Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

マーケティング的視点で見る コミュニティ育成 アマゾン データサービス ジャパン 小島 英揮氏 資料

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad

Check these out next

1 of 28 Ad

マーケティング的視点で見る コミュニティ育成 アマゾン データサービス ジャパン 小島 英揮氏 資料

Download to read offline

5/16 (水)「PeaTiX Live! Vol.6 イベント集客&コミュニティ育成必勝術」で紹介された資料です。

5/16 (水)「PeaTiX Live! Vol.6 イベント集客&コミュニティ育成必勝術」で紹介された資料です。

Advertisement
Advertisement

More Related Content

Slideshows for you (20)

Similar to マーケティング的視点で見る コミュニティ育成 アマゾン データサービス ジャパン 小島 英揮氏 資料 (20)

Advertisement

More from Peatix Japan (17)

Recently uploaded (20)

Advertisement

マーケティング的視点で見る コミュニティ育成 アマゾン データサービス ジャパン 小島 英揮氏 資料

  1. 1. マーケティング的視点で⾒見見る コミュニティ醸成術 - Community Driven Marketing - アマゾン データ サービス ジャパン株式会社 シニアマーケティングマネージャー ⼩小島  英揮 Twitter ID @hide69oz May 16, 2012
  2. 2. ⾃自⼰己紹介 •  アマゾンのクラウドサービス(AWS)の⽇日本における   マーケティング全般と「都市伝説」対策を担当 •  主な経歴 –  約20年間  ITのマーケティングを担当 –  C/S => Internet => Linux => XML =>電⼦子政府 => RIA => クラウド(←イマココ) –  アドビシステムズ時代:Flex User Group(FxUG)の⽴立立ち上げ –  2009年12⽉月より現職 •  休⽇日はMTB、登⼭山、沢登り等
  3. 3. ⼀一般消費者様 Eコマース 向けサービス (Amazon.co.jp) セラー様向け マーケットプレイス サービス 物流サービス提供 (Amazon Services) クラウド 企業様向け コンピューティング サービス (Amazon Web Services)
  4. 4. 190カ国で数千万のお客様
  5. 5. 東京リージョン:AWS史上最速の初年度成⻑⾧長
  6. 6. 続きはWebで http://aws.amazon.com/ jp
  7. 7. 今⽇日のお話 "  Why Community? "  Whatʼ’s JAWS-UG? "  How did it grow? "  Whatʼ’s next?
  8. 8. コミュニティ活動とのかかわり "   1990年代後半:Linuxコミュニティ:傍観者   →「へえ、無償でみんな開発してるんだ」 "   2000年頃 :XMLコミュニティ:MLでちょっと発⾔言   →「(⾃自社製品を)もっとコミュニティに知ってほしい」 "   2000年頃 :電⼦子申請推進コンソーシアム:⽴立立上げ&主査   →100%ビジネス主導。「コミュニティとは違う?」 "   2006年 :アドビFlex User Group:コミュニティリーダーと⼀一緒に⽴立立上げ   →「コミュニティは重要なマーケティング⼿手法だ!(確信)」
  9. 9. 過去からのラーニング (IT系)コミュニティは " 技術、製品情報の裾野を広げる   " ビジネスを育成できる=エコシステム   " メーカー、ベンダー主導だけでは活性化しない   " メーカー、ベンダーが離れすぎてもダメ   " 技術⾄至上主義、アカデミック指向だけではビジネスが育たない   " ビジネスと技術(スーツとギーク)のバランスが重要!!!   + "   最後は「⼈人」で決まる
  10. 10. 2009年12⽉月 アマゾン データ サービス ジャパン⼊入社(初号機)
  11. 11. 当時の⽇日本のAWSクラウドを取り巻く状況 <マーケットの認識> <AWSの⽇日本組織の状況> クラウドは危険? 営業:0、SE:0、サポート:0 クラウドはまだ早い? パートナー:0 エンタープライズには使えない? データセンターは全て海外 ⽇日本に拠点が無い? 「⿊黒船」 Webは全て英語 誰も本番では使っていない? マーケティング予算:極⼩小
  12. 12. コミュニティ創成を第⼀一プライオリティに コミュニティを重要なマーケティングヴィークルに! "   利⽤用者層を⾃自ら拡⼤大 "   コアメンバーがハイコンテキスト化   ⇒ 情報流通のスピード向上 "   ローコスト&スケール "   多くのフィードバックを早く&直接もらえる
  13. 13. 2009年当時のGTM戦略 事例 ビジネスパートナー ローカライズ が引きあげる部分 イベント/セミナー ダイレクトタッチ ビジネス パートナー エコシステム ワンタッチ コミュニティ セルフサービス コミュニティが広げる部分
  14. 14. JAWS-UG
  15. 15. JAWS-UG JAWS-UG Logo was Inspired by Hokusai Katushika’s well-known Ukiyo-e (Japanese woodblock prints in Edo-period) “The Great Wave off Kanagawa “
  16. 16. JAWS-UG Japan AWS User Group JAWS-UG とは… •  AWSに興味のあるデベロッパー、及びユーザで構成 •  全国で約50名の「コアメンバー」 •  東京、⼤大阪、福岡をはじめ、地⽅方都市で勉強会を開催 •  年に1回「JAWS Summit」という総会を開催 •  Webやソーシャルでの情報流通(ハッシュタグ #jawsug)
  17. 17. JAWS-UG  拡張のペース 2012 … and more! ⻑⾧長崎 ⼤大分 神⼾戸
  18. 18. コミュニティの⽴立立ち上げ コアメンバー選定がカギ! 最初の2か⽉月は、様々なコミュニティ、レイヤーで「コアメンバー」 候補をリクルーティング Java コミュニティ Web 開発者 コミュニティ AWS 本の著者 インフラエンジニア 勉強会 AWS利⽤用顧客
  19. 19. コアメンバー選定のポイント ✔ □コミュニティ活動に理解がある ✔ □技術がわかる&⼈人的コミュニケーション   ができる (スーツとギークの要素) ✔ □新しい技術に対して貧欲 □コミュニティ以外でも、確⽴立立された ✔   ポジションを持つ
  20. 20. コミュニティ継続・拡⼤大のためには ⾃自然には拡⼤大しません "   やっている事の可視化(ツイッター、USTREAM、ブログ..) "   コアメンバーのモチベート "   コアメンバーの 緩やかな新陳代謝 "   ビジネスの匂い "   ハイコンテキスト化 "   ⼼心理的な参⼊入障壁は常に低く "   リアルキャッシュでの⽀支援に頼らない ⇒結果として、継続的な勉強会開催を実現
  21. 21. 参⼊入障壁を下げる例 "   常連お断り の初⼼心者向け勉強会 "   男性お断り のクラウド⼥女女⼦子会 "   初⼼心者向けハンズオン "   特定テーマの設定:「HPCナイト」「クラウドDBナイト」 "   USTREAMのアーカイブや、Togetter等のまとめサイト活⽤用
  22. 22. クラウド⼥女女⼦子会 (2012/5/13) http://ow.ly/aTjd5
  23. 23. 直近のJAWS-UG開催スケジュール 今⽇日(5/16) は札幌 6⽉月はTour de 九州! http://aws.amazon.com/jp/event_schedule/#jawsug
  24. 24. JAWS SUMMIT:年⼀一回の「総会」的なイベント 2012年は、2⽇日間で600名の参加
  25. 25. http://www.publickey1.jp/blog/12/10it.html
  26. 26. 2012年のチャレンジ "   AWS48 "   地⽅方勉強会でも、ビジネス的交流を "   インターコミュ⼆二ティ ‐ コミュニティ間の   コラボレーション
  27. 27. Fly with the Community!
  28. 28. Questions?

×