Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

TECHTALK 20200811 QlikViewをQlik Sense SaaS環境で活用ー新しい分析体験の勧め

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad

Check these out next

1 of 33 Ad

TECHTALK 20200811 QlikViewをQlik Sense SaaS環境で活用ー新しい分析体験の勧め

Download to read offline

Qlik無料Webセミナー TECHTALK 2020年8月11日の資料です。「QlikViewをQlik Sense SaaS環境で活用ー新しい分析体験の勧め」

Qlik無料Webセミナー TECHTALK 2020年8月11日の資料です。「QlikViewをQlik Sense SaaS環境で活用ー新しい分析体験の勧め」

Advertisement
Advertisement

More Related Content

Slideshows for you (20)

Similar to TECHTALK 20200811 QlikViewをQlik Sense SaaS環境で活用ー新しい分析体験の勧め (20)

Advertisement

More from QlikPresalesJapan (20)

Recently uploaded (20)

Advertisement

TECHTALK 20200811 QlikViewをQlik Sense SaaS環境で活用ー新しい分析体験の勧め

  1. 1. TECH TALK Webセミナー QlikViewをSaas版 Qlik Sense環境で活用 ー新しい分析体験の勧め 2020年8月 鈴木 由紀
  2. 2. 2 TECH TALKとは? Qlikの製品や機能の中から 特定のテーマを取り上げて、 技術的な情報を発信していくセミナーです。
  3. 3. 3 Q&Aについて • 質問はZoom画面下のQAアイコンをクリックして入力してください。 • 質問に対してQlikパネラーが随時QAパネルで回答します。 • 質問と回答については、セミナーの最後に他の参加者に情報共有させていただき ます。
  4. 4. 4 • 新しい分析体験の勧め • QlikView と Qlik Sense 違いと共通点 • QlikView を Saas版 Qlik Sense環境で使う • ライセンスについて • Q&A • その他の情報 Agenda
  5. 5. 5 新しい分析体験の勧め
  6. 6. 6 分析をモダナイズする データを理解し、ビジネスの利益のために活用することが、さらに重要となっている 新しいテクノロ ジーの採用 新しい要件への 対応 新しいユースケー スを充足 組織的にデータ を活用 • 新しい分析プラットフォームを採用することで、新しい分析要件に対応する • 新しい技術によりさらに分析の可能性を拡張する • 組織全体がセルフサービスでデータを活用する 既存の資産を活用しつつ推進
  7. 7. 7 QlikView と Qlik Sense 違いと共通点
  8. 8. 8 QlikView QlikView とQlik Sense Qlik Sense 1994年 セルフサービスBIの先駆け ITからの開放 2014年 第3 世代の民主型アナリティクス 組織全体で活用
  9. 9. 9 Qlik Senseの新しい分析体験 Augmented Intelligence 拡張知能 ❑ ビジュアルデータ準備 ❑ ドラッグ&ドロップでの画面作成 ❑ データストーリーテリング ❑ モバイルアプリ ❑ ハブから直接アプリ公開 ❑ 組み込み型アナリティクスへの対応 ❑ Dynamic Viewsでリアルタイムデータ取得Local Client 不要
  10. 10. 10 Qlik Senseの拡張知能の進化 セルフサービス データ準備 インサイト アドバイザー チャート 推奨 連想 インサイト データプロファイル と関連付け自動化 データ全体から チャート作成自動化 適切なチャート 選択の自動化 隠れた関連性への 気付きを自動化 Qlikの拡張知能は、分析の準備を省力化し、より広く深く分析を進める支援を行います。 データがよくわからない、どんなグラフが適切かよくわからない、操作が苦手といったユーザーでも、簡単に分析をスター トし、深めていくことができます。
  11. 11. 11 QlikView とQlik Senseの共通点 Associative Indexing 連想インデクシング ❑ 共通の分析体験 ❑ ロードスクリプト・関数がほぼ共通 (一部使用できない機能もあります) ❑ 多数の類似チャート ❑ QVDは共用可能
  12. 12. 12 Demo
  13. 13. 13 QlikView を SaaS版 Qlik Sense環境で使う
  14. 14. 14 ご自身のペースでQlik Senseを試す QlikViewとQlik Senseの 両環境が必要? QlikViewドキュメントは作り 直し? QlikViewとQlik Senseの 両画面を操作? ライセンス料が2倍? SaaSなら環境を準備せず すぐに始められる 既存のQlikViewファイルを 活用 ユーザーは1つのハブで両方 を使用できる Unifiedライセンス
  15. 15. 15 Qlik SenseのSaaS対応 セットアップの時間・手間を最小限に組織・グループにQlik Senseを展開 アプリサイズ(インメモリ) ストレージサイズ リロード同時実行 1日のリロード数上限 アップロードサイズ上限 共有・管理スペース 認証 リ ソ ー ス Qlikアカウント、ADFS、Auth0、Keycloak、Okta、OIDC標準準拠のIdPQlikアカウント Qlik Sense Business(QSB) Qlik Sense Enterprise on Cloud Services(QSEoCS) 1.25GB 250GB 3 50 250MB 2.5GB 500GB 5 100 500MB 無制限共有: 5個まで、管理:× 価格 (*年単位での請求) $30/ユーザー/月 Professional/Analyzer/Capacity $70/$40/$100 Desktop版Qlik Sense 利用 ● ●(Professionalユーザーのみ) https://www.qlik.com/ja-jp/pricing詳細は価格ご説明ページを参照:
  16. 16. 16 Qlik Sense Business無償トライアル 30日間の無償トライアルが利用可能 https://www.qlik.com/ja-jp/trial/qlik-sense-business
  17. 17. 17 QlikViewの2種類の活用方法 SaaS版 Qlik Sense環境 Qlik Sense Businessでも可能 QlikView Server 環境内の QVS サービスによって処理 Qlik Senseに加えて、QlikView Server にアクセスできるユーザーのみが 使用可能 QlikView April 2020以降 双方ともPublisherで配信可能 QlikView April 2020以降 Qlik Sense Enterpriseのみ Qlik Sense Enterprise クラウド環 境で処理 Qlik Sense Enterprise にアクセスで きるユーザーのみが使用可能 QVドキュメントのリンクを公開 Qvwをアップロード
  18. 18. 18 Demo
  19. 19. 19 SaaS版Qlik Sense環境でできること QlikViewドキュメント •選択、検索、ドリルダウン、クリアなどの分析操作 •シートの切り替え •ドキュメントのブックマーク •分離設定 •参照設定 •アクションとトリガー •並列ステート •set 分析 •GeoAnalytics •IE Plugin (IEでのみ使用可能、プラグインがインストールされている場合)
  20. 20. 20 SaaS版 Qlik Sense環境でできないこと QlikViewドキュメント •チャートの追加やシートの複製 •アプリの作成、リロード、スクリプト機能の使用、アプリのダウンロード •サーバーのブックマーク (作成、削除、共有の編集、リンクとしてメールで送信)、 サーバー オブジェクト •Geo Analytics以外のExtension •既存のアプリを新規アップロードで置き換えることはできません •入力フィールド •ドキュメント チェーン設定、Direct Discovery •一部の関数・スクリプト •その他 参照:SaaS 版 Qlik Sense の QlikView
  21. 21. 21 QlikViewアプリをQlik Senseアプリに変換する Desktop版Qlik Sense を使用 SaaS版Qlik Senseまたは Windows版Qlik Senseによる 認証が必要 (QSB無料トライアルでも可) 参照: QlikView ドキュメントの Qlik Sense アプリへの手動変換 事前準備 (隠しスクリプト表示、セクションアクセス削除) QSDアプリのあるディレクトリにqvwをコピー QSDを起動(qvwはqvfに変換) ロードスクリプトの適用 Qlik Sense環境にインポート Qlik SenseのDev Hubには自動変換ツールあり
  22. 22. 22 Demo
  23. 23. 23 Qlik Sense Enterpriseの2つのオプション Unified Licensing QlikView on Windows Qlik Sense Enterprise on Windows QlikView on Windows QlikView Publisher Qlik Sense Enterprise SaaS QlikView Docs Qlik Sense Apps Qlik Sense Hub User User Unified Licensing QlikViewサーバー + Qlik Sense Enterprise SaaS (Qlikが管理するクラウド環境) QlikViewサーバー + Qlik Sense Enterprise Client-Managed (お客様オンプレミス・プライベートクラウド環境)
  24. 24. 24 ライセンスのご説明
  25. 25. 25 AMPプログラムのご案内(Analytics Modernization Program) 対象: ・QlikViewをご利用のエンドユーザ様 内容: ・Qlik Sense Enterpriseを無償で追加提供(従来の保守費用のみ継続) ・QlikView永久使用ライセンス権を3年間のサブスクリプション契約に切り替えが条件 メリット: ・ユーザは、Qlik Senseの素晴らしさを無償で体感できる ・ユーザ自身のペースでQlik Senseの評価、導入が可能 (本番環境の変更を強制することなく、移行計画を検討し、イン センティブを享受できる) 新テクノロジーの 採用 新しい要件を満た す 新しいユースケー スを満たす データリテラシー のある組織となる
  26. 26. 26 パペチュアル メンテナンス費用が、 同額のサブスクの年間請求金額に置換されます (¥abc/年) パペチュアル メンテナンス (AMPサブスクコンバージョン前) AMPサブスクリプション ご費用例 年間パペチュアル メンテナンス請求金額 (¥abc) パペチュアル メンテナンス費用 (¥abc/年) サブスク初年度 サブスクの年間請求金額 (¥abc) 4年目以降は、AMPライセンスをリニューアル頂き 同額にて継続利用頂くことが可能です サブスク2、3年目 サブスクの年間請求金額 (¥abc) ユーザは、永久使用ライセンス権をサブスクリプション AMP(デュアルユース)ライセンスとトレードします
  27. 27. 27 Qlik Sense Enterprise製品体系 Qlik Sense Enterprise Client-Managed 2020年6月リリース予定 MS-Windows環境 Qlik Sense Enterprise SaaS 現在利用可能 SaaS提供のみ • 新規(Net new)ユーザ • クラウドファースト戦略 • 簡単な分析 • 内部リソースの制約/制限 • QlikView Publisher利用可 • 導入の柔軟性が必要 • 一部(または全て)のデータはローカルに 置く必要がある • 大規模で複雑な導入 • アドオン、オフライン (SaaS版はロードマップ)
  28. 28. 28 お客様のメリット – Analytics Modernization • QlikViewユーザの新しい活用 • AIと認知(コグニティブ) • 近代モダンアーキテクチャー; 近代的な体験 分析の可能性を拡大 • QlikViewの継続利用 • 入門&変換ツールの活用 • カスタマイズされたサポート サービス 自分のペースで採用 • SaaS展開 • Unifiedライセンス • 移行中にデータレイヤー (QVD)を再利用可能 総所有コストを削減 QlikView の保守費用で、Qlik Senseの追加利用につなげる
  29. 29. 29 Q&A
  30. 30. 30 その他の情報
  31. 31. 31 各種情報のご提供 QlikSpace Qlik Community Japan Youtube – Qlik Japan Qlik Partner Portal 製品最新情報、イベント情報、チュートリアル、サンプルアプリ 製品・技術Q&A、製品関連資料 新製品リリースの説明ムービーなど 製品プレゼンテーション資料など(PPT)
  32. 32. 32 Qlik Senseの書籍出版(予定) タイトル:Qlik Sense ユーザーのためのデータ分析実践バイブル ■■仕様等(仮) ・判型:B5 変 ・予定総ページ数:~480 ページ程度 ・予価本体:4,200円 (+税) ・刊行予定日:2020 年9月 • QlikSpaceの記事をベースに、書籍用に大幅にカスタマイズ&加筆 • 1 冊でQlik Sence の基本をマスターし(=基本編)、ニーズの高い分 析例(=応用編)をできるだけ丁寧に紹介

×