How to Write Low Latency Java Applications 【JavaOne Tokyo 2012 セッション資料紹介】

850 views

Published on

低レイテンシの要求を満たす Java アプリケーションを実装することは困難な場合があります。このセッシ
ョンは低レイテンシの Java アプリケーションを実装するために必要な概念について紹介します。

特に、一般的な JVM のガベージ・コレクション機能の紹介のほか、JVM の停止問題、JIT コンパイラが
如何に素早くハイパフォーマンスのコードを出力するかなどについて紹介します。また加えてJVM の停
止時間を減少させるためのコーディング・サンプル、GC の振る舞いを解析するツールの紹介、JIT のコ
ンパイルと JIT コンパイラーが生成するコードなどについて紹介します。

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
850
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
5
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

How to Write Low Latency Java Applications 【JavaOne Tokyo 2012 セッション資料紹介】

  1. 1. How to Write Low Latency Java Applications 【JavaOne Tokyo 2012 セッション資料紹介】 • 低レイテンシの要求を満たす Java アプリケーションを実装することは困難な場合があります。このセッシ ョンは低レイテンシの Java アプリケーションを実装するために必要な概念について紹介します。 • 特に、一般的な JVM のガベージ・コレクション機能の紹介のほか、JVM の停止問題、JIT コンパイラが 如何に素早くハイパフォーマンスのコードを出力するかなどについて紹介します。また加えてJVM の停 止時間を減少させるためのコーディング・サンプル、GC の振る舞いを解析するツールの紹介、JIT のコ ンパイルと JIT コンパイラーが生成するコードなどについて紹介します。 • 資料ダウンロード • JavaOne Tokyo 2012セッション資料公開ページへ • JavaOne Tokyo 2012 公式ページへ1 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  2. 2. How to Write Low Latency Java ApplicationsSimon Ritter 2 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  3. 3. Russia 17–18 April 2012 India 3–4 May 2012 San Francisco September 30–October 4, 20123 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  4. 4. The following is intended to outline our general product direction. It is intended for information purposes only, and may not be incorporated into any contract. It is not a commitment to deliver any material, code, or functionality, and should not be relied upon in making purchasing decisions. The development, release, and timing of any features or functionality described for Oracle’s products remains at the sole discretion of Oracle.4 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  5. 5. 5 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  6. 6. 6 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  7. 7. How to Write Low Latency Java Applications 【JavaOne Tokyo 2012 セッション資料紹介】 • 低レイテンシの要求を満たす Java アプリケーションを実装することは困難な場合があります。このセッシ ョンは低レイテンシの Java アプリケーションを実装するために必要な概念について紹介します。 • 特に、一般的な JVM のガベージ・コレクション機能の紹介のほか、JVM の停止問題、JIT コンパイラが 如何に素早くハイパフォーマンスのコードを出力するかなどについて紹介します。また加えてJVM の停 止時間を減少させるためのコーディング・サンプル、GC の振る舞いを解析するツールの紹介、JIT のコ ンパイルと JIT コンパイラーが生成するコードなどについて紹介します。 • 資料ダウンロード • JavaOne Tokyo 2012セッション資料公開ページへ • JavaOne Tokyo 2012 公式ページへ7 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  8. 8. 8 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

×