Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Kick講座%基礎編
シンセでKickを作る
Nyolfen
©"Nyolfen,"2015/03/01 1
About&Me
©"Nyolfen,"2015/03/01 2
About&Me
• name:'Nyolfen
• label:'Denryoku'Label'/'Bunkai6Kei'/'
PROGRESSIVE'FOrM
• genre:'techno'/'elecrtonica?
©"Nyolfen...
minimal&techno,&minimal&house
大好きっ子クラブだった
このあたりのジャンルははキックが命
©"Nyolfen,"2015/03/01 4
特にAOKI%takamasa、
Jens%Zimmermannにハマる
自分のキックもここから影響受けてます
©"Nyolfen,"2015/03/01 5
→Kick大好き人間と化す
©"Nyolfen,"2015/03/01 6
2008年頃、twi'erで
「Kick!」と呟きまくってた
呟きまくるとシラフでもハイになれる事に気づいた
©"Nyolfen,"2015/03/01 7
→キックおじさんとして認知される
©"Nyolfen,"2015/03/01 8
キックを作ると癒やされる
©"Nyolfen,"2015/03/01 9
大体そんな感じの人間です
©"Nyolfen,"2015/03/01 10
早速行きましょう
©"Nyolfen,"2015/03/01 11
Kickの作り方
©"Nyolfen,"2015/03/01 12
正直Kickの作り方は人の数
だけある
©"Nyolfen,"2015/03/01 13
今回の目的
©"Nyolfen,"2015/03/01 14
基礎
+
応用可能なテクニック
を伝える
©"Nyolfen,"2015/03/01 15
テクニックを組み合わせて
君だけの最強のキックを作ろう!
©"Nyolfen,"2015/03/01 16
特に秘密とか無いので
©"Nyolfen,"2015/03/01 17
分からない!&!知りたい事が
あれば
©"Nyolfen,"2015/03/01 18
ガンガン聞いて下さい
©"Nyolfen,"2015/03/01 19
出来るだけ言語化して伝え
られるよう努力します
©"Nyolfen,"2015/03/01 20
なお、このプレゼン資料は
後ほど公開予定ですので
©"Nyolfen,"2015/03/01 21
資料に書いてある事はメモ
しなくてOKです
©"Nyolfen,"2015/03/01 22
©"Nyolfen,"2015/03/01 23
この時間のテーマ
©"Nyolfen,"2015/03/01 24
Kick講座%基礎編
シンセでKickを作る
©"Nyolfen,"2015/03/01 25
最低限必要な物
©"Nyolfen,"2015/03/01 26
最低限必要な物
• シンセサイザー"
• スペクトラムアナライザ
©"Nyolfen,"2015/03/01 27
シンセサイザー
©"Nyolfen,"2015/03/01 28
シンセで最低限必要なもの
- サイン波が出るオシレーター×1
- Ampエンベロープ×1
- ピッチエンベロープ×1
©"Nyolfen,"2015/03/01 29
出来ればエンベロープが沢山あり、
自由にパッチングできる物が良い。
©"Nyolfen,"2015/03/01 30
お勧めのシンセ
• Propellarhead+/+Thor+(Reason付属)
• Ableton+/+Operator+(Live付属)
• Na;ve+Instruments+/+Massive
• Synapse+Audio+/+Du...
Propellerhead*/*Thor*(Reason*付属)
• Pros&!
• 軽い
• パッチングの自由度が高い
• FM&feedbackが使える
• Cons&"
• プラグインではない&(ReasonにRewireで要接続)
©...
Ableton(/(Operator((Live付属)
• Pros&!
• 軽い
• FM&feedbackが使える
• Cons&"
• ノイズの種類が少ない
• パッチングの自由度が低い
©"Nyolfen,"2015/03/01 33
Na#ve&Instruments社&Massive
• Pros&!
• エフェクトが充実
• ノイズの種類が多い
• Cons&"
• 重い
• 操作に慣れるまで大変
©"Nyolfen,"2015/03/01 34
Synapse(Audio(/(Dune(2
• Pros&!
• パッチングの自由度が高い
• エンベロープのカーブが変えられる
• エフェクトが充実
• Cons&"
• エンベロープが少し特殊
©"Nyolfen,"2015/03/01 ...
個人的にはDune%2が一番お勧め
以前はThorを使っていた
最近はもっぱらDune%2
©"Nyolfen,"2015/03/01 36
スペクトラムアナライザー
©"Nyolfen,"2015/03/01 37
って何?
©"Nyolfen,"2015/03/01 38
こんなやつ
©"Nyolfen,"2015/03/01 39
縦軸!→!音量
横軸!→!周波数
©"Nyolfen,"2015/03/01 40
一瞬の音の形がグラフにな
っている
©"Nyolfen,"2015/03/01 41
逆に言うと、
©"Nyolfen,"2015/03/01 42
スペクトルの形が近い音は
音が似ている
©"Nyolfen,"2015/03/01 43
何も道具無しで
先人達のキックに近づくの
は難しいけど
©"Nyolfen,"2015/03/01 44
スペクトルの形を
似せて行けば
かなり近づける
©"Nyolfen,"2015/03/01 45
強力な武器!
©"Nyolfen,"2015/03/01 46
おすすめスペクトラムアナ
ライザー
©"Nyolfen,"2015/03/01 47
おすすめスペクトラムアナライザー
• Voxengo(SPAN
• WaveSpectra
©"Nyolfen,"2015/03/01 48
Voxengo'SPAN
• Pros!
• 無料
• 設定が細かくいじれる&(VSTの中では最強)
• Cons"
• Pro版にしないとスペクトルの形を覚えらない
©"Nyolfen,"2015/03/01 49
WaveSpectra
• Pros!
• 無料
• 軽くて見やすい
• 2つまでスペクトルの形を覚えられる
• Cons"
• Winのみでスタンドアローン版のみ
©"Nyolfen,"2015/03/01 50
winの人はWaveSpectraあればOK
macの人はSPANで良いかなと
©"Nyolfen,"2015/03/01 51
早速作り方
©"Nyolfen,"2015/03/01 52
手順
©"Nyolfen,"2015/03/01 53
手順
1. オシレーターをサイン波に設定
2. 低音のシーケンスをループさせる
3. Ampエンベロープ調整
4. ピッチエンベロープをかける
→順番に解説・・・
©"Nyolfen,"2015/03/01 54
その前に
©"Nyolfen,"2015/03/01 55
エンベロープって何?
説明したほうが良い?
©"Nyolfen,"2015/03/01 56
以前僕が作った資料より引
用
©"Nyolfen,"2015/03/01 57
©"Nyolfen,"2015/03/01 58
©"Nyolfen,"2015/03/01 59
©"Nyolfen,"2015/03/01 60
©"Nyolfen,"2015/03/01 61
©"Nyolfen,"2015/03/01 62
©"Nyolfen,"2015/03/01 63
©"Nyolfen,"2015/03/01 64
©"Nyolfen,"2015/03/01 65
©"Nyolfen,"2015/03/01 66
という感じで説明してました
©"Nyolfen,"2015/03/01 67
手順に戻ります
©"Nyolfen,"2015/03/01 68
1.#オシレーターをサイン波に設定
ポーって音です
©"Nyolfen,"2015/03/01 69
2.#低音のシーケンスをループさせる
ループさせながら作りましょう。
©"Nyolfen,"2015/03/01 70
3.#Ampエンベロープ調整
音量のエンベロープですね。
©"Nyolfen,"2015/03/01 71
4.#ピッチエンベロープをかける
サイン波のピッチを変化させて、
「ドッ」って音を作る
©"Nyolfen,"2015/03/01 72
とりあえず作ってみましょう
©"Nyolfen,"2015/03/01 73
実践タイム
©"Nyolfen,"2015/03/01 74
パラメーター参考値
• Ampの場合
• ADSR(=(0,(50(∼(500,(-Inf,(100前後((ms)
• Pitch(Envの場合
• ADSR(=(0,(10(∼(200,(-Inf,(100前後((ms)
©"Nyolfen,...
キックベースっぽくしたかったら
AmpのSustainは0,∼,-10,db,くらい
に設定すると良いかと
©"Nyolfen,"2015/03/01 76
ただ、この設定だと
色々物足りない・・・
©"Nyolfen,"2015/03/01 77
応用編でここから良くして
いきます
©"Nyolfen,"2015/03/01 78
ご静聴ありがとうございま
した。
©"Nyolfen,"2015/03/01 79
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Kick講座基礎篇 シンセでキックを作ろう

4,555 views

Published on

2015/03/01に早稲田茶箱行われた「Nyolfen Kick講座」の資料です。

Published in: Art & Photos
  • Be the first to comment

Kick講座基礎篇 シンセでキックを作ろう

  1. 1. Kick講座%基礎編 シンセでKickを作る Nyolfen ©"Nyolfen,"2015/03/01 1
  2. 2. About&Me ©"Nyolfen,"2015/03/01 2
  3. 3. About&Me • name:'Nyolfen • label:'Denryoku'Label'/'Bunkai6Kei'/' PROGRESSIVE'FOrM • genre:'techno'/'elecrtonica? ©"Nyolfen,"2015/03/01 3
  4. 4. minimal&techno,&minimal&house 大好きっ子クラブだった このあたりのジャンルははキックが命 ©"Nyolfen,"2015/03/01 4
  5. 5. 特にAOKI%takamasa、 Jens%Zimmermannにハマる 自分のキックもここから影響受けてます ©"Nyolfen,"2015/03/01 5
  6. 6. →Kick大好き人間と化す ©"Nyolfen,"2015/03/01 6
  7. 7. 2008年頃、twi'erで 「Kick!」と呟きまくってた 呟きまくるとシラフでもハイになれる事に気づいた ©"Nyolfen,"2015/03/01 7
  8. 8. →キックおじさんとして認知される ©"Nyolfen,"2015/03/01 8
  9. 9. キックを作ると癒やされる ©"Nyolfen,"2015/03/01 9
  10. 10. 大体そんな感じの人間です ©"Nyolfen,"2015/03/01 10
  11. 11. 早速行きましょう ©"Nyolfen,"2015/03/01 11
  12. 12. Kickの作り方 ©"Nyolfen,"2015/03/01 12
  13. 13. 正直Kickの作り方は人の数 だけある ©"Nyolfen,"2015/03/01 13
  14. 14. 今回の目的 ©"Nyolfen,"2015/03/01 14
  15. 15. 基礎 + 応用可能なテクニック を伝える ©"Nyolfen,"2015/03/01 15
  16. 16. テクニックを組み合わせて 君だけの最強のキックを作ろう! ©"Nyolfen,"2015/03/01 16
  17. 17. 特に秘密とか無いので ©"Nyolfen,"2015/03/01 17
  18. 18. 分からない!&!知りたい事が あれば ©"Nyolfen,"2015/03/01 18
  19. 19. ガンガン聞いて下さい ©"Nyolfen,"2015/03/01 19
  20. 20. 出来るだけ言語化して伝え られるよう努力します ©"Nyolfen,"2015/03/01 20
  21. 21. なお、このプレゼン資料は 後ほど公開予定ですので ©"Nyolfen,"2015/03/01 21
  22. 22. 資料に書いてある事はメモ しなくてOKです ©"Nyolfen,"2015/03/01 22
  23. 23. ©"Nyolfen,"2015/03/01 23
  24. 24. この時間のテーマ ©"Nyolfen,"2015/03/01 24
  25. 25. Kick講座%基礎編 シンセでKickを作る ©"Nyolfen,"2015/03/01 25
  26. 26. 最低限必要な物 ©"Nyolfen,"2015/03/01 26
  27. 27. 最低限必要な物 • シンセサイザー" • スペクトラムアナライザ ©"Nyolfen,"2015/03/01 27
  28. 28. シンセサイザー ©"Nyolfen,"2015/03/01 28
  29. 29. シンセで最低限必要なもの - サイン波が出るオシレーター×1 - Ampエンベロープ×1 - ピッチエンベロープ×1 ©"Nyolfen,"2015/03/01 29
  30. 30. 出来ればエンベロープが沢山あり、 自由にパッチングできる物が良い。 ©"Nyolfen,"2015/03/01 30
  31. 31. お勧めのシンセ • Propellarhead+/+Thor+(Reason付属) • Ableton+/+Operator+(Live付属) • Na;ve+Instruments+/+Massive • Synapse+Audio+/+Dune+2 →ひとつづつ軽く紹介 ©"Nyolfen,"2015/03/01 31
  32. 32. Propellerhead*/*Thor*(Reason*付属) • Pros&! • 軽い • パッチングの自由度が高い • FM&feedbackが使える • Cons&" • プラグインではない&(ReasonにRewireで要接続) ©"Nyolfen,"2015/03/01 32
  33. 33. Ableton(/(Operator((Live付属) • Pros&! • 軽い • FM&feedbackが使える • Cons&" • ノイズの種類が少ない • パッチングの自由度が低い ©"Nyolfen,"2015/03/01 33
  34. 34. Na#ve&Instruments社&Massive • Pros&! • エフェクトが充実 • ノイズの種類が多い • Cons&" • 重い • 操作に慣れるまで大変 ©"Nyolfen,"2015/03/01 34
  35. 35. Synapse(Audio(/(Dune(2 • Pros&! • パッチングの自由度が高い • エンベロープのカーブが変えられる • エフェクトが充実 • Cons&" • エンベロープが少し特殊 ©"Nyolfen,"2015/03/01 35
  36. 36. 個人的にはDune%2が一番お勧め 以前はThorを使っていた 最近はもっぱらDune%2 ©"Nyolfen,"2015/03/01 36
  37. 37. スペクトラムアナライザー ©"Nyolfen,"2015/03/01 37
  38. 38. って何? ©"Nyolfen,"2015/03/01 38
  39. 39. こんなやつ ©"Nyolfen,"2015/03/01 39
  40. 40. 縦軸!→!音量 横軸!→!周波数 ©"Nyolfen,"2015/03/01 40
  41. 41. 一瞬の音の形がグラフにな っている ©"Nyolfen,"2015/03/01 41
  42. 42. 逆に言うと、 ©"Nyolfen,"2015/03/01 42
  43. 43. スペクトルの形が近い音は 音が似ている ©"Nyolfen,"2015/03/01 43
  44. 44. 何も道具無しで 先人達のキックに近づくの は難しいけど ©"Nyolfen,"2015/03/01 44
  45. 45. スペクトルの形を 似せて行けば かなり近づける ©"Nyolfen,"2015/03/01 45
  46. 46. 強力な武器! ©"Nyolfen,"2015/03/01 46
  47. 47. おすすめスペクトラムアナ ライザー ©"Nyolfen,"2015/03/01 47
  48. 48. おすすめスペクトラムアナライザー • Voxengo(SPAN • WaveSpectra ©"Nyolfen,"2015/03/01 48
  49. 49. Voxengo'SPAN • Pros! • 無料 • 設定が細かくいじれる&(VSTの中では最強) • Cons" • Pro版にしないとスペクトルの形を覚えらない ©"Nyolfen,"2015/03/01 49
  50. 50. WaveSpectra • Pros! • 無料 • 軽くて見やすい • 2つまでスペクトルの形を覚えられる • Cons" • Winのみでスタンドアローン版のみ ©"Nyolfen,"2015/03/01 50
  51. 51. winの人はWaveSpectraあればOK macの人はSPANで良いかなと ©"Nyolfen,"2015/03/01 51
  52. 52. 早速作り方 ©"Nyolfen,"2015/03/01 52
  53. 53. 手順 ©"Nyolfen,"2015/03/01 53
  54. 54. 手順 1. オシレーターをサイン波に設定 2. 低音のシーケンスをループさせる 3. Ampエンベロープ調整 4. ピッチエンベロープをかける →順番に解説・・・ ©"Nyolfen,"2015/03/01 54
  55. 55. その前に ©"Nyolfen,"2015/03/01 55
  56. 56. エンベロープって何? 説明したほうが良い? ©"Nyolfen,"2015/03/01 56
  57. 57. 以前僕が作った資料より引 用 ©"Nyolfen,"2015/03/01 57
  58. 58. ©"Nyolfen,"2015/03/01 58
  59. 59. ©"Nyolfen,"2015/03/01 59
  60. 60. ©"Nyolfen,"2015/03/01 60
  61. 61. ©"Nyolfen,"2015/03/01 61
  62. 62. ©"Nyolfen,"2015/03/01 62
  63. 63. ©"Nyolfen,"2015/03/01 63
  64. 64. ©"Nyolfen,"2015/03/01 64
  65. 65. ©"Nyolfen,"2015/03/01 65
  66. 66. ©"Nyolfen,"2015/03/01 66
  67. 67. という感じで説明してました ©"Nyolfen,"2015/03/01 67
  68. 68. 手順に戻ります ©"Nyolfen,"2015/03/01 68
  69. 69. 1.#オシレーターをサイン波に設定 ポーって音です ©"Nyolfen,"2015/03/01 69
  70. 70. 2.#低音のシーケンスをループさせる ループさせながら作りましょう。 ©"Nyolfen,"2015/03/01 70
  71. 71. 3.#Ampエンベロープ調整 音量のエンベロープですね。 ©"Nyolfen,"2015/03/01 71
  72. 72. 4.#ピッチエンベロープをかける サイン波のピッチを変化させて、 「ドッ」って音を作る ©"Nyolfen,"2015/03/01 72
  73. 73. とりあえず作ってみましょう ©"Nyolfen,"2015/03/01 73
  74. 74. 実践タイム ©"Nyolfen,"2015/03/01 74
  75. 75. パラメーター参考値 • Ampの場合 • ADSR(=(0,(50(∼(500,(-Inf,(100前後((ms) • Pitch(Envの場合 • ADSR(=(0,(10(∼(200,(-Inf,(100前後((ms) ©"Nyolfen,"2015/03/01 75
  76. 76. キックベースっぽくしたかったら AmpのSustainは0,∼,-10,db,くらい に設定すると良いかと ©"Nyolfen,"2015/03/01 76
  77. 77. ただ、この設定だと 色々物足りない・・・ ©"Nyolfen,"2015/03/01 77
  78. 78. 応用編でここから良くして いきます ©"Nyolfen,"2015/03/01 78
  79. 79. ご静聴ありがとうございま した。 ©"Nyolfen,"2015/03/01 79

×