Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

持続可能性を考慮したイベントで地域を活性化

1,069 views

Published on

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

持続可能性を考慮したイベントで地域を活性化

  1. 1. イベント学会 第14回研究大会 口頭発表持続可能性を考慮したイベントで地域を活性化 ~ ISO 20121の活用提案 ~ 2011年9月8日(木) 社団法人 日本イベント産業振興協会 業務本部 国際規格室 越川 延明 © 2 0 1 1 J a p a n A s s o c i a t i o n f o r t h e P r o mo t i o n o f C r e a t i v e E v e n t s
  2. 2. 持続可能性とは持続可能な開発とは、現世代のニーズを満たしながらも、将来世代の可能性を脅かさない開発である。Sustainable development is development that meets theneeds of the present without compromising the ability offuture generations to meet their own needs. 『Our common future』 1987年 ブルントラント委員会 (正式名:環境と開発に 関する世界委員会) © 2 0 1 1 J a p a n A s s o c i a t i o n f o r t h e P r o mo t i o n o f C r e a t i v e E v e n t s
  3. 3. 3人に1人が「サステナビリスト」 SLSドライバ層 9.2%SLSコンシャス層 26.6% 30.9% 環境・社会志向 生活志向 SLSドライバ層 環境・社会・生活の全てにおいて行動指標が高い SLSコンシャス層 SLSリーダーではないが、環境・社会・生活の全てにおいて 行動または意識の指標が高い 「サステナブル・ライフスタイル意識調査」 2011年 株式会社電通 © 2 0 1 1 J a p a n A s s o c i a t i o n f o r t h e P r o mo t i o n o f C r e a t i v e E v e n t s
  4. 4. ISO20121 Event sustainability management system2012年6月 発行予定適用対象・組織・イベント・イベントの計画 経済 社会 環境 参考:『ISO/DIS 20121』 2011年4月25日現在 ISO/PC250/WG1 © 2 0 1 1 J a p a n A s s o c i a t i o n f o r t h e P r o mo t i o n o f C r e a t i v e E v e n t s
  5. 5. イベントは「らしさ」を表現自然・景観文化・産業生活 長い歴史の中で、 積み重ね、磨き上げてきた 地域のアイデンティティである。 © 2 0 1 1 J a p a n A s s o c i a t i o n f o r t h e P r o mo t i o n o f C r e a t i v e E v e n t s
  6. 6. 協働事業の実現 理想の社会課題 価値観イベント © 2 0 1 1 J a p a n A s s o c i a t i o n f o r t h e P r o mo t i o n o f C r e a t i v e E v e n t s
  7. 7. コミュニケーションを重視 © 2 0 1 1 J a p a n A s s o c i a t i o n f o r t h e P r o mo t i o n o f C r e a t i v e E v e n t s
  8. 8. 組織の枠組みを提供 Purpose誰でもできる誰とでもできるいつまでもできる Plan Do Action Check Scope © 2 0 1 1 J a p a n A s s o c i a t i o n f o r t h e P r o mo t i o n o f C r e a t i v e E v e n t s
  9. 9. 「持続可能性」と聞いて連想すること 14ヶ国平均 日本 調査国(14ヶ国) 日本 1 地球環境 地球環境 韓国 台湾 2 発展 フ ィ リピ ン つながり ベト ナム タイ 3 責任・義務 責任・義務 マレーシア シンガポール インドネ シア 4 ハイテク性 子供・次世代 ブラジル ロシア インド 5 バランス感覚 忍耐 中国 ス ウ ェ ーデン 「サステナブル・ライフスタイル意識調査」 2011年 株式会社電通 © 2 0 1 1 J a p a n A s s o c i a t i o n f o r t h e P r o mo t i o n o f C r e a t i v e E v e n t s
  10. 10. 「2030年」と聞いて連想すること 14ヶ国平均 日本 調査国(14ヶ国) 日本 1 ハイテク性 不安 韓国 台湾 2 デジタル性 フ ィ リピ ン 崩壊 ベト ナム タイ 3 グローバル ハイテク性 マレーシア シンガポール インドネ シア 4 発展 デジタル性 ブラジル ロシア インド 5 遠い 遠い 中国 ス ウ ェ ーデン 「サステナブル・ライフスタイル意識調査」 2011年 株式会社電通 © 2 0 1 1 J a p a n A s s o c i a t i o n f o r t h e P r o mo t i o n o f C r e a t i v e E v e n t s
  11. 11. ふつうのことに価値がある日常の中にこそ解決すべき課題があるこれこそが持続可能性 © 2 0 1 1 J a p a n A s s o c i a t i o n f o r t h e P r o mo t i o n o f C r e a t i v e E v e n t s
  12. 12. 社団法人 日本イベント産業振興協会 業務本部 国際規格室 越川 延明 Tel: 03-3238-7821 E-mail: kossy-iso-006@jace.or.jp© 2 0 1 1 J a p a n A s s o c i a t i o n f o r t h e P r o mo t i o n o f C r e a t i v e E v e n t s

×