Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

140625

408 views

Published on

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

140625

  1. 1. 最近の大学の動向 − グローバル化とガバナンス改革を中心に 2014年6月25日 後藤健夫
  2. 2. スーパーグローバル大学創成支 援
  3. 3. まずはガバナンス改革 3
  4. 4. 国立大学で 申請していないところは? 4
  5. 5. 大学トップインタビュー&面談
  6. 6. 最近気になるニュース
  7. 7. ICU LIBRARY FACEBOOK ペー ジ 16
  8. 8. 東京工業大学 東工大教育改革―海外視察報告 17
  9. 9. 東京工業大学 世界トップレベルの理工系教育システムとは 18
  10. 10. 早稲田大学 2014年度助手募集について(大学総合研究センター ) 19
  11. 11. 早稲田大学 ワシントン大学と協定 新しい教授法の開発で協力 20
  12. 12. 反転授業、MOOCS・・・ 21
  13. 13. 法政大学 外濠校舎 22
  14. 14. 23
  15. 15. 明治大学 大六野耕作・政治経済学部長 24
  16. 16. ワーク・シフト
  17. 17. 2025年、私たちはどんなふうに働いているだろうか? ロンドン・ビジネススクールを中心とした、「働き方コンソーシアム」によ る、世界規模の研究が生々しく描き出す2025年のに働く人の日常。 「漫然と迎える未来」には孤独で貧困な人生が待ち受け、 「主体的に築く未来」には自由で創造的な人生がある。 どちらの人生になるかは、〈ワーク・シフト〉できるか否かにかかっている 。 働き方が変わる! 〈5つのトレンド〉 ●テクノロジーの発展 ●グローバル化 ●人口構成の変化と長寿化 ●個人、家族、社会の変化 ●エネルギーと環境問題 働き方を変える! 〈3つのシフト〉 ●ゼネラリスト→連続スペシャリスト ●孤独な競争→みんなでイノベーション ●金儲けと消費→価値ある経験 「食えるだけの仕事」から意味を感じる仕事へ、 忙しいだけの仕事から価値ある経験としての仕事へ、 勝つための仕事からともに生きるための仕事へ。 覚悟を持って選べば、未来は変えられる。 下流民か、自由民か。 地球規模で人生は二極分化する 26
  18. 18. 留学の概念が変わる? 27
  19. 19. いまある職業がなくなる 28 キャシー・デビッドソン・デューク大学教授 「2011年度、小学校に入学した子どもたちの65%は、大学卒業時にいま存在しない職 業に就くだろう」 (2011年8月 ニューヨーク・タイムズ インタビュー)
  20. 20. キャリアショック 「自分が描いてきたキャリアの将来像が、予期しない環境変化や状況変化により、短期 間のうちに崩壊してしまうこと」 (「キャリアショック」高橋俊介) 29
  21. 21. 労働価値は「時間」から質へ 30
  22. 22. 「東京オリンピック」とその後 31
  23. 23. 「ネットはオールドメディアが圧勝」 ――川上量生ドワンゴ会長インタビュー(上) 32
  24. 24. 大学入試も変わらざるを得ない
  25. 25. CAN DO と OUTCOME
  26. 26. 7月17日 開成・柳沢校長 と 早稲田・沖教授 35
  27. 27. 今年も出ます! 週刊ダイヤモンド 臨時増刊 9月発売予定

×