Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

設計プロセスの進捗の見える化 - コンテンツ管理ソリューション

4,011 views

Published on

自社の環境を見てみると、取引先の住所や、先月の注文数や、取引商品などは文字情報や数値情報としてデータベースに入っている。

それをもとにそれぞれの部門が必要な見える化を行い業務を進めている。またそのためのプラットフォームが導入され稼動している。

設計部門でも見える化が重要だとの視点に立つと、同じようにならないものかと思いました。
データベースに入るのが、文字、数値なのか、設計書なのかに大きな違いはないはずです。

設計書とそれに関連する情報がデータベースに入って、設計部門はもちろん、製造部門や調達、経営などの部門でそれぞれ必要な見える化ができると、製造企業におけるこのプラットフォームの威力は絶大ですよ。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

設計プロセスの進捗の見える化 - コンテンツ管理ソリューション

  1. 1. オラクルのコンテンツ管理ソリューション 製造業/企画、設計部門 設計プロセスの 進捗の見える化
  2. 2. 自社の環境を見てみると、取引先の住所や、先月の注文数や、取引商品などは文字情報や数値情報としてデータベースに入っている。それをもとにそれぞれの部門が必要な見える化を行い業務を進めている。またそのためのプラットフォームが導入され稼動している。設計部門でも見える化が重要だとの視点に立つと、同じようにならないものかと思いました。データベースに入るのが、文字、数値なのか、設計書なのかに大きな違いはないはずです。設計書とそれに関連する情報がデータベースに入って、設計部門はもちろん、製造部門や調達、経営などの部門でそれぞれ必要な見える化ができると、製造企業におけるこのプラットフォームの威力は絶大ですよ。
  3. 3. 製造業 / 設計部門の事例 設計プロセスの進捗の見える化 上長 「設計の進捗状況は? 本当に終わったの・・・?」 プロジェクト長 「発売日まであと2週間。でも残案件は30件ある。今日はいったい、いくつ完了したの ・ ?」 ・・ 設計部門長 「製造部に全部渡したよね・・・? これが無いって言われているよ・・・」承認者、調査役 「ファイルサーバーにおいてあるこの版って正式な版なの・・・? 開いてみたけど、 未完成な部分があるけど・・・」 設計部門の管理者の多く 「なんで進捗確認に、こんなに手間がかかるの・・・?」 設計担当 「あれっ、これって昨日まで仕掛かってた版だっけ・・・? あれっこっちだっけ・・・?」 設計の現場 「ファイルサーバー、データベース、PDM、メール・・・、設計の作業管理になんで こんなに多くのシステムがあるの・・・」設計部門のプロジェクト長、部門長の嘆きテレビ、AV 機器、ディジタルカメラ、携帯電話、カーナ ると、現場はもちろん、上長、プロジェクト長や、部門ビ、車などの新商品が市場に投入されるサイクルは、消 長は胃の痛い日が続きます。設計の進捗、残案件の進捗費者のニーズの多様化、海外メーカーの市場参入、新し をとにかく早く把握したい。しかし、 ファイルサーバー、い技術の採用など、多くの競争要因をともない短くなり データベース、PDM、掲示板、Lotus Notes などさまざつつあります。 まな『見るべき』システムがあって一瞬では進捗が把握 できない。結局メールで進捗報告を催促したり、一人ひ新商品の投入サイクルが短く、かつ同時に複数の種類の とりに進捗を聞いてまわって集計することがあります。商品が投入される今日、商品企画、設計、製造、販売促 正午前までに進捗を把握したいのに、それがまとまるの進などの各部門にとっては、作業の進捗のより正確な把 は夕刻・・・。 設計が本当に終わっているのか確認の握と制御、より高い生産性を実現することがビジネス要 ために設計書を開いて見ると、まだできていない・ ・。 ・件として求められます。さらに PL 法、国際規格 ISO な でも実は見ている版が違っていたりする。設計の進捗はどの法令や規格の定める品質、安全性など種々の項目に 管理しているが、人力による管理の要素が入ってくると、ついて厳密な記録、追跡や証拠開示の対策を備えておく どうしても効率が悪く、ミスも発生する。このようなこ必要があります。 とを経験すると疑心暗鬼の状態になりかねない。ひとつ の間違いが、品質、安全にかかわるものですから、神経商品を市場に投入し続けるということを「ビジネスの継 質になって当然です。」続」 、商品の品質を保証するということを「企業の信用維持」と置き換えてみると、企業の生命線ともいえるこの 「各設計担当者も、タイトルがついているだけの状態の2つの要件を、企業の根底で負っているのは、商品を製 第ゼロ版から始まって日々版を重ねていきますが、やは造するための指示書を作る設計部門であると認識できる り進捗会議前や、納期まで1、2週間を残すくらいになことでしょう。 ると、余裕が無くなってきます。ファイルサーバー、デ ータベースなど、設計上の記録を残すための管理の仕組 みがはりめぐらされていますが、これらに 携わっている「企画部門から新商品の計画が渡ってきた初期の頃は、 と、本来の設計にあてる時間を少なくしてしまうことにまだ設計部門全体でゆとりのある雰囲気です。しかし製 なります。そうすると、いま自分が仕掛かっているもの造部門への納期や、商品発売開始が数週間と迫る頃にな がどれだか分からなくなってしまうこと があります。そ
  4. 4. のような状態の中で設計をし、管理に従い、品質、安全 『プラットフォーム』を採用したいと考えます。 これが性、納期を死守していることは非常に誇らしいことです 何を意味するかわかりますか?が、この現場の環境をなんとか改善したいものだと、管理者、部門長なら思いますよ。 」 ドキュメント管理システムを選ぶことにとらわれると、 設計書を効率よく管理することばかりに目が向いてしま い、やれ機能がどうだ、使い勝手がどうだとかの議論に1年、半年、数ヶ月と短いサイクルで、品質や安全性を なってしまいがちです。しかし、もっと重要なことは、保証し、納期を厳守し、競合より優れた商品を設計する。 安心、安全な商品を、計画通りに出荷する、つまり会社便利で快適で、安心して使える商品を消費者に届け続け のビジネスを止めない、信用を失わないために、ドキュる。設計書というドキュメントが、製造業のビジネスを メントという存在が関わっていく業務の状態を常に把握牽引する。 し、見通すことを可能にするものでなければならないと 思います。 そのため、ドキュメント管理の要件も備えたいま、そこで求められている要件の多くは、 『プラットフォームとなれるもの』を選ぶべきです。• 数十から百数十に至る版が作られていく中で、仕掛中 設計部門から製造部門へ設計書を納める時に、渡し漏れ の最新の版、いくつか前の版を、設計担当の当事者だ た設計書、渡した版が誤っている指摘を受けることがあ けでなく、他の設計者や上長、プロジェクト長、誰も ります。設計部門と製造部門が同じプラットフォームを が迷い無く瞬時に取り出せること。 利用することが望ましいですね。メールで設計書のやり 取りはだめですよ。メールはコミュニケーションプラッ• 正確な進捗が瞬時に把握できること。決してメールや トフォームではあっても、設計部門の要件を満たしてく 口頭での呼びかけではなく、設計書に付帯する管理メ れるプラットフォームにはなりえません。この感覚が大 モや掲示板を読み歩いて把握する手法でもなく、管理 事だと思います。 」 者が、すぐ「数値」として進捗が把握できること。 「プラットフォームとして大事なことは、いろいろなも• さらに、設計書の完了、内容調査を経て、承認を取得 のが 『見える化』できることが最も大切だと考えます。 するまでのそれぞれの過程の記録を残し、いつでも追 進捗の見える化、みんなが何に大変な思いをしているの 跡ができ、証拠開示要求に応えられること。 か見える化、改修発生の予測を見える化など。いろいろ な『見える化』ができると、これも、あれもと、皆が使• これまでの設計資産のすべて、特に企業内に埋もれた い出す。そして自然とドキュメントや情報が集まってく 設計資産を、関係者全員が共有し、活用できるように る。これこそが、プラットフォームです。」 すること。「現場や IT 部門の視点では、設計作業の効率化を向上さ 会社のビジネスを止めない、信用を失わないためにといせる、より多くの人と共有を目的とする、法令や規格を う視点に立った設計部門の意思決定者は、設計書が関与遵守するためのプロセスを確立するなどの目的で、 『ドキ する部門全体にとってのプラットフォームを選ぶ感性がュメント管理システム』を導入する傾向にあります。し 必要です。かし設計部門を統括する立場にあるものとしては、
  5. 5. 見える化の観点では、設計書も、文字や数値情報と同じ 検討の末、選ばれたのはオラクルです。「自社の環境を見てみると、取引先の住所や、先月の注 •短期間での導入文数や、取引商品などは文字情報や数値情報としてデー -Oracle Universal Content Management をタベースに入っている。それをもとにそれぞれの部門が ベースとしているため導入が早い必要な見える化を行い業務を進めている。またそのためのプラットフォームが導入され稼動している。設計部門 •至ってシンプル、それでいて確実でも見える化が重要だとの視点に立つと、同じようにな -現場の担当者が覚えるのは、設計書の登録、らないものかと思いました。データベースに入るのが、 取り出し、検索、ワークフローの実行手順文字、数値なのか、設計書なのかに大きな違いはないは -重要な設計書、承認記録を守る、版管理、ずです。設計書とそれに関連する情報がデータベースに アクセス制御、属性や付帯情報の記録、入って、設計部門はもちろん、製造部門や調達、経営な データベースバックアップなどの安心機能どの部門でそれぞれ必要な見える化ができると、製造企業におけるこのプラットフォームの威力は絶大ですよ。 」 •設計部門の重要要件を実現するプラットフォーム -設計部門のミッションを牽引する設計書の 管理は当然の基本機能プラットフォームという表現は、とても壮大で、重装備 -設計部門の要件の実現、課題の解決のための IT インフラストラクチャを想像させるかもしれませ の豊富な機能が備え、要件に応じて「オン」ん。しかし、この企業が求めたプラットフォーム像は次 -業務システムの一部として、または他システのようなものです。 ムとの統合のため柔軟なカスタマイズ• 至ってシンプルであること、それでいて豊富な機能や カスタマイズに柔軟性があること。• すぐ使いはじめられること。「1ヶ月くらいの導入期間で、ソフト、ハードの設計部 一息コラム門が使い始められる、そんなすぐ使い始められるプラットフォームを探しました。そのプラットフォームの上で Oracle Universal Content Management について業務要件に合った機能が都度『オン』にできればいいの 」です。 オラクルは、ドキュメントがビジネスを牽引する部門や企業の プラットフォームとして「Oracle ECM」で総称される15もの製『機能を都度オンにする』 この発想は長い間使ってきた 、 品を提供しています。その中で中核を成すのは、「Oracle環境を一気に変えるのではなく、設計部全体で「これは Universal Content Management(以下 UCM)」です。便利だ」とのコンセンサスを得ながら環境を変えていくために必要な考え方です。オンにする機能として必要な UCM は、米オラクルが 2006 年12 月に M&A 戦略により買ものは、現場の設計担当が行う付帯作業が簡素であり、 収した米 Stellent Inc.の製品を、オラクルデータベース、それでいて効率的、生産的な環境であること。上長、プ Java との親和性を高め、2007 年4 月から市場に提供していロジェクト長、部門長など、設計や残案件の処理進捗を る製品です。米 Stellent Inc.は Procter & Gamble、常にリアルタイムで把握し最善の対処を取れること。ワ Merrill Lynch、ING、Vodafone、Emerson などの一流企ークフローによるフローと記録が改ざん無く、確実であ 業をはじめ世界 4,700 社以上に及ぶ導入実績を有していまり、参照がすぐできること。これが主な要件です。 した。しかしながら、ファイルサーバーはこれらの機能をもた UCM は、ドキュメント管理、Web コンテンツ管理、ディジタルず、PDMや設計業務支援システムは逆に機能過多、高 資産管理、有期間管理、ワークフローやコラボレーションな機能で、その多くは使いこなされることが少ない。ファ どの機能を提供するとともに、Oracle ECM の他の製品と連イルサーバーや製品に投資しつつも、結局 Excel などの 携し、ドキュメントの記録管理、ドキュメント配布管理、ガバナ進捗管理に落ち着いてしまうことが少なくありません。 ンス・リスク・法令順守などに対応するさまざまなソリューショ ンを実現します。
  6. 6. インストール開始から 2 週間後には設計書の登録を開始 UCM はドキュメントや属性情報をすべてデータベース2 ヶ月で設計部門全体へ運用環境をリリース に格納することができます。ドキュメントはファイルと してディスク上に、属性情報をデータベースにと分けてこの企業では、UCM のインストールから基本機能の設 格納することも可能です。また一部のドキュメントはデ定、LDAP との連携などを約2週間で完了しています。 ータベースに格納し、残りのドキュメントはディスク上その直後から、設計者はそれぞれの設計書を UCM に登 ファイルとして配置することも可能です。録(チェックイン)しはじめました。チェックインは、 Windows Explorer から設計書をドラッ この企業ではデータベースにすべてを格納する選択をしてグ&ドロップするだけの機能を選択しました。そのため いますが、次のようなメリットが得られています。特別大掛かりな教育は必要ありませんでした。設計書の版を進めてもファイル名は同一でかまいません。 UCM が • バックアップ作業の効率向上内部で版管理を確実におこなっており、前の版に戻りた - データベースバックアップをとることで、 設計書いときでも、該当の版を取り出すことができます。 を含むすべての資産を一度にバックアップ。 • 障害時の復旧の容易さ設計書の作成途中であっても作業を一時中断するときに - 万が一障害が発生した場合も、 バックアップをリは、設計者は常にチェックインを行います。UCM にア ストアする行為のみで資産の復旧が可能。クセスすれば、常に最新の設計書をすぐに取り出すこと • 物理ファイルに対するセキュリティ確保ができ、複数存在する版に惑わされることがありません。 - ファイルサーバーでの保管と異なり不正アクセこれは、上長や承認者などが、該当の設計書を参照する スや誤った消去を防止。ときも同様で、常に最新の版を参照することができます。 • Oracle Database 11g の Secure Files の恩恵(今後) - 近く対応する Oracle Database 11g のもつ優れ設計書をチェックインすると、UCM は直ちに設計書の た先進機能により、 データベースに格納するほう全文を走査し、検索のための索引を生成します。チェッ がディスク領域の圧縮、I/O を削減、高いパフォクインから数十秒後には、設計部門の全ての設計者がこ ーマンスを得ることが可能。の設計書を検索し、発見できるようになります。設計書をチェックインするフォルダには、共通属性情報があらかじめ付与されていて、そのフォルダの中のファイルにも継承されます。たとえば商品コード(商品 A、商品 B) 、ドキュメントの区分(計画書、評価書)などです。個々の設計書に付与する必要がある属性情報は、設計者が個別に付与します。この属性情報は設計書と紐付けられてデータベースに格納され、検索時の対象として、または設計書の内容確認のときのなどに利用されます。 チェックインされたドキュメントの版の状態、属性情報などの参照 この企業では、早期に設計者へ UCM をリリースし新し い環境に慣れてもらいつつ、設計書の承認取得のワーク フローの定義と、ワークフローの各承認ポイントでの結 果を表示する画面のカスタマイズを進めました。ワーク フローは、調査役または承認約へ承認を申請する設計書 をチェックインするときにフローの種別を選んで実行し ます。各承認ポイントで行われるアクション(承認、否 認)とコメント、承認者または否認者、 その日付などは、 UCM へ Windows Explorer からアクセス データベースに記録されます。ISO に対応するため、設
  7. 7. 計書の版ごとに、各承認ポイントで得られている情報を い設計書が配置されているフォルダを開けば、そこに確認できる画面仕様になっています。 は常に最新の版の設計書があり、瞬時に該当の設計書 を取り出すことができます。当然見えている最新の版以 外を取り出すこともできますし、属性情報からその版が 正式な版であるのか、ワークフローでどのような承認を 得ているものなのかが確認できます。 版別のワークフロー状態確認 UCM 内部のフォルダ階層構造とその中のドキュメント ※ブラウザからアクセスした場合 設計書をファイルサーバーだけでなく、Lotus Notes でも管理、共有しているこの企業は、Lotus Notes の 掲示板に似た機能を求めていました。UCM ではドキュ メントに対して掲示板(ディスカッション)をすぐに作 ることができます。チェックインされるドキュメントに つき1つの掲示板をもつことができますので、設計書の ワークフローの起動時設定 版の改定に関するコメント、ワークフロー実行前に関係 者からの事前コメントをもらうなど、さまざまな用途に 利用することができます。ファイルサーバーで管理を行うことが慣習になっていると、新しい環境への移行にともない、設計書の配置ルールなどを新しくすることに抵抗が生じることが少なくありません。この企業では、UCM のフォルダ階層構造機能を使って、従来の管理方法と酷似した運用を行っています。UCM で、設計書はすべてデータベースに格納する方式をとった場合、ディスク上に物理的なフォルダは存在しませんが、 管理上の仮想的なフォルダ構造を作り、設計書をこのフォルダの中に配置させることができます。 ディスカッション機能フォルダ構造は、 Windows Explorer からアクセスした場合も、ブラウザからアクセスした場合も変わりません。Windows Explorer を使用した場合、 その使用感は、ファイルサーバーで管理していたときの使用感となんら変わりありません。 しかしファイルサーバーのときと異なり、そのフォルダ内で見えている設計書は常に最新の版のみです。ブラウザからフォルダ構造にアクセスした場合、その中の設計書の属性情報とともに確認することができます。上長や、承認役、または製造の部門の方が、参照した
  8. 8. 半日かかっていた進捗把握が、わずか1分に短縮しかもリアルタイムUCM のインストールから約 2 ヶ月。現場も新しい環境に慣れはじめ、チェックインされた設計書の数も万を超えます。1 つの設計書で版が 100 を超えはじめました。これまでの UCM の設定、利便性を考慮した画面のカスタマイズにより、 設計書、評価関連、検討事項書など個々の進捗を数値確認できるようにはなっていますが、プロジェクトリーダーや部門長が一瞬ですべての進捗を把握できるまでにはいたっていませんでした。この企業では、最終的には UCM のポータル画面(ログイン直後に表示されるユーザー個別の画面)や、他のシステムの中に設計プロセスの進捗を見える化した機能を組み込むことを予定していますが、まずはプロジェクトリーダーや部門長が、従来行っていた進捗を Excel にまとめる方法をとりました。UCM と Excel を連携するのに特殊な開発やアドオンソフトウェアなどの導入は必要ありませんでした。Excel のスプレッドシート上のボタンを実行すると、UCM から設計書や評価書などの情報、 進捗情報を取得、集計した結果をリアルタイムに表示するようになっています。UCM への格納対象外とされている CAD データ、 UCM から取得された進捗が集計されて数値、グラフ表示図面、ソースコードとオブジェクトファイル以外のプロジェクトに関わるすべてのドキュメントに関しての進捗が Excel に「数値」「グラフ」を用いて表示されます。 、設計書、計画書、評価成績書、残案件の処理事項などの承認が何件または何%、未承認が何件または何%、未承認のドキュメントについては、その一覧もすぐに表示されます。一覧表示されたドキュメント名をクリックすると、UCM から最新の版が取り出せ、内容を確認することができます。設計の管理者全員がこの Excel を自分の PC に保有し、いつでも、社内のどこにいても進捗を把握することができるようになりました。これまで進捗の把握に半日かかっていたものが、進捗会 Excel 上の未承認リストから UCM 内の設計書を呼び出す議の直前、進捗会議中であってもわずか1分あれば、その時点の最新の進捗が把握できるようになりました。Excel シート上で進捗把握を実行すると UCM へのログイン
  9. 9. 「一番ありがたいのは、商品出荷前の数週間で処理しな 「いまでは、このシステムの威力を誰もが理解してくれければならない残案件の進捗を把握することがものすご ているので、ファイル名ルールを守るとか、常にチェッくすばやくなった点です。商品は複数のラインナップが クイン、チェックアウトを行うとか、いい加減に使ってあり、1つの商品で残案件が 30 件位ある。残案件が今日 いたら正しい進捗把握に支障を与えてしまうとの意識がは何件減った、何件増えた、進捗が思わしくないときは、 みんなの中に働いています。設計部門全体で、 『ビジネスいったいどこでみんなが困っているのか、何が大変なの の継続性』というものを感じとっていることだと思いまだろうかと分析ができます。これを複数の商品について す。 」リアルタイムに並行して行える。進捗の集計に時間をか これが UCM の使い方の発展を利用者の側面からとらえけるのではなく、進捗から勘案して管理職として最善の たときの理由といえるでしょう。手をうつべきことに時間が使えます。みんなが、ありがたがっています。 この企業では、ファイルサーバー、Lotus Notes で管理 されていた設計書などが、徐々に UCM に移行されていこのExcelをみんなに見せると、 みんな欲しい欲しいと、 ます。この移行そのものは、本来計画されていたものでいってくれます。以前、グループ会社の方には『何でそ はありません。現場の設計者の方々が、自らの意思で移んなシステムを入れるの』と言われてましたが、今では 行を行っているのです。UCM に設計書をチェックイン誰もそんなこと言わなくなりました。このプラットフォ したら、直ちに、設計部門、設計部門以外のだれもが、ームのすばらしさは、 Excel を見せると一瞬で理解されま その設計書を検索し、参照することができます。その設すよ。 」 計書をファイルサーバーにおいておく限り、 Lotus Notes においておく限り、ごく限られた人しか探し出せなかっ たでしょう。企業の資産であるとともに、将来の商品開「ここまでの効果を、一人ひとりが実感するようになっ 発や、自らの設計ノウハウを後継させるための行動を、 『この情報も UCM に入れてみようか』てからは、 、『これ 『将来にわたってのビジネスの継続性の確保』を設計部も見える化できるな』と、みんながいろいろな知恵を出 門の一人ひとりがはじめているのです。すようになりました。そしてそれが簡単に実装されています。これができるのは、UCM がプラットフォームであることと、シンプルな使い方をしていることです。 この企業が UCM を導入したことによって、得られた、もし、いわゆる多機能でドキュメント管理目的のための または得られるメリットは数多くあげられます。製品を選んでしまっていたら、製品の機能に慣れること、製品を使いこなすことに懸命になって結果的に誰も使わ • 進捗の一瞬での把握なくなってしまっていたかもしれません。しかし UCM • 管理職が、それぞれ必要な情報を可視化できる環境はプラットフォームとして、すべてを一元管理するアー • 設計書の管理効率を向上キテクチャが採用され、なんでも入れられるし、他との • 企業資産、過去設計ノウハウの整理と継承の機会連携や統合が用意されていて、連携やカスタマイズが容 • 設計部全員が、このプラットフォームの効果を理解し、易。他に劣らず、豊富な機能はあるものの、よい使い方 効果の継続性を保証するためにやるべきことを実践が浮かばない間はオフにしておけばいいですし、いまオ (設計部門の全員の意識の一致)ンにしている機能も非常にシンプルなものばかりで、使 • 企画、製造部門との相互利用による ROI 今後の期待) (い方に振り回されてはいません。十分に使いこなせてきたら、じゃあ次はこんな機能と組み合わせてみようと知恵と欲が出てきて、実際やってみるとびっくりするくら Oracle Universal Content Management は、ドキュメンいうまくいく。 」 トがビジネスを牽引する部門、企業のためのプラットフ ォームです。UCM を導入し、わずか数ヶ月で設計部門が自らの知恵 設計の進捗把握が重要な要件である、いまの設計の現場で、その使い方を発展させることができた理由を IT の側 環境をより良くしたい、ビジネスの継続性と企業の信用面からとらえると、 確保を設計部門として保証したい、もちろんドキュメン ト管理環境を導入したい、Oracle Universal Content• プラットフォームであること Management はそのような要件をお持ちの意思決定者• 豊富な機能の半面、非常にシンプルであること の期待にお応えします。• カスタマイズ、連携、統合が容易であること
  10. 10. • 担当者が作成したすべての版(過去分含む) • 設計書などの属性情報 • 冗長、承認役の承認/否認記録 • フォルダ、設計書等の関連付けドキュメントがビジネスを牽引する部門、企業のための製品群を総称する Oracle ECM とプラットフォームの中核を成すOracle Universal Content Management
  11. 11. 付 録 るチームとも共有され、リモートからアクセスすることがで きます。メールは密封され、限れた関係者だけが開封できまオラクル ING RENAULT FORMULA One (F1)チームと す。 例えば、機密メールが、受取人として認められていない共に勝利の方式を提示 2007 年 10 月 人に転送されてもそれを開くことができないようにすること はもちろん、そのような規律違反が内部で発生していること熾烈な戦いを強いられる F1 産業界では、レーシングカーに を知る術を我々はもっているのです。 」関する情報は絶対に外に漏れてはならない極秘情報であり、チームにとっては情報を機密に共有する環境が必須です。 Oracle Information Rights Management によって守られる2007 年、ING ルノーF1 チームは情報の機密性と保全性を確 セキュリティは、機密的ドキュメントの作成、変更、複製、実にするための Oracle ECM 製品を採用したと発表しました。 副次利用(コピー&ペースト)、印刷に関わる制御まで幅が広い。2007 年 6 月 13 日 ING ルノーF1 チームは、欧州のジャー ING ルノーF1 チームの IS プロジェクトマネージャーナリストに対してイギリスの工場見学ツアーを実施しました。 Alexandre Rigal 氏はドキュメント管理の重要性を力説しま工場見学の後は、オラクルと ING ルノーF1 チームによる共 す。同記者会見が行われ、ING ルノーF1 チーム内のドキュメント管理と共有および知的財産の保護に関する取り組みを紹介 「我々F1 チームは、わずかなデータの違いが『勝つ』か『負しました。 けるか』の明暗を分ける、そのような情報に過度に依存した 組織です。すべての適切な情報へ適切にアクセスする手段をオラクルと出会うまで、ING ルノーF1 チームはドキュメン チ ー ム に 提 供 し 、 残 さ れ た Formula One Worldト管理のあり方に「戦略」というものを欠いていました。 Championship における我々の目標に対して、チームがより例えば、ドキュメントは電子メールの中、共有ドライブの中、 効率的に、効果的でいられるようにするのが必要不可欠なこ様々なアプリケーションの中に散在して格納されていました。 とです。オラクルの ECM は、企業全体レベルに展開できるつまり、このような管理では、情報は見つけられずに失われ ドキュメント管理のプラットフォームを提供してくれる。 オてしまうか、不用意に複製されることを意味します。このよ フィスにいるスタッフ、離れた場所にいる作業スタッフ、ピうな方法でドキュメントが管理されると情報を横断的に探し ットクルースタッフに対して 10 万以上にも 及ぶドキュメン出す手段すら失ってしまいます。 トへの適切なアクセスを可能にしてくれる。また、我々は、 レーシングカーのデザインや知的所有権を含むドキュメントOracle Universal Content Management でドキュメント管 を Oracle Information Rights Management で『シール(密理のインフラストラクチャを構築することで、すべてのアプ 封) することで、 』 認可されたスタッフだけがそれらを扱うこリケーションとドキュメントが安全に、かつ単一リポジトリ とができる環境を手に入れました。我々は、オラクルの ECMだけで管理されるようになりました。シンプルでありながら プラットフォー ムが、我々がこの産業でリーダーであり続け高度な検索機能により 10 万以上のドキュメントから瞬時に ることを助けてくれていると確信しています。 」必要なドキュメントへたどり着くことができるようにもなりました。これは、ドキュメントの再作成という無駄な行為を 情報が効率的に安全に管理され、地球のあらゆる場所、工場劇的に減少させる効果ももたらします。 から、ピットから効率的に、安心して情報を入手できる。 Oracle Universal Content Management と InformationルノーF1 チームは解決しなければならない課題を、もうひと Rights Management が配備され、 ドライバー、 F1 コンストつ抱えていました。それは、知的財産と技術知識が、会社を ラクターチャンピョンは、安心してレースに臨むことができ辞めた社員や契約者、またはサプライヤーを通して、競合す ているのです。るチームに流れてしまうことを防ぐ、つまり、最高機密ドキュメントを安全に守る手段の確立です。「今、レーシングカーのデザインオフィスと空気力学チームの双方は、機密情報が危険にさらされることがなくなり、安心して研究に打ち込むことができています。その裏には、チームのすべてのユーザーがアクセス権を集中管理されており、ドキュメントがネットワークや管理環境の外に保存されても、ドキュメントへのアクセス権を剥奪することができるからです。レーシングカーに関するすべての技術仕様書を含むドキュメント『The Bible(聖書)』は、今や、地球の向こう側にい

×