Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20110810 mottovol-event

1,612 views

Published on

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

20110810 mottovol-event

  1. 1. 今から必要なボランティアとは「もっとボランティアを!プロジェクト」 第1クール活動報告会 ボランティアインフォ 2011年8月10日 協力:日本財団ROADプロジェクト
  2. 2. byハッシュタグ #vinfo
  3. 3. by タイムスケジュール18:30 開場19:00 開始 ■「なぜいまボランティアが必要なのか」 ボランティアインフォ代表北村 ■「参加学生による活動レポート」 東京から 林田さん(埼玉大学4年) 仙台から 工藤さん(東北大学修士2年)19:50 質疑20:00 休憩20:10 プロジェクト参加希望者のための 相談会21:00 終了
  4. 4. by自己紹介 北村孝之 滋賀県立守山高等学校卒。 立命館大学経営学部経営学科企業家養成コース卒。 2006年、ソフトバンクBB入社。FTTHサービス企画に従事。 2007年よりブログを開始し、web系のイベントで出会ったメン バーといいめもPJを起ち上げ、マーケティングを担当。 2008年にマイネット・ジャパンに転職し、webサイトのディレク ションやマーケティングを担当。 途上国の教育支援をするプロジェクトPiece for School projectを 起ち上げ、 2010年9月にカンボジアで1校目の学校完成。 2011年2月にNPO法人 HERO設立。 東日本大震災後助けいあいジャパン ボランティア情報ステーション にボランティアとして参加し、2011年4月に仙台に「ボランティア 情報ステーションin仙台・宮城」起ち上げ。 5月15日にボランティアインフォ起ち上げ(現代表)。
  5. 5. byWISH2011にプレゼンターとして出場します 9月7日(水) 15:00~ ベルサール九段 http://agilemedia.jp/wish2011/
  6. 6. byボランティアインフォが目指すもの 日本におけるボランティア活動の定着と 非営利活動(社会貢献活動)のより一層 の活発化震災をきっかけに、日本にボランティア活動が定着し、ボランティア活動をしたい人がボランティア活動をできる社会の実現を目指します。そして日本の非営利活動(社会貢献活動)をより一層活発化させるための情報面での支援を実施します。
  7. 7. byボランティアインフォのミッション ボランティアして欲しい団体と ボランティアをしたい人をつなげること ボランティアして ボランティアを 欲しい団体 したい人ボランティアを募集する団体とボランティアをしたい人とをつなげることで、現在の震災フェーズにおいて被災地復興の役に立てればと考えています。
  8. 8. byボランティアインフォではweb上に散らばったボランティア情報をボランティア情報データベースに集約し、またまだまだweb上にあげられていないボランティア募集情報をボランティア情報データベースに入れることを促進していくことで、ボランティアを募集する団体とボランティアをしたい人とをつなげ、被災地の復興の役に立てればと考えています。 データベース 8
  9. 9. byYahoo! JAPANさまでの利用例 ↑Yahoo! JAPANトップページ<ボランティア情報掲載サイト>・Yahoo! JAPAN復興支援サイト・goo震災ボランティア情報ページ、・@niftyのボランティア情報ページ・MSNボランティア情報ページ・sinsai.info など 9 ↑Yahoo! JAPAN復興支援サイト
  10. 10. by6月末よりJR仙台駅に「東日本大震災ボランティアインフォメーションセンター宮城」を開設しました。web上での情報発信だけではなく、東北の玄関口となるJR仙台駅での情報発信も行っています。ボランティアインフォの前身である「ボランティア情報ステーションin仙台・宮城」では2011年4月23日から5月8日までの間、仙台駅ステンドグラス横で、ボランティア情報データベースに登録されているボランティア情報やボランティアセンターの受け入れ状況などを、県内外から集まるボランティア希望者に向けて発信しました。来場者数は約8,000名になりました。 10
  11. 11. by■河北新報社 2011年6月26日(日)朝刊■ YOMIURI ONLINE(読売新聞)2011年6月25日 読売新聞http://www.yomiuri.co.jp/feature/eq2011/news/etc/20110625-OYT8T00282.htm ボランティア情報の収集や発信を続ける仙台市の市民団体「ボランティアインフォ」が2 5日、JR仙台駅構内に「東日本大震災ボランティア・インフォメーションセンター・宮 城」を設置する。スタッフ3、4人が常駐し、ボランティアを希望する人と被災3県との 要望をすり合わせ、活動の足がかりを提供したいという。
  12. 12. by「もっとボランティアを!プロジェクト」 について
  13. 13. by たった3分の1。被災地で復興の大きな力となっているボランティアの数は、阪神大震災の117万人と比べ、未だに42万人にとどまっています。私たちは、もっと多くのボランティアに活躍してもらうために必要なのはボランティア募集情報だと考えています。
  14. 14. by
  15. 15. byもっとボランティアを!プロジェクト 第1クール 2011年8月1日~7日
  16. 16. by「参加学生による活動レポート」 東京から 林田さん(埼玉大学4年) 仙台から 工藤さん(東北大学修士2年)
  17. 17. by活動内容①被災地で活動する団体の調査 ・ボランティア募集をサポートするためのヒアリング②仙台駅構内での活動 ・「東日本大震災ボランティア・インフォメーションセンター・宮城」の 運営③広報活動(チラシ配布) ・東北大学で活動を告知するためのチラシ配布
  18. 18. 開 byもとボラ、 始壱日目
  19. 19. by 1日目■前日深夜バスで東京を出発 → 5時半に仙台駅到着■オフィスにてオリエンテーション■3班に分かれて作戦会議(石巻、気仙沼、仙南)
  20. 20. by 1日目石巻チーム■参加者:江夏(学生)、木村(学生)、北村■訪問先:石巻災害ボランティアセンター 川開き祭り 石巻災害復興協議会 東松島災害ボランティアセンター 仮設住宅気仙沼チーム■参加者:林田(学生)、工藤(学生)、大藤、村上■訪問先:気仙沼災害ボランティアセンター 仮設住宅
  21. 21. by 1日目仙南チーム■参加者:片岡(学生)、小西(学生)、川島、岡崎■訪問先:山元・亘理・岩沼・名取エリア テラセン
  22. 22. by 1日目 オフィスに戻ってMTG■各チーム1日の活動を報告■ヒアリングした団体はデータベースへ入力■明日の訪問先調査
  23. 23. 反 弐日 by 目省 そして、 改 善
  24. 24. by 2日目石巻チーム■参加者:林田(学生)、木村(学生)、北村■訪問先:石巻災害ボランティアセンター revive アモール石巻 石巻災害復興支援協議会 商店街へ聞き込み調査
  25. 25. byアモール石巻
  26. 26. by 2日目東松島チーム■参加者:江夏(学生)、田中(学生)、村上■訪問先:東松島災害ボランティアセンター あったかいホール、東仙台教会 笑顔プロジェクト仙南チーム■参加者:片岡(学生)、工藤(学生)、川島、瀧澤■訪問先:バンドエイド、チーム王冠
  27. 27. by 参 日 目日では、 りない
  28. 28. by 3日目石巻チーム■参加者:佐藤(学生)、木村(学生)、北村■訪問先:市民の会(黄金浜)、渡波支所、 女川災害ボランティアセンター、 石巻復興支援協議会 アモール石巻よりボランティア応募があったと連絡あり!
  29. 29. by 3日目気仙沼チーム■参加者:工藤(学生)、田中(学生)、村上■訪問先:聖敬会バックオフィスチーム■参加者:片岡(学生)、林田(学生)、江夏(学生)、川島■ビラ作成→東北大学で配布■訪問先:スコップ団、Dog Wood 最終日 3日じゃ足りない! もっといたかった!
  30. 30. by見えてきた現状、 そ し て四日目
  31. 31. by 4日目石巻チーム■参加者:片岡(学生)、木村(学生)、西村■訪問先:チーム羽石、雄勝総合支所、Team Sakeとトモノテ 大丈夫屋仙南チーム■参加者:林田(学生)、田中(学生)、北村■訪問先:岡田サテライト
  32. 32. by 4日目 見えてきたこと■被災者側のニーズはまだまだある■災害ボランティアセンターは従来の業務に戻りたがっている■地域に根差して活動している小さな団体にボランティアは あまり来ていない■石巻エリアはボランティアさん多いし、団体も多い■ボランティアへの関心低下(JR仙台駅、仙台市内の学生)
  33. 33. by 伍日目花火もとボラ、あと2日
  34. 34. by 5日目七ヶ浜・多賀城チーム■参加者:林田(学生)、小西(学生)、岡崎■訪問先:レスキューストックヤード、 七ヶ浜・多賀城災害ボランティアセンター 議論●もとボラ、第2クールの方針について●今後、どうボランティアを現地に呼び込むか?● 「ボランティアが足りている」という意識をどう打破するか
  35. 35. by 5日目仙台花火大会連日活動していたので、5日目は活動量を減らし、みんなで仙台で開催された花火を鑑賞しました。
  36. 36. by 南三陸、 ボ ラ ン テ ィ ア六日目 多
  37. 37. by 6日目南三陸チーム■参加者:片岡(学生)、木村(学生)、佐藤■訪問先:南三陸災害ボランティアセンター、 カフェ・アズマーレ、ホテル観洋
  38. 38. by七日目 最 終 日 もとボラ、
  39. 39. by 7日目石巻チーム■参加者:片岡(学生)、木村(学生)、北村■訪問先:女川コンテナ村、女川災害ボランティアセンター、 サルコヤ再訪問 サルコヤさんよりボランティア応募があったと連絡あり!
  40. 40. by 第1クールの成果■活動地域石巻市、気仙沼市、仙南地域、南三陸町、七ヶ浜など■ヒアリング件数:37件・ボランティアセンター: 12件・ボランティア団体: 25件■データベースへの入力: 19件■JR仙台駅ボランティアインフォメーションセンターの 訪問者数8月1日~8月4日 累計545人
  41. 41. by 第1クールの成果■サポート団体一覧 ・revive ・アモール石巻 ・石巻復興市民の会 ・スコップ団 ・だいじょうぶ屋 ・チーム羽石 ・亘理いちごっこ ・テラセン ・ band-aid ・あぶくま ・津波復興支援センター ・聖敬会 ・ Dog Wood
  42. 42. by 第1クール参加者<学生> <社会人>工藤千奈(東北大・修士2年) 北村孝之(ボランティアインフォ・代表)小西美紀(東北大・修士2年) 大藤多香子(ボランティアインフォ・副代表)馬場隆介(東北大・修士2年)佐藤麻由美(東北学院大・4年) 藤代裕之(ボランティアインフォ・アドバイザー)江夏美樹(慶応大・4年) 川島浩誉(早稲田大・助手)田中沙也子(津田塾大・4年) 村上博(ボランティア)林田勇気(埼玉大・4年) 滝澤勇人(ボランティア)片岡恵(駒澤大・3年)木村愛(慶応大・2年) 西村和敏(ボランティア) 岡崎裕子(ボランティア) 佐藤秀樹(ボランティア) (敬称略・順不同) 42
  43. 43. by 宿泊施設について東北大学学生寮『アーバンキャステール』 • 仙台駅からバスで約10分 • 基本的に1人部屋 • キッチン、シャワー、洗濯機完備 • 最寄りのコンビニまで徒歩7分 43
  44. 44. by「もっとボランティアを!プロジェクト」 第1クールを終えて 体力に自信が無くても できるボランティアがある! 44
  45. 45. byボランティア=体力仕事?情報ボランティアもあります
  46. 46. by 参加者の声 「他人」であった人と顔を合わせて話し、一歩踏み込んだ関係 の「知り合​い」になって、「この人を助けてあげたい!」と思 う気持​ちが産まれ人と人のつながりの大切さに改めて気づくこ とができました。見て、聞いて、感じることが多すぎて、​いまだに頭の整理ができていないくらい、濃い毎日を過ごしたと思います。任せてもらえる部分が多く、すごくやり​がいがありました。 「3日じゃ足りない!もっといたかった!」一つでも​多くの団体さ んを発掘するためにはどうしたらいいか真剣​に夜遅くまで話あっ たり。何よりテレビを通じてしか見た​ことのなかった現地の実情 を知ることができました。
  47. 47. by第2クール、第3クール参加者募集中! この夏、あなたの力が 被災地の復興を加速させる!
  48. 48. by
  49. 49. by 被災地のためにあなたの解決力が試される 一週間。 この夏、宮城で一緒に熱い夏を!

×