My ROTARY:新しいソーシャル体験

1,899 views

Published on

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,899
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
12
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • ロータリーのデジタル戦略には、ロータリーでの体験をさらに充実させるためのデジタルロードマップを描くことに加え、ロータリアン、ローターアクター、クラブ、プロジェクト、入会候補者を結び付けるためのプラットフォームを形づくることが含まれています。このようなプラットフォームの活用によって、人と人とを結びつけ、ロータリーのネットワーク力をさらに高められるものと期待されています。
  • Eメールやインターネットがなかった時代を思い出してください。協力クラブとの連絡のために、国際郵便を出したり、プロジェクトや留学生の写真の白黒コピーを取ったり、互いの言葉がわからないのに電話でやりとりしたりと、苦労した経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。エバンストンのロータリー本部や日本事務局でも、活動パートナーを探しているプロジェクトのリスト、地区ガバナーの名簿、地区委員長の名簿、公式名簿など、ありとあらゆる種類のリストや名簿を作成し、ロータリアンに提供してきました。 新しい各種デジタルツールは、これまでの良いところはすべて残した上で、これまでに利用できなかった新しい機能も備えています。「インターネット」という言葉ももはや古い用語となりつつあり、誰もがソーシャルメディアを使っている現在、ロータリーの奉仕のつながりを築く方法も、プロジェクト提唱者間のEメールのやりとりから、ソーシャルツールを駆使した連携へと移行しています。
  • オンラインのコミュニティソーシャルビジネス戦略を支える7つの具体的要素が理事会から要請されたことを受け、ロータリーの新ウェブサイト(www.rotary.org)構築の一環として、これらの新たな特徴を備えたオンラインのコミュニティが立ち上げられました(2013年8月~12月)。プロフィール:個人のプロフィールの欄に、趣味や関心、写真、ロータリーでの活動歴、職業分類、使用言語、連絡先などを入力できます。また、こうした情報を基に仲間を検索することも可能です。 コンタクト:My ROTARYを通じて知り合いのネットワークを広げられます。メッセージ送信:外部Eメールを使ったり連絡先を公表せずに、ロータリーウェブサイトのプラットフォーム上で連絡が取り合える便利な機能です。フォーラム:フォーラムでは、ロータリーと関連した関心や役職などを基に、有志のグループをつくることができます。親睦活動グループ、ロータリアン行動グループ、そのほか関心ごとに基づくグループが、オンラインで情報交換やディスカッションを行います。アイデア:活動のアイデアやプロジェクトを掲載し、補助金パートナーやボランティアを募ることができます。カレンダー:ロータリーカレンダーには、地元地域や国でのイベントや会議などの情報が表示されます。ロータリアンは、クラブやグループのイベントを自由に追加できます。また、国際ロータリーは、国際大会などの会議をここに掲載し、行事への参加を奨励します。ユーザーは、場所を指定してイベントを検索したり、地元で開かれるイベントのみを検索することも可能です。マーケットプレイス:オンラインツールを開発した人が、情報やリンクを掲載し、ほかのロータリアンに紹介することのできるページです。現在、マーケットプレイスに掲載できるのは、ロータリアンとローターアクターのみですが、今後、学友やプログラム元参加者、配偶者、ロータリアン以外の人もここに掲載できるようになります。これによって、ロータリーのオンラインコミュニティがさらに広がることが期待されています。
  • (注:スライドの写真はすべてロータリアン行動グループと親睦活動グループのウェブサイトに掲載されていたものです)ロータリアンとローターアクターがつながる方法は数多くあります。例会や地区大会、国際大会といったイベントに加え、ロータリアンは特別な関心を基にしたさまざまなグループを設立してきました。サイクリング、ジャズ、職業(医師、写真家など)など、趣味や関心を基にした60以上のロータリー親睦活動グループさらに、(クリック)例えばマイクロクレジットや平和など、関心をもつ奉仕分野に基づいて結成された19のロータリアン行動グループ。つい最近も、理事会が新しいグループを承認したばかりです。これらのグループの中には、純粋に親睦のみを目的としたものもありますが、奉仕と親睦を組み合わせたグループもあります。例えば、カヌー愛好家親睦活動グループは、川の清掃活動も行っています(クリック)。基本的に、グループは3カ国以上のメンバーから成っていることが条件とされています。また、地元や国レベルで集まりを開いたり、年に1度、国際大会に合わせて総会を開いているグループもあります。
  • こうしたグループのメンバー同士が、オンラインでもっと簡単、かつ頻繁に交流したり、新しいグループを簡単に設立できたら良いと思いませんか。さらに、イベントやプロジェクトの企画、リソースの募集などが簡単にできたらよいと思いませんか。
  • 新しいウェブサイトでは、これができるだけでなく、もっと多くのことが可能となります。各機能の利用可能状況:現在: フォーラム、メッセージ送信今後: イベント予定表人の検索ROTARYマーケットプレイスの改善
  • ロータリアンとローターアクターがrotary.orgにログインすると、自動的にオンラインコミュニティのメンバーとなります。さらに、名前やクラブ名で簡単に検索できるようになります。錠のアイコンで、プライバシー設定が管理できます。錠が開いているアイコンは、プロフィールが公開されていることを意味します。錠が閉じているアイコンは、非公開となっていることを意味します。
  • 8月から12月までの間に、個人プロフィールに新しい要素が追加される予定です。スクリーンにご覧いただいているのは、ロータリアンのプロフィールページの見本です。個人情報を掲載することを選んだ場合は、自分のロータリー歴(役職歴、受賞歴、認証など)に加え、趣味や関心、専門分野なども掲載できます。例えば、識字問題やポリオについて専門知識や経験があるとか、フランス語と中国語に堪能、アフリカでの活動経験あり、といった情報をここに入力できます。また、特定の知識や経験をもつ会員を、ここで検索して探すことも可能です。もちろん、こうした情報を入力するかどうか、また、どの情報を入力するかは、ユーザー本人が決めることであり、入力は必須ではありません。
  • フォーラムでユーザーは既存のグループに参加したり、独自にグループを立ち上げることができます。これらのグループで、クラブ活動や奉仕プロジェクトをはじめ、さまざまな分野の「専門家」のロータリアンを見つけることもできるでしょう。このコミュニティは、多種多様なトピックや関心を基にして、ユーザーが自由に広げられるもので、今後、ユーザーの使用状況によっては、さらに新しい機能や要素が追加される可能性もあります。このツールで、世界中にロータリーの知り合いを広げ、クラブ同士の交流や活動パートナー探しもずっと簡単になるでしょう。現在、15の親睦活動グループが結成の準備をしており、申請に向けて、3カ国以上のメンバーを集めようとしています。これらのグループがフォーラムを活用すれば、メンバー募集や情報交換がさらに簡単になるでしょう。
  • さらに、例えばある親睦活動グループが、単に親睦を深めるだけでなく、奉仕プロジェクトを始めたいと考えているとしましょう。このような場合、Rotary.orgのフォーラムでグループを作り、そこでプロジェクトのアイデアを交換し合うことができます。Rotary.orgは、クラブがプロジェクトのリソースを募るための、いわば「クラウドソーシング」ツールとしても活用できます。この場合、「リソース」とは、募金だけを意味するのではありません。Rotary.orgには、募金に加え、寄贈物資やボランティアを募ったり、プロジェクトに協力してくれるクラブを募るためのツールもあります。グローバル補助金やそのほかの国際奉仕プロジェクトを計画しているクラブには、とても重宝するでしょう。
  • ここで、このツールの内容を簡単にご紹介します。ロータリークラブやローターアクトクラブのリーダーが資金や物資、ボランティア、活動パートナーといったリソースを必要とするプロジェクトをここに掲載します。一方、資金や物資を寄付したいと考えている人や、ボランティア活動に参加したいと考えている人、または、ほかのクラブと協力したいと考えているクラブがある場合、このツールを通じて情報を探し、支援を寄せることができます。また、マラソンや遠泳に挑戦するといった募金活動をここに掲載し、財団への募金を募ることも可能です。通常、クラブのプロジェクトに寄せられた寄付は、税金優遇措置や認証の対象とはなりません。
  • このツールに掲載したプロジェクトを、クラブのウェブサイト上にも表示したり、フェイスブック、ツイッター、その他のソーシャルメディアで共有することも可能です。スクリーンにあるプロジェクトの見本をご覧ください。これは、地元図書館を支援するプロジェクトで、現在までに必要な資金(つまり募金目標)の5%、必要なボランティアの50%、必要な寄贈物資の27%が集まっており、活動パートナーは当初の希望の3倍集まっていることが分かります。
  • 次に、このプロジェクトの詳細をご覧ください。サイト訪問者は、このようにプロジェクトの詳細も見ることができます。ここには、プロジェクトの目的プロジェクトの実施者支援受付締切日までの残り時間現在までに集まった支援支援方法…などが表示されていますプロジェクトの掲載はクラブリーダーしかできませんが、寄付やボランティアなどの支援は誰でも行うことができます。
  • 最後に、ロータリーショーケースについてご紹介します。ロータリーショーケースは、クラブが実施したプロジェクトを紹介できるツールで、ロータリーが初めて開発したユーザー主導型ツールです。2012年のバンコク国際大会でお披露目となったこのツールには、現在までに、100カ国以上、3000以上のプロジェクトがクラブによって掲載されています。今年4月からは、2012年7月1日以降に掲載された全プロジェクトの総合インパクトが表示されるようになりました。さらに、ロータリーショーケースは、ロータリークラブ・セントラルと統合されており、一方に入力した情報を、他方にインポートできるようになっています。
  • 次に、ロータリーカレンダーについてお話しします。今ロータリー年度の第二四半期中に、日付別、地域別、キーワード別に検索できる全世界のロータリーカレンダーが導入される予定です。
  • 出張や旅行中に、滞在先のクラブの例会曜日や場所を調べられるだけでなく、そのクラブが情報を掲載している場合には、その日の例会の講演者が誰かを調べることもできます。また、奉仕活動や行事に関する情報が掲載されている場合には、滞在先で奉仕活動や行事に参加することも可能となるでしょう。
  • 最後に、もう一つのデジタルツールをご紹介いたします。これは、ロータリアンまたはローターアクターが、自分が開発したアプリやツール、研修資料、便利なウェブサイトなどを紹介できる「ROTARYマーケットプレイス」と呼ばれるツールです。起業家精神をお持ちのロータリアンやローターアクターは大勢いらっしゃいます。自分が開発したツールをほかのロータリアンやローターアクターと共有したいと考えている方もおられるでしょう。そのような方は、共有したいツールのリンクと説明をここにアップロードできます。また、ここからツールをダウンロードしたユーザーは、ツールの評価やレビューを書き込む機能もあります。
  • 皆さまには、ご関心のあるグループのフォーラムに参加するなど、積極的にRotary.orgをご活用いただけることを願っております。ご感想やフィードバックがありましたら、ぜひお知らせください。また、今日ご紹介した内容について、多くの方にお伝えいただければ幸いと存じます。どうもありがとうございました。
  • My ROTARY:新しいソーシャル体験

    1. 1. My ROTARY:新しいソーシャル体験 www.rotary.org/myrotary/ja
    2. 2. ROTARY.ORG TITLE | 2
    3. 3. デジタル戦略:関係を築き、深めるために TITLE | 3
    4. 4. ソーシャルビジネス戦略 • • • • • • • プロフィール コンタクト メッセージ送信 フォーラム アイデア カレンダー マーケットプレイス TITLE | 4
    5. 5. 親睦、そして奉仕のためにつながる TITLE | 5
    6. 6. アイデアを広げる TITLE | 6
    7. 7. アイデアを広げる TITLE | 7
    8. 8. プロフィール TITLE | 8
    9. 9. プロフィール TITLE | 9
    10. 10. グループ TITLE | 1 0
    11. 11. 行動する TITLE | 1 1
    12. 12. プロジェクトのためのリソースを募る TITLE | 1 2
    13. 13. プロジェクト情報をクラブのウェブサイトに表示 TITLE | 1 3
    14. 14. プロジェクトの詳細 TITLE | 1 4
    15. 15. ロータリーショーケース TITLE | 1 5
    16. 16. ロータリーカレンダー TITLE | 1 6
    17. 17. 予定表 TITLE | 1 7
    18. 18. マーケットプレイス TITLE | 1 8
    19. 19. 次のステップ • #RISocialをフォローする • 詳しい情報や質問をsocial@rotary.org に 問い合わせる TITLE | 1 9

    ×