Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
読解・作文の技法
読解の技法編
東北学院大学 経営学部
尾田 基
2016/3/8Hajime Oda1
2015年度 東北学院大学経営学部
「読解・作文の技法」授業用資料
月曜4限@32C
一般公開用
スライドの一般向け公開にあたって
2016/3/8Hajime Oda2
 元々は尾田が学部1年生向けゼミ形式授業の授業用資料
として作成したものです。
 筒井淳也(2015)『仕事と家族』中公新書をゼミで輪読しなが
ら,その補助説明として...
全体の目次
2016/3/8Hajime Oda3
読解の技法
 社会科学における読書とは
 記述された因果関係の理解
 専門用語の調べ方
 読書メモの作り方
 本の選び方,読書習慣の作り方
 外形的特徴からの推論
 本のコンテク...
全体の目次(続き)
2016/3/8Hajime Oda4
読図と作図の技法
 Excelの使い方を自習する方法
 機能を一通り知る
 やりたいことから検索
 効率的な方法を覚える
 グラフの選び方の基本
 基本類型 分布,推移,比...
社会科学の文章読解について
記述された因果関係の理解
専門用語の調べ方
読書メモの取り方
2016/3/8Hajime Oda5
記述された因果の理解
2016/3/8Hajime Oda6
 社会科学は因果的な説明が基本
 社会現象の様々な原因と結果の関係について考える
原因 結果
文中の因果関係を把握する・図示する
2016/3/8Hajime Oda7
「規則をつくり,それを他の人びとに適用する力量の差異は,(法律
上また法の管轄外でも,)本質的には権力の差異である。自己の社会
的地位によって武力と権力とを与えられた集...
他の例文と,想定している因果関係
2016/3/8Hajime Oda8
「逸脱の諸原因は逸脱者の社会的状況にあるとか,逸脱行為を彼にそ
そのかした「社会的要因」にあるとかの意味でいっているのではない。
(中略)社会集団は,これを犯せば逸脱とな...
内容要約で求められていること
2016/3/8Hajime Oda9
 要約は,抜き書きによる省略ではない
 要約は,本文中に書かれている文章構造や因果関係
を抜き出して,まとめ直すこと
専門用語(述語)
2016/3/8Hajime Oda10
 専門用語(technical term):専門家同士の議論の定義が決められて
いる用語
 「これは特定の定義をもつ専門用語かもしれない」という可能性を初学
者のうちは常に持ってお...
専門用語の調べ方
2016/3/8Hajime Oda11
 読書中に専門用語の意味を手っ取り早く調べるには,
wikipediaでもかまわない
 自分が文章やレポートを書くときには,より確かな情報源にあた
ること
 できれば,英語版のw...
専門事典①
2016/3/8Hajime Oda12
 図書館の辞書コーナーで手当たり次第めくる
 代表的な事典に,下記のような物がある
 社会学
 新社会学辞典(有斐閣)
 社会学小辞典(有斐閣)
 経済学
 英語でグーグル検索...
専門事典②
2016/3/8Hajime Oda13
 経営学
 経営学史学会編『経営学史事典』文眞堂
 『最新基本経営学用語辞典』同文舘出版
 生産管理論
 『生産管理大辞典』朝倉書店
 『生産管理用語辞典』日本規格協会
 広告...
泉キャンパス図書館1階奥
2016/3/8Hajime Oda14
メモの取り方あれこれ
2016/3/8Hajime Oda15
 まずは素直に相手(書かれた文章)の
通りにメモをとってみて,その後で自
分ならどのように修正した方がわかり
やすいかを考える。
 レジュメの形式
 階層構造の箇条書きレジュ...
読書メモの作り方
2016/3/8Hajime Oda16
 以下では5章2節を例にとって,階層レジュメとBox and Arrow Diagramの作成手順を見
せる
 通常は頭の中で処理してしまう部分を丁寧にみせているので,僕が毎回実際...
①階層レジュメの作成
第5章2節家事負担の平等化はなぜ進まないか
2016/3/8Hajime Oda17
 家事分担の理論と現状
 なぜ「家事は妻がやるもの」となるか
 女性的家事と男性的家事
 男女のスキル格差
 希望水準の不一致...
①階層レジュメの作成
素直に細目を記入(1)
2016/3/8Hajime Oda18
レジュメの作成
①素直に細目を記入(2)
2016/3/8Hajime Oda19
階層レジュメの作成
①素直に細目を記入(3)
2016/3/8Hajime Oda20
階層レジュメの作成
②階層の再整理や自分の判断を加える
2016/3/8Hajime Oda21
 Qなぜ日本では家事分担に男女間格差が残っているのか
 A1. 時間制約説 △
 A2. 収入差による比較優位説 △
 これらは,要因の一...
階層レジュメで書ききれない部分を
③Box and Arrowに起こしてみる
2016/3/8Hajime Oda22
希望水準格差
スキル習熟度
の格差
家事の
性別職域分離
時間制約の
違い
①スキル習熟度に格差が生まれると
職域分離が生ま...
①~③で内容を理解してから
④文章で要約を書く
2016/3/8Hajime Oda23
 単に羅列する要約を作成するにしても,落としては
いけない要素がわかる
 問いをまず書き,答えになる4つの説に漏れなく言及で
きているか?
 学術的...
本の選び方について
本の外形的特徴から,どのような本なのかを推論する
学術研究者の書いた本を読む理由と,本の類型
読書とお金(どの本を買い,どの本は借りるか)
読書習慣について
本の入手の仕方(買い方,借り方)
2016/3/8Hajime O...
本をどう選ぶか
2016/3/8Hajime Oda25
 Q.あまり読書習慣の無い状態で,いきなり本の選び
方を考えるのは難しいかもしれない。映画だったら,
音楽だったら,どのように選ぶだろうか。自分が習
慣的に選ぶコンテンツを取り上げて,...
外形的特徴から本の中身を推論する①
2016/3/8Hajime Oda26
 書名
 著者
 著者の略歴
 学術研究者/実務家/ジャーナリスト,ライター
Q.信用のおける略歴はどのような略歴だろうか
 年齢
 他の著作
 出版年
外形的特徴から本の中身を推論する②
2016/3/8Hajime Oda27
 判型
 新書判
 文庫判(A6)
 単行本(四六判,A5判)
 Q. 新書や文庫本の特徴はどのような点にあるだろうか
 出版社
 大御所が書く出版社,...
本の書かれた社会的コンテクストを推測する
①書かれた目的は?
2016/3/8Hajime Oda28
 内容面
 事実を紹介する
 既知の事実をまとめて提供する
 一般に知られていない新事実の提供
 考え方,理論を提示する
 既知...
本の書かれた社会的コンテクストを推測する
②想定される読者層は?
2016/3/8Hajime Oda29
 本の読者は,学部学生向け,一般向け,研究者向けなど様々
 通常,特定の読者層を想定して書かれている(経営学では,ターゲッ
ト・セグ...
本の書かれた社会的コンテクストを推測する
③筆者が本を書く動機づけは?
2016/3/8Hajime Oda30
 様々な動機付け
 稼ぐために書く
 名を売るために書く
 仕事(職務命令)だから書く
 書きたいことがあるから書く,伝...
なぜ研究者(学者)の書いたものを読む優先
順位が高いか
2016/3/8Hajime Oda31
1. 金銭的動機からの自由
 生活するために書いているわけではない
 読者をだましたり,あおったりする動機は他の書き手より
も少ない
2. 内...
学術研究者の書く文章の類型
2016/3/8Hajime Oda32
 啓蒙書(新書,単行本,雑誌記事)
 一般読者,学生以外にも社会人等を含む
 縦書きが多い
 教科書(単行本,A5判が多い)
 授業での採用を企図しているもの
 ...
まとめ 本を選ぶときも,本を読むときも,
本が書かれたコンテクストを忘れない
2016/3/8Hajime Oda33
 本の外形的特徴をてがかりに,本の書かれたコンテクスト
(社会的文脈)を読み解いていくことが本選びにおいて重要。
 外形...
予算制約の中で,どのように本を選ぶか
2016/3/8Hajime Oda34
 Q. 本を借りるのではなく,自分のお金で買うことで達
成されるメリットはどのようなことか,考えてみよう。
 書き込みが出来る
 時間制限がない,手元に残せる...
読書の習慣をつくる
2016/3/8Hajime Oda35
 音楽や映画と同じで,「本の読み方」は本を読む量
を増やすことで,次第にわかってくる部分が多い。
「習うより慣れろ」である。
 週に1冊,2週で2冊,毎年50冊読んでいれば4年間...
習慣の変え方を考える
2016/3/8Hajime Oda36
 “習慣を買う”
 図書館に行けば無料で新聞を読むことはできる
 毎朝新聞を読む習慣をつけるためには,朝配達してもらった方
がよい
 月額料金は,知識それ自体よりも知識を得...
本の入手の仕方 ①本の購入について
2016/3/8Hajime Oda37
 街の書店は減少傾向
 (1999年22,296 店→2014年13,943 店)
http://www.1book.co.jp/001166.html
 注文...
本の入手の仕方 ①本の購入について
2016/3/8Hajime Oda38
 インターネットではAmazonやジュンク堂など
 http://www.amazon.co.jp/
 http://www.junkudo.co.jp/
 ...
②本のレンタルについて
2016/3/8Hajime Oda39
 大学図書館
 他キャンパス資料の予約:土樋の本も泉で受取ることが出来る
 ILL(相互貸借サービス):本学に所蔵のない本も,コピーや現物を受け取ること
ができる
 公共...
学問分野について
学問分野の区分について
社会科学の諸分野
経済学・心理学・社会学
2016/3/8Hajime Oda40
学問分野の区分について
2016/3/8Hajime Oda41
 文系,理系は主に日本の高校独自の分け方。大学では用いない。
 一般的には人文学・社会科学・自然科学の3つに分類
 人文学 理解・解釈・批判などを目的とする学問
 歴史学...
社会科学の諸分野
2016/3/8Hajime Oda42
 対象領域による定義
 経営学 経営について考える学問
 教育学 教育について考える学問
 政治学 政治について考える学問
 手法による定義(ディシプリン(disciplin...
ディシプリンの違い
①経済学の考え方
2016/3/8Hajime Oda43
 経済学:人と取引が基本的な分析単位
 仮定:人は自分の心理・選好・優先順位などを十分に理
解している
 例:合理的経済人の仮定
 仮定:人の取引によって,...
経済学的な考え方の例
囚人のジレンマ(文面はwikipediaより)
2016/3/8Hajime Oda44
 共同で犯罪を行ったと思われる囚人A、Bを自白させるため、
検事は2人に次のような司法取引をもちかけた。もし、お前ら
が2人とも黙...
囚人のジレンマ
2016/3/8Hajime Oda45
囚人B 協調 囚人B 裏切り
囚人A 協調 (2年、2年) (10年、0年)
囚人A 裏切り (0年、10年) (5年、5年)
• (囚人Aの利得(刑期),囚人Bの利得(刑期))と読む。...
経営学における囚人のジレンマ
値下げ競争
Hajime Oda46
 自社と他社,と
りあえずプレイ
ヤーは2者と仮定
 自社と他社はコ
ミュニケーショ
ンせず,それぞ
れ独立に意思決
定する
 選択肢は2つ,値
下げするか価格
を維持す...
②心理学の考え方
2016/3/8Hajime Oda47
 心理学:心理が基本的な分析単位
 考え方:人の中には複数の心理が存在する,自分の選好
について十分に理解していない
 例:喫煙と健康
 健康でありたいと思っているが,
目先の...
心理学的な考え方の例
認知的不協和の解消
2016/3/8Hajime Oda48
 認知的不協和:自身の中に矛盾する二つの認知がある場合に,
不快に感じる
 認知的不協和の解消:より容易に変更できる認知を変えることで,
不快感を除こうとす...
経営学における認知的不協和の解消
2016/3/8Hajime Oda49
 買った後に見る広告
 消費者は大きな買い物をした後に,買った商品の広告を
みて安心するという行動をとることがある
 大きな買い物をしたという認知と,買った物が失...
③社会学の考え方
2016/3/8Hajime Oda50
 社会学:人を越えた“社会”が
基本的な分析単位
 考え方:個人の意思だけでは説
明できない制度や社会の影響を
研究する
 例:組織文化。ソニーっぽい人
や銀行マンらしさという特...
社会学的な考え方の例:準拠集団
Hajime Oda51
 準拠集団:自分の行動や価値判断を決めるに際して,参
照する集団
 期待集団
 あこがれの対象,同質化したい,と願う集団
 会員集団
 自身が属している集団 互いに相互参照,規...
同質化と差別化:ブランド
Hajime Oda52
ブランドの2つの意味
Hajime Oda53
まとめ
2016/3/8Hajime Oda54
 心理学:心理が基本的な分析単位
 考え方:人の中には複数の心理が存在する,自分の選好について
十分に理解していない
 経済学:人と取引が基本的な分析単位
 仮定:人は自分の心理・選好・...
Remarks
2016/3/8Hajime Oda55
 どれが優れているのか?
 基本的に,分析単位が小さい方が堅実な研究となる(方法論的
個人主義という)
 分析単位を小さくすると,それだけ研究が大変になる
 対象や問題関心との兼...
因果関係の推論方法
帰納的推論,一致法と差異法
帰納法の限界(疑似相関,偶然の一致)
演繹的推論
後件肯定の誤謬,前件否定の誤謬,
ウェイソンの4枚カード問題
2016/3/8Hajime Oda56
『仕事と家族』第2章より比較表
いろんな国で確かめていって確からしい議論を導く
2016/3/8Hajime Oda57
日本 ドイツ アメリカ スウェーデン
女性の労働参
加率
低い 低い 高い 高い
女性のフルタ
イム労働率
低い 中程度 ...
“経験科学”としての社会科学
2016/3/8Hajime Oda58
 社会現象の様々な因果関係について考え,体系的にまとめて
きたのが社会科学
 ただし,普通は因果は目に見えない
 目に見えるのはせいぜい前後関係と,相関関係
 結果...
帰納的推論
一致法と差異法(一致差異併用法)
2016/3/8Hajime Oda59
 一致法
 同じ結果が生じている複数の事例を観察して共通の要因を探る
 ①A,B→X
 ②A,C→X
 ③A,D→X
 Xの原因はAかもしれない...
共変関係を探す
2016/3/8Hajime Oda60
非A A
非X
X
A,B→X
A,C→X
A,D→X
非A,B→非X
連続変数でも同じ
2016/3/8Hajime Oda61
y
x
相関関係
2016/3/8Hajime Oda62
y
x
y
x
y
x
無相関 弱い相関 強い相関
正の相関(+),負の相関(-)
原因変数
結果変数
原因変数
結果変数
原因変数 結果変数
+
原因変数 結果変数
+
原因変数 結果変数
-
原因変数 結果変数
-
63
相関係数
2016/3/8Hajime Oda64
 散布図を書けばなんとなくの相関関係はわかる。
 統計的には,二つのデータの相関を相関係数(ρ,
ロー)を計算することで評価する
 𝜌𝜌 =
∑𝑖𝑖=1
𝑛𝑛
𝑥𝑥𝑖𝑖− ̅𝑥𝑥 𝑦𝑦𝑖...
ただし,相関関係=因果関係ではない
代表的な誤謬のパターン
2016/3/8Hajime Oda65
 因果の逆転
 消防車の出動回数と火災件数に強い相関が見られた。
 「消防車の出動回数が火災の原因である!」
 真の(第3の)原因変数...
経験的研究の変数間関係
2016/3/8Hajime Oda66
 (問題意識をもつ,仮説をたてるなどのステップを経て,
確認したい原因変数と結果変数が定まったら)次の3つ
を確認する。
 ①共変関係(相関関係)
 原因変数が動くと,結果...
演繹的推論を正しく使えるか
2016/3/8Hajime Oda67
 ある命題を前提とした上で,論理的にありうる状況
を推論していく
 命題(理論や法則,ルール)を探すのが帰納法だとする
と,命題を正しく使うのが演繹法
 たとえば,「私...
妥当な推論
2016/3/8Hajime Oda68
 前件肯定
 ①私はインフルエンザにかかっているとき、必ずノドが痛くな
る。
 ②私はインフルエンザにかかっている。
 ③だから私はノドが痛い。
 後件否定
 ①私はインフルエン...
やりがちな間違い
2016/3/8Hajime Oda69
 後件肯定の誤謬
 ①私はインフルエンザにかかっているとき、必ずノドが痛くなる。
 ②今、私はノドが痛い。
 ③だから私はインフルエンザにかかっている。
 前件否定の誤謬
...
応用例 ウェイソンの4枚カード問題
2016/3/8Hajime Oda70
 もし、カードの片面にローマ字の母音が書いてあれ
ば、その裏面の数字は偶数である
 最低何枚のカードをめくれば,このルールが成立し
ていることが確認できるか?
A...
もう一度。
2016/3/8Hajime Oda71
 私はインフルエンザにかかっているとき、必ずノド
が痛くなる。
 後件肯定は引っかかりやすいので,特に意識的に覚
えておく必要がある
インフ
ル
かかっ
てる
インフ
ル
かかっ
てない...
命題(前提)の妥当性
2016/3/8Hajime Oda72
 演繹法は命題の妥当性自体は確かめられない
 前提が間違っていれば,正しく演繹法を用いたとし
ても推論結果も当てにならないので注意
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

読解・作文の技法公開用1(読解の技法)

1,500 views

Published on

東北学院大学経営学部「読解・作文の技法」という1年生向けゼミ形式授業の授業用資料として作成したものです。
3分割したファイルの1つめで,社会科学における読解のやり方について扱っています。
お問い合わせは尾田 基(hoda[at]mail.tohoku-gakuin.ac.jp)へお願いいたします。([at]を@に置換してください)

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

読解・作文の技法公開用1(読解の技法)

  1. 1. 読解・作文の技法 読解の技法編 東北学院大学 経営学部 尾田 基 2016/3/8Hajime Oda1 2015年度 東北学院大学経営学部 「読解・作文の技法」授業用資料 月曜4限@32C 一般公開用
  2. 2. スライドの一般向け公開にあたって 2016/3/8Hajime Oda2  元々は尾田が学部1年生向けゼミ形式授業の授業用資料 として作成したものです。  筒井淳也(2015)『仕事と家族』中公新書をゼミで輪読しなが ら,その補助説明として用いた物です。  著作権の都合でスライドの各部分を削除しています。  元々160枚程度のスライドを4分割し,そのうちの3つを公開し ております。  お問い合わせはhoda[at]mail.tohoku-gakuin.ac.jp へお願い いたします([at]を@に置き換えてください)。
  3. 3. 全体の目次 2016/3/8Hajime Oda3 読解の技法  社会科学における読書とは  記述された因果関係の理解  専門用語の調べ方  読書メモの作り方  本の選び方,読書習慣の作り方  外形的特徴からの推論  本のコンテクスト(目的,対象)  本の入手の仕方  学問分野について  経済学・心理学・社会学の違い  因果関係の推測方法  経験科学としての社会科学  帰納法 一致法・差異法  演繹法 作文の技法  文の技法  修飾する側と修飾される側  修飾の順序  テンの打ち方  そもそも文を短くする  文と文をつなぐ  要注意の接続詞「が」「そして」  対比を明確にする  文章の構造をつくる  “逆茂木型”の文章を避ける  議論の目的を考える 非公開
  4. 4. 全体の目次(続き) 2016/3/8Hajime Oda4 読図と作図の技法  Excelの使い方を自習する方法  機能を一通り知る  やりたいことから検索  効率的な方法を覚える  グラフの選び方の基本  基本類型 分布,推移,比較,構成比, 相関  良い例から学ぶ  悪い例を覚えてまねしない  内容とグラフ  グラフは作るだけでなく解釈が重要  レポートの本文でグラフを説明する 大学生活の技法  授業料のコスト構造  学生の立場から:1回いくら?  大学の立場から:採算ラインは?  教員の立場から:1回に何人まで教え られる?  マッチングは大事,教員を動かすのも 大事  授業以外の大学設備  授業の情報量と独学の情報量の比較  その他の大学の機能  ネットワーキング  親の消費としての大学生  授業では読まないブックリスト
  5. 5. 社会科学の文章読解について 記述された因果関係の理解 専門用語の調べ方 読書メモの取り方 2016/3/8Hajime Oda5
  6. 6. 記述された因果の理解 2016/3/8Hajime Oda6  社会科学は因果的な説明が基本  社会現象の様々な原因と結果の関係について考える 原因 結果
  7. 7. 文中の因果関係を把握する・図示する 2016/3/8Hajime Oda7 「規則をつくり,それを他の人びとに適用する力量の差異は,(法律 上また法の管轄外でも,)本質的には権力の差異である。自己の社会 的地位によって武力と権力とを与えられた集団は,みずからのもうけ た規則を他に強制するのにもっとも有利である。」 ベッカー『アウトサイダーズ』より 社会的地位・権力 他者への規則の強制 +
  8. 8. 他の例文と,想定している因果関係 2016/3/8Hajime Oda8 「逸脱の諸原因は逸脱者の社会的状況にあるとか,逸脱行為を彼にそ そのかした「社会的要因」にあるとかの意味でいっているのではない。 (中略)社会集団は,これを犯せば逸脱となるような規則をもうけ, それを特定の人びとに適用し,彼らにアウトサイダーのラベルを貼る ことによって,逸脱を生み出すのである。この観点からすれば,逸脱 とは,人間の行為の性質ではなくして,むしろ,他者によってこの規 則と制裁とが「違反者」に適用された結果なのである。」 何らかの 社会的状況 逸脱 “逸脱者”という ラベリング 規則の制定
  9. 9. 内容要約で求められていること 2016/3/8Hajime Oda9  要約は,抜き書きによる省略ではない  要約は,本文中に書かれている文章構造や因果関係 を抜き出して,まとめ直すこと
  10. 10. 専門用語(述語) 2016/3/8Hajime Oda10  専門用語(technical term):専門家同士の議論の定義が決められて いる用語  「これは特定の定義をもつ専門用語かもしれない」という可能性を初学 者のうちは常に持っておく必要がある。専門用語の定義は調べないとわ からない  一般的にもよく使われている名詞の場合,解釈のぶれがあるので,専門 事典で定義を確認する癖をつけておくと良い  同じ用語が分野によって異なる意味で使われることもある  たとえば,コンフリクト(conflict)という用語は国際政治学では“戦闘”, 組織論では主義主張の“争い”,心理学では内心の“葛藤”を表す。
  11. 11. 専門用語の調べ方 2016/3/8Hajime Oda11  読書中に専門用語の意味を手っ取り早く調べるには, wikipediaでもかまわない  自分が文章やレポートを書くときには,より確かな情報源にあた ること  できれば,英語版のwikipediaの方が情報量・質共に良いので,そ ちらを参照すること  専門事典・専門辞典にあたるとなおよい  ただし,語釈というよりは学説史に近い解説であることも多々あ るので,初学者にはかえって難しいこともある(解説中に出てく る用語をさらにひく必要がある)  どの事典をひけばよいか,ということ自体がハードルなので,慣 れるまでひく必要がある
  12. 12. 専門事典① 2016/3/8Hajime Oda12  図書館の辞書コーナーで手当たり次第めくる  代表的な事典に,下記のような物がある  社会学  新社会学辞典(有斐閣)  社会学小辞典(有斐閣)  経済学  英語でグーグル検索でほとんど事足りるが・・・  岩波 現代経済学事典(岩波書店)  心理学  心理学辞典(有斐閣) ←これは良書なので積極的に活用すべき
  13. 13. 専門事典② 2016/3/8Hajime Oda13  経営学  経営学史学会編『経営学史事典』文眞堂  『最新基本経営学用語辞典』同文舘出版  生産管理論  『生産管理大辞典』朝倉書店  『生産管理用語辞典』日本規格協会  広告,マーケティング  『マーケティングコミュニケーション大辞典』宣伝会議  『電通 広告事典』電通  財務・会計・金融  この分野は多数あり
  14. 14. 泉キャンパス図書館1階奥 2016/3/8Hajime Oda14
  15. 15. メモの取り方あれこれ 2016/3/8Hajime Oda15  まずは素直に相手(書かれた文章)の 通りにメモをとってみて,その後で自 分ならどのように修正した方がわかり やすいかを考える。  レジュメの形式  階層構造の箇条書きレジュメ  同じ階層に同じレベルの要素が並ぶよう に注意  要約レジュメ  重要な変数間関係について文章でまとめ たもの  小見出し付きの要約レジュメ  上記2者の組み合わせ  階層レジュメの他に,下記のようなメ モも有用  比較表の作成  変数間関係が単純な場合は,比較表の作 成だけで事足りる場合も多い  Box and Arrow ダイヤグラムの作成  変数間関係が複雑な場合  フィードバックループを含む場合  文章は1次元の表現手段だが,我々には 2次元(図表),3次元(彫刻?),4次 元(映像,動画,演劇)の表現手段も ある。最終的に1次元に戻す前に,一度 次元を上げて正確な理解をした後で, 再度コンパクトな1次元の文章に戻す。
  16. 16. 読書メモの作り方 2016/3/8Hajime Oda16  以下では5章2節を例にとって,階層レジュメとBox and Arrow Diagramの作成手順を見 せる  通常は頭の中で処理してしまう部分を丁寧にみせているので,僕が毎回実際にこれだけの手数 をかけているわけではない  ①階層レジュメで筆者の想定する論理構造を2次元で再現する  ②階層レジュメ上で筆者の整理を自分なりにやり直す  筆者の文章の出来が良ければそれほど手数はかからないが  出来の悪い文章の場合は,背後の意図を読みながらいろいろと補って直す(本を書き直すつも りで読むとはこういうこと)  ③階層レジュメだけでは展開できない,因果関係の複雑な部分をBox and Arrow ダイヤ グラムに書き起こしてみる  ④文章レジュメとして自分なりの要約文を作成する。
  17. 17. ①階層レジュメの作成 第5章2節家事負担の平等化はなぜ進まないか 2016/3/8Hajime Oda17  家事分担の理論と現状  なぜ「家事は妻がやるもの」となるか  女性的家事と男性的家事  男女のスキル格差  希望水準の不一致  公平な分担のために ここまでは本文の小見出しの抜き書き
  18. 18. ①階層レジュメの作成 素直に細目を記入(1) 2016/3/8Hajime Oda18
  19. 19. レジュメの作成 ①素直に細目を記入(2) 2016/3/8Hajime Oda19
  20. 20. 階層レジュメの作成 ①素直に細目を記入(3) 2016/3/8Hajime Oda20
  21. 21. 階層レジュメの作成 ②階層の再整理や自分の判断を加える 2016/3/8Hajime Oda21  Qなぜ日本では家事分担に男女間格差が残っているのか  A1. 時間制約説 △  A2. 収入差による比較優位説 △  これらは,要因の一部しか説明していない(ここまでは対抗仮説の紹介)  A3. (本書の主たる主張1)不公平感説  ①異なる参照点説 異性ではなく同姓と比較するので不公平感を感じにくい  ②生計維持分担意識説 「今はフルタイムだがそのうち働かなくなる予定なので,家事負担が多 いことは不公平とは思わない(?)」(本文がやや曖昧な書き方)  A4. (本書の主たる主張2)テクニカルな問題  ①スキルの格差←時間制約が関係(■結局時間制約説の亜種じゃないのか)  家事においても,職域分離が進んでいる。異なる職域の家事を担おうとしても,相対的にスキル不足で戦力に ならない(経験を積むほどに,自身の負担が拡大するフィードバックループ)  ②希望水準の格差(■これも不公平感説とどう違うのか説明が難しそうだが・・)  希望水準の高い側が家事を引き受けてしまう(これもスキルと合わせてフィードバックループの発生要因)  希望水準を調整するメカニズムが存在しない。市場取引のように代わりの取引がない。  そもそも,日本の家事に対する希望水準は高すぎるかもしれない
  22. 22. 階層レジュメで書ききれない部分を ③Box and Arrowに起こしてみる 2016/3/8Hajime Oda22 希望水準格差 スキル習熟度 の格差 家事の 性別職域分離 時間制約の 違い ①スキル習熟度に格差が生まれると 職域分離が生まれ,さらに習熟度格差が広がるループ ②スキル習熟度が高まるにつれて,家事への希望水準が高まり, 自分がやらないと希望水準に達しない家事が増え,職域分離が深まるループ 教 育 啓 発 に よ る 介 入 が 必 要
  23. 23. ①~③で内容を理解してから ④文章で要約を書く 2016/3/8Hajime Oda23  単に羅列する要約を作成するにしても,落としては いけない要素がわかる  問いをまず書き,答えになる4つの説に漏れなく言及で きているか?  学術的に重要な部分のみに集中する要約も可能  最後のフィードバック・ループのところだけは家族が自 力で解決できず,社会的に外部の介入が特に必要なので, 社会学的に重要なポイント
  24. 24. 本の選び方について 本の外形的特徴から,どのような本なのかを推論する 学術研究者の書いた本を読む理由と,本の類型 読書とお金(どの本を買い,どの本は借りるか) 読書習慣について 本の入手の仕方(買い方,借り方) 2016/3/8Hajime Oda24
  25. 25. 本をどう選ぶか 2016/3/8Hajime Oda25  Q.あまり読書習慣の無い状態で,いきなり本の選び 方を考えるのは難しいかもしれない。映画だったら, 音楽だったら,どのように選ぶだろうか。自分が習 慣的に選ぶコンテンツを取り上げて,新しい未知の 作品をどのように選んでいるか思い返してみよう。  人で選ぶ 作者買い,監督買い,俳優・女優買い・・・  会社で選ぶ ディズニー,ジブリ,劇団四季・・・  作品のつながりで選ぶ 続編だから・・・
  26. 26. 外形的特徴から本の中身を推論する① 2016/3/8Hajime Oda26  書名  著者  著者の略歴  学術研究者/実務家/ジャーナリスト,ライター Q.信用のおける略歴はどのような略歴だろうか  年齢  他の著作  出版年
  27. 27. 外形的特徴から本の中身を推論する② 2016/3/8Hajime Oda27  判型  新書判  文庫判(A6)  単行本(四六判,A5判)  Q. 新書や文庫本の特徴はどのような点にあるだろうか  出版社  大御所が書く出版社,新進気鋭の著者を発掘する出版社, 硬い内容,柔らかい内容・・・  Q. 出版社のウェブサイトを確認し,どのような出版社 であるか推論してみよう
  28. 28. 本の書かれた社会的コンテクストを推測する ①書かれた目的は? 2016/3/8Hajime Oda28  内容面  事実を紹介する  既知の事実をまとめて提供する  一般に知られていない新事実の提供  考え方,理論を提示する  既知の理論のまとめを提供する  新しい考え方の提示  誰に向けて書かれているか?  学生向け  社会人向け  非専門家,一般人向け  研究者向け
  29. 29. 本の書かれた社会的コンテクストを推測する ②想定される読者層は? 2016/3/8Hajime Oda29  本の読者は,学部学生向け,一般向け,研究者向けなど様々  通常,特定の読者層を想定して書かれている(経営学では,ターゲッ ト・セグメントと呼ぶ)  本の種類やまえがきから誰向けかは推測できる  書籍の目的は,一般に新しい事実や考え方を伝えること  何が常識で,何が新しい考え・事実なのかは,読者によって異なる  初学者にとっては研究者や専門家にとっての常識すら,新しいことかも しれない  研究者にとっては,既存研究では言われていない知識や異なる考え方が 新しい  自分が著者の想定する読者層ではない場合には,読むのに苦労する
  30. 30. 本の書かれた社会的コンテクストを推測する ③筆者が本を書く動機づけは? 2016/3/8Hajime Oda30  様々な動機付け  稼ぐために書く  名を売るために書く  仕事(職務命令)だから書く  書きたいことがあるから書く,伝えたいことがあるか ら書く  Q. 読み手はこのうちどのような本を読むべき か
  31. 31. なぜ研究者(学者)の書いたものを読む優先 順位が高いか 2016/3/8Hajime Oda31 1. 金銭的動機からの自由  生活するために書いているわけではない  読者をだましたり,あおったりする動機は他の書き手より も少ない 2. 内容の確実さ,受けてきたトレーニングの信頼性 3. 高い専門性  逆に,デメリットとしては,最新の動向には弱い  新聞や業界雑誌などで別途追う必要がある
  32. 32. 学術研究者の書く文章の類型 2016/3/8Hajime Oda32  啓蒙書(新書,単行本,雑誌記事)  一般読者,学生以外にも社会人等を含む  縦書きが多い  教科書(単行本,A5判が多い)  授業での採用を企図しているもの  横書きが多い  文献リストが付いていることが多い  専門書,論文  研究者が研究者に向けて書く物  注や引用が最も厳格  専門用語や基本的な学説史を理解していることが前提
  33. 33. まとめ 本を選ぶときも,本を読むときも, 本が書かれたコンテクストを忘れない 2016/3/8Hajime Oda33  本の外形的特徴をてがかりに,本の書かれたコンテクスト (社会的文脈)を読み解いていくことが本選びにおいて重要。  外形的特徴:タイトル,出版年,判型,出版社など  コンテクスト:本の目的,本の対象読者層,筆者の動機付け  本を読むときもそれらのコンテクストを念頭に置いて読む。  コンテクストを読めるようになるかどうかの多くの部分,経 験によって成立する。多読している人は,同じ本からより多 くのことを学習できる。
  34. 34. 予算制約の中で,どのように本を選ぶか 2016/3/8Hajime Oda34  Q. 本を借りるのではなく,自分のお金で買うことで達 成されるメリットはどのようなことか,考えてみよう。  書き込みが出来る  時間制限がない,手元に残せる  Q. どのような本を買い,どのような本は買わずに済ま せるべきか,考えてみよう。  基本書  参照頻度の多い物(辞書など)  コミットメントやチャレンジを必要とするもの
  35. 35. 読書の習慣をつくる 2016/3/8Hajime Oda35  音楽や映画と同じで,「本の読み方」は本を読む量 を増やすことで,次第にわかってくる部分が多い。 「習うより慣れろ」である。  週に1冊,2週で2冊,毎年50冊読んでいれば4年間で 200冊になる。  読書の習慣があるかどうかは,卒業後も学び続けら れるかどうか,自分の間違いに気づいて改める習慣 を持てるかどうかの違いとなる。
  36. 36. 習慣の変え方を考える 2016/3/8Hajime Oda36  “習慣を買う”  図書館に行けば無料で新聞を読むことはできる  毎朝新聞を読む習慣をつけるためには,朝配達してもらった方 がよい  月額料金は,知識それ自体よりも知識を得る習慣を買っている  退路を断つ,身を切る  なかなか読み進められなさそうな本ほど,買ってお金を使って おくべき  お金の分を取り戻そうと思ったら,読むしかない
  37. 37. 本の入手の仕方 ①本の購入について 2016/3/8Hajime Oda37  街の書店は減少傾向  (1999年22,296 店→2014年13,943 店) http://www.1book.co.jp/001166.html  注文に時間がかかることも多い  専門書の入手は基本的に大型書店かインターネット 書店  仙台で大型書店は事実上ジュンク堂仙台TR店のみ, 全国的には紀伊國屋書店など
  38. 38. 本の入手の仕方 ①本の購入について 2016/3/8Hajime Oda38  インターネットではAmazonやジュンク堂など  http://www.amazon.co.jp/  http://www.junkudo.co.jp/  その他,無数にあるので決済手段や在庫,本の受け取り方で選ぶ  比較サイトhttp://book.tsuhankensaku.com/  クレジットカードがなくとも同様の機能を持つデビットカードやプリペイド形式 のカードもある。1枚あると便利だが,家計管理ができないうちは,クレジット カードを避け,デビットカードにする方がよいかもしれない。  その他,コンビニ決済や代引きなどで購入することもできる。  その他,古書店は横断検索が可能な場合が多い  日本の古本屋 https://www.kosho.or.jp/  洋書はbookfinderなど http://www.bookfinder.com/
  39. 39. ②本のレンタルについて 2016/3/8Hajime Oda39  大学図書館  他キャンパス資料の予約:土樋の本も泉で受取ることが出来る  ILL(相互貸借サービス):本学に所蔵のない本も,コピーや現物を受け取ること ができる  公共図書館 大学図書館は一般書籍に弱いので使い分ける  仙台市図書館(メディアテークや泉区図書館など)  宮城県図書館  その他専門図書館  国立国会図書館:国内の本は全て納入するルールになっている  電子化資料の図書館送信サービス  神奈川県立川崎図書館 社史に強い  大宅文庫 雑誌に特化
  40. 40. 学問分野について 学問分野の区分について 社会科学の諸分野 経済学・心理学・社会学 2016/3/8Hajime Oda40
  41. 41. 学問分野の区分について 2016/3/8Hajime Oda41  文系,理系は主に日本の高校独自の分け方。大学では用いない。  一般的には人文学・社会科学・自然科学の3つに分類  人文学 理解・解釈・批判などを目的とする学問  歴史学,哲学,文学,倫理学・・・ (概ね,高校の文系に対応)  社会科学 社会を説明する学問  心理学,経済学,社会学,経営学・・・ (高校で直接対応する科目が ほとんどない 政治経済,地理の半分)  自然科学 自然法則を説明する学問  物理学,化学,生物学・・・ (概ね,高校の理系に対応)
  42. 42. 社会科学の諸分野 2016/3/8Hajime Oda42  対象領域による定義  経営学 経営について考える学問  教育学 教育について考える学問  政治学 政治について考える学問  手法による定義(ディシプリン(discipline)という)  心理学 心理を分析単位とした考え方で考える学問  経済学 経済取引を分析単位とした考え方で考える学問  社会学 社会を分析単位とした考え方で考える学問  例  家族社会学:家族について社会学的な考え方で考える学問分野  教育心理学:教育について心理学的な考え方で考える学問分野
  43. 43. ディシプリンの違い ①経済学の考え方 2016/3/8Hajime Oda43  経済学:人と取引が基本的な分析単位  仮定:人は自分の心理・選好・優先順位などを十分に理 解している  例:合理的経済人の仮定  仮定:人の取引によって,社会は記述できる。  例:組織は雇用契約の集合, プリンシパル・エージェント問題
  44. 44. 経済学的な考え方の例 囚人のジレンマ(文面はwikipediaより) 2016/3/8Hajime Oda44  共同で犯罪を行ったと思われる囚人A、Bを自白させるため、 検事は2人に次のような司法取引をもちかけた。もし、お前ら が2人とも黙秘したら、2人とも懲役2年だ。だが、お前らのう ち1人だけが自白したらそいつはその場で釈放してやろう(つ まり懲役0年)。この場合自白しなかった方は懲役10年だ。 ただし、お前らが2人とも自白したら、2人とも懲役5年だ。  この時、2人の囚人は共犯者と協調して黙秘すべきか、それと も共犯者を裏切って自白すべきか、というのが問題である。 なお彼ら2人は別室に隔離されており、相談することはできな い状況に置かれているとする。
  45. 45. 囚人のジレンマ 2016/3/8Hajime Oda45 囚人B 協調 囚人B 裏切り 囚人A 協調 (2年、2年) (10年、0年) 囚人A 裏切り (0年、10年) (5年、5年) • (囚人Aの利得(刑期),囚人Bの利得(刑期))と読む。 • 囚人Aも囚人Bも,自身の刑期が短い方が望ましいと思う, ということを仮定して,どういう状況になるかを考えて いる
  46. 46. 経営学における囚人のジレンマ 値下げ競争 Hajime Oda46  自社と他社,と りあえずプレイ ヤーは2者と仮定  自社と他社はコ ミュニケーショ ンせず,それぞ れ独立に意思決 定する  選択肢は2つ,値 下げするか価格 を維持するか (15, 15)(50, 10) (10, 50)(30, 30) 自社 他社 値下げ 値下げ 価格維持 価格維持 (自社の利得,他社の利得) と読む 2016/3/8
  47. 47. ②心理学の考え方 2016/3/8Hajime Oda47  心理学:心理が基本的な分析単位  考え方:人の中には複数の心理が存在する,自分の選好 について十分に理解していない  例:喫煙と健康  健康でありたいと思っているが, 目先の喫煙による快楽も捨てがたい
  48. 48. 心理学的な考え方の例 認知的不協和の解消 2016/3/8Hajime Oda48  認知的不協和:自身の中に矛盾する二つの認知がある場合に, 不快に感じる  認知的不協和の解消:より容易に変更できる認知を変えることで, 不快感を除こうとすること  「すっぱい葡萄」  キツネが、たわわに実ったおいしそうなぶどうを見つける。食べ ようとして跳び上がるが、ぶどうはみな高い所にあり、届かない。 何度跳んでも届かず、キツネは怒りと悔しさで、「どうせこんな ぶどうは、すっぱくてまずいだろう。誰が食べてやるものか。」 と捨て台詞を残して去る。  認知A(ぶどうが食べたい)と認知B(ぶどうは届かない)の矛盾  容易に変更可能な認知Aを変えることでAとBの矛盾を解消する
  49. 49. 経営学における認知的不協和の解消 2016/3/8Hajime Oda49  買った後に見る広告  消費者は大きな買い物をした後に,買った商品の広告を みて安心するという行動をとることがある  大きな買い物をしたという認知と,買った物が失敗だっ たという認知は矛盾する  より容易に変更できる「買った物が失敗だった」という 認知を変更するために,広告を見て「買った物は成功 だった」と思い込みたい
  50. 50. ③社会学の考え方 2016/3/8Hajime Oda50  社会学:人を越えた“社会”が 基本的な分析単位  考え方:個人の意思だけでは説 明できない制度や社会の影響を 研究する  例:組織文化。ソニーっぽい人 や銀行マンらしさという特徴は, 人が入れ替わっても残るその組 織らしさである
  51. 51. 社会学的な考え方の例:準拠集団 Hajime Oda51  準拠集団:自分の行動や価値判断を決めるに際して,参 照する集団  期待集団  あこがれの対象,同質化したい,と願う集団  会員集団  自身が属している集団 互いに相互参照,規範への同調圧力, 規範の範囲内で行われる微妙な差異化  拒否集団  嫌悪,遠ざかりたい,差別化したい
  52. 52. 同質化と差別化:ブランド Hajime Oda52
  53. 53. ブランドの2つの意味 Hajime Oda53
  54. 54. まとめ 2016/3/8Hajime Oda54  心理学:心理が基本的な分析単位  考え方:人の中には複数の心理が存在する,自分の選好について 十分に理解していない  経済学:人と取引が基本的な分析単位  仮定:人は自分の心理・選好・優先順位などを十分に理解してい る  仮定:人を超えた“社会”を仮定しなくとも,個々人の取引の集合 として社会を分析できる  社会学:人を越えた“社会”が基本的な分析単位  考え方:個人の意思だけでは説明できない制度や社会の影響を研 究対象とする
  55. 55. Remarks 2016/3/8Hajime Oda55  どれが優れているのか?  基本的に,分析単位が小さい方が堅実な研究となる(方法論的 個人主義という)  分析単位を小さくすると,それだけ研究が大変になる  対象や問題関心との兼ね合いで決める  ここまでの類型描写はあくまで初心者用  近年はもっと各領域混ざり合っている。特に,経済学者による 心理学・社会学領域への進出。  行動経済学(心理学との境界領域)  新制度派経済学(社会学との境界領域)
  56. 56. 因果関係の推論方法 帰納的推論,一致法と差異法 帰納法の限界(疑似相関,偶然の一致) 演繹的推論 後件肯定の誤謬,前件否定の誤謬, ウェイソンの4枚カード問題 2016/3/8Hajime Oda56
  57. 57. 『仕事と家族』第2章より比較表 いろんな国で確かめていって確からしい議論を導く 2016/3/8Hajime Oda57 日本 ドイツ アメリカ スウェーデン 女性の労働参 加率 低い 低い 高い 高い 女性のフルタ イム労働率 低い 中程度 高い(民間雇 用) 高い(公的雇 用) 出生率 低い 低い 高い 高い 婚姻を伴わな い同棲 低い 中程度 高い 高い 社会保障への 政府の関与 どちらでもな い どちらでもな い 小さな政府 大きな政府 性別分業 残っている 残っている 弱い 弱い?
  58. 58. “経験科学”としての社会科学 2016/3/8Hajime Oda58  社会現象の様々な因果関係について考え,体系的にまとめて きたのが社会科学  ただし,普通は因果は目に見えない  目に見えるのはせいぜい前後関係と,相関関係  結果は確認しやすいが,その原因は見えづらい  経験科学  やってみて,確かめる  実験  歴史  事例研究(単一事例,比較事例)
  59. 59. 帰納的推論 一致法と差異法(一致差異併用法) 2016/3/8Hajime Oda59  一致法  同じ結果が生じている複数の事例を観察して共通の要因を探る  ①A,B→X  ②A,C→X  ③A,D→X  Xの原因はAかもしれない。  差異法  ①A,B→X  ②非A,B→非X  Xの原因はBよりもAである可能性が高い
  60. 60. 共変関係を探す 2016/3/8Hajime Oda60 非A A 非X X A,B→X A,C→X A,D→X 非A,B→非X
  61. 61. 連続変数でも同じ 2016/3/8Hajime Oda61 y x
  62. 62. 相関関係 2016/3/8Hajime Oda62 y x y x y x 無相関 弱い相関 強い相関
  63. 63. 正の相関(+),負の相関(-) 原因変数 結果変数 原因変数 結果変数 原因変数 結果変数 + 原因変数 結果変数 + 原因変数 結果変数 - 原因変数 結果変数 - 63
  64. 64. 相関係数 2016/3/8Hajime Oda64  散布図を書けばなんとなくの相関関係はわかる。  統計的には,二つのデータの相関を相関係数(ρ, ロー)を計算することで評価する  𝜌𝜌 = ∑𝑖𝑖=1 𝑛𝑛 𝑥𝑥𝑖𝑖− ̅𝑥𝑥 𝑦𝑦𝑖𝑖− �𝑦𝑦 ∑𝑖𝑖=1 𝑛𝑛 𝑥𝑥𝑖𝑖− ̅𝑥𝑥 2 ∑𝑖𝑖=1 𝑛𝑛 𝑦𝑦𝑖𝑖− �𝑦𝑦 2 ( ̅𝑥𝑥, �𝑦𝑦はxの平均,yの 平均を表す)  各標本の値が平均からどの程度ばらついているかを評価  -1≦ρ≦1
  65. 65. ただし,相関関係=因果関係ではない 代表的な誤謬のパターン 2016/3/8Hajime Oda65  因果の逆転  消防車の出動回数と火災件数に強い相関が見られた。  「消防車の出動回数が火災の原因である!」  真の(第3の)原因変数  喫煙と病気の間に相関  ストレスが原因で喫煙,ストレスが原因で病気  偶然の一致  カシスオレンジを飲んだら酔った,スクリュードライバーを飲ん だら酔った,ファジーネーブルを飲んだら酔った  オレンジジュースを飲んだら酔う?
  66. 66. 経験的研究の変数間関係 2016/3/8Hajime Oda66  (問題意識をもつ,仮説をたてるなどのステップを経て, 確認したい原因変数と結果変数が定まったら)次の3つ を確認する。  ①共変関係(相関関係)  原因変数が動くと,結果変数も動く  ②前後関係  原因変数が先,結果変数が後  ③対抗仮説の除去  疑似相関など
  67. 67. 演繹的推論を正しく使えるか 2016/3/8Hajime Oda67  ある命題を前提とした上で,論理的にありうる状況 を推論していく  命題(理論や法則,ルール)を探すのが帰納法だとする と,命題を正しく使うのが演繹法  たとえば,「私はインフルエンザにかかっているとき、 必ずノドが痛くなる。」という命題があったとしよう。
  68. 68. 妥当な推論 2016/3/8Hajime Oda68  前件肯定  ①私はインフルエンザにかかっているとき、必ずノドが痛くな る。  ②私はインフルエンザにかかっている。  ③だから私はノドが痛い。  後件否定  ①私はインフルエンザにかかっているとき、必ずノドが痛くな る。  ②私はノドが痛くない。  ③だから私はインフルエンザではない。
  69. 69. やりがちな間違い 2016/3/8Hajime Oda69  後件肯定の誤謬  ①私はインフルエンザにかかっているとき、必ずノドが痛くなる。  ②今、私はノドが痛い。  ③だから私はインフルエンザにかかっている。  前件否定の誤謬  ①私はインフルエンザにかかっているとき、必ずノドが痛くなる。  ②今、私はインフルエンザにかかっていない。  ③だから私はノドが痛くない。
  70. 70. 応用例 ウェイソンの4枚カード問題 2016/3/8Hajime Oda70  もし、カードの片面にローマ字の母音が書いてあれ ば、その裏面の数字は偶数である  最低何枚のカードをめくれば,このルールが成立し ていることが確認できるか? A F 4 9
  71. 71. もう一度。 2016/3/8Hajime Oda71  私はインフルエンザにかかっているとき、必ずノド が痛くなる。  後件肯定は引っかかりやすいので,特に意識的に覚 えておく必要がある インフ ル かかっ てる インフ ル かかっ てない ノド 痛い ノド 痛くな い
  72. 72. 命題(前提)の妥当性 2016/3/8Hajime Oda72  演繹法は命題の妥当性自体は確かめられない  前提が間違っていれば,正しく演繹法を用いたとし ても推論結果も当てにならないので注意

×