Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

ココが変わった Oracle WebLogic Server 12.2.1

3,072 views

Published on

2016年4月28日に開催された第57回WebLogic Server勉強会@東京のセッションです。
WebLogic Server 12.2.1 で追加された新機能や変更点について説明します。管理者の方が
注意したい「WebLogic Server の使いこなしのポイント」をまとめてご紹介しています。

日本オラクル株式会社 オラクルユニバーシティ 岡田 大輔

Published in: Technology
  • I am so pleased that I found you! I have suffered from Sleep Apnea for years. I have tried everything to fix the problem but nothing has worked. For the last years I have been trying to use a CPAP machine on and off but it is very difficult to sleep with. It's noisy and very uncomfortable. I had no idea there was a natural way to help me. I am so pleased that I found you! ♥♥♥ http://ishbv.com/snoringno/pdf
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

ココが変わった Oracle WebLogic Server 12.2.1

  1. 1. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ココが変わった Oracle WebLogic Server 12.2.1 第57回 WebLogic Server 勉強会@東京 日本オラクル株式会社 オラクルユニバーシティ 岡田 大輔 2016年4月28日
  2. 2. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。 また、情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むこと はできません。以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコ ミットメント(確約)するものではないため、購買決定を行う際の判断材料にな さらないで下さい。オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリース および時期については、弊社の裁量により決定されます。 Oracleは、米国オラクルコーポレーション及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商 標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。 2
  3. 3. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | WebLogic Server 12.2.1 新機能 3
  4. 4. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | • マルチテナント対応 – ドメイン・パーティション – リソース・グループ – 仮想ターゲット – リソース消費管理 • 継続的可用性 – ダウンタイムなしのパッチ適用 – MT ライブ・リソース・グループ移行 • Docker 対応 • Java EE 7 サポート – WebSocket/JAX-RS アプリケーションの 監視 – JMS 2.0 – Default DataSource のサポート etc • 構成管理 – 名前付き同時編集セッション • などなど 4 Oracle WebLogic Server 12.2.1 の主な新機能
  5. 5. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 1. JDK 8 のサポート 2. Java EE 7 サポート 3. IDE サポート 4. 管理コンソール 5. パラレル・デプロイメント 6. 新しいデータソース 7. 動的クラスタの拡張度の サポート 8. WLDF 9. WLST によるクラスタの スケーリング 10.RESTful 管理サービス (番外編) 非推奨になった機能 5 他にもあります。WebLogic Server 12.2.1 の新機能
  6. 6. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 1. Java SE 8 のサポート • WebLogic Server 12.2.1 は JDK 8 をサポート – WebLogic Server 12.2.1 クライアントは JDK 7.0, JDK 8.0 (u40) – JDK 8u40 からは次の JVM 引数でリソース消費管理 (RCM) を有効化できる • WebLogic Server のインストールを実行できる JDK はこちらから。 – Oracle Technology Network の Oracle Fusion Middleware Supported System Configurations – 1 Oracle WebLogic Server のインストールの計画 • 1.5 システム環境の確認のロードマップ 6 1. export USER_MEM_ARGS="-Xms512m -Xmx1024m -XX:MaxPermSize=256m" 2. JAVA_OPTIONS+=" -XX:+UnlockCommercialFeatures -XX:+ResourceManagement - XX:+UseG1GC" 3. export JAVA_OPTIONS TIPS: JDK 8 で無効な JVM 引数は無視される Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM warning: ignoring option MaxPermSize=256m; support was removed in 8.0 setUserOverriedes.sh
  7. 7. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | おさらい. 起動スクリプト • サーバーの起動スクリプトはド メイン作成時に生成される – 管理サーバーの起動 – 管理対象サーバーの起動 7 $WL_HOME/bi n commEnv.sh $DOMAIN/con fig setDomainEnv. sh startManagedWebLogic. sh startWebLogic. sh $ ./startWebLogic.sh $ ./startManagedWebLogic.sh <server_name> <admin_url> server_name … 起動する管理対象サーバー名 admin_url … 管理サーバーのURL (ホスト名, ポート番号) call call call-2 インストール共通の環境 設定スクリプト ドメイン共通の環境設定 スクリプト 管理対象サーバー起動 スクリプト 管理サーバー起動 スクリプト setUserOverride. sh call-1 ドメイン共通のサーバー 起動設定カスタマイズ・ スクリプト
  8. 8. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 8 2. Java EE 7 サポート JSP 2.2 JSF 2.2 EL 3.0 Java API for JSON 1.0 Interceptors 1.1 CDI 1.1 EJB 3.2 JAX-RS 2.0 Java API for WebSocket 1.0 JPA 2.1 JTA 1.2 Common Annotations 1.1 JMS 2.0 Batch Applications 1.0 Bean Validation 1.1 Connector 1.7 Servlet 3.1 Portable Extensions Concurrency Utilities 1.0 Updated New Feature Major Release New in 12.2.1
  9. 9. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 3. IDE サポート • NetBeans 8.1 – WebLogic Server 12.2.1 & Java EE 7 • JDeveloper – JDeveloper 12.2.1 • Eclipse – [NEW!] $ORACLE_HOME/wlserver/server/bin/eclipse.sh • OEPE のダウンロード&インストールをサポートする 便利ツール 9
  10. 10. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | • WebLogic Server 12.2 の管理コン ソールの新機能 •仮想ターゲット •リソースグループ リソースグループ・テンプ レート •パーティション・ ワーク・マネージャ •リソース管理 •ドメイン・パーティション 10 4. 管理コンソール
  11. 11. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 5. パラレル・デプロイメント • WebLogic Server 12.2.1 は、パラレル・デプロイメントをサポー ト – デプロイ順序が同じアプリケーションは相互に並行してデプロイ可能に • サーバーの起動時や起動後のデプロイメント時間の短縮可能 • WebLogic Server 12.2.1 ドメインではデフォルトで有効化される – パラレル・デプロイメントの対象 • 複数のアプリケーション (アプリケーションのパラレル・デプロイメント) • 複数モジュールを持つ単一アプリケーション (モジュールのパラレル・デプロイメント) • 複数のパーティションにまたがる 1 つ以上のアプリケーション 11 TIPS: パラレル・デプロイメントに関連するMbean と属性 • DomainMBean:ParallelDeployApplications,ParallelDeployApplicationModules 属性 • PartitionMBean:ParallelDeployApplications,ParallelDeployApplicationModules 属性 • AppDeploymentMBean:ParallelDeployModules属性 TIPS: アプリケーションやモジュール間に依存関係がある場合は注意!
  12. 12. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | WebLogic Server 12.2.1 の新しい データソース •プロキシ・データ ソース •UCP データソース 12 6-1. 新しいデータソース TIPS: UCP データソース Oracle Database への接続に UCP (Universal Connection Pool )を 使用するデータソース
  13. 13. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | • プロキシ・データソース – プロキシ切替えプロパティに基づい て異なるデータソースを返す – デフォルトでは、パーティションが プロキシ切替えプロパティ • コールバック・クラス でカスタマイズ可 (weblogic.jdbc.extensions.DataSourceSwitchingCallba ck) 13 6-2. プロキシ・データソース TIPS: 切替えプロパティの指定方法 • パーティション名=データソースのJNDI名 • 名前が合致しないパーティションは 「default 」を使用 プロキシ データソース データソース A データソース B パーティション P1 からアクセス パーティション P2 からアクセス 切り替えプロパティ P1=dsA;P2=dsB
  14. 14. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 7. 動的クラスタの拡張度のサポート • 動的クラスタ … WebLogic Server 12.1.2 〜 • 動的クラスタのオート・スケーリング … WebLogic Server 12.2.1 14 myCluster (動的クラスタ) Generated Server1 サーバー・テンプレート Generated Server2 myCluster(動的クラスタ) Generated Server1 サーバー・テンプレート Generated Server2 Generated Server1 Generated Server2 動的サーバー数: 2 動的サーバー数: 4 スケール・アップ スケール・ダウン [スケーリングの方法] • コンソール • WLST • REST • ポリシーとアクション • カレンダー・ベース
  15. 15. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 8-1. WLDF (WebLogic Diagnostic Framework) • WebLogic Server 12.2.1 では、診断モジュールの「監視」と「通 知」が「ポリシー」と「アクション」に置き換えられる – 新しいポリシー • スマート・ルール • カレンダ・ベース – 新しいアクション • スケール・アップ/スケール・ダウン • REST 通知 • スクリプト実行 • 診断イメージに含まれるファイルの拡張子は .txt または .xml に – 以前のリリースの .img から変更 15 TIPS: 変更点は用語のみなので 用語の定義はかわらない ポリシー 平均スループットが 80 に満たな い クラスタメンバーが全体の75%に なったら アクション 動的クラスタmyClusterでサー バー を 1 つスケール・アップする 例): ポリシーとルールによる動的クラスタのオートスケーリン グ
  16. 16. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | クラスタ クラスタ平均スループット (下限) または (上限) Cluster High Average Process CPU Load クラスタ平均保留中ユーザー・リクエスト数 (下限) または (上 限) クラスタ平均スタック・スレッド (上限) クラスタ平均スレッド・プール・キュー長 (下限) または (上限) Cluster Low Average Process CPU Load クラスタ平均アイドル・スレッド (下限) または (上限) クラスタ平均システム負荷 (下限) または (上限) クラスタ平均空きヒープ比率 (下限) または (上限) Cluster Low Average System CPU Load Cluster Generic Metric Smart Rule Cluster High Average System CPU Load サーバー 平均アイドル・スレッド (下限) または (上限) 平均スループット (下限) または (上限) Generic Metric Smart Rule 平均保留中ユーザー・リクエスト数 (下限) または (上限) Low Average Process CPU Load 平均システム負荷 (上限) または (下限) 平均スレッド・プール・キュー長 (下限) または (上限) High Average System CPU Load Low Average System CPU Load 平均空きヒープ比率 (下限) または (上限) High Average Process CPU Load 16 8-2. スマート・ルール (事前定義済みのポリシー式)
  17. 17. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 9. WLST による動的クラスタのスケーリング • 動的クラスタをスケーリングするための WLST コマンド – 2 つのサーバー追加するスケールアップ操作 17 scaleUp / Down ( clusterName, // 動的クラスタの名前 numServers, // 起動・停止するサーバーの数 [updateConfiguration], // クラスタの最大サイズを変更するか (default: falase) [block], // WLSTコマンドがブロックされるか (default: true) [timeoutSeconds], // タイムアウト秒数 (default: 600 scaleUp / 300 scaleDown) [Type] // MBean の型 (値は DynamicCluster のみ) ) wls:/myDomain/serverConfig> scaleUp('myCluster', 2, true, true)
  18. 18. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 10-1. RESTful 管理サービス • WebLogic Server を構成、監視、デプロイおよび管理するための包 括的なパブリック・インターフェース – WebLogic Server 12.2.1 ではデフォルトで有効化される – 管理サーバーと管理対象サーバーで使用可能 – MBean に対する REST リソースが提供される • MBean ツリー: domainConfig/domainRuntime, serverConfig/serverRuntime, edit 18 http://<host>:<port>/management/weblogic/latest/… TIPS: 12.1.3 と URL が異なる (…/wls/...) ので注意!
  19. 19. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 10-2. REST による CRUD 操作: Create • 管理対象サーバー svr1 を作成する – POST (curl) 19 $ curl -v --user weblogic:welcome1 ¥ -H X-Requested-By:MyClient ¥ -H Accept:application/json ¥ -H Content-Type:application/json ¥ -d "{ name: 'svr1' }" ¥ -X POST ¥ http://localhost:7001/management/weblogic/latest/edit/servers TIPS: Create はリクエスト・ヘッ ダ に X-Request-By を含める
  20. 20. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 10-3. REST による CRUD 操作: Read • サーバー(AdminServer)の名前と状態を取得する – GET (ブラウザ) http://localhost:7001/management/weblogic/latest/domainRuntime/s erverLifeCycleRuntimes/AdminServer?links=none&fields=name,state レスポンス: { “name”: "AdminServer", "state": "RUNNING" } 20 TIPS: 情報を取得する対象は 管理対象サーバーでもOK
  21. 21. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 10-4. REST による CRUD 操作: Update • 管理対象サーバー svr1 のリスン・ポートを更新する – POST (curl) 21 $ curl -v --user weblogic:welcome1 ¥ -H Accept:application/json ¥ -H Content-Type:application/json ¥ -d "{ listenPort: 7101 }" ¥ -X POST ¥ http://localhost:7001/management/weblogic/latest/edit/servers/svr1
  22. 22. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 10-5. REST による CRUD 操作: Delete • 管理対象サーバー svr1 を削除する – DELETE (curl) 22 $ curl -v --user weblogic:welcome1 ¥ -H X-Requested-By:MyClient ¥ -H Accept:application/json ¥ -H Content-Type:application/json ¥ -X DELETE ¥ http://localhost:7001/management/weblogic/latest/edit/servers/svr1
  23. 23. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 10-6. REST によるサーバの停止 • サーバーの停止 – POST (curl) 23 $ curl -v --user weblogic:welcome1 ¥ -H X-Requested-By:MyClient ¥ -H Accept:application/json ¥ -H Content-Type:application/json ¥ -d "{timeout: 10, ignoreSessions: true}" ¥ -X POST ¥ http://localhost:7001/management/weblogic/latest/domainRuntime/serverLifeCycleRu ntimes/AdminServer/shutdown
  24. 24. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | • wlfullclient.jar (12.1.3) • WLST addTemplate と readTemplate コマンド – selectTemplate と loadTemplate を 使用 • WebLogic Server と Spring の 統合機能 • Jersy 1.18 クライアント API – JAX-RS 2.0 クライアント API を 使用 • Cache Filter API (削除された機能) • 互換性セキュリティの削除 • WebLogic キーストア・プロバイダ • Certificate Request Generatorサーブレッ ト • Jersy 1.18 サーバー API 24 (番外編) 非推奨になった機能
  25. 25. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | オラクルユニバーシティからのお知らせ 25
  26. 26. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | オラクルユニバーシティからのお知らせ • WebLogic Server 12c の管理方法や Java EE 7 ベースのアプリケーション開 発方法を体系的に学習したい方に最適な研修コースをご提供しています。 – Classroomトレーニングだけでなく、Live Virtual Class や『Oracle トレーニング・オ ンデマンド』など多様な受講形態から選択いただけます。 26
  27. 27. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | コース内容  Oracle WebLogic Server概要  ドメインの作成  Administration Console  ドメインのモニタリング  アプリケーションのデプロイメント  WebLogic Server セキュリティ  ドメインのバックアップおよびリカバリ  WebLogic Serverのインストールおよびパッチ適用  サーバーの起動および停止  JDBCデータソースの構成  ノードマネージャ  WebLogic Serverクラスタリング  トランザクション・サービスのコンフィグレーション 受講前提条件 ・Linux の基本的な操作方法の理解 ・Java EE の基礎知識(サーブレットや JSP など) ※推奨 対象者 ・Oracle WebLogic Server 管理者 ・Javaアプリケーション開発者 ・アーキテクト コース日程 5日間 日程の詳細は Oracle University Webサイト にてご確認ください。 受講料 定価¥385,560(税込) ※Oracle PartnerNetwork 会員様は、パートナー割引価格で受講いただけます。 Oracle WebLogic Server 12c の運用管理スキルをしっかり習得 待望のWebLogic Server 12c(12.1.2)対応研修は絶賛提供中です。 このコースでは、アプリケーション・サーバー管理者がOracle WebLogic Server 12cのインストールおよび設定方法を習得することが できます。管理コンソールやコマンドラインツール(WLST)などを使用してドメインを構成する方法やJava EEアプリケーションをサ ーバーにデプロイする方法についても説明します。さらに、Oracle WebLogic Server のプロキシとしてOracle HTTP Serverを設定し 、WebLogic Serverクラスタによるアプリケーションのフェイルオーバーとロードバランシングをサポートする方法など、環境構築に必 要なスキルとWebLogic Serverのモニタリングやログ情報の収集など運用に必要なスキルを実機演習を通して習得できます。さらに、 Oracle WebLogic Server 12cで強化されたActive GridLink for RACの構成方法やWebLogic Server 12.1.2の新機能である動的クラス タなど注目の新機能もカバーします。(WebLogic Server 12.2.1 対応の日本語コースは 2016 年夏頃開講予定です。) Oracle WebLogic Server 12c: 管理 I 開催日程 ■ 2016年 7月 25日 (月) 〜 29日 (金) 27
  28. 28. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 28 • 一回目で合格できなくてももう一度挑戦できる! • オラクル認定資格 再受験無料 キャンペーン • 期間: 2016年1月22日 〜 2016年5月31日 • プロモーションコード: RETAKE16JP • キャンペーンの詳細は ピアソン VUE の Web サイト まで。 キャンペーン。はじめました。
  29. 29. Copyright © 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 29

×