Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Face seek ai edge

792 views

Published on

エッジAIを活用したAIチューナー実現に向けた実験

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Face seek ai edge

  1. 1. Azure Cognitive Servicesでの コンテナのサポート ~エッジAI・顔シークの実験~ 株式会社ピクセラ 製品事業本部 先端技術開発部 Copyright © PIXELA CORPORATION. All Rights Reserved.|PIXELA CORPORATION PROPRIETARY AND CONFIDENTIAL. 2018年12月7日
  2. 2. 背景 ○ AIチューナーの開発を進めている。 ○ 2016年後半に顔シークと呼ばれる機能のプロトタイプ開発を実施した。 ○ 顔シークとはテレビ番組中の登場人物の顔画像を選択すると、そのシーンから頭出し再生する機 能のこと。 ○ 当時、クラウド上にある Azure Cognitive Services の Face API の機能を利用していたため、 費用面の問題から断念した。 ○ 2018年5月に米国シアトルで開催された Microsoft Build 2018 にて Azure IoT Edge の機能拡 張が発表され、クラウド側ではなくエッジ側で顔シークが実現できる可能性が出てきた。 ○ 2018年11月14日にAzure Cognitive Services Containers (Face) が preview になったため、 エッジ版顔シークの実験を行った。 Copyright © PIXELA CORPORATION. All Rights Reserved.|PIXELA CORPORATION PROPRIETARY AND CONFIDENTIAL. 2
  3. 3. 概要 ○ Azure Cognitive ServicesのサービスがDockerコンテナのイメージとして配布される。 ○ ユーザーはイメージを適当なコンテナホストにデプロイして利用できる。 ○ 2018/11/14 プレビュー版のみ。 ○ Vision, FaceはMSにアクセスを要求する必要がある。承認されると利用できる。 ○ Text Analyticsは承認なしで利用できる。 Copyright © PIXELA CORPORATION. All Rights Reserved.|PIXELA CORPORATION PROPRIETARY AND CONFIDENTIAL. 3
  4. 4. ウェブ Copyright © PIXELA CORPORATION. All Rights Reserved.|PIXELA CORPORATION PROPRIETARY AND CONFIDENTIAL. 4 Cognitive Services エンドポイント (クラウド) ユーザー API呼び出し
  5. 5. コンテナ Copyright © PIXELA CORPORATION. All Rights Reserved.|PIXELA CORPORATION PROPRIETARY AND CONFIDENTIAL. 5 Cognitive Services エンドポイント (クラウド) Cognitive Servicesコンテナが デプロイされたコンテナホスト (エッジ) ユーザー 課金データを送信 API呼び出し
  6. 6. テスト ○ ローカルのdockerサービスの環境 ○ CPU: i5-2400 3.1GHzの2コア ○ メモリ: 6GB ○ テストコンテンツ ○ ミュージックステーション(54分14秒) ○ 1秒毎のスナップショット → 1440x1080のイメージが3256枚 ○ Face Detect結果(全スナップショットから顔を検出) ○ 全体: 18分34秒 ○ 1枚: 約0.342秒 Copyright © PIXELA CORPORATION. All Rights Reserved.|PIXELA CORPORATION PROPRIETARY AND CONFIDENTIAL. 6
  7. 7. テスト コンテナ(エッジ)版で顔シーク ○ Face Detect ○ Face Group → ウェブ版と同様に可能。 Copyright © PIXELA CORPORATION. All Rights Reserved.|PIXELA CORPORATION PROPRIETARY AND CONFIDENTIAL. 7
  8. 8. まとめ ○ ユーザーは呼び出し先エンドポイントを切り替えるだけで顔シークは動作した。 ○ ウェブ・コンテナどちらも同じ費用がかかる。 ○ https://azure.microsoft.com/en-us/pricing/details/cognitive-services/face-api/ → 残念ながら、エッジ版でもクラウド版と同等の費用がかかるため、料金が下がることを待つ。 ○ TPS(秒毎の回数制限)はウェブのみ。コンテナでは制限なし。 ○ エッジ版のメリットは、デプロイ先のコンテナホストによって高スループット・低レイテンシを 実現できること。 Copyright © PIXELA CORPORATION. All Rights Reserved.|PIXELA CORPORATION PROPRIETARY AND CONFIDENTIAL. 8

×