Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

プロダクトマネージャーに求められるスキルとマインドセットとは-[ITビジネスセミナー] 現役プロダクトマネージャーが語る、日本企業におけるプロダクトマネージャーの課題と今後の展望

38,949 views

Published on

https://postudy.doorkeeper.jp/events/30325

Published in: Technology
  • Be the first to comment

プロダクトマネージャーに求められるスキルとマインドセットとは-[ITビジネスセミナー] 現役プロダクトマネージャーが語る、日本企業におけるプロダクトマネージャーの課題と今後の展望

  1. 1. PMに求められるスキルと マインドセットとは 株式会社ビズリーチ 丹野瑞紀
  2. 2. 株式会社ビズリーチ キャリアカンパニー サービス企画本部 本部長 丹野瑞紀 1996年3月 早稲田大学理工学部機械工学科 卒業 1996年4月 日本電信電話株式会社 入社 1999年8月 バーチャレクス・コンサルティング株式会社 入社 2005年3月 サイボウズ株式会社 入社 2014年6月 株式会社ビズリーチ 入社
  3. 3. インターネットの力で、 世の中の選択肢と可能性を広げていく ビズリーチのミッション
  4. 4. 本日お話する内容 1. プロダクトマネージャーの仕事とは 2. PMに必要な心構え 3. PMになるには
  5. 5. プロダクトマネジメントとは
  6. 6. 市場 プロダクト プロダクトマネジメントとは
  7. 7. ユーザー課題が解決できる 技術的に実現可能 ビジネスとして継続可能
  8. 8. 市場 プロダクト プロダクトマネジメントとは 2.市場機会の発見や評価 1.ユーザー課題の解決
  9. 9. 正しいプロダクトマネジメントが行われないと、 何がおこるのか
  10. 10. 機能X1と機能X2と機能X3が欲し いというユーザー要望がたくさん 来てます! この機能はいつ追加されますか?CS部門
  11. 11. 機能Y1と機能Y2と機能Y3があれ ば絶対売れる! 業界大手のA社が、この機能があ れば買うって言ってるんだ!営業部門
  12. 12. 競合には機能Z1と機能Z2と機能Z3 があるのに、 どうして我が社の製品にはないん だ? 社長
  13. 13. 機能名 優先度 機能X1 S 機能X2 S 機能X3 S 機能Y1 S 機能Y2 S 機能Y3 S 機能Z1 S 機能Z2 S 機能Z3 S 優先度が全てSの要件一覧
  14. 14. 写真出典:http://www.dentsu.co.jp/ir/data/annual/2014/sodg/capability/
  15. 15. プロダクトマネジメントが存在せず 要望ベースで機能追加すると 結局は誰の課題も解決できないプロダクトになる。
  16. 16. プロダクトマネージャーの仕事とは
  17. 17. 限定されたリソースの中で、 ユーザー課題を解決するプロダクトの開発を 正しくディレクションするにはどうすれば良いのか
  18. 18. 古川裕也氏 電通コミュニケーション・デザイン・センター長 エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター 写真出典:http://www.dentsu.co.jp/ir/data/annual/2014/sodg/capability/
  19. 19. 1.ミッションの発見 2.コアアイデアの確定 3.ゴールイメージの共有 4.アウトプットのクオリティ管理 企画フェーズ 実装フェーズ 出典:ブレーン 2013年3月号 p.46を元に作成 Creative Directionの4つの仕事
  20. 20. 「ミッションの発見」をうまくやるにはどすればいいのか
  21. 21. (この話はフィクションです) ある学習アプリの開発ストーリー
  22. 22. 山田くん(中2)
  23. 23. 写真出典:http://www.amazon.co.jp/dp/B001ADGF3C/
  24. 24. 1. 色々な教科の暗記帳を持ち運ぶのが面倒 2. つくるのが大変(友達と分担できれば楽) 紙の暗記帳の欠点(山田くんの課題認識)
  25. 25. 1. スマホがあればいつでも勉強できる 2. 作った暗記帳を友達にシェアできる 作ったアプリの特徴
  26. 26. これいいね! 親友の田中くん(中2)
  27. 27. アプリの総ダウンロード数 0 75 150 225 300 1w 2w 3w 4w 5w 6w 7w 8w
  28. 28. DAU 0 15 30 45 60 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
  29. 29. こんなに便利なのに なんでみんな使ってくれないんだろう?
  30. 30. DAU 0 22.5 45 67.5 90 1 3 5 7 9 11 13 15 17 19 21 23 25 27 29 31
  31. 31. アプリの使い勝手はどう?便利に使えている?
  32. 32. うん、とてもいいアプリだね。月末のテストの 前はいつも使ってるよ。このアプリのおかげで、 一夜漬けが るよ。
  33. 33. それで月末だけDAUが増えていたのか!
  34. 34. 「でも、もっと毎日使って欲しいなぁ」 「一夜漬けだとテストが終わると忘れちゃうし」
  35. 35. 毎日使われるアプリにするには どうしたらいいんだろう?
  36. 36. 来年は高校受験だし、毎日勉強しないといけない とは思うけど、ついさぼっちゃうんだよね
  37. 37. そうか!
  38. 38. そうか!みんな、暗記帳を持ち運ぶ手間や作る手間よりも、勉 強を続けること、学習習慣を作ることに課題を感じてたんだ!
  39. 39. 1. 暗記帳をもとに暗記クイズを出題する 2. クイズの点数をランキング表示して、友達と競い合える 追加した新機能
  40. 40. DAU 0 150 300 450 600 1 3 5 7 9 11 13 15 17 19 21 23 25 27 29 31
  41. 41. おしまい。
  42. 42. 1.ミッションの発見 2.コアアイデアの確定 3.ゴールイメージの共有 4.アウトプットのクオリティ管理 企画フェーズ 実装フェーズ 出典:ブレーン 2013年3月号 p.46を元に作成 Creative Directionの4つの仕事
  43. 43. 効率化ではなく「学習習慣の形成」が、学 習者にとっても最も大きな課題である。 競争の要素で勉強を遊びにする。 友達と暗記量を競うランキング機能 1.ミッションの発見 2.コアアイデアの確定 3.ゴールイメージの共有
  44. 44. ミッション発見のプロセス
  45. 45. 現象 時系列パターン 構造 メンタルモデル システム思考の「氷山モデル」 参考:http://www.change-agent.jp/news/archives/000031.html
  46. 46. 現象 パターン 構造 メンタルモデル ダウンロードは増えるが DAUが増えない 毎月月末だけDAUが増え る 月末に小テストがある 「とりあえずテストで不合 格にならなければいい」 競争で勉強を 遊びにする コアアイデア
  47. 47. システム思考で問題の構造と ターゲットのインサイトを明らかにし、 本質的な機能追加をディレクションする。 プロダクトマネージャーの仕事
  48. 48. 1.ミッションの発見 2.コアアイデアの確定 3.ゴールイメージの共有 4.アウトプットのクオリティ管理 企画フェーズ 実装フェーズ 出典:ブレーン 2013年3月号 p.46を元に作成 Creative Directionの4つの仕事
  49. 49. 出典:https://youtu.be/vkSCLvIaCcI?t=2m50s
  50. 50. 「スカリ̶のような人間は、素晴らしいアイデアを思いついた ら自分の仕事の90%は終わりだと思っている。だけど実際に 偉大なプロダクトが完成するまでには、とてつもない量の妥協 (トレードオフ)が必要なんだ」
  51. 51. スティーブ・ジョブズ1995 失われたインタビュー
  52. 52. プロダクトマネージャーに必要な心構え
  53. 53. プロダクトマネージャーはmini CEO
  54. 54. 会社が倒産したら、誰に最終責任がある?
  55. 55. プロダクトがリリースできなかったら、 プロダクトがユーザーに使われたかったら、 プロダクトが売れなかったら、 誰に責任がある?
  56. 56. 責任はあるが、権限はない
  57. 57. 権限ではなく、共感で人を動かす
  58. 58. プロダクトマネージャーになるには
  59. 59. 1.プロダクトマネジメントについて学ぶ 2.PMのように振る舞う 3.サイドプロジェクトを始める
  60. 60. ご静聴ありがとうございました。
  61. 61. https://jp.stanby.com/ats/5dd6fcdb577d0ece63ca18c520e5ddc2b1f29c502dbc48a7aee5fc37faa19a08?order=1 ビズリーチではプロダクトマネージャーを募集しております

×