Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

地域 女性フューチャーセッション1202

1,197 views

Published on

地域×女性 フューチャーセッション資料
2012年12月2日@二子玉川ライズ カタリストBA
主催:株式会社グラディエ、非営利型株式会社Polaris

Published in: Business
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

地域 女性フューチャーセッション1202

  1. 1. 地域×女性フューチャーセッションvol.2 ~地域で創る未来の場づくり~ 2012年12月2日 カタリスト BA 株式会社グラディエ・非営利型株式会社Polaris
  2. 2. agenda13:00 受付開始13:30 オリエンテーション プレゼンテーション(Polaris 市川望美)13:40-14:00 パネリスト事業紹介14:00-15:00 フィッシュボウル(地域×女性の課題)15:00-15:15 休憩15:15-16:00 プロアクションカフェ16:00-16:30 プレゼンテーション16:30- クロージングセッション(Loco-working協議会のご紹介) -17:30 交流会
  3. 3. オリエンテーション
  4. 4. 本セッション開催にあたって• 前回のセッションを受けて – 期待の高まり• 今までの活動を通して – 既に、ある程度の実践は重ねてきた – 夢ばかりでなく課題も見えている – あらためて、多様な立場の方たちと 実践していくために必要なものは何か
  5. 5. ProfileNPO代官山ひまわり 代表理事 森田由紀1970年生まれ 現在42歳(8歳女児、3歳男児の母) 高校卒業後、大手家電メーカーに就職するが、2年で退職。 旅行業界5年、イベント会社で企画営業7年を経て、 盲導犬の支援団体、シンクタンク、ブランディングコンサル に携わる。26歳で入社したイベント会社の女社長から「女は男の3倍働け!」と言われ、後の私に大きな影響を与える。 第2子妊娠を機会に、NPO法人 子育てアドバイザー協会認定「子育てアドバイザー」資格取得。 協会のモットーである「子育て支援は、親支援に共感」。 これまで探していた自分の目標がみつかる。同じ渋谷区内から3年前に「代官山」へ転居。学生時代から憧れの代官山が来訪者から居住者へと立場が変わる。同時に520世帯の町会役員になり、旧住民と新住民の格差社会を目の当たりにする。40歳主婦にして「一番年下の役員」。地域の担い手不足、子育て世代の居場所がないと感じる。2010年11月、地域の課題解決を行うため、保育園のママ友に賛同してもらい、「代官山ひまわり」を立ち上げる。2011年3月、内閣府「社会的企業支援事業」のビジネスコンペにチャレンジし、採択されたことを機会に本格始動。2012年4月、NPO法人化して、現在に至る。
  6. 6. 特定非営利活動法人活動紹介 まちの担い手・伝い手代官山朝活(住む人・働く人・訪れる人のコミュニティーづくり)地域のアクティビストと連携して様々な講座を展開・元トライアスロン日本代表選手と「ラン&ウォーキング」・コーヒーショップ経営のシルバーマイスターと「コーヒー講習会」 代官山アプリ(情報発信) 全国の方がタイムリーに見れる メディアとして、2012 年6 月 よりスタート。主に「子連れ」 の方が街を歩く、見る、感じる こと、に視点をおいて店の情報 やイベント・記事コメントなど 掲載。(i-phon対応のみ)こどもげんき大学(子どもを元気にするまちづくり) 地域の中で遊びと学びを体験し、子どもたちが街 に根差していくことを目指す。 ・代官山で縁台からはじまるENプロジェクト ・親子スイムレッスン
  7. 7. 活動紹介 まちづくり、他 代官山コンシェルジュ D-Style(地域の女性起業家と取り組み) (地域の方と協働事業) 女性も夢を見続けたいをサポート。 代官山まちあるきツアーの企画・運営 もっと自由に!もっと強く!もっと自分らしく 代官山ハロウィン実行委員 代官山春花祭 運営委員 (子ども参加型イベント) (GWの地域行事)地域の親子1000人が参加するお菓子ラリー。 GWに来街者をもてなすイベント「はなまるをあなたに!」
  8. 8. 今後の課題 子育て世代は、地域をもっと身近に!他人ごとから自分ごとへ 次世代を育成するまちづくり 地域=ボランティアという概念をかえる 道の駅ならぬ、街の駅。もてなしのまちづくり 地域をもっと見せる化させて、地域応援ファンドがほしい! 地域な中で新しいはたらきを生み出し、 支援できるしくみづくり
  9. 9. Profile 合同会社ままのえん 代表社員 小林あゆみ1976年生まれ 36歳 (8歳女児、5歳男児の母) ゲー ム会社に入社後、営業として三重県、岐阜県等の店舗に勤務。結婚を機に退社して東京へ。地縁のない中妊娠、出産し、専業主婦を7年間経験。子育ても楽しい けれど、子どもがいるだけで、我慢しなければならないことの多いことや息苦しさ、後ろめたさを経験。その経験から、子育てだけではなく、自分のために時間 を使い、限りある「育児期」を満喫したり、その先の「私の人生」のために、少しづつ準備ができるような場づくりをするために、「育児しながら育自!推進プ ロジェクト ままの*えん」を立ち上げ。その後『コミュニティビジネス起業プランコンペ 2011』で優秀賞を受賞したのを機に合同会社として法人化。さいたま中に、イキイキしたママが溢れていくように、日本中に、イキイキとした子育て世代が溢れていくように、まずは私自身が、子育てしながらの「自分育て」を楽しみながら子育て期の女性のイキイキとしたライフスタイルを確立すべく活動中。
  10. 10. ままの*えん 事業紹介子育てだけでは もったいない! 子育てしながら 自分育て。 講座 ワークショップ ママたちの 部活動 イベント など 講師部 ハンドメイド部 託児部 運動部 など *子連れOK!託児つき* ママプロデュース *講師ママサポート*
  11. 11. さいたまママの 活躍の場を! 子育てママの 眠ったスキル・能力 さいたま市 事業者さまの 空きスペース・時間 眠ったニーズママの地域・社会参画 地域企業の CSR ロコワーキングチーム
  12. 12. Profile 非営利型株式会社Polaris 代表取締役 市川望美 1972年生まれ 現在40歳(10歳男児、8歳女児の母) 短大卒業後IT系企業に就職。2002年長男出産。育児休業中に出会った「子育て支援グループamigo」の、子育て当事者が、自分たちに必要だと思う支援やサービスを創るという“当事者発信型・循環型”の子育て支援に参画。子育てライフを仲間と共有しながら、子育てをハンディではなくキャリアにするべく活動開始。NPO 法人せたがや子育てネットの理事としても活動。商店街と行政、NPOの3者共同によるコミュニティカフェの運営や女性の起業支援、ライフプランニング支援、企業との共同研究としての子育てひろば運営などに関わるほか、育児支援コンサルティング会社amigoplusを立ち上げるなど、育児支援の領域で当事者発信型の事業構築に取り組んだ。 子どもの成長による当事者としての視点の変化や、子育て支援の領域に事業領域を限定せず、広く利用できる仕組みづくりがしたいという想いがふつふつ湧きあがり、2010年からは、地域における多様なはたらきかたの実現へテーマがシフト。2011年冬iSB公共未来塾のビジネスプランコンペで起業支援案件として採択されたことをきっかけに、2011年 8月“cococi”Coworking Space立ち上げ、2012年2月非営利型株式会社Polaris設立。新しい働き方を実現するために必要な場づくり・研修・緩やかな組織としての「セタガヤ庶務部」運営などに取り組む。コミュニティビジネスアドバイザー、日本ファンドレイジング協会准認定ファンドレイザー、カラーセラピスト。
  13. 13. 非営利型株式会社 「未来における活動紹介 ”あたりまえのはたらきかた”をつくる」 Polaris ライフステージに合わせて 「ここちよく暮らして、ここちよくはたらく」ことができるよう、 暮らし方やはたらきかたを柔軟に選べる社会をつくる。 コワーキングスペースの運営: 時間と場所に縛られないこと、コミュニティベースではたらけること。『ここちよく暮らし ここちよくはたらくための拠点』・ライフステージに合わせて、はたらく・多様な心地よさが共存できる場・みんなの経験値があつまり、 学びあい成長できる場・地域資源が循環する場・未来の為に行動する場
  14. 14. 活動紹介 多様な「はたらく」を支える仕組みづくり・ 広げていくための事業 セタガヤ庶務部 時間と空間の制約から自由になる。 特別なスキルや資格がなくても 『はたらく』を再定義するための座談会 柔軟な働き方を選べる。 子どものいる暮らしの中ではたらく事を考える チームでシェアして安心して 働く環境づくり。 みんなの経験を集めて付加価値に。 心強いバックオフィス部隊。 【講座】はたらきかたデザイン 「新しいはたらきかた」を創る上で必要な、スキルやテク ニックだけではなく、しなやかでゆるぎない自分軸を探 して、その軸を活かしたはたらきかたをデザイン。 Loco-working【Loco-worker】は、地元を愛するよき消費者であり、地元の 【講座】Launch Project!為に行動する人たち。自分の街の豊かさや、毎日の暮らしから得た経験価値に換える新しい地域の仕事。 私だからこそ提供できる価値を創り出し、事業を軌◆Loco-working事業 第1弾◆ 道に乗せていくための講座。時間やモチベーションその地域に住む子育て中の母親たちによる、 を無駄づかいせず、多様な資源を活用しながら事業生活者目線での地域情報提供サービスです。 を持続可能なものとするための視野を得る講座。
  15. 15. 今後の課題 コミットメント 「ゆるやかだけど本気」という中での責任の持ち方 「ライフステージに合わせた柔軟さ」のよさとむずかしさ 機動力とスケールメリット 小さいからこそ個性的、多様なニーズを受け止められる が、持続しにくい、発展させる力や経験が足りない 新しい評価軸、評価の仕組み 「それをやってなんになるの?」 「で、いくら稼げるんですか?」 ・・何が得られたのか分かりにくい、実感しにくい 経営資源を共有し、 持続可能なものとするためのしくみづくり 「機会」と「成長」を評価できるしくみづくり
  16. 16. フィッシュボウル
  17. 17. プロアクションカフェ・仲間作り・事業者のニーズと母たちの スキルの発掘、マッチング・新しい評価軸・事業者と地域をつなぎ、 ボランティアから事業活動 への変換・世代・価値観をこえての協働
  18. 18. プレゼンテーション
  19. 19. 新しい評価軸• 外の評価軸に振り回されない• 時間軸(ライフサイクル)• 多次元化• 主婦の評価は曖昧→暮らしぶりで評価されるの は恐怖なのかも• ダメだしではなくていいところを見る評価軸• 自分自身の評価軸を持つ
  20. 20. 仲間作り• どの位までコミットしてくれるのか(責任、お金)• 外に一歩出るのは夢をかなえられる、主体的• ディスカッションを通してお互いの関係性を構築(コ ミュニケーションは重要)• リーダー→メンバーのフォローアップ(気持ちの共 有)• 弱音会→定期的に開催してお互いの気持ちを知る• 学生、インターンの受け入れ→リーダーになってもら う(仕事を共有しながらまとめる力をつけていく)
  21. 21. 事業者のニーズと母たちのスキルの発掘、マッチング• 事業者側のニーズを発掘する• ワークシェア→ハローワークに登録ができないよ うな業者さん• コワーキングの小さい会社のニーズを拾う• はたらきかたという切り口でイベントを運営• 母のニーズ→社会保障、何かあった場合の変 えがきく仕事
  22. 22. 事業者と地域をつなぎ、 ボランティアから事業活動への変換• 小さい仕事から実績をつくり信頼関係を構築す る• 女性事業者から賛同者を募る• 活動する側:パートナーの選択基準を明確にす る• 事業者側:メリットを明確にする、可視化する
  23. 23. 世代・価値観をこえての協働• コミュニケーション• 問題提起:世の中は現状二極化している• 引き出しの多い人はこういう所(フューチャーセッショ ンなど)に出てくる• 多様な方がいることを認識すること• 高齢者:役割を持ってもらう• トップランナーがつないでいく• 継続することが大事• 人の話をまず聴く• 飲み会やお茶をすると本音が出てくる(フランクな 場)
  24. 24. クロージングセッション
  25. 25. Loco-working協議会ミッション:Loco-workerを増やすこと ・・・なぜならば、Loco-workerが増えると、 もっと幸せな働き方が実現できるから。
  26. 26. Loco-working協議会 Loco-workerとは愛着のある場所で、自由でフレキシブルな はたらきかたを実現する人 *** ・・・今のはたらきにくさ、暮らしにくさは、『暮らしとはたらくが分断されていること』が大きい
  27. 27. Loco-working協議会 なぜ協議会?・・・なぜならば、心強いから。安心だから。 *** なんだかんだ、変化は怖い、不安。 うまくできる?ホントに大丈夫?
  28. 28. Loco-working協議会ネットワークのイメージ 主体 テーマ 企業 行政 ワークスタイル 人材 個人 グループ ワークシフト Loco-working協議会 教育 NPO 事務局 まちづくり 理事メンバー 子育て支援
  29. 29. Loco-working協議会 持続可能なものとするために 企業 Loco- 個人 working 団体 協議会 国 自治体 新しいはたらきかたが生まれる土壌ができる 新しいはたらきかたを推進する基盤となる

×