Oracle BPM SuiteによるBPMNモデリング

2,282 views

Published on

Oracle BPM SuiteはBPMN2.0をサポートしています。この資料では、Oracel BPM Suiteで使用できるオブジェクトおよび基本的なモデリングについて説明します。

Published in: Technology
0 Comments
4 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,282
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
9
Actions
Shares
0
Downloads
59
Comments
0
Likes
4
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Oracle BPM SuiteによるBPMNモデリング

  1. 1. <Insert Picture Here>BPMNによるビジネスプロセス・モデリング日本オラクル株式会社
  2. 2. 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメント(確約)するものではないため、購買決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリースおよび時期については、弊社の裁量により決定されます。OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 2
  3. 3. はじめに• 本ドキュメントは、Oracle BPM Suite 11.1.1.6を 対象にしています。 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 3
  4. 4. Agenda• BPMNの基本 • BPMN イントロダクション • BPMN における主要概念 • Oracle BPMで使用可能なアクティビティ• プロセス・モデリング・パターン例 • 基本的なパターン • 拡張的な分岐と同期パターン • マルチインスタンス・パターン • キャンセル・パターン Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 4
  5. 5. BPMNの基本 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 5
  6. 6. BPMN イントロダクション• BPMN とは? • Business Process Modeling Notation(BPMN)とは、ビジネス・プロセスを 描画するグラフィカルな標準記法です • ビジネス・プロセスとその相互関係をフロー形式で表現します • OMGコンソーシアムによって策定され、最新バージョンは2.0 (2011年1月 に正式リリース) です• ビジネス・フレンドリー • ハイレベルなプロセス・フローから、詳細レベルのフローまでを記述すること が 可能です • ビジネス・ユーザにも理解しやすい簡単な表現でありながら、開発者が設計 で利用するのにも、十分な機能を有しています• Execution Ready • BPMNで定義された図と要素だけで、ビジネス・プロセス自体を一般化し、 かつそのプロセスを実行するのに十分な情報を表現することが可能です Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 6
  7. 7. BPMN における主要概念 – オブジェクト• BPMN は主に以下のオブジェクトで構成されます • アクティビティ:プロセスが処理する作業を表します • ゲートウェイ:分割やマージなどプロセスのフロー・ロジックを制御します。 • イベント:プロセスの開始、終了や他のプロセスとの通信、エラー・ハンドリングな どのプロセス内で発生する事柄を定義します • シーケンス:フロー:プロセス内で実行されるアクティビティの順序を示します開始イベント ゲートウェイ シーケンス・フロー 終了イベント アクティビティ Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 7
  8. 8. BPMN における主要概念 – スイムレーン • スイムレーンは、プロセスに属するロールをグラフィカルに表現する方法 であり、アクティビティを組織等で分類するために利用されますスイムレーン Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 8
  9. 9. Oracle BPMで使用可能なアクティビティ (1/4)マーカー 種類 説明 • アプリケーションを介して人が実行するアク ティビティを表します • 対話のパターンに応じて、以下のアクティビ ティを使用できます • ユーザー:シンプルな対話パターン 対話型 • イニシエータ:プロセスを開始 • グループ:グループ投票パターン • 管理:管理チェーンパターン • FYI:FYI通知パターン • 複合:複雑なルーティングパターン • アプリケーションを介さずに人が実行するア クティビティを表します 手動 • BPMNエンジンは、手動アクティビティの実 行・管理は行いません Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 9
  10. 10. Oracle BPMで使用可能なアクティビティ (2/4)マーカー 種類 説明 • 他のプロセスやサービスを、同期的に呼び出し サービス ます • 他のプロセスやサービスからの呼び出しを、非 受信 同期で受信します • 他のプロセスやサービスを、非同期で呼び出し 送信 ます • 再利用可能プロセスを、同期的に呼び出します コール • ビジネス・ルール・エンジン (Oracle Business ビジネス・ルール Rules) を呼び出します • データ・オブジェクトの値を変更します スクリプト • XPathで記述します Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 10
  11. 11. Oracle BPMで使用可能なアクティビティ (3/4)マーカー 種類 説明 • 1つ以上の対話型アクティビティに対して、操作 を実行します • 以下の操作が可能です • 結果の更新 • 優先順位の更新 更新 • 取消 • 一時停止 • 再開 • エスカレート • 再割当て • 一時停止タイマー • プロセスの一部をグループ化します サブプロセス イベント・サブプロ • プロセスの実行中に発生する例外を、サブプロ セス セスとして捕捉します Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 11
  12. 12. Oracle BPMで使用可能なアクティビティ (4/4)マーカー 種類 説明 • ユーザーまたはグループに対して、通知を送信 します • 以下の通知が可能です • 電子メール 通知 • SMS • インスタント・メッセージ • ボイスメール • ユーザー (アクティビティ実行時に通知タイプを 指定します) Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 12
  13. 13. サブプロセス• サブプロセスは、BPMNプロセスエディタ内でアクティビティ内部のプロセ スを展開したり、折りたたんだりすることができます• サブプロセスの中にさらにサブプロセスを配置するなど、入れ子にするこ とが可能です• サブプロセスの繰り返し処理を記述することが可能です • ループ:サブプロセス内のプロセスを指定回数実行 • マルチインスタンス:サブプロセスに対してインスタンスが生成され、 (シリア ルもしくはパラレルで)指定回数実行 サブプロセスを折りたたんだ状態 サブプロセスの展開状態 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 13
  14. 14. サブプロセスの記述上の注意 正しくない記述サブプロセスのフローから外部のアクティビティに直接接続してはならない 正しい記述 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 14
  15. 15. ゲートウェイ• シーケンス・フローの分岐や収束など、プロセスのフロー・ロジックを 制御するのがゲートウェイです• Oracle BPM Suiteには、「排他」、「イベント・ベース」、「パラレル」、 「包含」、「複合」の、5種類のゲートウェイがあります• ゲートウェイには、シーケンス・フローをいつくかのフローに分ける 「分岐」と、分岐させたフローを集約させる「収束」があります Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 15
  16. 16. 排他ゲートウェイ• 排他ゲートウェイは、 のマーカーで表します• 分岐で設定した真偽条件によって、複数のパスの中から一つのパス が選択されます デフォルト・パス 真偽条件に応じて、 いずれかのパスが 選択されます Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 16
  17. 17. 排他ゲートウェイによる収束 収束がない排他ゲートウェイ 収束がある排他ゲートウェイ排他ゲートウェイでは、収束を使用しなくても問題ありません Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 17
  18. 18. パラレル・ゲートウェイ• パラレル・ゲートウェイは、 のマーカーで表します• 分岐から分かれた複数のパスを同時に実行します• 分岐したパスは、全てのパスが収束で合流するか、別々の終了イベントに 向かいます 両方のパスを 実行します Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 18
  19. 19. 包含ゲートウェイ• 包含ゲートウェイは、 のマーカーで表します• 条件式が真となる全てのパスを実行します• 下記の例では、金額が5,100万の場合、社長、上長、経理の承認タスク を通過するパスを実行しますが、金額が3,200万の場合、上長、経理の 承認タスクのパスしか実行しません 5,000万以上 3,200万 5,100万 100万以上 デフォルト・パス デフォルト Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 19
  20. 20. 複合ゲートウェイの使用法• 複合ゲートウェイは、 のマーカーで表します• 収束で設定された条件式が真となれば、全てのフローが戻らなくても 先に進みます• 下記の例では、承認マージ・ゲートウェイの条件として社長承認があ れば、上長、経理承認が無くてもフローを進めます 社長承認があるので フローを進める 5,100万 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 20
  21. 21. イベント Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  22. 22. イベント• プロセスの進行タイミングを制御するもので、ある事象の発生地点を表現 します• イベントを表すマークには、3つの意味があります。 • イベントの発生点 • イベントのスロー/キャッチ • イベント内容• イベントの発生点は、「開始」、「中間」、「終了」の3種類あります• イベントの発生側/受信側によって、「スロー・イベント」、「キャッチ・イベン ト」に分けられます• イベント内容は、発生タイミングや発生/受信方法によって「なし」、「メッセ ージ」、「シグナル」、「タイマー」、「エラー」の5つに分けられます Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 22
  23. 23. イベント発生点• 円の線の種類でイベント発生点を区別します。マーカー 種類 説明 • プロセスの開始点を表します 開始イベント • 細線で表現されます • プロセスの終了点を表します 終了イベント • 太線で表現されます • 開始イベントと終了イベントの間で、イベント 中間イベント が発生する場所を表します • 二重線で表現されます Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 23
  24. 24. イベントのスロー/キャッチ• 中心にあるアイコンの塗りつぶし方で区別しますマーカー 種類 説明 • 指定した種類のイベントをスローします • スローは、中間イベント、終了イベントで利 スロー 用可能です • 中心にあるアイコンが濃く塗りつぶされて表 現されます • 指定したイベントをキャッチします • キャッチは、開始イベント、中間イベントで利 キャッチ 用可能です • 中心にあるアイコンは塗りつぶされずに表 現されます Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 24
  25. 25. イベント内容• 中心にあるアイコンの種類で区別しますマーカー 種類 説明 • 発生や受信のタイミングを持たないイベントです なし メッセージ • メッセージの送受信のためのイベントです • シグナルの送受信のためのイベントです シグナル • 複数のシグナルイベントに同時に送信することが可 能です • 設定した日時、または時間間隔で発生するイベント タイマー です エラー • エラーに関するイベントです Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 25
  26. 26. 開始イベント・タイプ• プロセスの開始点を表します• 1つのプロセスに対して、複数の開始イベントを配置可能ですマーカー 種類 説明 • イニシエーターもしくは受信アクティビティからプロセス なし を起動する場合に使用します • サブ・プロセスは必ず「なし」イベントから開始します • メッセージの受信をトリガーとしてプロセスを起動しま メッセージ す • シグナルの受信をトリガーとしてプロセスを起動します シグナル • 設定した特定の日時または時間間隔をトリガーとして タイマー プロセスを起動します Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 26
  27. 27. 終了イベント• プロセスの終了点を表します• 1つのプロセスに対して、複数の終了イベントを配置可能ですマーカー 種類 説明 • プロセス完了時にアクションを実行しません なし • サブプロセスでは、制御がメインプロセスに戻り、引き続 きメインプロセスの処理が行われます。 • プロセス完了時に、他のプロセスやサービスにメッセー メッセージ ジを送信します • プロセス完了時に、他のシグナル・イベントにシグナル シグナル を送信します • エラー・イベントをスローしてプロセスを終了します • 通常サブプロセス内で使用され、親プロセスやイベント・ エラー サブプロセス内のエラー・キャッチ・イベントをトリガーし ます • プロセスを即時に強制終了します 終了 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 27
  28. 28. 中間イベント (1/2)• プロセスの開始点と終了点ではなく、プロセス中に配置するイベントを 中間イベントと呼びます• 中間イベントには、スローとキャッチ・イベントがあります• キャッチ・イベントは、該当するシグナルまたはメッセージをスロー・イ ベントが送信するまで、処理をブロックしますスロー・中間イベントマーカー 種類 説明 なし • 何も行いません • メッセージをスローします メッセージ • メッセージは他のプロセスにある、指定のメッセージ・キ ャッチ・イベントをトリガーします。 • シグナルをスローします シグナル • スローしたシグナルをキャッチする、1つ以上のシグナ ル・キャッチ・イベントをトリガーします。 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 28
  29. 29. 中間イベント (2/2)キャッチ・中間イベントマーカー 種類 説明 • エラー・イベントをキャッチします エラー • エラーのキャッチがトリガーとなって、エラー・イベント後 の処理を実行します • メッセージをキャッチします メッセージ • メッセージのキャッチがトリガーとなって、プロセスを再 開します • シグナルをキャッチします シグナル • シグナルのキャッチがトリガーとなって、プロセスを再開 します • 設定した特定の日時または時間間隔がトリガーとなって、 タイマー プロセスを再開します Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 29
  30. 30. メッセージ・イベント例• メッセージの送信側でメッセージ・スロー・イベント、受信側でメッセージ・ キャッチ・イベントを使用します• 呼び出し引数や返り値を指定できます メッセージ受信後プロセスを進める メッセージをスロー それまで受信待ち 見積プロセスの中間・キャッチ イベントにメッセージを送信 承認プロセスの開始 見積プロセスイベントにメッセージを送信 メッセージをスロー してプロセスを終了 メッセージを受信することで プロセスを開始する 承認プロセス Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 30
  31. 31. シグナル・イベント例• イベントの送信側でイベント・スロー・イベント、受信側でイベント・キャッチ・ イベントを使用します• スローされたシグナルには識別子があり、キャッチ・イベントで捕捉すべき シグナルを判別できます シグナル1をスロー シグナル2をスロー シグナル2をキャッチ する全てのプロセスが 実行シグナル1をキャッチする全てのプロセスが 実行 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 31
  32. 32. タイマー・イベント例 • タイマーを使ったプロセス制御が可能です • タイマーとして、設定日時、または時間サイクルが利用可能です 四半期に一度 午前0時になるまでプロセスは中断。プロセスを開始する。 1週間経ってもパスワードが 変更されなければ催促メール 送信タスクに進む。 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 32
  33. 33. エラー・イベント例• プロセス内のエラー制御を行う場合に使用します• システム・エラーの他、独自のエラーを定義して制御することも可能です 与信が無い場合 エラーを送信 与信エラー捕捉し カード受付拒否 イベントに進む Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 33
  34. 34. プロセス・モデリング・パターン例 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 34
  35. 35. プロセス・モデリング・パターン• ここでは、プロセス・モデリングの典型的なパターンにつ いて記述します• その他のパターンについては、以下のサイトを参考にして ください • http://www.workflowpatterns.com/patterns/control/index.php Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 35
  36. 36. 基本的なパターン (1/3) ~ 基本的なプロセス制御• 直列 • 並列スプリット • アクティビティを直列に処理する • 複数の並列パスに分岐し、並列 パターン に実行するパターン パラレル・ゲート ウェイを使用 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 36
  37. 37. 基本的なパターン (2/3)• 同期 • 排他選択 • 並列パスを、一つのパスに収束 • 条件に基づいて、分岐パスから するパターン 一つのパスを選択するパターン 排他ゲートウェイ を使用 パラレル・ゲート ウェイを使用 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 37
  38. 38. 基本的なパターン (3/3)• シンプル・マージ • 複数のパスを一つのパスにマー ジするパターン 排他ゲートウェイ を使用 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 38
  39. 39. 拡張的な分岐と同期パターン (1/2) ~ より複雑な分岐とマージによるプロセス制御 • 複数選択 • 同期マージ • 条件に基づいて、複数のパスか • 複数選択パターンにて分岐した ら1つ以上のパスを選択するパタ 複数のパスを、1つのパスに収 ーン 束するパターン • すべてのトークンが同期される包括ゲートウェイを使用 包括ゲートウェイ を使用 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 39
  40. 40. 拡張的な分岐と同期パターン (2/2)• 複数マージ • 構造化された弁別器 • 複数選択パターンにて分岐した • 並列スプリットにて分岐したパス 複数のパスを、1つのパスに収 を、1つのパスに収束するパター 束するパターン ン • トークンはマージされない • 最初のトークンのみ流す 排他ゲートウェイ 複合ゲートウェイ を使用 を使用 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 40
  41. 41. マルチインスタンス・パターン (1/2)~ プロセスの一部をマルチスレッドで実行• 非同期マルチインスタンス • 設計時認知マルチインスタンス • 複数のインスタンスが生成され、 • 複数のインスタンスが生成され、 互いに独立して同時実行される 互いに独立して同時実行される パターン パターン • インスタンス数は事前に決定 マルチインスタンスの サブプロセスを使用 インスタンス数を固定値としたマルチ インスタンスのサブプロセスを使用 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 41
  42. 42. マルチインスタンス・パターン (2/2)• 実行時認知マルチインスタンス • 複数のインスタンスが生成され、 互いに独立して同時実行される パターン • インスタンス数は実行時に決定 インスタンス数を変数値としたマルチ インスタンスのサブプロセス Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 42
  43. 43. キャンセル・パターン ~ アクティブなインスタンスを停止させるパターン• キャンセル・タスク • キャンセル・ケース • タスクを実行前に停止させるパ • プロセス・インスタンスを停止さ ターン せるパターン • プロセス・インスタンスは未完了 の状態で停止 更新タスクによる タスクの停止 エラー・キャッチ・イベントと終了イベント によるプロセス・インスタンスの停止 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 43
  44. 44. オラクルのミドルウェア関連情報 twitter.com/OracleMiddle_jp/ 最新情報つぶやき中 最新情報OracleMiddle_jp おすすめ情報 セミナ情報 などなど slideshare.net/OracleMiddleJP 製品資料 顧客事例 ホワイトペーパー などなど Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 44
  45. 45. Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  46. 46. ITプロジェクト全般に渡る無償支援サービス Oracle Direct Conciergeサービス■パフォーマンス診断サービス ■システム構成診断サービス•Webシステム ボトルネック診断サービス NEW •Oracle Database構成相談サービス•データベースパフォーマンス 診断サービス •サーバー統合支援サービス •仮想化アセスメントサービス■移行支援サービス •メインフレーム資産活用相談サービス•SQL Serverからの移行支援サービス •BI EEアセスメントサービス•DB2からの移行支援サービス •簡易業務診断サービス•Sybaseからの移行支援サービス•MySQLからの移行支援サービス ■バージョンアップ支援サービス•Postgre SQLからの移行支援サービス •Oracle Databaseバージョンアップ支援サービス•Accessからの移行支援サービス •Weblogic Serverバージョンアップ支援サービス NEW•Oracle Application ServerからWeblogicへ •Oracle Developer/2000(Froms/Reports)移行支援サービス Webアップグレード相談サービス NEW オラクル社のエンジニアが 直接ご支援します お気軽にご活用ください! オラクル 無償支援 検索 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 46
  47. 47. 1日5組限定! 製品無償評価サービス 提供シナリオ一例 ・データベースチューニング ・無停止アップグレード ・アプリケーション性能・負荷検証 ・Webシステム障害解析 インストールすることなく、すぐに体験いただけます• サービスご提供までの流れ 1. お問合せフォームより「製品評価サービス希望」と必要事項を明記し送信下さい 2. 弊社より接続方法手順書およびハンズオン手順書を送付致します 3. 当日は、弊社サーバー環境でインターネット越しに製品を体感頂けます ※サービスご提供には事前予約が必要です Web問い合わせフォーム「ダイデモ」をキーワードに検索することで申し込みホームページにアクセスできます http://www.oracle.com/jp/direct/services/didemo-195748-ja.html Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 47
  48. 48. あなたにいちばん近いオラクル Oracle Direct まずはお問合せください Oracle Direct 検索システムの検討・構築から運用まで、ITプロジェクト全般の相談窓口としてご支援いたします。システム構成やライセンス/購入方法などお気軽にお問い合わせ下さい。 Web問い合わせフォーム フリーダイヤル専用お問い合わせフォームにてご相談内容を承ります。http://www.oracle.com/jp/direct/inquiry-form-182185-ja.html 0120-155-096 ※月曜~金曜 9:00~12:00、13:00~18:00※こちらから詳細確認のお電話を差し上げる場合がありますので、ご登録さ れている連絡先が最新のものになっているか、ご確認下さい。 (祝日および年末年始除く) Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  49. 49. Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  50. 50. Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 50

×