Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

シリコンバレーTech企業でのプロダクトマネージャー業務とは? - [ITビジネスセミナー] 現役プロダクトマネージャーが語る、日本企業におけるプロダクトマネージャーの課題と今後の展望

7,212 views

Published on

https://postudy.doorkeeper.jp/events/30325

Published in: Technology

シリコンバレーTech企業でのプロダクトマネージャー業務とは? - [ITビジネスセミナー] 現役プロダクトマネージャーが語る、日本企業におけるプロダクトマネージャーの課題と今後の展望

  1. 1. シリコンバレーTech企業でのプ ロダクトマネージャー業務 株式会社シマンテック プリンシパルプロダクトマネージャー 柳川 純二 2015年9月6日 POStudy4周年記念イベント
  2. 2. 自己紹介 • 柳川 純二(やながわ じゅんじ) • 前職はNTTコミュニケーションズ社で買収した海外企業に7 年ほど出向→常にプロダクトマネージャー(以下PM)と仕事 をしてきたorそれっぽい仕事もかじった • 2年前にシマンテック社にPMとして入社.PMとしてはアジア・ パシフィックジャパン(APJ)地域に一人だけ(日本~インドま でをカバー)で上司,チームメンバーは全てUS本社にいる
  3. 3. はじめに 西海岸Tech企業ではプロダクトマ ネージャーってどういう存在なの?
  4. 4. シリコンバレーにおけるPMポジションの 人気度(≒給与) • 20位 アップルストア・アシスタントマ ネージャ • 19位 ソフトウェアエンジニア(インタ ーン) • 18位 アカウントエグゼクティブ • 17位 フィナンシャルアナリスト • 16位 ソフトウェアQAエンジニア • 15位 ビジネスアナリスト • 14位 システムエンジニア • 13位 プロジェクトマネージャー • 12位 メカニカルエンジニア • 11位 シニアシステムエンジニア アップルでの例 (参考:http://irorio.jp/naotosasaki/20120605/10336/)
  5. 5. シリコンバレーにおけるPMポジションの 人気度(≒給与) • 10位 ソフトウェアエンジニア • 9位 ファームウェアエンジニア • 8位 テストエンジニア • 7位 ハードウェアエンジニア • 6位 DBエンジニア • 5位 プロダクトデザインエンジニア • 4位 プロダクトマネージャー • 3位 シニアハードウェアエンジニア • 2位 シニアソフトウェアエンジニア • 1位 アートディレクター
  6. 6. 会社のステージによってPMの 必要性は変化 • シリコンバレーと言っても,スタートアップのアーリーステージ の会社ではPM専担のポジションはあまり見ないし聞かない • CTOなどの共同創業者的な人や力のあるエンジニアが,こじ んまりとしたチームでPM的なロールを引き受ける方がおそら く一般的 • PMを採用して設置するのはある程度ステージが進んで会社 が組織化されてからが一般的(逆にPMが募集され始めるとそ の会社は離陸し始めているというサインだと見ることもできる)
  7. 7. 現在の自分の仕事内容 以下2つ: 1. ノートン製品のAPJパートナーチャネル向けPM: PCのプリインストール版やISPで販売する月額版などパートナー経 由で販売するプロダクトの仕様固め,パートナーからの要求仕様の 管理,バックエンドのインテグレーション支援,新製品への移行プラ ン策定 2. フリーウェアツールの(ワールドワイド)PM兼PO: 製品のライフサイクル管理,ロードマップ策定,営業・マーケティング とGTMプラン策定,スクラムバックログの管理・優先順位付け,製品 アップグレードプランの策定と要件・仕様定義 「何をいつまでにリリースして(あるいは何をいつまでにやめて),そ こから得られるリターンは?」を常に意識してうまくいってもいかなく ても責任を負う
  8. 8. シマンテック社でのPMの特徴 自分の所属するコンシューマー(Norton)部門の場合: • 「CorePM(社内造語)」と「PartnerPM」の2種類がある • CorePMは製品やバックエンドのプラットフォームやツールなどのオーナーシップを持ち, 「マネージ(ロードマップの管理等)」と「オーナー(アジャイルでのバックログの管理)」を 両方担当する場合が多い • PartnerPMはNorton製品全般をパートナー企業向けに展開するため社内外のステーク ホルダーの要求仕様を整理,優先順位付け,開発チームへのフィードバックを実施 • 世間一般で“プロダクトマネージャー”というと前者のイメージが近いかもしれないが,後 者はBtoBやBtoBtoCサービスを提供する企業では多く見られる(名称はRegionalPM,な どと異なる場合もある) • CorePMは原則US本社にのみ存在するチームだが,PartnerPMはローカルタッチが必 要なため,需要に応じてグローバルに配置.なお部下は基本的に持たない • プロダクトマーケティングマネージャー(PMM)と適宜住み分けるが,かぶる部分も多い. 4PのうちPrice,Promotion,PlaceはPMMが主にカバー,PMはProduct.この辺は会社 や事業のステージによって異なる印象.
  9. 9. 世界に散らばるスクラムチーム • 開発エンジニア - インド • QA - インド • リードエンジニア - カリフォルニア • スクラムマスター - インド • プロダクトオーナー - 東京 • ローカリゼーションチーム - アイルランド メリット:常に仕事が進んでいる(自分が寝てる間も).会社的にはコストも デメリット:時差,F2Fのミーティングがなかなかできないので油断すると認識 のずれが拡がったり推進力を失ったり → でも慣れるとなんとかなってくる
  10. 10. 必要なスキルセットなど 1. PMとして製品ロードマップを管理,関連部門(マーケティングや リーガルなど)を積極的に巻き込み,無事リリースできるまでチー ムを牽引,プッシュする.逆説的だが製品のEnd of Lifeの時にそ うした能力が強く求められたりする 2. POとして開発バックログを管理,ストーリー作成,優先順位付け (なぜこれが極めて重要か?→チームの時間の管理をすること になるから),常に”Why?”を意識.”How”は開発チームに任せる 3. 自分のバックグラウンド:ネットワークエンジニア→セールスエン ジニア→ビジネス開発→PM 4. 自分もコードは書けないが,見た感じソフトウェアの会社でも半分 ぐらいのPMはコード書けない
  11. 11. 必要なスキルセットなど(続 1. プロダクトマーケティングとプロダクトマネジメントの両方をこ なせるとシリコンバレーでは重宝されると言います(4Pすべて をカバーするプロダクトのエキスパート) 2. 会社にもよるがBtoBとBtoCではPMに求められる特性が結構 異なる(例:パートナードリブンかプロダクトドリブンか,C向け では特にUXの良し悪し一つで獲得できるユーザーが数桁変 わってくる,など). 3. 普段からの“気づき”の能力.何がベストなUXかはすぐに変 化する(例:スマホの感圧タッチなど)
  12. 12. 日本でのPMの募集 • 例えばLinkedInで”Product Manager/プロダクトマネージャー“という ポジションでロケーションを”Tokyo“,”全ての企業“のフィルタ検索 をかけると: • ドンピシャPMというタイトルでの募集は13件ぐらい • 楽天が1件で後は全部外資系 →「PM的なポジション」の募集はたくさんあるはずだが,名称がまちま ち?外資系と国内企業を行ったり来たりする人が増えると裾野が広が るので個人的には名称を揃えたほうが良いと考えている ※念のためWantedlyでも検索してみるとこちらもドンピシャPMの募集 は数件にとどまる
  13. 13. 参考資料
  14. 14. 優先順位付けモデル • 狩野モデルなど E ・・・魅力的。競合との差別化に有効な機能。隠れたニーズとも 呼ばれ、体験するまで気が付かない場合がある。 M ・・・必須。あって当然の機能。 L ・・・線形。あればあるほど満足度があがるような機能。コストと のバランスを考慮する必要がある。 I ・・・無関心。あってもなくても気にならない程度の機能。優先度が 低い。 R ・・・逆効果。あると困る機能。 Q ・・・懐疑的回答。回答が不整合。 参照: http://sugiim.hatenablog.com/entry/2013/04/15/110321
  15. 15. ありがとうございました

×