1_各Atlassian製品の紹介

1,423 views

Published on

18ページがエラー表示されてしまう方は、お手数ですがダウンロードしてご覧ください。


各Atlassian製品の紹介
・JIRA
・FishEye
・Crucible
・Confluence
・Crowd

0 Comments
4 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,423
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
6
Comments
0
Likes
4
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

1_各Atlassian製品の紹介

  1. 1. 1.各Atlassian製品の紹介 1
  2. 2. Atlassian製品の紹介• JIRA 課題管理ツール – GreenHopper アジャイルプロジェクト管理 – Bonfire WebスクリーンショットJIRA添付ツール – WBSGantt WBSガントチャート• FishEye ソースリポジトリ・ビューア• Crucible ソースコード・レビューツール• Confluence 企業向けWiki – Team Calenders イベントや個人予定のカレンダー• Crowd ユーザー管理 2
  3. 3. Atlassian製品 共通の特長• 柔軟性が高い – 特にJIRAの標準カスタマイズ機能にて画面とワークフロー – 正式ライセンス所有者にはソース公開 • 製品を修正して利用可能• 公開情報は膨大で更新が早い – ただし基本的に英語のみ。製品バグや要望も公開される – 理由:約3か月毎にマイナーバージョンアップ• 価格が安い – お客様は“JIRAは100万なので評価対象にしていなかったけ ど、1000万クラスのソフトウェアの機能がある” 3
  4. 4. PluginExchangeとPlugin管理 4
  5. 5. 課題管理ツール JIRA• 特長 – 課題(バグ)管理ツールとして欧米ではデファクト – 標準カスタマイズ:画面とワークフロー – 共有:検索条件とダッシュボード• 用途 – バグ管理ツール、プロジェクト管理ツール – システム開発:要件管理、変更管理 – ヘルプデスク 5
  6. 6. 課題詳細画面 ワークフロー・アクション課題操作 添付ファイル 課題間のリンク 時間管理 6
  7. 7. プロジェクト画面 アクティビティ・ストリーム 7
  8. 8. 使えるガジェット チーム員全員の 未解決を一覧表示 チーム全員で ダッシュボード を共有 8
  9. 9. 使えるガジェット 2次元フィルター統計 (X軸、Y軸に要素を指定) 例:依頼タスクの進捗状況 例:プロジェクト進捗向け 数字クリックでドリルダウン 9
  10. 10. 使えるガジェット アクティビティストリーム 最近のチーム(プロジェクト) の動きは?時系列表示 例えば、 サーバー変更管理を JIRAで記録しておくと 「最近サーバーに誰が どんな設定変更したか?」 が分かる 10
  11. 11. 使えるガジェット4 プロジェクトやフィルターを データソースにグラフ表示 11
  12. 12. GreenHopper plugin• 特長 – 画面が綺麗• 用途 – アジャイルプロジェクト管理ツール • プロジェクターに写して全員で計画 • 地理的に離れた開発 12
  13. 13. プランボード 13
  14. 14. タスクボード 14
  15. 15. リポジトリビューア FishEye• 特長 – ソースを全文検索しインデックス化 • コメント等の検索が早い – 対応リポジトリが多い • Subversion, Perforce, CVS • Git, Mercurial• 用途 – JIRAと連携させトレーサビリティ • JIRA-> FishEye, FishEye -> JIRA への双方向リンク 15
  16. 16. JIRAとSCMの連携• JIRA課題キーと変更セットが関連 – https://www.rsapp.jp/private/jira/browse/CUST-101 16
  17. 17. コードレビューツール Crucible• 特長 – Webブラウザを利用した軽いレビューツール – レビュー結果が残る• 用途 – コードレビュー 17
  18. 18. コード内へ 直コメント18
  19. 19. 企業向けWiki Confluence• 特長 – Wikiを超えたコラボレーションツール • コメントスレッドで会話 – ページにWord,Excelを添付可能、検索可能 – 3レベルのセキュリティ:全体、スペース、ページ• 用途 – ソフト開発の仕様書 – 組織横断プロジェクト – FAQ集 19
  20. 20. ページ構成 20
  21. 21. ページへのコメント 21
  22. 22. ユーザー管理 Crowd• 複数Webアプリと複数認証システム (Directory)を繋ぎ合わせる• Crowd自身も1つのDirectoryになる• WebアプリにSSO(Single Sign On)を提供 22
  23. 23. Crowd概要• システム構成例 JIRA Confluence Crowd Apache利用者のメリット WebServer・1つのIDとPW ・SingleSignOn DB LDAP カスタム (Win ADなど) Webアプリ 23
  24. 24. Crowd内部ディレクトリ – パスワードの有効形式、アカウント無効になる失敗回数、 パスワード有効期間、過去パスワード利用不可回数を指定 – 入れ子グループ対応 24
  25. 25. アプリとDirectoryのマッピング• アプリ毎に複数Directoryを指定• 複数Directoryの場合、順番を指定する 25
  26. 26. 注意点• Crowd内部ディレクトリは多機能だが、Webア プリもそれに対応する必要あり – 例 JIRAやConfluenceは対応していないので、例えばパス ワードの有効期限切れを画面に表示できない。パスワー ド照合エラーと画面に表示される。 26
  27. 27. 本資料は以上です。詳細をお聞きになりたい方は以下までお問い合わせください。 メール:sales [at] ricksoft.jp お電話:03-5219-1498 27

×