Qoncept iBeacon / Bluetooth LE

3,527 views

Published on

Qonceptが提供するiBeaconに関する技術資料です。
iBeaconの基本的な説明だけでなく、
Androidではどうなのか、また他の近接技術との比較や
iBeaconの機能を活用した利用シーンやARとの連動についても掲載しておりますので、是非ご一読いただければ幸いです。

Published in: Technology
0 Comments
11 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
3,527
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
620
Actions
Shares
0
Downloads
73
Comments
0
Likes
11
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Qoncept iBeacon / Bluetooth LE

  1. 1. Qoncept  Capabilities iBeacon/Bluetooth  LE 株式会社コンセプト  /  Qoncept,  Inc. Qoncept  CHINA,  Inc.
  2. 2. 会社概要 Qonceptは2008年年7⽉月に創業した⼤大阪⼤大学発の技術ベンチャー企業です。2000年年代初頭より⼤大阪⼤大学の ⼯工学系研究室にて研究されていた拡張現実感(Augmented  Reality  通称:AR)・ビジョンベースの技術を 商⽤用的に展開するべく、当時⼤大学院に在籍していた学⽣生により創業されました。 その後、様々なバックグラウンドを持つメンバーが集まることにより、テクノロジー・ブティックとして AR技術をはじめ、センサー技術を複合的に活⽤用した技術や、Blutooth  LEを活⽤用した技術等、様々な企業 にOEM供給、ソリューション提供をしております。また昨今では⾃自社開発を実施した技術をもとに、 B2Cサービスの展開も始めました。 PCのみならず、スマートフォン・タブレット領領域をはじめ、ポータブルゲーム機、アーケードゲーム機、 ウェラブルデバイス、放送システムなどアプリケーションレイヤーから組込レイヤーまで幅広くご利利⽤用 頂ける先進的なテクノロジーを⾃自社で開発しております。 会 社 概 要 名称:   株式会社コンセプト  /  Qoncept,  Inc. 住所:   東京都渋⾕谷区道⽞玄坂1-‐‑‒19-‐‑‒12  道⽞玄坂今井ビル5階 資本⾦金金:   2000万円 設⽴立立: 2008年年7⽉月 海外拠点: (中国)上海市徐匯区斜⼟土路路2430号海螺螺花园2号楼103室 役員: 代表取締役社⻑⾧長CEO   森川  和正         取締役CTO                林林  建⼀一  ⼯工学博⼠士         取締役COO                          服部  茂夫 法務博⼠士 2
  3. 3. iBeaconとBluetooth  LEについて iBeaconとは −  Bluetooth  LEを備えた「ビーコン」と呼ばれる端末とiPhone等で無線通信する    ためのAppleが提供するiOS用APIサービス(iOS7から利用可能)。   −  Androidでも4.3以降から、同様の機能が実現できるようになりました。   Bluetooth  LEとは −  2011年に公開されたBluetoothの新しい規格で、Bluetooth4.0、Bluetooth  Low  Energy,  BLEと    標記されることもあります。   −  データ通信速度は遅いものの、通信の際に従来のようなペアリング作業が不要になり、また消費電力を    大幅に抑えることができるようになりました(ボタン電池1つで約2年間の連続稼働)。   −  通信距離は最大50mと、同様の近距離無線通信のNFCの通信距離(10cm程度)を大きく上回ります。   −  iOS端末はiPhone4S以上、iPad3以上、iPod  Touch第5世代以上であればこのBluetooth  LEを用いた通信が    可能となっています。    Androidは機種に依存しますが、最近のものはBluetooth  LEを備えた機種が多く出てきています。   ビーコンとは 一般的には、光や電波などを発する固定された装置などのことで、その光を見た人や   信号を受信した電子機器などが現在地を知るのに使われます。     ここでは、Bluetooth  LE規格を用いて定期的に短信号をブロードキャストする   端末のことを指します。   3
  4. 4. iBeaconの仕組み ビーコン側  −  定形のメッセージを定期的にブロードキャスト    −  メッセージ内には下記情報が含まれる     UUID:送信元を特定する一意の符号     major:データ部1         (ex:大型モールの支店番号)     minor:データ部2         (ex:  支店内のショッピングコーナー番号)   定形メッセージ(アドバタイジングパケット) UUID major minor ※端末側自身がビーコンとなり、メッセージを発信することもできます。   受信側(アプリ側)    −  ビーコンから発信される定形メッセージを受信すると、その内容を解析    −  UUID、major、minor情報に加え、    そのビーコンからの距離を示す値も取得できる   −  メッセージの内容に応じてアプリ内でアクションを起こす     ex:  クーポン画像を表示する、       サーバに追跡ログを送信する、等   ※iBeaconはiOS7以降にて公開されているAPIサービスです。      AndroidについてもAndroid4.3から同様の機能が実現できるようになりました。   4
  5. 5. Androidについて iBeaconはApple社がiOSにて提供しているBluetooth  LE用のAPIサービスです。   Androidでは”Bluetooth  Low  Energy”として、同様のサービスを提供できるAPIが公開されています。   動作環境 OSのバージョン Android  4.3以上 端末 Bluetooth  LEを搭載していること その他の特徴 Android 距離測定 iOS(iBeacon) ◯ ◯ ◯   バックグラウンド検出 ビーコン機能   端末自体がビーコンとして機能 アプリケーションプロセスは   動作し続ける必要あり ◯ ✕ ◯ 一部画像引用元:  hPp://android-­‐developers.blogspot.jp/2012/06/introducing-­‐android-­‐41-­‐jelly-­‐bean.html 5
  6. 6. 他の技術との比較 Bluetooth  LEは中距離(50cm〜数十m)レンジで様々な強みを持つ。   長距離(屋外)の場合はGPSが向く可能性もあるため、用途に応じた使い分けが重要。   認識距離 NFC Bluetooth  LE 音波 Wi-­‐Fi GPS 対応OS 10cm程度 iOS非対応   Android2.3以上 50m以内   (推奨10m) iOS7以上   Android4.3以上 音響設備に依存   N/A   通話用マイク入力   を利用 100m以内 N/A 距離制限なし   ただし屋外に限る N/A 検出による受動的   通知性   (プッシュ通知)   同時接続性 ✕   ✕   ユーザの能動的な   アクション(タッチ)が必要   センサとユーザは基本的 に1:1で通信 ◯   ビーコンからのブロード キャストを受け取るだけな のでトラフィックを気にする 必要がない バックグラウンドでも通知 可能   △   アプリ起動時のみ   検出可能 △   ◯   ◯   音源をクリアに聞き取るこ とさえできれば   特に問題なし △   備考   決済処理など、「タッチ」が必要 なアクションに向く ・バックグラウンド通知や屋内 ナビゲーションなど、中距離 (10m程度)のレンジで様々な 強みを持つ   ・屋内での利用にも強い Bluetooth  LEが使えない端末の 代替手段としても利用できる   アプリ起動時のみ   検出可能 接続人数の増加に伴うトラ フィックや、Wi-­‐Fi回線同士 の干渉の恐れあり Bluetooth  LEと比べると通知性 や同時接続性に劣る ◯   ◯   バックグラウンドでも   通知可能 同時接続による影響は特 になし ・長距離(数100m〜km単位)レ ンジで様々な強みを持つ   ・屋内では利用できない 6
  7. 7. iBeacon  機能と利用例 プッシュ通知  −  受信側の端末は、アプリを起動していなくても(バックグラウンドで    起動していなくとも)、ビーコンの通知領域内に入ると、    OS側が自動でプッシュ通知してくれます。    ※受信側はアプリをインストールした上でBluetoothをONにしている必要があります。    −  この機能を利用することで、例えば店頭の近くに来た時に    ユーザにクーポン情報をプッシュ通知する、といったことが可能になります。   位置検出  −  受信したビーコンの距離情報から、ユーザの位置情報を検出できます。    −  この機能を応用することで、下記のような利用例が考えられます。    店内で位置に応じてプッシュ通知情報を変化させる    大型ショッピングモールなどでの屋内ナビゲーション    店舗内の顧客滞留時間のログ計測   店舗内に入ったら   ポイント加算 店舗に近づいたら ユーザに通知 店舗内の顧客滞留時間を示すヒートマップ 7
  8. 8. iBeacon  機能と利用例 シグナルをトリガーとした自動インタラクション ビーコン検知することで、ユーザが特に意識しなくても端末側が   何かしらのアクションを起こすことも可能です。   例えば、下記のような応用方法が考えられます。     −  TwiPerやFacebookなどのSNSへの自動投稿    →スタンプラリーイベントなどでの利用     −  ユーザの位置情報などのログ情報の送信    →予めユーザプロファイルをアプリ内に入力いただくことで      詳細なログ情報を集取できます   8
  9. 9. iBeacon  機能と利用例 Qoncept     Original 擬似NFC(かざす)  −  NFCは10cm弱程度の検出距離しかありませんでしたが、逆にこの特性を利用して端末を「タッチ」することで    決済などの”チェックイン”が可能でした。    −  iBeaconが提供するAPIではビーコンとの50cm以内の距離を”Immediate”という一律の「近さ」でしか    検知できませんでしたが、弊社の独自手法によりNFC同様、「タッチ」機能を実現しています。    −  この機能を利用することで、例えば店内でクーポンが表示された端末をレジ横のビーコンに    「タッチ」することでクーポンを「使用済」状態にする、といったことが実現できます。   iBeaconでクーポンGET レジにてタッチ検出 使用済 20%OFF クーポン利用情報   を送信 iBeacon 9
  10. 10. iBeacon  機能と利用例 Qoncept     Original 音情報を併用した端末時間同期  −  ビーコンがブロードキャストする信号を利用して複数の端末を同期します。    −  Bluetooth  LEに対応していない端末には、別途特殊な超音波を利用して    同期を実現します。    −  例えばコンサートのサイリウムとして観客のスマートフォンの画面を一斉に    同期させる、といった演出が可能になります。   ブロードキャスト用ビーコンデバイス Bluetooth   信号 超音波信号   同時に赤から黄色に変化 予め座席情報を端末に入力することで   座席位置と連動した演出も可能になります   10
  11. 11. iBeacon  機能と利用例 Qoncept     Original AR技術との組み合わせ ARとiBeaconを組み合わせることで、様々な応用方法が考えられます。    AR屋内ナビゲーション 美術館ARガイダンス 2m  → Cast  camera  to   Mona  Lisa!   屋内でのユーザの位置情報をビーコンから取得、   端末の方位センサを利用して方角を取得。   これらの情報からカメラ画面上に行き先へのナビ ゲーション情報をARとして表示。 The  Mona  Lisa  is  a  half-­‐ length  portrait  of  a   woman… 1.  美術館など、多数の展示品がある建物内にビーコンを複数設置。   2.  端末がビーコンを検出すると、近くにある絵画に端末をかざすよう促す。   3.  絵画にかざすと、ARで絵画を当時の色彩に復元したり、説明文を表示。 11
  12. 12. 株式会社コンセプト  /  Qoncept,  Inc. Qoncept  CHINA,  Inc. http://qoncept.jp 03-‐‑‒6416-‐‑‒4499 contact@qoncept.jp

×