Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

JAWS-UG CLI #37 AWS CodeCommit入門

521 views

Published on

JAWS-UG CLI #37 AWS CodeCommit入門

Published in: Technology
  • Be the first to comment

JAWS-UG CLI #37 AWS CodeCommit入門

  1. 1. JAWS-UG CLI #37 AWS Code Commit 2016/1/18 Mon Nobuhiro Nakayama
  2. 2. { "name":"Nobuhiro Nakayama", "company":"UCHIDAYOKO CO., LTD.", "favorite aws services":[ "Storage Gateway", "Directory Service", "IAM", "AWS CLI" ], "certifications":[ "AWS Certified Solutions Architect-Professional", "AWS Certified SysOps Administrator-Associate", "Microsoft Certified Solutions Expert Server Infrastructure", "Microsoft Certified Solutions Expert SharePoint", "IPA Network Specialist", "IPA Information Security Specialist" ] }
  3. 3. CodeCommitとは? • フルマネージドのGitリポジトリ • コンテンツはS3 • リポジトリのサイズは無制限! • インデックスはDynamoDB • 暗号化はKMS、権限制御はIAM • 基本的にはPrivateリポジトリ • Default Deny • Markdownのレンダリングもできる(Management Console) • 課金要素は以下の3つ • アクティブユーザ数、ストレージ、リクエスト(pullとpush) 2016/1/19 3
  4. 4. そもそも、Gitとは? • プログラムのソースコードなどの変更履歴を記録・追跡するための分散型バージョン管 理システム(Wikipediaより) 2016/1/19 4
  5. 5. 参考資料 • わかりやすい資料 • サルでもわかるGit入門 • http://www.backlog.jp/git-guide/ • Git チュートリアル • https://ja.atlassian.com/git/ • git-it-electron(そのうち、日本語のテキストもマージされるはず) • https://github.com/jlord/git-it-electron • Pro Git book • http://git-scm.com/book/ja/v2 2016/1/19 5
  6. 6. Code Commitのいいところ • スケーラブル • S3&DynamoDB • セキュア • IAMによるユーザおよび権限の管理 • KMSによる暗号化 2016/1/19 6
  7. 7. Code Commitの今後に期待したいところ • Issue/Pull Requestは未サポート • GitHubの変わりには、まだなれない・・・ • Code PipelineとCode Deployとの連携がまだ・・・ • Code PipelineのSource providerもS3とGitHubのみ・・・ • CloudTrail未サポート • Code PipelineとCode Deployはサポートされてるのに・・・ • エンドポイントがPublic 2016/1/19 7
  8. 8. SSH接続 2016/1/19 8 Pull,clone push 認証 アタッチ SSH接続 公開鍵 秘密鍵
  9. 9. HTTPS接続 2016/1/19 9 Pull,clone push User & Password (Credential-helper command) アタッチ HTTPS接続 Access Key Access Key & Secret
  10. 10. Command • Repository • create-repository • delete-repository • get-repository • batch-get-repositories • list-repositories • update-repository-description • update-repository-name • Credential • credential-helper 2016/1/19 10
  11. 11. Command • Branch • create-branch • get-branch • list-branches • update-default-branch 2016/1/19 11
  12. 12. 無料枠について • 無償枠は以下の通り • 5 人のアクティブユーザー • 50 GB のストレージ/月 • 10,000 件の Git リクエスト • 追加料金 • KMSの料金が若干発生するようです(まだちゃんと確認してない。) 2016/1/19 12
  13. 13. ハンズオン 1. IAMユーザの作成 2. SSH接続 3. Git基本操作 4. HTTPS接続 5. 後片付け 2016/1/19 13

×