Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

JAWS-UG CLI専門支部 #76 Amazon AppStream 2.0 入門

344 views

Published on

JAWS-UG CLI専門支部 #76 Amazon AppStream 2.0 入門

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

JAWS-UG CLI専門支部 #76 Amazon AppStream 2.0 入門

  1. 1. JAWS-UG CLI #76 Amazon AppStream 2.0入門 2017/1/23 Mon Nobuhiro Nakayama
  2. 2. { "name":"Nobuhiro Nakayama", "company":"UCHIDAYOKO CO., LTD.", "favorite aws services":[ "Directory Service", "IAM", "AWS CLI" ], "certifications":[ "AWS Certified Solutions Architect-Professional", "AWS Certified SysOps Administrator-Associate", "AWS Certified DevOps Engineer - Professional", New "Microsoft Certified Solutions Expert Server Infrastructure", "Microsoft Certified Solutions Expert SharePoint", "IPA Network Specialist", "IPA Information Security Specialist" ] }
  3. 3. Amazon AppStream 2.0とは? 2017/1/24 3
  4. 4. Amazon AppStream 2.0 • デスクトップアプリケーションをWebブラウザへストリーミング配信できる マネージドサービス • 概要/特徴 • デスクトップアプリケーション自体はVPC上のインスタンス(以下、Fleet)で動作する • FleetはAWSによってマネジメントされる • ユーザはFleetの設定(サブネット、インスタンスタイプ、インスタンス数など)を管理する • Fleetの作成元になるイメージは、Image Builderを使ってユーザが作成できる • 利用例 • OpenOfficeやEclipseをブラウザで利用する、など 2017/1/24 4
  5. 5. ハンズオン 1. 【事前準備】VPC環境の作成 2. Stackの作成 3. Fleetの作成・起動 4. Streaming URLの作成/動作確認 5. FleetおよびStackの更新 6. FleetおよびStackの削除 7. 【後片付け】VPC環境の削除 2017/1/24 5
  6. 6. ハンズオン 2017/1/24 6 Public subnet Public subnet Private subnet Private subnet Stack Fleet Image AppStream2.0API/StreamingURL
  7. 7. コマンド(1) 作成 • create-fleet • create-stack • create-streaming-url 削除 • delete-fleet • delete-stack • expire-session 2017/1/24 7
  8. 8. コマンド(2) 表示 • describe-fleets • describe-images • describe-sessions • describe-stacks • list-associated-fleets • list-associated-stacks 関連づけ • associate-fleet • disassociate-fleet 2017/1/24 8
  9. 9. コマンド(3) 更新 • update-fleet • update-stack 起動、停止 • start-fleet • stop-fleet 2017/1/24 9
  10. 10. 価格について • 主な要素は以下の通り • インスタンス • インスタンスタイプと稼働時間に比例 • RDS CAL (SAL) • 「ユーザ数」に比例($4.19/User) • ライセンスも持ち込みを可能(要申請?) • 時間割ではないので注意(SPLA・・・) • 無料枠はない 2017/1/24 10
  11. 11. ハンズオン資料を作って思ったこと • Directory Serviceと連携して欲しい • 認証を行う仕組みがないので作る必要がある • データの永続化について • 前回の作業終了時に使用していたデータを継続的に利用できる機能を内包して欲しい • WorkDocsとの連携など? • Fleetの起動が結構遅い・・・ 2017/1/24 11

×