Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Oracle WebLogic Server アーキテクチャ

4,044 views

Published on

■主な内容:
ドメイン/コンフィグレーションリポジトリ/管理サーバ/ノードマネージャ/JRF
クラスタ/インメモリレプリケーション/フェイルオーバ/JDBC/RAC連携など。

Published in: Technology
  • Dating direct: ♥♥♥ http://bit.ly/2ZDZFYj ♥♥♥
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Follow the link, new dating source: ❶❶❶ http://bit.ly/2ZDZFYj ❶❶❶
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • If you want to download or read this book, Copy link or url below in the New tab ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download Doc Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... .........................................................................................................................
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • DOWNLOAD THI5 BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT (Unlimited) ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... ACCESS WEBSITE for All Ebooks ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download doc Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... .............. Browse by Genre Available eBooks ......................................................................................................................... Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Christian, Classics, Comics, Contemporary, Cookbooks, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, History, Horror, Humor And Comedy, Manga, Memoir, Music, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Romance, Science, Science Fiction, Self Help, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult,
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT (Unlimited) ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... ACCESS WEBSITE for All Ebooks ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download doc Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... .............. Browse by Genre Available eBooks ......................................................................................................................... Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Christian, Classics, Comics, Contemporary, Cookbooks, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, History, Horror, Humor And Comedy, Manga, Memoir, Music, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Romance, Science, Science Fiction, Self Help, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult,
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

Oracle WebLogic Server アーキテクチャ

  1. 1. <Insert Picture Here>Oracle WebLogic アーキテクチャ日本オラクル株式会社Fusion Middleware事業統括本部 ソリューション本部Application Gridソリューション部
  2. 2. 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメント(確約)するものではないため、購買決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリースおよび時期については、弊社の裁量により決定されます。OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 2
  3. 3. Oracle WebLogic Serverアーキテクチャ• Oracle WebLogic Server 11gの基本的なアーキテクチャは、以前までのバ ージョンと同様です WebLogicドメイン マシンA 管理サーバ WebLogicクラスタ ドメイン ログ JMX 管理対象 管理 コンフィグ レーション JMX サーバ#1 サーバ リポジトリ JMX ノード マネージャ 管理対象 サーバ#2 マシンB 管理対象 管理ツール サーバ#3 •Admin Console ノード •FMW Control マネージャ •WLST Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 3
  4. 4. WebLogic Server ドメイン• ドメインとは • WebLogic Serverの論理的な管理スコープ • マシン、サーバ、及びクラスタ要素から構成 • 1つのコンフィグレーション情報をもつ • 1つの管理サーバによって一元管理される• ドメインの特徴 • 複数サーバ、複数クラスタ構成が可能 • 複数のハードウェアをまたがっての構成が可能• コンフィグレーションウィザードで作成 • <WL_HOME>¥common¥bin¥config.cmd • コンソールモードで実行可能(-mode=console)• ドメインコンフィグレーションファイル • <ドメインディレクトリ>¥config¥config.xml Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 4
  5. 5. ドメインディレクトリの構造ディレクトリ 説明domain このディレクトリ名がドメイン名をあらわす autodeploy ドメインを開発モードで起動すると、このディレクトリに配置したアプリケーションやモジ ュールが自動的にデプロイされる bin ドメイン内の管理サーバと管理対象サーバを起動および停止するスクリプトが含まれる config ドメインの現在のコンフィグレーションとデプロイメント状態。 ドメインコンフィグレーションファイル config.xml が配置される init-info ドメインの初期化情報 lib 各サーバ 起動時にシステムクラスパスに追加されるJARファイル pending 要求されているがまだアクティブ化されていないコンフィグレーションの変更をあらわす ドメインコンフィグレーション security ドメイン全体のセキュリティに関連するファイル server ドメイン内の各サーバ用のサブディレクトリ servername ディレクトリ名と同じ名前のWebLogic Serverインスタンス用のサーバ ディレクトリ Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 5
  6. 6. コンフィグレーションディレクトリの構造ディレクトリ 説明config 現在のドメイン コンフィグレーションとデプロイメント状態 configCache キャッシュされたコンフィグレーション情報 deployments ステージング対象アプリケーション用のステージング領域 diagnostics WebLogic診断サービスのインスツルメンテーション用のシステム モジュール jdbc JDBC用のシステム モジュール jms JMS用のシステム モジュール lib サーバのシステム クラスパスに追加されたJARファイル nodemanager ノード マネージャのコンフィグレーション情報 security セキュリティ フレームワーク用のシステム モジュール startup 起動プランに含まれるシステム モジュール。起動プランは、サーバ起動処理の一 部として使用可能なシェル スクリプトを生成する場合に使用される config.xml ドメインコンフィグレーションの中心的なファイル。 ドメイン名と、ドメイン内の各サーバ 、クラスタ、リソース、およびサービスのコンフ ィグレーションパラメータ設定が含まれる Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 6
  7. 7. ドメインとコンフィグレーションリポジトリ • WLSの管理の単位 ドメイン • ドメインで1つのコンフィグレーションリポジトリ( config.xml)を持つ • ドメインは必ず1つの管理サーバと1つ以上の 管理対象サーバを持 • WLSのインスタンスが1つしかない場合は両方 兼ねる • コンフィグレーションリポジトリとは、ドメインに 所属するWLSインスタンスのそれぞれの構成 情報(アプリケーションの配布やJDBC、JMS の設定など)を一元的に管理する場所のこと cocnfig.xml • ドメインに所属するWLSインスタンスはメジャコンフィグレーション リポジトリ JAREAR WAR JAR WAR EAR ーバージョンとマイナーバージョンが一致して いる必要がある アプリケーション • パッチレベルが異なっても動作する Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 7
  8. 8. 管理サーバ • コンフィグレーションリポジトリにアクセスする ドメイン 単一のポイントで、1ドメインに必ず1つ存在 する(管理者がアクセスする場所) • 単一のJavaプロセス 管理サーバ • アプリケーションは基本的に管理サーバに一 旦配布し、管理サーバから管理対象サーバ に展開を行う • 管理コンソール等を利用して様々な設定を行 う • 管理対象サーバをJMX(Java Management eXtension)を使って管理を行う config.xmlコンフィグレーション • 重要な情報をドメインログとして取得 リポジトリ JAREAR WAR JAR WAR EAR アプリケーション 管理コンソール or WLSTなど 管理者 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 8
  9. 9. 管理対象サーバ • アプリケーションが動作する場所 ドメイン 管理対象サーバ • アプリケーションは均一に配布する必要は無く WAR JAREAR WAR JAREAR 、必要なサーバにのみ配布することが出来る JMX • ドメイン内に1つ以上存在する単一のJavaプ 管理対象サーバ 管理サーバ ロセス WAR JAREAR WAR JAREAR • 起動時に管理サーバを指定する • 指定しない場合は管理サーバとして起動 管理対象サーバ • 独立モードでの起動が可能 WAR JAREAR WAR JAREAR • 管理サーバによってJMX経由で管理される • 管理対象サーバの設定は同じでなくてよい config.xml • それぞれがログを出力し、重要な情報を管理 サーバに通知コンフィグレーション リポジトリ JAREAR WAR JAR WAR EAR ユーザ アプリケーション 管理コンソール or WLSTなど 管理者 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 9
  10. 10. 起動時の動作ドメイン 起動 起動 JMX 管理対象 管理サーバ サーバ1 JMX JAR WAR EAR JMX JAR WAR EAR JAR WAR EAR JAR WAR EAR 起動 管理対象 JAR WAR EAR サーバ2 JAR WAR EAR JAR WAR EAR JAR WAR EAR Config.xml JAR WAR EAR 起動 JAR WAR EAR 管理対象 サーバ3 アプリケーション コンフィグレーション JAR WAR EAR リポジトリ JAR WAR EAR Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 10
  11. 11. 運用時の動作ドメイン SET GET JMX 管理対象 管理サーバ サーバ1 JMX SET JAR WAR EAR JMX JAR WAR EAR 変更 参照 GET 管理対象 サーバ2 SET GET JAR WAR EAR JAR WAR EAR Log Critical Notification 管理対象 サーバ3 コンフィグレーション ドメイン ログ JAR WAR EAR リポジトリ JAR WAR EAR Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 11
  12. 12. ノードマネージャ • マシン単位でWebLogicインスタンスを 管理対象 管理するエージェント サーバ1 • 管理サーバと連動し、サーバライフサイク管理サーバ JAR WAR EAR ル管理、WLSインスタンスの状態監視を行う JAR WAR EAR 管理対象 Node サーバ2 Manager JAR WAR EAR JAR WAR EAR 管理対象 Node サーバ3 Manager JAR WAR EAR JAR WAR EARドメイン Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 12
  13. 13. Lightweight Server• ダウンロード / インストール • ネットインストーラ、インストールオプションによるインストール時間 の短縮、ディスク容量の節約 • 必要なソフトウェアコンポーネントのみをインストール可能 • インストール後のコンポーネント追加が可能• ランタイム起動時間 • オプションのサービス起動による起動時間の短縮、メモリフットプ リントの削減• 運用管理 • 管理コンソールのパフォーマンス向上• 開発 • Fast-swap機能によるテスト時間の短縮 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 13
  14. 14. インストールオプション• 選択可能なコンポーネント • WebLogic Server • Core Application Server • Administration Console • Configuration Wizard and Upgrade Framework • Web 2.0 HTTP Pub-Sub Server • WebLogic SCA • WebLogic JDBC Drivers • Third Party JDBC Drivers • WebLogic Server Clients • WebLogic Web Server Plugins • UDDI and Xquery Support • Server Examples • Evaluation Database • Oracle Coherence • Coherence Product Files • Coherence Examples • Oracle Enterprise Pack For Eclipse • Common Files Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 14
  15. 15. Oracle WebTier製品との連携 Oracle WebLogic Server 11g •Oracle HTTP Server 11g •Apache 2.2.10ベースのフロントHTTPサーバ • WebLogicサーバプラグインを提供 管理サーバ •Oracle Web Cache 11g • リクエスト・フィルタリング • 動的コンテンツキャッシュ・キャッシュ無効化 WebLogicクラスタ WebLogicドメインに含めることで、管 ラウンドロビンによ 理コンソール(FMW Control)からの るロードバランス 管理が可能 管理対象 サーバ HTTP(s) Oracle HTTP(s) Oracle mod_wl_ohs HTTP(s) クラスタは必 須ではない Web Cache HTTP 11g Server 11g •Apache標準モジュール 管理対象 + OPMNによ •mod_plsql サーバ るプロセス •mod_ossl 管理/監視 OPMN •mod_osso •mod_dms etcOPMN: Oracle Process Management and Notification Server Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 15
  16. 16. OHSとWebCacheのインストール/構成方法• Oracle HTTP Server 11g 、Oracle WebCache 11gは、「Oracle Web Tier Utilities」というバイナリで提供される • ORACLEホームを指定し、インストールを実行(同時にOPMNもインストールされる)• OHS, WebCacheを、WebLogicドメインと関連付けることで、Fusion Middleware ControlによるGUIでの構成管理が行える • WebLogicドメインにJRF、Enterprise Managerが構成されている必要がある • 「Application Developer」というバイナリにて上記2コンポーネントが提供される • opmnctlコマンドライン・ユーティリティによるCUIベースの管理も可能 • FMW Controlからルーティングなどの構成が可能 Middleware Home($MW_HOME) WebLogic ドメイン Oracleインスタンス Oracle HTTP 管理対象 関連付け 管理サーバ Server WebLogic Server User Projects Oracle Home Oracle Home サーバ Admin Console Home (WebTier) (AppDEV) FMW Control Oracle WebCache 管理可能 Oracleインスタンス Domains 管理・監視 Oracle HTTP OPMN Server ノードマネージャ Domain Home WebCache Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 16
  17. 17. OHSとWebCacheのインストール/構成手順① WebLogic Serverのインストール② Application Developer(EM, JRF) のインストール③ WebLogicドメインの作成④ Web Tierのインストールと構成⑤ Oracle HTTP Serverの構成 ②メディア名: Oracle Application Developer 11g ① ADF MDS TopLink … メディア名: Oracle WebLogic Server 11g Java Required Files(JRF) ④ WebLogicクラスタ Enterprise Manager メディア名: Oracle Web Tier 11g JRF FMW Control 管理対象 FMW Control サーバ Oracle Oracle mod_wl_ohs 管理サーバ HTTP(s)Web Cache HTTP 11g Server 11g ⑤ 関連付け 管理操作 管理対象 サーバ ③ OPMN WebLogicドメイン Oracle WebLogic Server 11g ※Oracle Web Tierを別ノードに配置することも可能 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 17
  18. 18. 参考:Java Required Files(JRF)• Oracle SOA Suite/WebCenter SuiteなどをWebLogic Server以外 のJava EEコンテナで稼動させるために必要なライブラリ群 • Hot Pluggableのための抽象化レイヤー • Oracle WebLogic Serverには含まれず、SOA Suite、WebCenter Suite 、もしくは「Oracle Application Developer」というメディア内に含まれる。• JRFに含まれるコンポーネント SOA Suite WebCenter FMW Suite Control • Oracle ADF など • Oracle TopLink ADF XDK DMS MDS TopLink … OWSM • MDS - Metadata Services Java Required Files(JRF) • JMX Framework WebLogic Server 他社APサーバ (※将来のバージョンで対応予定) • XDK - XML Development Kit FMW 11g R1 PS2 • DMS - Dynamic Monitoring Service • Oracle Web Services • OWSM - Oracle Web Services Manager Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 18
  19. 19. WebLogic Serverのクラスタ• WebLogic Serverのクラスタとは • WebLogic Serverインスタンス(基本的に管理対象サーバ)が複数動作し 、これらが互いに連携して負荷分散機能と組合せることによる拡張性の 向上と、フェイルオーバ機能(セッション・フェイルオーバ)機能による信頼 性の向上を提供 • 負荷分散機能としてWebサーバ(プロキシ)を利用する場合のクラスタ・プ ラグイン Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 19
  20. 20. WebLogic クラスタの特徴• クラスタ内の通信 • IPマルチキャスト通信 • クラスタのハートビート • クラスタに参加している各サーバ(管理対象サーバ)が相互に使用可能で あることを通知するために、定期的に「ハートビート」メッセージをブロード キャストする。 • クラスタワイドのJNDI更新 • クラスタに参加している各サーバが持つJNDIツリー(WebLogicServerが 提供するネーミングサービス)を、ローカルだけでなく、クラスタ内のほかの サーバのJNDIツリーも利用できるように、更新のための通信が定期的に 行われる。 • IPソケット(ユニキャスト)通信 • セッションステートのレプリケーション(インメモリレプリケーション利用時) • HTTP セッションステートとステートフルセッション EJB のステートの、プラ イマリ サーバとセカンダリ サーバ 間でのレプリケーション ポイント•同一のネットワークセグメントの中でクラスタを構成するようにしてください。セグメントをまたいでしまうとネットワークトラフィックが増えて、性能劣化につながる可能性があります。もし、セグメントをまたぐ構成にする場合は、クラスタの設定に注意してください。•ファイヤウォールをトンネリングするクラスタ構成は避けてください。トンネリングすることは可能ですが、セキュリティ、性能面に悪影響が生じます。•WebLogic Serverのクラスタ専用のマルチキャストアドレス/ポートを使うようにしてください。ほかのWebLogic Serverのクラスタやその他のアプリケーションで使用するマルチキャストアドレスが重なると、IPマルチキャストによって行われる処理が正常に行われない可能性があります。 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 20
  21. 21. クラスタ化可能なオブジェクト• 「クラスタ化可能なオブジェクト」とは、クラスタ内の複数の サーバで利用できるアプリケーションコンポーネントであ る • ServletとJSP • EJBとRMIオブジェクト • JDBC接続 • JMS接続ファクトリ• クラスタ化されたオブジェクトでは、負荷分散とフェイルオ ーバが有効になる Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 21
  22. 22. アプリケーションの「層」• アプリケーションは、個々の機能をあらわす(論理的な)層 に分けることができる • Web 層 • プレゼンテーション層 • ビジネス層• WebLogic Serverは、すべての層に対してクラスタリング をサポートしている Web層 プレゼンテーション層 ビジネス層 WWWサーバ Webコンテナ EJBコンテナ Plug-in Servlet JSP EJB Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 22
  23. 23. 基本クラスタ アーキテクチャ• 全ての層が同じWebLogic Server クラスタにデプロイされる•メリット •デメリット • 管理の容易さ • ロードバランシングはクライアントと クラスタとの間でのみ行われる • 柔軟性の高いロードバランシング • EJBメソッド呼び出しをロードバ • 堅牢なセキュリティ ランスすることができない • 最適なパフォーマンス ドメイン サーバ 1 Web EJB コンテナ コンテナ DB ロード バランサ サーバ 2 Web EJB コンテナ コンテナ DB ファイア クラスタ ウォール Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 23
  24. 24. 多層クラスタ アーキテクチャ• Web 層、プレゼンテーション層とビジネス層が複数の異なる WebLogic Server クラスタにデプロイされる•メリット •デメリット • EJBメソッドのロードバランシング • ビジネス層への呼び出しは常にネ ットワークが使用される • 可用性の向上 • ライセンス費用が増加する • より柔軟なセキュリティ ドメイン サーバ 1 サーバ 3 Web EJB コンテナ コンテナ DB ロード バランサ サーバ 2 サーバ 4 Web EJB DB コンテナ コンテナ ファイア ウォール クラスタ A クラスタ B Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 24
  25. 25. Webアプリケーションのクラスタ化• WebLogic Serverでは、HTTPセッションを永続化するこ とでWebアプリケーションのクラスタリングを実現する• HTTPセッションの永続化方式 • インメモリレプリケーション • Cookieレプリケーション • JDBCレプリケーション • ファイルレプリケーション Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 25
  26. 26. インメモリレプリケーション クラスタ• インメモリレプリケーションはクラスタ内の2つ サーバ1のサーバ間で次のオブジェクトを永続化する プライマリ • HttpSessionオブジェクト • ステートフルセッションBean サーバ2• バックアップの作成先の決定 バックアップ • バックアップサーバは、マシンやレプリケーション・ グループの設定によって決まる プライマリ • バックアップオブジェクトは、プライマリオブジェクト が作成されると直ちに作成される サーバ3 バックアップ Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 26
  27. 27. インメモリレプリケーション• プライマリオブジェクトがフェイルするとバックアップオブジ ェクトがプライマリオブジェクトに昇格する クラスタ クラスタ サーバ1 サーバ1 プライマリ サーバ2 サーバ2 バックアップ プライマリ サーバ3 サーバ3 バックアップ Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 27
  28. 28. ロードバランサを使ったフェイルオーバ ドメイン クラスタA マシン1 サーバA サーブレット プライマリ状態 Web ロードクライアント バランサ マシン2 サーバB サーバC サーブレット サーブレット クッキー クッキー プライマリ状態 バックアップ状態プライマリ:サーバAプライマリ:サーバAセカンダリ:サーバBセカンダリ:サーバB Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 28
  29. 29. レプリケーショングループ• 「レプリケーショングループ」とは、クラスタ内で関係付け られた複数のサーバで構成される論理的なグループの ことである • レプリケーショングループを使うことにより、バックアップオブジ ェクトの配置場所を制御できる• バックアップ作成先に対する条件 1. バックアップオブジェクトを「セカンダリ プリファレンスグループ」 中のサーバに対して作成する(設定されている場合) 2. バックアップオブジェクトを別の「マシン」上のサーバに作成する Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 29
  30. 30. サーバの順位付け• バックアップオブジェクトは、クラスタ内のサーバの順位付 けをもとに作成されるサーバがセカンダリ プリファレン サーバが別のマシン上に存在 サーバのスグループのメンバーであるか? するか? 順位 はい はい 1 はい いいえ 2 いいえ はい 3 いいえ いいえ 4 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 30
  31. 31. WebLogic JDBC概要 データソースアーキテクチャ概要 WebLogic Server JNDI Tree データソース コネクションプール 非RAC Connection アプリケーション Connection Connection Servlet Lookup EJB DataSource マルチデータソース データソース1 RAC データソース1 コネクションプール データソース2 Connection Connection Connection 外部 Lookup データソース2Java Client DataSource コネクションプール Connection クラスタ化されたスタブ Connection Connection Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 31
  32. 32. WebLogic JDBC概要 マルチデータソースのフェイルオーバー  アプリケーションからの接続要求  順序付けされたデータソースリストからデータソースを選択  接続テスト(例:dual表へのselect発行)  失敗した場合は②のデータソースリストの次のデータソースを選択  失敗したデータソースを無効化し、定期的に接続テスト(フェイルバック用)  SQL実行(接続取得後のRACインスタンス障害はフェイルオーバーしない。) WebLogic Server データソース1 ③接続テスト コネクションプール 失敗 RAC1 ②リストからデータソース選択 RAC1接続 × (データソース1を選択) RAC1接続 障害 マルチデータソース RAC1接続 ①接続要求 データソース1 データソース2 データソース2 コネクションプール RAC2 ④データソース2で再トライ RAC2接続 RAC2接続 RAC2接続 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 32
  33. 33. WebLogic JDBC概要 マルチデータソースのメリット  RACインスタンス追加時に追加インスタンス用データソースを作成し、マルチデ ータソースに動的に組み込むことで効率よくDBへのリクエストが負荷分散される  シングルデータソース・シングルコネクションプールの構成ではコネクション プールの最大数を使い切っている時にRACインスタンスを追加しても追加 インスタンスへの接続は作成されない。バランス良く負荷分散するためには 一旦コネクションプールをクリーンアップする等の運用手順が必要。 シングルデータソース シングルデータソース コネクションプール •コネクションプールのクリーンアップ コネクションプール RAC1 RAC1 RAC1接続 •サービス停止 RAC1接続 RAC1接続 RAC1接続 •アプリケーションサーバー再起動 RAC1接続 RAC2 RAC2 RAC2接続 RAC2接続 RAC2接続 RAC2接続 RAC2接続 RAC3 RAC3 RAC3接続 設定:Max=6 RAC3接続 飽和状態 追加インスタンス Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 33
  34. 34. 参考:RACサービス連携構成  RAC Service-Instance connectionsを利用した構成 WebLogic Server データソース(FIN-RAC1) FIN RAC1 コネクションプール RAC1接続 FIN用マルチデータソース ACTIVE データソース(FIN-RAC1) データソース(FIN-RAC2) ACTIVE データソース(FIN-RAC2) コネクションプール RAC2接続 データソース(FIN-RAC3) データソース(FIN-RAC3) コネクションプール RAC2 データソース(HR-RAC1) コネクションプール HR用マルチデータソース データソース(HR-RAC1) 有効な物理接続が無い データソース(HR-RAC2) RAC1とRAC2でFINサー データソース(HR-RAC2) コネクションプール ビスを設定 HRサービスはRAC3のみ ACTIVE データソース(HR-RAC3) HR RAC3 データソース(HR-RAC3) コネクションプール RAC3接続RACサービス数=マルチデータソース数マルチデータソースに含まれるデータソースの数=RACインスタンス数 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 34
  35. 35. オラクルのミドルウェア関連情報 twitter.com/OracleMiddle_jp/最新情報つぶやき中 最新情報OracleMiddle_jp おすすめ情報 セミナ情報 などなど slideshare.net/OracleMiddleJP 製品資料 顧客事例 ホワイトペーパー などなど Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 35
  36. 36. OTNセミナー オンデマンド コンテンツ ダイセミで実施された技術コンテンツを動画で配信中!! ダイセミのライブ感はそのままに、お好きな時間で受講頂けます。 最新情報つぶやき中 OracleMiddle_jp ・セミナ情報 ・お勧め情報 ・公開予告 など OTN オンデマンド※掲載のコンテンツ内容は予告なく変更になる可能性があります。 期間限定での配信コンテンツも含まれております。お早めにダウンロード頂くことをお勧めいたします。 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 36
  37. 37. Oracle エンジニアのための技術情報サイト オラクルエンジニア通信 最新情報つぶやき中 http://blogs.oracle.com/oracle4engineer/ oracletechnetjp• 技術資料 • ダイセミの過去資料や製品ホワイト ペーパー、スキルアップ資料などを 多様な方法で検索できます • キーワード検索、レベル別、カテゴ リ別、製品・機能別• コラム • オラクル製品に関する技術コラムを 毎週お届けします • 決してニッチではなく、誰もが明日 から使える技術の「あ、そうだったん こんな資料が人気です だ!」をお届けします  6か月ぶりに資料ダウンロードランキングの首位が交代! 新王者はOracle Database構築資料でした。  データベースの性能管理手法について、Statspack派も Enterprise Manager派も目からウロコの技術特集公開中 オラクルエンジニア通信 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 37
  38. 38. OTN×ダイセミ でスキルアップ!! ・一般的な技術問題解決方法などを知りたい! ・セミナ資料など技術コンテンツがほしい! Oracle Technology Network(OTN)を御活用下さい。http://forums.oracle.com/forums/main.jspa?categoryID=484 一般的技術問題解決にはOTN掲示版の 「ミドルウェア」をご活用ください ※OTN掲示版は、基本的にOracleユーザー有志からの回答となるため100%回答があるとは限りません。 ただ、過去の履歴を見ると、質問の大多数に関してなんらかの回答が書き込まれております。 http://www.oracle.com/technetwork/jp/testcontent/index-086873-ja.html 過去のセミナ資料、動画コンテンツはOTNの 「OTNセミナー オンデマンド コンテンツ」へ※ダイセミ事務局にダイセミ資料を請求頂いても、お受けできない可能性がございますので予めご了承ください。 ダイセミ資料はOTNコンテンツ オン デマンドか、セミナ実施時間内にダウンロード頂くようお願い致します。 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 38
  39. 39. ITプロジェクト全般に渡る無償支援サービス Oracle Direct Conciergeサービス■パフォーマンス診断サービス ■システム構成診断サービス•Webシステム ボトルネック診断サービス NEW •Oracle Database構成相談サービス•データベースパフォーマンス 診断サービス •サーバー統合支援サービス •仮想化アセスメントサービス■移行支援サービス •メインフレーム資産活用相談サービス•SQL Serverからの移行支援サービス •BI EEアセスメントサービス•DB2からの移行支援サービス •簡易業務診断サービス•Sybaseからの移行支援サービス•MySQLからの移行支援サービス ■バージョンアップ支援サービス•Postgre SQLからの移行支援サービス •Oracle Databaseバージョンアップ支援サービス•Accessからの移行支援サービス •Weblogic Serverバージョンアップ支援サービス NEW•Oracle Application ServerからWeblogicへ •Oracle Developer/2000(Froms/Reports)移行支援サービス NEW Webアップグレード相談サービス オラクル社のエンジニアが 直接ご支援します お気軽にご活用ください! オラクル 無償支援 検索 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 39
  40. 40. 1日5組限定! 製品無償評価サービス 提供シナリオ一例 ・データベースチューニング ・無停止アップグレード ・アプリケーション性能・負荷検証 ・Webシステム障害解析 インストールすることなく、すぐに体験いただけます • サービスご提供までの流れ 1. お問合せフォームより「製品評価サービス希望」と必要事項を明記し送信下さい 2. 弊社より接続方法手順書およびハンズオン手順書を送付致します 3. 当日は、弊社サーバー環境でインターネット越しに製品を体感頂けます ※サービスご提供には事前予約が必要です Web問い合わせフォーム「ダイデモ」をキーワードに検索することで申し込みホームページにアクセスできます http://www.oracle.com/jp/direct/services/didemo-195748-ja.html Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 40
  41. 41. あなたにいちばん近いオラクル Oracle Direct まずはお問合せください Oracle Direct 検索 システムの検討・構築から運用まで、ITプロジェクト全般の相談窓口としてご支援いたします。 システム構成やライセンス/購入方法などお気軽にお問い合わせ下さい。 Web問い合わせフォーム フリーダイヤル 専用お問い合わせフォームにてご相談内容を承ります。http://www.oracle.com/jp/direct/inquiry-form-182185-ja.html 0120-155-096 ※月曜~金曜 9:00~12:00、13:00~18:00 ※こちらから詳細確認のお電話を差し上げる場合がありますので、ご登録さ れている連絡先が最新のものになっているか、ご確認下さい。 (祝日および年末年始除く) Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  42. 42. Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  43. 43. Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 43

×