ネットワーク関係やDNS/MXレコードなどは省略、メールドメインのみ の変更でサーバーのFQDNの変更はしない
  3. 3. 作業の流れ 1.グローバルドメイン文書を変更して、新旧メールドメインでの受信 を可能にする 2.Namesユーザー文書のインターネットアドレスを変更し、 新メールドメインでのメール送信をできるようにする 3.ユーザーロケーションにインターネットアドレスを反映し、 新メールドメインでのメール送信をできるようにする
  4. 4. 注意点 • ネットワーク構成によっては異なる動作をする場合があります。 • 個人でメールサーバーを立ててないので、Notes画面のみになります。
  5. 5. 1.グローバルドメイン文書を変更して、 新旧メールドメインでの受信を可能にする • グローバルドメイン文書とは 「グローバルドメイン文書は、 ローカルドメインがメールを受信する インターネットドメイン (Domino ドメインの内部として認識される) を定義するための文書です。」 ヘルプより 設定後はサーバーの再起動が必要
  6. 6. • グローバルドメイン文書に別名を登録することで、 複数のメールドメイン宛のメールを受信できる • グローバルドメイン文書には1次ドメイン1つと別名を複数登録できる ローカルの1次インターネットドメインに 新ドメインをセット インターネットドメイン別名に 旧ドメインをセット
  7. 7. Notesはユーザー情報とメールドメインを 連結して受信メール配信先を検索してくれる機能がある SMTPアドレス=インターネットメールアドレス
  8. 8. Notesはユーザー情報とメールドメインを 連結して受信メール配信先を検索してくれる機能がある つまり • ①インターネットメールアドレスが一致したユーザー • ②インターネットメールアドレスのローカルパート+ インターネットドメイン/インターネットドメイン別名 • ③[ユーザー名:] フィールドまたは [短縮名/UserID] + インターネットドメイン/インターネットドメイン別名 2次検索
  9. 9. 宛先検索の順序について • インターネットアドレス完全一致 • インターネットアドレスローカルパート一致 • ユーザー名+ドメインで一致 SendAdd@new mail.ne.jp メール受信 アドレス検索すると、受信アドレス一致 するユーザーが複数存在する場合 誰に送信されるのか?
  10. 10. 宛先検索の順序について • インターネットアドレス完全一致 • インターネットアドレスローカルパート一致 • ユーザー名+ドメインで一致 SendAdd@new mail.ne.jp メール受信 まずインターネットアドレス 完全一致するユーザーに受信
  11. 11. 宛先検索の順序について • インターネットアドレスローカルパート一致 • ユーザー名+ドメインで一致 SendAdd@new mail.ne.jp メール受信 2次検索で一致するユーザーが複数いる場合は?
  12. 12. 宛先検索の順序について • インターネットアドレスローカルパート一致 • ユーザー名+ドメインで一致 SendAdd@new mail.ne.jpメール受信 「受信ユーザー名 ○○ (メールアドレス) は一意ではありません。 Domino ディレクトリに複数一致するものが見つかりました。」 と送信元にエラーメールが戻ります
  13. 13. 2.Namesユーザー文書のインターネットアドレスを 変更し、新ドメインでのメール送信をできるようにする • Notesからのメール送信元アドレスは、 ユーザー文書のインターネットアドレスが使用される
  14. 14. Administoratorの機能で、namesユーザー文書の インターネットアドレスを、一括で変更できる アドレス変更を行うユーザー文書を選択し、 インターネットアドレスの設定を選択する
  15. 15. Administoratorのアドレス変更機能の制約について • ただし、インターネットアドレス変更機能を使うと、メールアドレスの ローカルパート(@より前の部分)が、規定のデフォルト形式に沿って 変換されてしまう。 短縮名をそのままローカルパートに割り当てる、 もしくはデフォルト形式の指定パターンに沿って 変換されるので、現在のローカルパートをそのま ま使用することは出来ない。
  16. 16. Administoratorのアドレス変更機能の制約について ・ローカルパートが変換されてしまうため、 下のようなインターネットアドレスを設定している場合、 Administoratorのアドレス変更機能では対応できない 1.メールアドレスに乱数などが含まれている場合 2.名字変更など、ユーザー文書に含まれない情報を使用して 生成している場合 3.ユーザーIDの利用種別に合わせてインターネットアドレス形式 に差をつけている場合 上記のような場合は、インターネットアドレス更新プログラムを 作成する必要がある
  17. 17. 3.ロケーションのインターネットアドレス更新 • ロケーションのインターネットメールアドレスを使用して メール送信することができる 表示名設定もロケーションから行う
  18. 18. ロケーション文書のインターネットアドレスは 自動で更新される • Dynamic Client Configurationタスクが実行されると更新される • 実行タイミングはNotes起動時、もしくは一定時間ごと (サーバー接続タイミング?ムラがあり毎回実行されるわけではない ようです)
  19. 19. ロケーション文書のインターネットアドレス更新条件 • 1.namesユーザー文書の更新時間が新しくなっていること • 2.ロケーション文書のImailAddressUpdatedByフィールドと一致するID でログインしている • 3.AcceptUpdatesフィールドが“1”(更新フラグの設定がONになってい る) • 4.ロケーションのホーム/メールサーバーにアクセスできていること
  20. 20. ロケーション文書のインターネットアドレス自動更新の 注意点 • ImailAddressUpdatedByフィールドは最後に更新したユーザーIDが含 まれるので、管理者IDでキッティング後にユーザーがロケーション文 書を更新していないと更新されない • ユーザーが設定したインターネットアドレス別名がクリアされる • 自動更新させないようにAcceptUpdatesを”0”にしたいが、このフラグ はデスクトップポリシー自動反映のフラグでもある • ImailAddressUpdatedByフィールドが一致している全てのロケーション 文書が自動で更新される
  21. 21. • ロケーションのインターネットメールアドレスが使用される条件 1.ロケーション文書のImailAddressUpdatedByフィールドと、 現在のID名が一致していること 2.メール送信を行うメールDBの所有者名が、 現在のIDと一致していること
  22. 22. ロケーションのインターネットメールアドレスが使用される条件 • ImailAddressUpdatedByフィールドが一致するロケーション& 自分のメールボックスでメール送信 ⇒ロケーション文書のインターネットメールアドレスが使用される • ImailAddressUpdatedByフィールドが不一致のロケーション& 自分のメールボックスでメール送信 ⇒ユーザー文書のインターネットメールアドレスが使用される • ImailAddressUpdatedByフィールドが一致するロケーション& 他人のメールボックスでメール送信 ⇒ユーザー文書のインターネットメールアドレスが使用される • ImailAddressUpdatedByフィールドが不一致のロケーション& 他人のメールボックスでメール送信 ⇒ユーザー文書のインターネットメールアドレスが使用される
  23. 23. ロケーション文書のインターネットアドレスを使う場合 • ロケーション文書のインターネットアドレスはメールアドレスの形式に なっていれば適当な値をセット可能 ⇒ただし相手からの返信は出来ない (受信メールサーバーにそのアドレス情報がないため)
  24. 24. •ご清聴ありがとうございました

×