Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
学校保健テレビ会議 活動紹介
水の防衛隊について
ルワンダ・コミュニティ開発・
ルワマガナ郡ムシャセクター
273 竹田憲弘
2016年1月〜2018年1月
概要
セカンダリー
手洗い啓発キャラバン
小学校衛生クラブ
セカンダリー手洗い啓発キャラバン
 単発でない水防としての取り組みを
 いずれ親になる世代の衛生教育
なぜ
始めたの?
 イソジンで手洗いチェック
 ペットボトル簡易手洗い器づくり
 灰を使った手洗い
なにを
したの?
 生徒の意識...
第一回
でんぷん+イソジンで
手洗いチェック
背景:正しく手を洗う習慣が
ない
目的:ちゃんと手を洗えてい
ないことを自覚してもらう
デンプンのりを手につける
手洗い後、イソジンに手を浸す。
きちんと洗えていないと色が変わる。
第二回
ペットボトルで
簡易手洗い器づくり
背景:たらいに溜まった水で
手を洗っている
目的:流水で手を洗えるよう
にする
トイレ脇に設置 横と底に穴を開けて、紐を通すだけ
第三回
灰を使った手洗い
背景:石けんを買えない家庭
もある
目的:石けんの代わりに灰を
使えることを知ってもらう
サラヤの手洗いチェッカーとライトを使用
左上:石けん、右上:灰
左下:水のみ、右下:手洗い前
 簡易・安価な道具の
使用
実践的な
知識の提供
 手洗いの重要性を自
分の頭で考えさせる
 とにかく楽しく
生徒の意識
・行動改善
 先生の協力を得られ
ていない
キャラバン後
、協働できて
いない
結果 要因
これからの課題、やりたいこと
• セカンダリースクールの生徒たちと、地域
向けにワークショップを開催
• ヘルスセンターや地域の衛生クラブ(大人
たち)との協働
コミュニティ・モビライゼーション
=ルワンダ人がルワンダ人をうごかす仕組
みづくり
小学校衛生クラブ
 衛生クラブがあったが形骸化
していた
なぜ
始めたの?
 WASHについて勉強
 他生徒への呼びかけ
なにを
したの?
 衛生クラブの再稼働
 生徒の意識・行動改善
なにが
できたの?
WASHストーリー
水因性疾患になっていた
衛生行動を取った
好きなことを楽しめるよう
になった!
ポスターづくり(煮沸した水の飲用呼びかけ)
原因:学校に水道がない!
対策:煮沸した水をボト
ルに入れて持参するよう
呼びかけ
問題:雨水タンクから
水を飲む生徒
感染経路(Fダイアグラム)
世界手洗いダンス
クラブ発表会(ポスター発表・劇)
なにをしたの?
行
動
問題点・
解決策
話し合い
下準備
• WASHストーリー
• 水の持参呼びかけ
• 感染経路の学習
• 世界手洗いダンス
• クラブ発表会
【5W1H】
いつ、だれが、どこで、どんな問
題を、なぜ抱えているか?
どうす...
 先生との関係をつくれた
 保護者にも呼びかけた
 頻繁に通った
衛生クラブを
稼働できた
 「なぜやるか」を考える
 とにかく楽しく生徒の意識・
行動改善
 先生が部外者になってい
た
 マニュアルやガイドライ
ンがない
持続的...
これからの課題、やりたいこと
• 持続的な仕組みづくりに向けて
– 先生を巻き込む
– 国の資料を活用したガイドラインづくり
– リーダーの育成
もう一歩先へ…
• 成功事例をつくり、WASAC(水道局)と協
力して
全国の学校へ水平展開
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

学校保健テレビ会議 発表資料(ルワンダ竹田)

学校保健テレビ会議 発表資料(ルワンダ竹田)

  • Login to see the comments

  • Be the first to like this

学校保健テレビ会議 発表資料(ルワンダ竹田)

  1. 1. 学校保健テレビ会議 活動紹介 水の防衛隊について ルワンダ・コミュニティ開発・ ルワマガナ郡ムシャセクター 273 竹田憲弘 2016年1月〜2018年1月
  2. 2. 概要 セカンダリー 手洗い啓発キャラバン 小学校衛生クラブ
  3. 3. セカンダリー手洗い啓発キャラバン  単発でない水防としての取り組みを  いずれ親になる世代の衛生教育 なぜ 始めたの?  イソジンで手洗いチェック  ペットボトル簡易手洗い器づくり  灰を使った手洗い なにを したの?  生徒の意識・行動改善 なにが できたの?
  4. 4. 第一回 でんぷん+イソジンで 手洗いチェック 背景:正しく手を洗う習慣が ない 目的:ちゃんと手を洗えてい ないことを自覚してもらう デンプンのりを手につける 手洗い後、イソジンに手を浸す。 きちんと洗えていないと色が変わる。
  5. 5. 第二回 ペットボトルで 簡易手洗い器づくり 背景:たらいに溜まった水で 手を洗っている 目的:流水で手を洗えるよう にする トイレ脇に設置 横と底に穴を開けて、紐を通すだけ
  6. 6. 第三回 灰を使った手洗い 背景:石けんを買えない家庭 もある 目的:石けんの代わりに灰を 使えることを知ってもらう サラヤの手洗いチェッカーとライトを使用 左上:石けん、右上:灰 左下:水のみ、右下:手洗い前
  7. 7.  簡易・安価な道具の 使用 実践的な 知識の提供  手洗いの重要性を自 分の頭で考えさせる  とにかく楽しく 生徒の意識 ・行動改善  先生の協力を得られ ていない キャラバン後 、協働できて いない 結果 要因
  8. 8. これからの課題、やりたいこと • セカンダリースクールの生徒たちと、地域 向けにワークショップを開催 • ヘルスセンターや地域の衛生クラブ(大人 たち)との協働 コミュニティ・モビライゼーション =ルワンダ人がルワンダ人をうごかす仕組 みづくり
  9. 9. 小学校衛生クラブ  衛生クラブがあったが形骸化 していた なぜ 始めたの?  WASHについて勉強  他生徒への呼びかけ なにを したの?  衛生クラブの再稼働  生徒の意識・行動改善 なにが できたの?
  10. 10. WASHストーリー 水因性疾患になっていた 衛生行動を取った 好きなことを楽しめるよう になった!
  11. 11. ポスターづくり(煮沸した水の飲用呼びかけ) 原因:学校に水道がない! 対策:煮沸した水をボト ルに入れて持参するよう 呼びかけ 問題:雨水タンクから 水を飲む生徒
  12. 12. 感染経路(Fダイアグラム)
  13. 13. 世界手洗いダンス
  14. 14. クラブ発表会(ポスター発表・劇)
  15. 15. なにをしたの? 行 動 問題点・ 解決策 話し合い 下準備 • WASHストーリー • 水の持参呼びかけ • 感染経路の学習 • 世界手洗いダンス • クラブ発表会 【5W1H】 いつ、だれが、どこで、どんな問 題を、なぜ抱えているか? どうすれば解決できるか? • 生徒・先生への聞き取り • メンバー集め • 保護者会での聞き取り、呼 びかけ
  16. 16.  先生との関係をつくれた  保護者にも呼びかけた  頻繁に通った 衛生クラブを 稼働できた  「なぜやるか」を考える  とにかく楽しく生徒の意識・ 行動改善  先生が部外者になってい た  マニュアルやガイドライ ンがない 持続的な仕組み をつくれていな い 結果 要因
  17. 17. これからの課題、やりたいこと • 持続的な仕組みづくりに向けて – 先生を巻き込む – 国の資料を活用したガイドラインづくり – リーダーの育成 もう一歩先へ… • 成功事例をつくり、WASAC(水道局)と協 力して 全国の学校へ水平展開

×