Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

性共育アイディア発表会_職場班

Loading in …3
×

Check these out next

1 of 19 Ad
1 of 19 Ad
Advertisement

More Related Content

Advertisement

性共育アイディア発表会_職場班

  1. 1. SNACK HONNE 2022.08.07SUN #しかたなくない 性共育プロジェクト|TEAM-職場
  2. 2. ISSUE 00 INTRODUCTION 01 APPROACH 02 TARGET 03 IDEA 04 05 PLANNING 06 WANTED ⽬次
  3. 3. 「労働安全衛⽣調査(実態調査)」(令和2年/厚⽣労働省) 2⼈に1⼈は職場での ストレスを感じている % 仕事や職業⽣活に関して強いストレスを感じている⼈の割合
  4. 4. 社内研修 制服の⾒直し ⽣理休暇 福利厚⽣制度 トイレ 更⾐室 チーム ビルディング リーダー向けの 研修実施 保健室 ルールブック の策定 指標の数値化 外部組織 性やカラダ、多様性について 学び合うためには? 『職場』で Q 産休育休
  5. 5. 本⾳が⾔いづらいよね 『知らない』『わからない』 A性教育に関わらず職場って…
  6. 6. そもそも、 組織の構造に課題が隠れている!? 「どうせ⾃分の声なんて届くはずない」 「聞いても分かるわけないし」 「諦めよう…我慢しよう…」 01 ISSUE 組織の⼤きさに関わらず、誰もが⼀度は感じたことがあるかもしれな い。多くの⼈が声が届かなくて諦めてしまう。でも、それって上の⼈ が悪いのだろうか。ただただ知らないだけだったりもするのでは。
  7. 7. SNACK HONNE SNACK HONNE 02 APPROACH 職場でホンネで語れるようになるためには まずは意思決定者のホンネ(悩みや困りごと)を知る それを現場の⼈や社会へフィードバックしていくために SNACKHONNE、ただいま開店します
  8. 8. 1 2 3 課題の背景 仮説 ビジョン 現場の声は⾊々ある。 だけど、意思決定者側の困りごとって共有されてなくない? 職場の仕組みを変えるためには、 まず彼ら意思決定者の困りごとを知る必要があるのではないか? まず意思決定者の本⾳(悩みや困りごと)を知って、 それを現場の⼈や社会へフィードバックしていく。
  9. 9. 経営者や役員など組織において 03 TARGET ※画像はイメージです 意思決定をするひと
  10. 10. 品川と⽇本橋にある、 ⽇替わりの店⻑たちによって運営される ソーシャルバー『PORTO(ポルト)』 ※詳細はヒアリング中です。 コンセプトは「価値のあるつながりが⽣まれる場所」 feat.PORTO 04 IDEA|場所 品川店は、古⺠家群の新名『SHINAGAWA1930』の ⼀⾓にあり、物販や壁⾯を利⽤した展⽰も可能。
  11. 11. 04 IDEA|メンバー 性共育プロジェクトメンバー 「この国の性教育が後回しになっているのは#しかたなくない」にフォーカスした 実装活動『性共育プロジェクト』メンバーがファシリテーターとして参加します。
  12. 12. 1⽇限定スナック×ドキュメンタリーフィルム ⽣きづらさを抱えているのは、実は意思決定者もおんなじ? どうしたら、管理職と従業員の距離は縮まって、職場はもっと良くなる? スナックというこの場所で、リアルなホンネを引き出す、ドキュメンタリーフィルムを収録! 04 IDEA|映像
  13. 13. ■ハイネケンCM タイトルは「WorldsApart:AnExperiment(天と地ほどかけ離れている:実験)」。 集められたのは、フェミニストと反フェミニスト、環境活動家と温暖化懐疑者、トランスジェンダーとトラ ンスフォビアといった、正反対の思想をもつペア3組。彼らは相⼿について何も知らされないまま、共同作 業をこなすように指⽰される。そして、タスクや会話を通して少しずつ打ち解けてきたところで、互いの思 想が明かされる。ネタばらしの動画が終了すると、天の声にこのように⾔われる。「2つの選択肢がありま す。帰るか、残ってビールを飲みながら話し合うことができます」。すると参加者は全員残り、乾杯したあ と、⼝論になることなく冷静に楽しそうに、なぜそのような考えを持っているかなどを話し合っている様⼦ が映し出される。最後に、「⼼を開いて、世界が変わる」というスローガンが表⽰されCMは終了する。 04 IDEA|参考イメージ
  14. 14. ■LIFULL 価値観や考え⽅、⽣き⽅の違う10⼈が「ジェンダーと多様性」をテーマに対話した記録。 映画監督、映像作家として活躍する関根光才監督⾃⾝がインタビュアーを務め、参加者はジェンダーについ ての考えや悩みを「⾃分を主語」にして話し合う。全員が同じ⽴場で⼀⼈ひとりの話に⽿を傾け、意⾒をジ ャッジしたり結論を出したりするわけでもなく、ただ理解し合う。そこにはLIFULLの社員も参加し、ジェン ダーと多様性について⼀つひとつ学び向き合っていく。 04 IDEA|参考イメージ
  15. 15. SNACKHONNE 05 PLANNING 本プロジェクトに 参加したい経営者 を募る。 ⼀夜限りの スナック『HONNE』 オープン! 繰り広げられる対話 やリアルな様⼦を 動画撮影。 ドキュメンタリー 動画をSNSにて 公開&拡散。 現場や社会へ フィードバック していこう! 1.募集 2.開店 3.撮影 4.拡散 5.FB
  16. 16. お問い合わせ先は「#しかたなくない」へ WANTED いろんな意思決定者とつながるのある⽅ 意思決定者のコミュニティをお持ちの⽅ 会社をより良くしたいと思っている経営者 DI推進課担当者 本プロジェクトにコラボレーションしていただける企業を⼤募集!
  17. 17. 「どうせ…」と口を噤む、そんな職場は つぐ

×